穴山信君

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
穴山信君 / 穴山梅雪
Anayama Beisetsu.jpg
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文10年(1541年
死没 天正10年6月2日1582年6月21日
改名 信君、梅雪斎不白(号)
別名 勝千代(幼名)
玄蕃頭、陸奥守、彦六郎(通称)
武田左衛門(別名)
墓所 飯岡墓地(京都府京田辺市飯岡)
満福寺(山梨県韮崎市中田町
霊泉寺[1]静岡県静岡市清水区興津井上町
主君 武田信玄勝頼織田信長
氏族 穴山氏武田氏
父母 穴山信友、南松院(武田信虎の娘)
兄弟 信君、弟:信嘉(信邦)、彦九郎
武田信玄の次女・見性院
勝千代武田信親室、養女:下山殿

穴山 信君(あなやま のぶただ[2]) / 穴山 梅雪(あなやま ばいせつ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将甲斐国武田氏の家臣で、御一門衆のひとり。幼名は勝千代(かつちよ)。母南松院殿は武田信虎の娘で武田信玄の姉にあたる。妻は信玄の娘である見性院。壮年期に出家し梅雪斎不白と号した。武田左衛門とも称する。後代には武田二十四将の一人に含まれており、南松院所蔵本では信玄の傍らに配置されている。

生涯[編集]

出生から家督相続[編集]

天文10年(1541年)、穴山信友の嫡男として生まれる。穴山氏は「武田」姓を免許される御一門衆に属し、信友・信君二代にわたり武田宗家と婚姻関係を結び親族意識が高かったと考えられている[3]。信友の頃には下山館を本拠に河内地方を領し、河内支配において武田氏による支配とは異なる独自の家臣団組織や行政組織を持っていた。

高白斎記』に拠れば、天文22年(1553年)1月15日には甲府館に移っており、これは武田宗家への人質であると考えられている。永禄元年(1558年)11月には河内領支配に関する文書が見られ、父の信友は同年6月から11月頃には出家しており、このころには家督交代がなされたと考えられている[4]

信玄・勝頼期の活動[編集]

甲陽軍鑑』に拠れば、永禄4年(1561年)の川中島の戦いにおいては信玄本陣を守ったという。川中島の戦いの後、武田家中では信玄嫡男の義信による謀反が発生する(義信事件)。『甲陽軍鑑』では事件を永禄7年(1564年)7月の出来事としているが、永禄8年6月に義信とその側近である長坂・曽根氏が二宮・美和神社へ太刀を奉納していることから、実際には永禄8年7月の出来事であったと考えられている[5]。義信事件は三国同盟維持派の義信と今川との同盟を破棄する信玄派の間の対立構図が考えられているが[6]、『甲斐国志』に拠れば、身延過去帳を根拠に永禄9年に信君の弟である信嘉(信邦、彦八郎)が自害したことを記しており、義信事件と関係があるとも考えられている[7]。当主である信君の立場は不明であるが、穴山家中においても内訌が存在していたとも言われる[8]

武田氏は信玄後期に駿河遠江今川領国への侵攻を行い織田徳川勢力と対峙するが、信君は武田氏の駿河・遠江侵攻において活動が見られる。武田氏は永禄11年(1568年)に駿河侵攻を開始するが、信君は侵攻に際して内通を試みた今川家臣や徳川氏との取次を務めている。翌永禄12年には、富士氏が籠城する大宮城葛山氏元と共に攻めている。その後駿府を占領した武田氏に対し相模北条氏三河の徳川氏が今川救援のために出兵すると、同年4月に武田方は一時甲斐へ撤兵する。この際に信君は興津横山城において籠城し、万沢氏や臣従した望月氏に対して知行を与え在地支配を試みている[9]

駿河は第二次侵攻を経て武田領国化されるが、信君は山県昌景の後任として江尻城代となり、支城領としての「江尻領」を形成したという[10]

甲陽軍鑑』によれば、信玄の死後は従兄弟で義弟の武田勝頼とは対立が絶えず、長篠の戦いの際には戦線を離脱する。これに怒った高坂昌信が勝頼に信君を切腹させるべきだと意見したが、親族衆の筆頭である信君を処断することで家中が分裂することを恐れ、勝頼はその意見を退けたという。[要検証 ]

武田氏の滅亡から上方における横死[編集]

天正10年(1582年)2月25日、織田信長甲斐侵攻に際しては、2月25日に甲府にいた人質を逃亡させ、穴山への甲斐一国の信君への拝領を条件に、穴山氏が武田氏の名乗りをするとして、2月末に徳川家康の誘いに乗り、信長に内応した[11]。その結果、信君は織田政権より甲斐河内領と駿河江尻領を安堵された織田氏の従属国衆となり、徳川家康の与力として位置づけられた[12]

同年5月には信長への御礼言上のため家康に随行して上洛し、近江国安土(滋賀県近江八幡市安土町)において信長に謁見する。大阪府堺市)を遊覧した翌日の6月2日に京都へ向かう途上で本能寺の変で、明智光秀の謀反で信長が横死したことがわかり、光秀支配地を脱出しようとする。しかし、家康と違い家臣が少なく、『三河物語』によると、金品を多く持っていた信君一行は、家康従者に強奪されることを恐れて距離をかなり置き、別行動をとった結果、山城国綴喜郡の現在の木津川河畔(現在の京都府京田辺市山城大橋近く)で落ち武者狩りの百姓勢に追いつかれ襲撃されて殺害された[13]

穴山氏は、嫡男である穴山勝千代(武田信治)が天正15年(1587年)に急死したため血統は断絶していたが、信君が継承した甲斐武田氏の名跡は徳川家康の息子の武田信吉が一時継承したが天正18年(1590年)下総国小金城3万石分封の際、松平姓に復している。

評価[編集]

信君は武田滅亡に際して武田家再興を名目に主家から離反しているが、同じく信玄の娘婿でありながら織田家に寝返った木曾義昌や郡内領主の小山田信茂らと共に主家から離反した行動に関して、これを謀反とする否定的評価がある一方で、佐藤八郎など家名存続のため敢えて背いた情勢判断を正当視する好意的評価もある。[要出典]

また、戦後の実証的武田研究においては戦国領主としての穴山氏や小山田氏の位置づけに関して様々な見解が示されているが、矢田俊文は穴山・小山田氏と武田氏の関係を連合政権であったとする見解を示し、信君や小山田信茂の離反は主家滅亡に際して個別領主の立場から離反に至ったとしている[14]。また、秋山敬は穴山氏歴代当主の武田親族意識の観点から信君の親族意識は特に強いものと指摘しつつ、信君の離反は武田家再興ではなく穴山氏自体の発展を意図したものであるとしている[15]

偏諱を与えた人物(家臣)[編集]

(※「君」の読みについては脚注[2]を参照のこと。)

  • 近藤義(近藤氏
  • 万沢
  • 万沢

登場作品[編集]

小説

  • 重徳 良彦 『長篠の赤い露 』文芸社
  • 伊東潤 『表裏者』(『戦国鬼譚 惨』収録の短編)

テレビドラマ

脚注[編集]

  1. ^ 同寺には信君の一周忌に、土佐光吉筆の伝承を持つ寿像が残る(宮島新一 『日本の美術385 武家の肖像』35頁、 至文堂、1998年 ISBN 978-4-784-33385-1)。
  2. ^ a b 駿河臨済寺などに住した鉄山宗鈍が記した法語録『鉄山集』に「ノブタヽ」の読みが記されており、信君の偏諱を受けたと思われる重臣万沢君泰・君基もそれぞれ「タヽヤス」「タヽモト」とあることから、信君は「のぶただ」と読まれたことが分かる。平山優『真田三代』(PHP研究所、2011年、ISBN 9784569800080)、104頁。
  3. ^ 穴山氏の親族意識については、秋山敬「穴山氏の武田親族意識」『武田氏研究』(創刊号、1988年)のち『甲斐武田氏と国人』(高志書院2003年)所収)
  4. ^ なお、信友は永禄3年の桶狭間の戦い後の今川家との同盟確認など駿河との外交に従事している。
  5. ^ 平山(2011)、p.117
  6. ^ 平山(2011)、p.118
  7. ^ 平山(2011)、p.119
  8. ^ 平山(2011)、p.119 - 120
  9. ^ 『戦国遺文 武田氏編』1382-85号文書
  10. ^ 信君の「江尻領」支配について、黒田基樹庵原郡において朝比奈信置領が存在することからこれを否定し(黒田「武田氏の駿河支配と朝比奈信置」(『武田氏研究』14号、1995年)、柴辻俊六は穴山氏の領主権を検討することで江尻領は穴山氏の支配が及ぶ支城領であったとしている「武田・穴山氏の駿河支配」『武田氏研究』21号、1999年)。また、小川隆司は江尻領を武田氏の直轄領としている(小川「穴山信君の「江尻領」支配について」『武田氏研究』23号、2001年)。
  11. ^ 〈参照史料『家忠日記』、『信長公記』、『記録御用所本子文書』〉『信長と家康 清州同盟の実体』谷口克広 P.243・244 学研 2012年
  12. ^ 柴裕之「徳川領国下の穴山武田氏」柴辻俊六 編『戦国大名武田氏の役と家臣』(2011年、岩田書院)/所収:柴『戦国・織豊期大名徳川氏の領国支配』岩田書院、2014年 ISBN 978-4-87294-884-4
  13. ^ 〈1582年2月13日(天正11年正月21日)付ルイス・フロイス書簡『イエズス会日本年報』雄松堂出版 2002年〈参照史料『石川忠総留書』、『三河物語』〉『信長と家康 清州同盟の実体』谷口克広 P.267 学研 2012年
  14. ^ 矢田「戦国期甲斐国の権力構造」『日本史研究』(201、1979)
  15. ^ 秋山「穴山氏の武田親族意識」『武田氏研究』(創刊号、1988、のち『甲斐武田氏と国人』(高志出版、2003)に収録。

外部リンク[編集]

先代:
穴山信友
甲斐穴山氏
第7代:1558年 - 1580年
次代:
穴山勝千代