糸魚川市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いといがわし
糸魚川市
Hokuriku Expressway and Route 8 Oyashirazu Niigata JPN 001.jpg
Flag of Itoigawa, Niigata.svg
糸魚川市旗
Symbol of Itoigawa Niigata.svg
糸魚川市章
2005年平成17年)3月19日制定
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方
都道府県 新潟県
団体コード 15216-1
面積 746.24km²
(境界未定部分あり)
総人口 45,140
推計人口、2014年10月1日)
人口密度 60.5人/km²
隣接自治体 上越市妙高市
富山県下新川郡朝日町
長野県北安曇郡白馬村小谷村
市の木 ブナ
市の花 ササユリ
市の鳥
市の石
カワセミ
ヒスイ
糸魚川市役所
所在地 941-8501
新潟県糸魚川市一の宮一丁目2番5号
北緯37度2分20.5秒東経137度51分45.6秒
糸魚川市役所.JPG
外部リンク 糸魚川市

糸魚川市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

糸魚川市(いといがわし)は、新潟県最西端に位置し、日本海に面した糸魚川静岡構造線フォッサマグナの西端)が通り、日本の東西の境界線上に位置する。世界的にも珍しいヒスイの産地であり、景勝地親不知でも知られる。

地理[編集]

隣接自治体[編集]

自然[編集]

1976年(昭和51年)撮影の糸魚川市中心部周辺の空中写真。
1976年撮影の5枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

気候[編集]

フェーン現象の影響で夏は非常に蒸し暑く、1990年8月22日には最低気温が30.8℃という、一日の最低気温が30℃を下回らない超熱帯夜を観測した。これは日本国内での一日の最低気温の最高記録である。

また2013年7月6日には、まだ明け方の朝5時過ぎにも関わらず35度を超える気温を観測した。同年10月9日には最高気温35.1℃を観測。10月に猛暑日になったのは国内初であり、国内で最も遅い猛暑日を記録した。8月中旬の最低気温の平均は24.1℃であり、これは東京の同時期の最低気温の平年値とほとんど同じである。東京より緯度が高く、さらにヒートアイランドの影響が少ないことも考慮すれば、これは非常に高い数値で、世界の同緯度地域と比較しても、真夏の最低気温が最も高い場所である。また冬は緯度の割に気温が高く、1月の最低気温は約1℃とプラスの気温であり、氷点下まで下がる日は比較的少ない。

糸魚川市
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
334
 
6
1
 
 
210
 
6
1
 
 
183
 
10
3
 
 
115
 
15
8
 
 
128
 
20
13
 
 
169
 
23
18
 
 
243
 
27
22
 
 
182
 
30
24
 
 
269
 
26
20
 
 
242
 
20
14
 
 
330
 
15
8
 
 
345
 
10
4
気温(°C
総降水量(mm)
出典:[1]

歴史[編集]

  • 2005年(平成17年)3月19日:旧糸魚川市と能生町青海町が新設合併し、新・糸魚川市となる。旧糸魚川市の合併時の面積は466.62km²(境界未定部分あり)、人口は31,567人(2004年9月1日)。

人口[編集]

Demography15216.svg
糸魚川市と全国の年齢別人口分布(2005年) 糸魚川市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 糸魚川市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
糸魚川市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 67,785人
1975年 62,900人
1980年 61,488人
1985年 60,612人
1990年 56,803人
1995年 54,780人
2000年 53,021人
2005年 49,844人
2010年 47,698人
総務省統計局 国勢調査より

行政[編集]

2009,2013年の選挙で、無投票での再選が決まった。

産業[編集]

鉱工業:市内で良質な石灰岩が産出されることから、セメント製造を始めとした鉱工業が盛んである。

漁業

  • 浦本漁港(第2種漁港)
  • 大和川漁港(第1種漁港)
  • 親不知漁港(第1種漁港)
  • 市振漁港(第2種漁港)
  • 筒石漁港(第2種漁港)
  • 能生漁港(第3種漁港)
  • 鬼舞漁港(第1種漁港)

名物 郷土料理

  • 笹ずし 毎年7月7日を「糸魚川・七夕は笹ずしの日」とし、笹ずしに代表される糸魚川の郷土料理に親しんでもらおうと記念日登録されている。

市内でも地域、家庭により具材や作り方が異なり、それぞれの違った特長を味わえる。

地域[編集]

教育[編集]

高等学校

中学校

  • 糸魚川市立糸魚川中学校
  • 糸魚川市立糸魚川東中学校
  • 糸魚川市立能生中学校
  • 糸魚川市立青海中学校

小学校

  • 糸魚川市立浦本小学校
  • 糸魚川市立下早川小学校
  • 糸魚川市立上早川小学校
  • 糸魚川市立大和川小学校
  • 糸魚川市立西海小学校
  • 糸魚川市立糸魚川小学校
  • 糸魚川市立大野小学校
  • 糸魚川市立根知小学校
  • 糸魚川市立糸魚川東小学校
  • 糸魚川市立能生小学校
  • 糸魚川市立中能生小学校
  • 糸魚川市立南能生小学校
  • 糸魚川市立木浦小学校
  • 糸魚川市立磯部小学校
  • 糸魚川市立田沢小学校
  • 糸魚川市立青海小学校
  • 糸魚川市立市振小学校

学校教育以外の施設[編集]

美山陸上競技場
美山球場

姉妹・友好都市[編集]

※この項は糸魚川市公式サイトを出典とする。

交通[編集]

鉄道路線[編集]

糸魚川駅

市域内は西日本旅客鉄道(JR西日本)の2路線が経由している。

2015年春に北陸新幹線長野駅 - 金沢駅間が延伸開業する際には、市の中心駅である糸魚川駅に新幹線駅が開設される。それに伴い北陸本線の金沢駅 - 直江津駅間は並行在来線として経営分離され、新潟県内の市振駅以東の区間は県と市などが出資する第三セクターえちごトキめき鉄道へ移管し「日本海ひすいライン」に改称する。

沿線では新幹線開業に期待が寄せられる一方で、新潟駅長岡駅へ直通する優等列車の存廃など、経営分離後の在来線の利便性低下への懸念も強く、市では新幹線沿線の上越市妙高市と3市共同で、新幹線・在来線双方の利便性確保について国や新潟県、JR西日本金沢支社JR東日本新潟支社等に対し各種施策を要望している。

路線バス[編集]

道路[編集]

船舶[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

奴奈川姫と建御名方命の像(海望公園)
親不知

出身人物[編集]

その他[編集]

東北電力電源周波数が原則50Hzだが、本市の青海地域の一部は60Hzとなっている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]