富士川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
富士川
富士川
水系 一級水系 富士川
種別 一級河川
延長 128 km
水源の標高 2,685 m
平均流量 63.2 /s
(清水端観測所 2000年)
流域面積 3,990 km²
水源 鋸岳(山梨県)
河口・合流先 駿河湾(静岡県)
流域 長野県山梨県静岡県
テンプレートを表示

富士川(ふじかわ)は、長野県山梨県及び静岡県を流れる河川一級水系富士川の本流であり日本三大急流の一つに数えられている。

甲斐駿河を結ぶ水運としての要路であり、古くから人々の暮らしに密着してきた。

地理[編集]

富士川河口付近の空中写真。(1988年撮影)
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

釜無川本谷として、南アルプス北部、山梨県と長野県の県境に位置する鋸岳(のこぎりだけ)に源を発し、長野県富士見町にて八ヶ岳などからの源流とする立場川と合流しながら、山梨県北杜市まで長野・山梨両県の県境を成す。北杜市にて山梨県域に入ってから尾白川塩川御勅使川などと合流しながら甲府盆地を南流し、西八代郡市川三郷町南巨摩郡富士川町の町境で笛吹川と合流する。ここまでを釜無川と呼ぶ。

釜無川の名前の由来には諸説あり、上流の「釜無山」にちなむというものや、「水量が豊富で流れが速いため、釜を洗おうとするとすぐに流されて無くなってしまうから」という伝承に近いものなどが挙げられる。その中でも有力視されているのが、絶え間なく流れる様子を表した「クマナシ(隈無し)」に由来しているというものである。

一般的に釜無川笛吹川の合流点より下流を富士川と呼び、そのまま富士山の西側を南流し、途中早川常葉川波木井川など更に下って静岡県に入ると稲子川芝川などの支流を合わせ、富士市雁堤南で東海道と交差し、富士市と静岡市清水区との境で駿河湾に注ぐ。

呼び方[編集]

正式には「ふじわ」と濁らない発音であり、東海道新幹線富士川橋など橋付近のに掲げられている看板には英語標記で「FUJIKAWA」と記載され、国土交通省の発行の記述は「ふじわ」と記載されている。また流域の静岡県、山梨県では「ふじわ」と呼ばれ、これは静岡における4音の川で、2音目が濁るもの(安倍川、地名の旧芝川町(現・富士宮市)など)で共通のルールであるが、全国的には「ふじわ」と誤って発音されてしまうことも多い。

辞書での呼び名はまちまちで、講談社の日本語大辞典、三省堂大辞林(goo辞書、excite辞書含む)では「ふじわ」と記載されている一方、岩波書店広辞苑小学館の日本語大辞典やYahoo辞書でも利用されている大辞泉では、「ふじわ」と誤って表記されている。他、NHKのアナウンサーでさえ「ふじわ」と誤って発音をする場合がある(2012年のNHK大河ドラマ平清盛では「ふじかわのたたかい」)。

「ふじわ」と発言される理由として、上記辞書の問題もあるが、1180年に源頼朝と平維盛が戦った富士川の戦いを、「ふじわのたたかい」として歴史の教科書に紹介されていることに影響の一因がある。

流域の山梨県南巨摩郡富士川町、及び2008年平成20年)10月31日まで存在した静岡県富士川町(現・富士市)は、正式に「ふじわちょう」と発音する。

歴史[編集]

万葉集に詠まれた富士川[編集]

富士川が記録に登場するのは古く、奈良時代に編まれた万葉集第三巻 三一九の富士山を称えた長歌高橋虫麻呂の作ともいわれる)に、富士川の名がみえる。長歌には、「富士川と人の渡るも その山(富士山)の水のたぎちぞ」という一節がある。

富士川の戦い[編集]

1180年源頼朝平維盛が戦った合戦。治承・寿永の乱と呼ばれる一連の戦役の1つである。

石橋山の戦いで敗れた源頼朝は安房国で再挙し、進軍しながら東国武士がこれに参集して大軍に膨れ上がり鎌倉に入る。頼朝は駿河国で、都から派遣された平維盛率いる追討軍と戦い勝利し、関東での割拠を確立させた。

岩本山からみた富士川と雁堤

水害[編集]

江戸時代の始めには、いくつもの支流をつくりながら、富士市の東(現在の田子の浦)の方向へ曲がり、川沿いにあたる富士市は度重なる洪水による災害が多発していた。江戸時代1674年)に古郡重高・重政・重年の父子三代が50年以上の月日を費やし、富士川の流れそのものを直線となる現在の場所に変えた。水田を富士川の洪水被害から守るため、洪水が多発していた場所に遊水地としての機能も持つ全長2.7kmに及ぶ大規模な堤防雁堤』を完成させ、『加島五千石』と呼ばれる水田を加島平野(現在のJR富士駅周辺の一帯)に造成した。

現在の富士川は、潤井川などの支流への水量調整や、日本軽金属蒲原製造所が自社水力発電の為に、雁堤よりも上流で水を採水し、そのまま駿河湾へ流しているため昔のような水害はないが、1982年(昭和57年)8月2日台風10号の影響により山梨県鰍沢町(現・現富士川町)など氾濫したほか、国道469号万栄橋と、JR東海道本線の下り線橋脚が流失。死傷者35人、家屋全半壊流出46戸、浸水戸数1,112戸、JR東海道本線は75日間不通の被害となった。

廻船問屋跡(富士宮市沼久保)

富士川水運[編集]

富士川は急流で難所も多かったが、内陸の甲斐南部と駿河との交通路として、駿州往還とともに古くから水運が利用された。

江戸時代1602年駿河国甲斐国(現在の富士川町)との間に富士川渡船が開始されたという。江戸期には甲斐が幕府直轄の天領であったため、慶長12年(1607年)の角倉了以らによる開削事業により運行の安全が確保されて、江戸への廻米輸送を中心に水運が発達した。寛永年間には鰍沢河岸 ・黒沢河岸・青柳河岸が設置されて山梨・八代・巨摩三郡からの廻米輸送が行われ、後に信濃南部の諏訪・松本からの廻送も行われるようになった。河岸には代官所や米倉が置かれ、沿岸の町や村には多くの船着場があり、現在でもその名残をとどめる屋号などがみられる。

廻送された廻米は駿河国岩渕(現在の静岡県富士市)の河岸で陸揚げされ、馬力により蒲原へ運ばれそこからさらに清水港へ集められた後大型船で江戸へ廻送された。また、上荷にはや海産物など内陸の甲斐で産しない商品を中心に輸送が行われ、身延詣の旅人にも利用された。富士川沿いの沼久保地区に残る江戸時代から明治にかけての帳簿が記されている『松井文書』によると、河岸から積み出されるものは半紙やその材料となる三椏の他、煙草など多岐に渡り、到着したものは甲州より運ばれたものであった。またこれらは大宮町などに運ばれていた。

明治時代(1868年)になると廻米輸送が無くなり衰退するが、三河岸の商人による起業で明治7年には富士川運輸会社が設立され、発展した。中央線の敷設により陸上輸送が可能になると再び水運は衰退し、大正11年(1922年)には富士川運輸会社も解散。富士身延鉄道(現在のJR東海身延線)の全通(1928年)とともにその役目を終えた。

釜無川 開国橋上から八ヶ岳を望む

流域の自治体[編集]

長野県
諏訪郡富士見町諏訪郡原村南佐久郡南牧村 (長野県)
山梨県
北杜市韮崎市甲斐市南アルプス市中巨摩郡昭和町中央市西八代郡市川三郷町(ここまでが釜無川
南巨摩郡富士川町南巨摩郡身延町南巨摩郡南部町
静岡県
富士宮市富士市静岡市清水区

観光[編集]

身延山久遠寺(身延町)
日蓮宗総本山(祖山)。国宝などの文化財の他、数多くの宿坊も存在する。桜や紅葉の名所でもある。
釜口峡(富士宮市)
三大急流の富士川で最も川幅が狭まった場所で、激しい濁流により独特な岩肌が作り出され、雄大な渓谷になっている。
富士川楽座(富士市)
東名高速道路 富士川SAと、静岡県道・山梨県道10号富士川身延線上にある道の駅が1つなった施設。

支流[編集]

括弧内は流域の自治体

並行する交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

交差する交通[編集]

東海道新幹線車内より上流方向

鉄道[編集]

道路[編集]

その他[編集]

静岡県では、商用電源周波数が富士川を境に東側は50Hz(東京電力)、西側は60Hz(中部電力)となり、周波数が異なる[1]。また、静岡県を3分割あるいは4分割する際には東部と中部を富士川を境にして分割する。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 電源周波数地域(50Hz地域/60Hz地域)について サポート・お問い合わせ(シャープ株式会社)

外部リンク[編集]