名古屋大学駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
名古屋大学駅
名古屋大学駅1番出入口
名古屋大学駅1番出入口
なごやだいがく - Nagoya Daigaku
M17 本山 (1.0km)
(1.1km) 八事日赤 M19
所在地 名古屋市千種区四谷通20
駅番号 M18
所属事業者 名古屋市交通局
名古屋市営地下鉄
所属路線 名城線
キロ程 15.1km(金山起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
10,034人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 2003年平成15年)12月13日

名古屋大学駅(なごやだいがくえき)は、愛知県名古屋市千種区四谷通にある、名古屋市営地下鉄名城線である。駅番号はM18

名城線東部駅務区名古屋大学管区を管轄する管区駅であり、ナゴヤドーム前矢田駅から八事日赤駅までの各駅を管理している。

駅が大学構内にあるという全国でも珍しい駅の一つである。

駅構造[編集]

島式1面2線のホームを持つ地下駅

のりば
1 名城線(左回り) 本山大曽根方面
2 名城線(右回り) 八事新瑞橋方面

駅の北側で名古屋高速2号東山線と地下で交差しているため、ホームは比較的深いところに位置している。

駅が名古屋大学の構内に位置しており、改札口には同大学の電光掲示板が設置されている。

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

名古屋市営バス名古屋大学」バス停
地下鉄開業前は「名古屋大学前」という名前のバス停であった。開業後は、桜山経由の金山駅行のバスが妙見町発に変更となるなど、バス路線が減少した。
  • 名駅17 名古屋大学~名古屋駅
  • 栄16 名古屋大学~栄(新栄三丁目経由)
  • 栄17 名古屋大学~栄(吹上経由)
  • 八事11 名古屋大学~島田住宅(多くは妙見町〜島田住宅間の運行のため、名城線からの乗り換えは八事日赤駅八事駅からのほうが利便性が高い。)
  • 昭和巡回 名古屋大学~八事日赤病院~御器所通~金山~鶴舞公園前~御器所通
  • 猪・名 猪高車庫~名古屋大学~妙見町

利用状況[編集]

名古屋市統計年鑑によると、当駅の一日平均乗車人員は以下の通り推移している。

  • 2004年度 - 7,217人
  • 2005年度 - 7,933人
  • 2006年度 - 8,597人
  • 2007年度 - 8,923人
  • 2008年度 - 9,583人
  • 2009年度 - 9,965人
  • 2010年度 - 11,647人
  • 2011年度 - 10,034人

歴史[編集]

2003年に開業した。当時は終着駅であり、1番ホームは乗車専用、2番ホームは降車専用として利用されており、到着した列車は一旦駅南側の留置線に入ってから両渡り線を通って折り返していた。新瑞橋駅までの延伸開業後は、この留置線は本線の一部になっている。現在でも大曽根方面からの最終列車は、当駅止まりである。

2004年には、新瑞橋駅までの延伸区間が開業し、名城線の環状運転が開始された。

隣の駅[編集]

名古屋市営地下鉄
名城線
本山駅 (M17) - 名古屋大学駅 (M18) - 八事日赤駅 (M19)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]