美里町 (熊本県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みさとまち
美里町
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 熊本県
下益城郡
団体コード 43348-9
面積 144.03 km²
総人口 10,599
推計人口、2014年11月1日)
人口密度 73.6人/km²
隣接自治体 宇城市八代市
上益城郡御船町甲佐町山都町
美里町役場
所在地 861-4492
熊本県下益城郡美里町馬場1100番地
北緯32度38分22.5秒東経130度47分19.9秒座標: 北緯32度38分22.5秒 東経130度47分19.9秒
GazouBoshu.png
外部リンク 美里町

美里町 (熊本県)位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

特記事項 役場位置は中央庁舎のもの。
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

美里町(みさとまち)は熊本県の中央部に位置する町で、下益城郡に属する。

2004年11月1日中央町砥用町が合併して誕生した。

地理[編集]

熊本県の中央部、熊本市から南東約30kmの場所に位置する。町域の北西部(旧中央町の中心部)には熊本盆地の南端にあたる平地があるが、町域の約8割近くが山地・森林である。町域の南部は九州山地の一角を占めており、甲佐岳、雁俣山、京丈山などの標高1000m級の山が連なっている。町内を緑川、釈迦院川などの河川が流れる。町の北東部には緑川ダムがある。

隣接している市町村[編集]


地名[編集]

旧中央町
  • 岩下(旧中山村)
  • 大沢水(旧中山村)
  • 堅志田(旧中山村)
  • 萱野(旧中山村)
  • 木早川内(旧中山村)
  • 小市野(旧中山村)
  • 白石野(旧中山村)
  • 津留(旧中山村)
  • 中郡(旧中山村)
  • 中小路(旧中山村)
  • 原田(旧中山村)
  • 馬場(旧中山村)
  • 松野原(旧中山村)
  • 小筵(旧年祢村)
  • 坂本(旧年祢村)
  • 佐俣(旧年祢村)
  • 椿(旧年祢村)
  • 中(旧年祢村)
  • 長尾野(旧年祢村)
  • 払川(旧年祢村)
  • 下草野(旧年祢村、一時期砥用町に属していた。)
旧砥用町
  • 安部
  • 石野
  • 大窪
  • 柏川
  • 清水
  • 栗崎
  • 古閑
  • 三加
  • 土喰
  • 永富
  • 名越谷
  • 二和田
  • 早楠
  • 原町
  • 三和
  • 畝野(旧旧東砥用村)
  • 大井早(旧旧東砥用村)
  • 川越(旧旧東砥用村)
  • 甲佐平(旧旧東砥用村)
  • 遠野(旧旧東砥用村)
  • 豊富(旧旧東砥用村)
  • 洞岳(旧旧東砥用村)
  • 涌井(旧旧東砥用村)
  • 今(旧年祢村→中央村)
  • 岩野(旧年祢村→中央村)
  • 坂貫(旧年祢村→中央村)

歴史[編集]

近現代[編集]

  • 1876年 現在の町域に当たる村のうち、合併により以下の村々が成立。
    • 中郡村(池田村・高木村・上神園村・下神園村)
    • 洞岳村(山出村・藤木村・下福良村・夏水村・天ヶ瀬村・戸屋村)
    • 大井早村(大辻村・勢井村・越早村)
    • 畝野村(金木村・内園村・迫村・水上村)
    • 遠野村(岩上村・興正寺村・権正村・北野村)
    • 川越村(小崎村・用来村・貫平村)
    • 豊富村(桑津留村・福良村)
    • 涌井村(竹迫村・庵室村・峙原村)
    • 清水村(内山村・桑木野村)
    • 永富村(津留村・河原畠村・御前浜村・舞鹿野村・一谷村・越早津村)
    • 境村(目磨村・九折原村)
    • 三加村(田中村・下田村・岩尾野村)
    • 三和村(長野村・常海原村・北村)
    • 二和田村(小長野村、小夏村)
    • 安部村(安懸村・口原村・久立村)
  • 1889年4月1日 町村制実施に伴い、現在の町域にあたる以下の村が発足。
    • 下益城郡
      • 中山村(中郡村・堅志田村・馬場村・大沢水村・中小路村・岩下村・原田村・萱野村・津留村・白石野村・木早河内村・小市野村・松野原村)
      • 年禰村(長尾野村・小筵村・岩野村・椿村・払川村・坂本村・佐俣村・中村・下草野村・今村・坂貫村)
      • 西砥用村(清水村・永富村・境村・三加村・三和村・二和田村・安部村・石野村・柏川村・原町村・大窪村・名越谷村・土喰村・栗崎村・古閑村・早楠村)
      • 東砥用村(甲佐平村・洞岳村・大井早村・畝野村・遠野村・川越村・豊富村・涌井村)
  • 1924年4月1日 西砥用村が町制施行し、砥用町となる。
  • 1955年1月1日 中山村と年祢村が対等合併し、中央村が発足。
  • 1955年4月1日 砥用町と東砥用村が対等合併し、新町制による砥用町が発足。
  • 1955年7月 中央村のうち、今、坂貫、下草野、岩野の一部(字・九尾)を砥用町に編入。
  • 1957年7月 砥用町のうち、下草野を中央村へ分離。
  • 1975年1月1日 中央村が町制施行し、中央町となる。
  • 2004年11月1日 中央町と砥用町が対等合併し、美里町が発足。

行政[編集]

中央庁舎
砥用庁舎
  • 町長:上田 泰弘
  • 平成16年11月1日の合併から、分庁舎方式を採用していたが、合併10年を迎え中央庁舎を本庁舎とした。砥用庁舎は以下の通り。
    所在地:〒861-4732 熊本県下益城郡美里町三和420

経済[編集]

産業[編集]

2004年度町内総生産 271億円

地域[編集]

人口[編集]

Demography43348.svg
美里町と全国の年齢別人口分布(2005年) 美里町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 美里町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
美里町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 16,579人
1975年 14,826人
1980年 14,727人
1985年 14,983人
1990年 14,222人
1995年 13,594人
2000年 12,969人
2005年 12,254人
2010年 11,311人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

中学校[編集]

美里町立

  • 中央中学校
  • 砥用中学校

小学校[編集]

美里町立

  • 中央小学校
  • 砥用小学校
  • 励徳小学校

交通[編集]

霊台橋
  • 最寄り空港は熊本空港(阿蘇くまもと空港)。
  • 2005年現在、鉄道路線はない。過去に熊延鉄道が通っていた。現在の最寄り鉄道駅は松橋駅

道路[編集]

一般国道[編集]

一般県道[編集]

バス[編集]

高速・特急バス[編集]

一般路線バス[編集]

※2009年4月に熊本バスから「氷川ダム線」「小市野線」を譲渡

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

日本一の石段 - 釈迦院への参道

出身者[編集]

外部リンク[編集]