東海豪雨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

東海豪雨(とうかいごうう)は、2000年平成12年)9月11日 - 12日を中心に愛知県名古屋市およびその周辺で起こった豪雨災害(水害)。東海集中豪雨とも言う。都市水害の恐怖を実感させる大きな被害で話題になった。なお、東海豪雨は通称であり、気象庁による命名ではない[1]。後に激甚災害に指定された。

以下の地名はすべて豪雨発生当時の自治体名で示す。

概要[編集]

2000年9月7日頃から本州付近に前線が停滞しており、11日から12日にかけて、台風14号の東側を回る暖湿気流が前線に向かって流れ込んだため、前線の活動が活発となり、愛知、三重、岐阜県の東海地方を中心に記録的な大雨となった。 11日夕方ごろから、名古屋市をはじめとする東海地方を中心とした広範囲にわたり大きな被害をもたらし、2日間の積算降水量は多いところで600ミリ前後に上った。

名古屋市では11日の日降水量が、平年の9月の月降水量の2倍となる428ミリとなり、2日間の合計降水量が567ミリに達した。愛知県東海市では11日の午後7時までの1時間に114mm、日降水量492mmを記録した。

このため、名古屋市周辺で多数の浸水被害が生じたほか、中部地方太平洋側の広い範囲で浸水、河道護岸の損壊、崖崩れ、土石流などによる災害が発生した。この災害により、愛知県名古屋市一宮市春日井市西春日井郡師勝町(現・北名古屋市)・西春町(現・北名古屋市)・清洲町(現・清須市)・西枇杷島町(現・清須市)・新川町(現・清須市)・豊山町豊明市半田市刈谷市大府市岩倉市東海市知多郡美浜町東浦町海部郡甚目寺町(現・あま市)・大治町北設楽郡稲武町(現・豊田市)、岐阜県恵那郡上矢作町(現・恵那市)の21市町に災害救助法が適用された。

名古屋市周辺で最も浸水被害が激しかったのは、天白区野並地区で、天白川とその支流の藤川の堤防に囲まれた堤内地が水面より遥かに低い地形だったため、行き場を失った雨水が集中し、ポンプ場から天白川に排水した水が、そのまま藤川の支流の郷下川(ごうしたがわ)を逆流して、再度野並地区に流入するという悪循環を繰り返し、やがて地区の住宅の1階は完全に水没し、住居内での溺死者も発生した。ポンプ場も浸水して機能停止したため、水が引くまでに相当の時間を要することとなった。

一方、元々旧市街地を洪水から守る庄内川放流路としての新川洗堰の向こう側に広がった名古屋市内の庄内川水系新川では、長さ100メートルにわたる破堤があったほか、愛知県内で少なくとも10か所で破堤し、名古屋市中川区下之一色町では、洗堰での分流にもかかわらず庄内川が堤防高を超えて溢水するなど、各地で多数の越流があった。下之一色町三角地区のうち、県道の橋より南側にある集落は浸水により居住不能となり消滅した。

この結果、新川流域(名古屋市西区山田地区、清須市(当時の西春日井郡西枇杷島町・新川町など))、庄内川流域(名古屋市中川区春日井市)、天白川流域(名古屋市天白区・南区緑区など)、境川逢妻川流域(大府市・知立市・刈谷市・知多郡東浦町など)、名古屋市周辺で多数の浸水被害が生じた。

岐阜県では矢作川流域を中心とした恵南地域に多大な被害が出たため、この豪雨に関して岐阜県内に限っては恵南豪雨とも呼ばれる。この地域では家屋が壊れたり流されたりする深刻な被害が出た。しかしマスコミ報道では、比較的被害の軽かった名古屋市周辺の報道が集中し、取り上げられることはほとんど無かった。

期間降水量は、三重県多気郡宮川村(現・大台町)で1,090ミリとなったほか、四国から東海地方で800〜1,000ミリに達した。大雨は静岡県山梨県にも及び、これらの広い地域で2日間の合計降水量が200〜400ミリとなったところがあった。

被害状況[編集]

消防庁によると、静岡県岐阜県愛知県三重県の各県で10人が死亡し、全国で115人が重軽傷を負った。経済的被害は2700億円を超え、1959年伊勢湾台風以来の水害となった。

交通網[編集]

東海道新幹線[編集]

東海道新幹線は、11日の昼ごろまでダイヤ通りの運行が続いていた。その後、名古屋市付近で警戒水準を超える降雨を記録したにもかかわらず、東海旅客鉄道(JR東海)は名古屋地方気象台発表の予報がここまでの豪雨を予想していなかったことと、「いずれ止むだろう」という期待を含んだ見通し、更に「遅れを最小限にとどめたい」「運休は避けたい」という葛西敬之社長(当時)の意向(後述の記者会見からも伺える)があり、東京駅からダイヤ通りに新幹線を発車させた。しかし、雨足が強まっていく中で出発した列車は、徐行と停止を繰り返しながら遅延を拡大させ、結果的に東京駅 - 米原駅の間で70本近い列車が団子状態でストップし、全面的に不通となった。

列車が運良く駅ホーム内で足止めとなった乗客は、改札を出て駅近くのホテルなどを利用できたが、最終的に5万人を超える乗客が車内に取り残され、一夜を明かす事態となる。この乗客の中には阪神甲子園球場での阪神タイガース戦に出場する読売ジャイアンツの選手も何名か含まれており、試合は中止となった。

天候が回復した翌日もダイヤの乱れは続き、当時の「のぞみ20号」(博多発東京行き)は、22時間21分遅れで終着の東京駅に到着するという、開業以来最悪の遅延を記録した。JR東海は数多くの乗客が車内で運行再開を待つ結果となったことについて、「もっと早く運転見合わせするべきだった」という批判にさらされた。また、この事態について運輸省(現:国土交通省)も同社に事情説明を求めた。数日後の社長定例会見では、社長である葛西が「あれは未曾有の大災害が原因で、正常で適切な運行だった」と発言したが、この発言にも批判が集まり、後の会見では「多くの乗客にご迷惑をおかけしました」と陳謝する事態に発展している。

地下鉄[編集]

名古屋市営地下鉄も各地で運転見合わせが相次いだ。

  • 名城線市役所駅 - 砂田橋駅の間で運転を見合わせた。特に平安通駅付近とその構内の被害が大きく、軌道も浸水した。
  • 桜通線桜山駅 - 野並駅の間で運転を見合わせた。冠水した地域の真下を走っていた区間では、最も近くに所在した野並駅がコンコース・ホームともに30cm以上の浸水被害を受けている。
  • 鶴舞線庄内緑地公園駅 - 上小田井駅の間と、八事駅 - 赤池駅間で運転を見合わせた。塩釜口駅で水害が発生し、出入口には止水板が設置された。
  • 東山線では目立った運休はなかったが、中村公園駅付近で増水し、出入り口には土嚢が積まれた。また、一部の駅では終日構内を開放、ホームに停まっていた電車は“車内ホテル”として開放され、利用者は電車の座席やホームのベンチなどで寝るなどして一夜を明かした。結局、名古屋市内を走る全ての地下鉄が全面的に運転再開を果たしたのは13日の午後以降になった。

なお、上飯田線と名城線の砂田橋駅 - 名古屋大学駅 - 新瑞橋駅間、桜通線の野並駅 - 徳重駅間は当時未開通。

在来線[編集]

JR東海の在来線では11日夕刻から列車の運転が規制され、名古屋駅構内では家に帰れない通勤客で大混乱となった。東海道本線の下り岐阜駅方面行きは11日深夜に一旦雨足が収まり運転が再開されたが、枇杷島駅 - 清洲駅間や稲沢駅付近で浸水被害のため数本の列車を運転しただけで再び運休となった。

翌12日は朝から全面運休となった。12日午後6時ごろまず岐阜方面が復旧した。この時点では稲沢線を経由した復旧だったため、清洲、稲沢の両駅に列車が到着したのは13日の始発からであった。また豊橋駅方面は大府駅 - 逢妻駅間の境川橋梁付近の浸水が特にひどく、全線復旧は14日の午後4時半であった。

また中央本線を初め各線でも遅延運休が相次ぎ、高蔵寺駅でも浸水し、券売機や駅に入る商店街などが水に浸かる被害を受けた。

名鉄[編集]

名鉄では西枇杷島駅下小田井駅付近、須ヶ口駅とその構内にある新川検車区・車庫などが水没した。犬山線上小田井駅以北と名古屋駅のアクセスは鶴舞線直通により対処できたものの、犬山線残存区間、名古屋本線栄生駅 - 新一宮駅(現・名鉄一宮駅)間と津島線は、9月13日22時頃まで運休した。

この災害により多数の車両が被害を受けたが、8800系などの大半の車両は修理を受け復帰した。しかしながら、製造自体が古い5500系は修理を断念し、廃車となった。

電気製品[編集]

各家庭でも水没・被水により多くの電気製品が故障した。高度な電子制御をしていない電器機器などは、綺麗に洗浄・乾燥させることで再利用が可能なのもあったが、大半の電気製品は買い換えを要することとなった。地元電気店では安値の大売出しを実施し、被災者に配慮した。

重要データ[編集]

企業や官公庁等では多数のパソコンが水没し、高額な修理交換費用もさることながら、重要データ消失の危機にさらされた。だが、水を浴びた状態で通電したものや水没後に錆が発生したものを除けば、ハードディスクの気密性の高さが幸いしてデータ消失の損害は最小で済んだ。この種のデータ消失リスクに対してはRAIDやバックアップテープなどが効果を発揮しないため、遠隔地にデータセンターを設け定期的にデータをバックアップすることが行われる契機になった。

自動車[編集]

水没して動けなくなった多数の自動車が数日間路上に放置され、修理費用が新車購入費用を越えるケースが多く、多数の自動車が廃車となり処置が危ぶまれたものの、大きな被害を受けた車両を除き、被災後には中古車業者や解体業者が大挙して押し寄せ、引き取っていった。

流通[編集]

災害発生中には名古屋市内全域に大渋滞が発生し、場所によっては1時間に100メートル進めない状態となった。このため食料品を中心に流通が麻痺したこと、市民の買出しが集中したことも影響して、直接的な被害を受けていない地域においてもコンビニエンスストアスーパーマーケットの棚から食料品が一時的に消える事態となった。生鮮食品は配送トラックの中で消費期限を迎え、店舗に到着した段階で廃棄処分が行われた。

名古屋駅周辺のコンビニなどにおいても同様のケースが発生したものの、地下街のマクドナルド帰宅困難者のために深夜1時過ぎまで特別営業を行った。

その他[編集]

中部電力管内の各エリアで停電が相次いだことから信号なども止まり、道路冠水の影響で車を放置して歩く人が相次いだ為、車が動かない道路が多くあり、渋滞から緊急車両が現場に遅れる事態も相次いだ。

プロ野球[編集]

ナゴヤドームで開催予定だった中日ドラゴンズ広島東洋カープ戦が冠水のため中止。さらに、前述の阪神甲子園球場で開催予定だった阪神 - 巨人戦も新幹線の不通により中止になった。この他、ナゴヤドームの地下駐車場に駐車していた岩瀬仁紀投手の愛車・キャデラックが水没するなどの被害があった。

脚注[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]