半田市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 中部地方 > 愛知県 > 半田市
はんだし
半田市
Flag of Handa, Aichi.svg
半田市旗
Mark of Handa (Aichi).svg
半田市章
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
団体コード 23205-0
面積 47.24km²
総人口 117,375
推計人口、2014年11月1日)
人口密度 2,480人/km²
隣接自治体 常滑市碧南市高浜市
知多郡武豊町阿久比町東浦町
市の木 クロマツ
市の花 サツキ
半田市役所
所在地 475-8666
愛知県半田市東洋町二丁目1番地
北緯34度53分32.9秒東経136度56分16.1秒座標: 北緯34度53分32.9秒 東経136度56分16.1秒
半田市役所
外部リンク 半田市

半田市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

半田市(はんだし)は、愛知県尾張知多地方に属する。

概要[編集]

1937年(昭和12年)、半田町亀崎町成岩町合併に伴い成立した市である。愛知県内では6番目、知多半島で最初の市制施行であった。その後は新たな合併を経験せず現在に至っている。

江戸時代中期から本格化した醸造業の成長とともに、港湾都市として発達した。明治以降は知多半島における行政の中心となる。太平洋戦争後には鉄鋼自動車関連産業などの製造業も進出している。名古屋市郊外に位置するとともに、知多半島中部における一定の拠点としての性格も持つ[1]

1958年(昭和33年)、市議会にておこなった「原水爆実験禁止並びに核兵器持込み反対核非武装宣言」に関する決議により、日本で初めて非核を宣言した市であり[2]、市制55周年の節目である1993年(平成5年)「非核・平和都市宣言」決議をおこなった[3]

2005年には隣接する常滑市中部国際空港が開港し、新たにこの地方への営業所の設置を図る企業も多かったが、常滑市内では十分な受け入れ体制が整っていなかったため、代わってこの半田市内に拠点を置く企業が多い。これは企業というより住居についてであり、知多半島の高校の約3割程度が当市に集中している事から子弟の教育の面で半田を選ぶ傾向があるが、単身者向けの住居は常滑市内に多くできてきた。[要出典]

知多地区には知多市があるが、半田市が知多地区の中心として位置付けられてきた経緯から、「知多」の名を冠する企業や団体の中には当市に存在するものも多い。[要出典]

ごん狐』などで知られる童話作家新美南吉の出身地でもあり、市内には新美南吉記念館があるほか、記念館周辺には童話にちなんだ花畑なども広がっている。

地理[編集]

半田市中心部周辺の空中写真。
1987年撮影の10枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

知多半島東海岸の中部に位置し、市域はL字の左右を反転させたような形をしている。東は衣浦湾に面し、西は知多丘陵で常滑市と接する。市域の中央を縦断して流れる阿久比川十ヶ川の河口付近が、市役所等の集中する中心部である。 市街地はかつての海岸線沿いや干拓地にあり、内陸部に住宅地が広がっている。埋立地は主に工業用地として利用されている。丘陵部は農業用地となっている。

沿岸部をJR武豊線国道247号線が、内陸部を名鉄河和線が、西部の丘陵地を知多半島道路南知多道路がそれぞれ縦断している。

隣接している自治体[編集]

人口[編集]

Demography23205.svg
半田市と全国の年齢別人口分布(2005年) 半田市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 半田市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
半田市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 80,663人
1975年 85,824人
1980年 89,328人
1985年 92,883人
1990年 99,550人
1995年 106,452人
2000年 110,837人
2005年 115,845人
2010年 118,829人
総務省統計局 国勢調査より

歴史[編集]

江戸時代、市域は尾張藩犬山城成瀬氏(のちに犬山藩を立藩)、および寺社の領地であった。市制施行まで知多郡に属していた。


市町村の変遷

明治22年以前 明治22年10月1日 明治22年 - 明治45年 大正1年 - 大正15年 昭和1年 - 昭和64年 平成1年 - 現在 現在


有脇村 広田村
(一部)
有脇村 有脇村 明治39年5月1日
合併 亀崎町
亀崎町 昭和12年10月1日
合併・市制 半田市
半田市 半田市
亀崎村 亀崎町
乙川村 乙川村
半田村 明治9年
合併 半田村
半田町 半田町 半田町
岩滑村
成岩村 成岩村 明治23年12月17日
町制 成岩町
成岩町

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

海外[編集]

経済[編集]

中島飛行機半田製作所の滑走路跡(国土画像情報(カラー空中写真)[1982年]:国土交通省による) 半田市中午町、中億田町付近。写真左上から右下方向に滑走路跡がある。

古くから醤油味噌などの醸造業が栄えていた。江戸中期より酒粕を用いたの醸造が始まると、江戸のにぎり寿司ブームもあり、樽詰めされた酢は尾州廻船によって江戸にも運ばれた。こうした醸造業の発展は現在の半田市の形成に繋がり、ミツカンなどに代表される日本有数の食品産業の町への基礎となった。

戦前には重工業も盛んになり、中島飛行機半田製作所に代表されるように航空機産業も発達した。軍需産業の一拠点となった半田市は戦争中には空襲の標的となり、多大な被害を受けることになった。戦後は再び重工業が復興し、衣浦港重要港湾指定を経て、新たに造成された臨海部の工業地帯を中心に栄えている。

戦後、有力な収入源として半田競艇場が作られたが、伊勢湾台風による被害を受け施設がほぼ全壊し、また衣浦港造成の妨げとなることから廃止された。その代替として、1964年(昭和39年)からは、常滑競艇場におけるレースの一部が半田市の主催により行われるようになり、現在に至っている。

産業[編集]

市内に本社をおく主要な企業[編集]

ミツカン本社
  • 知多信用金庫
  • 半田信用金庫
  • 知多乗合知多バス
  • 安全タクシー
  • 名鉄知多タクシー
  • ミツカングループ本社 - 食酢のトップメーカー。旧中埜酢店。
  • 中埜酒造株式会社 - 銘柄名:國盛(くにざかり)
  • 盛田金しゃち酒造株式会社(旧・天埜酒造合資会社) - 銘柄名:初夢桜(はつゆめさくら)
  • 尾張製粉株式会社 - 小麦粉・乾麺・飼料の販売。
  • キッコウトミ株式会社 - 明治25年創業の味噌・醤油醸造元
  • 中利株式会社
  • みどり乳業株式会社
  • 株式会社鶴弥
  • 輸送機工業株式会社 - 前身は中島飛行機半田製作所。
  • ツカサ工業株式会社
  • 加藤電機株式会社(カーセキュリティ)
  • 株式会社中京医薬品
  • 中埜総合印刷株式会社
  • 株式会社衣浦電機製作所 - 愛知のブランド認定企業
  • バロンパーク株式会社(ガソリンスタンド「ユニーオイル」経営)
  • 株式会社大三化成
  • 株式会社サンワ中部
  • 愛知化学陶磁器株式会社(わらし工房)
  • かめさきカホリン - 全国的にも数少ない豆腐の型箱専門の製造業者
  • とりとり亭(本店所在地)
  • 衣浦臨海鉄道
  • 株式会社総本家田中屋 - 知多銘菓生せんべいメーカー

市内の主な商業施設[編集]

教育[編集]

半田市は尾張学区に属し、中学生は尾張地方の県立および名古屋市立の普通科高校に進学可能だが、衣浦大橋を挟んで対岸の高浜市にある高浜高校の普通科には進学できない。

大学・専門学校等[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

  • 半田市立半田小学校
  • 半田市立雁宿小学校
  • 半田市立さくら小学校
  • 半田市立岩滑小学校
  • 半田市立乙川小学校
  • 半田市立乙川東小学校
  • 半田市立横川小学校
  • 半田市立亀崎小学校
  • 半田市立有脇小学校
  • 半田市立成岩小学校
  • 半田市立宮池小学校
  • 半田市立花園小学校
  • 半田市立板山小学校


特別支援学校[編集]

主な施設[編集]

文化施設[編集]

スポーツ施設[編集]

郵便局[編集]

  • 半田郵便局
  • 半田乙川郵便局
  • 半田花園郵便局
  • 半田岩滑郵便局
  • 半田亀崎郵便局
  • 半田協和郵便局
  • 半田住吉郵便局
  • 半田成岩郵便局
  • 半田土井山郵便局
  • 半田板山郵便局
  • 半田美原郵便局
  • 半田平地郵便局
  • 半田有楽町郵便局


医療機関(総合病院)[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

JR亀崎駅 現役日本最古の駅舎

知多半島の市町の中で、名鉄とJRの両方の駅が立地するのは、この半田市と武豊町のみである(東浦町も両線が通過するが、名鉄は町内に駅が設置されていない)。また、JRは単線であり普通列車が殆どであるため、名鉄が鉄道交通では優位である[要出典]。『JTB時刻表』はJR半田駅を「市の代表(中心)駅」として記載しているが、利用客が最も多いのは名鉄知多半田駅である。

路線バス・空港バス[編集]

半田市は知多半島の中心に位置しており、古くから知多半島内や西三河地区への路線バスの基点となっていた[要出典]。そのためバスの系統は多いが、利用者は多くなく便数も減少しつつある。同市に本社を置く知多乗合(知多バス)が市内を通るほぼすべての路線バス・空港バスを運行しており、常滑線は毎時2本程度、それ以外の路線は毎時1本以下の運行頻度となっている。そのうち上池線・亀崎線・鴉根線・花園線については、半田市と知多乗合との協定により、市によって赤字補填が行われている[5]ほか、常滑線に対しても国および愛知県による補助金が交付されている[6]。 また、半田市から中部地区以外の大都市圏への長距離バス路線としては、ジェイアールバス関東によって運行される知多シーガル号がある。

  • 知多乗合
    • 常滑線 - 知多半田駅~板山〜常滑駅〜中部国際空港
    • 岩滑(上)線 - 知多半田駅〜半田高校前〜新美南吉記念館西〜ハートフルセンター半田
    • 岩滑(下)線 - 知多半田駅〜岩滑小学校前〜新美南吉記念館西〜ハートフルセンター半田
    • 有脇線 - 知多半田駅〜市役所前〜乙川駅前〜有脇〜東浦駅
    • 上池線 - 知多半田駅〜市役所前〜乙川駅前〜緑ヶ丘
    • 亀崎線 - 知多半田駅〜市役所前〜乙川駅前〜亀崎県社前
    • 鴉根線 - JR半田駅前〜市役所前〜成岩駅前〜図書館・博物館〜青山駅前〜君ヶ橋住宅西
    • 花園線 - 青山駅前〜君ヶ橋住宅西
    • 安城空港線 - 中部国際空港〜住吉町駅〜三河高浜駅前〜三河安城駅
  • ジェイアールバス関東

道路[編集]

一般国道

主要地方道

一般県道

有料道路

慢性的な渋滞[編集]

衣浦大橋

半田市では、自治体の財政力が弱いため道路整備が遅れており[要出典]、市内の一部の路線において慢性的に渋滞が発生している。

国道247号衣浦大橋周辺はその一例であり、西三河方面から中部国際空港へのアクセスにも影響を及ぼしている。他の市と比べて幹線における右折車線が肝心な所にないことも渋滞が多い一因である[要検証 ]。例えば出口町交差点から衣浦大橋交差点間の約5kmは赤信号が長く、いつも渋滞しており通過に10分から15分を要することが多い[要検証 ]衣浦トンネルへの接続も良好とはいえないが、2011年3月半田常滑線半田南知多線(旧港湾道路)の接続が完了したほか、名鉄河和線青山駅前後の連続立体交差工事が行われており、これらの完成により、道路交通の円滑化が期待される。

名所・旧跡・観光スポット[編集]

新美南吉記念館
半田赤レンガ建物

祭事・催事[編集]

この項目における山車はすべて知多型であり、当市で発展したため、別名「半田型」とも呼ばれる。

はんだ山車まつり(5年毎に開催、10月第1土日)
はんだ山車まつり
半田市内には豪華な彫刻・大幕で飾られた重厚な山車が市内各地区に全部で31台あり、毎年春に各地区の祭りで曳きまわされている。5年に一度、西暦の最後の一桁が2または7となる年に開催されるこのまつりでは、その31台の山車が一堂に会し、期間中は多くの観光客で賑わう。
なお、半田の山車ぞろえは、犬山や高山のように神事の一環として行う祭事ではなく、飽くまで市内の文化財指定の山車を一か所にそろえる事が目的のイベントであるため、山車を保存する施設が神社境内にある岩滑地区などの一部を除き、期間中に神社へ入る山車は無い。
これは、武豊町や東海市など、知多半島の他の自治体で行われる山車ぞろえも同様である。
乙川祭り(3月下旬土日)
古文書や、宝暦五年1755年の「乙川村祭禮絵巻」に描かれていることなどから宝暦年間以前から伝わっている祭礼。
入水上神社(乙川大社)に四輛の山車を曳き入れ、からくり人形を奉納する。山車組は、地区制の「組」ではなく、血縁制の「山」からなる。
成岩地区祭礼(4月第2土日)
成岩神社に山車四輛を曳き入れ、大獅子・小獅子の舞を奉納する。
特記として、成岩西組は武豊町北部(馬場・下門地区の一部)が巡回ルートに入ることがある。
西成岩地区祭礼(4月第2土日)
成石神社に山車二輛を曳き入れ、三番叟・神楽・巫女舞いを奉納。
協和地区・成岩地区の一部の山車と市立図書館駐車場で揃う。
協和地区祭礼(4月第2土日)
白山神社に山車二輛を曳き入れ、三番叟・巫女の舞いを奉納する。
白山神社への急勾配は、山車組二組総出で一輛ずつ坂上げする。
岩滑地区祭礼(4月第2土日)
八幡社(岩滑)に山車二輛を曳き入れ、三番叟・神楽・巫女の舞いなどを奉納する。
岩滑新田地区祭礼(4月第2土日)
神明社に山車二輛を曳き入れ、神子・三番叟を奉納する。
板山地区祭礼(4月第2土日)
板山神社に山車三輛を、八幡社(板山)に山車1輛を曳き入れ、三番叟・神楽・巫女の舞いなどを奉納する。また、八幡社では獅子神楽・幣の舞を奉納する。
上半田地区祭礼(4月第2土日)
住吉神社(入水神社)に山車二輛を曳き入れる。また、神社境内のため池(宮池)にちんとろ舟を二隻浮かべ、船上より三番叟を奉納する。
下半田地区祭礼(4月第3土日)
業葉神社に山車四輛を夕刻に曳き入れ、提灯を点燈したのち、三番叟・太平楽の舞・采振り(からくり人形)・巫女舞(からくり人形)を奉納する。
亀崎潮干祭(5月3・4日)
亀崎潮干祭
言い伝えによれば、室町時代の応仁・文明年間に起源を持つ半田市亀崎町に伝わる祭礼。神前神社(通称:県社)前の海浜に、江戸時代後期に建造された知多型(半田型)の山車5台を曳き下ろして整列、からくり人形を奉納する(伊勢湾台風後は堤防で塞がれて海中への曳き下ろしは出来なかったが、近年堤防を開閉式にしてその先を人工砂浜として整備し、曳き下ろしが可能となった)。その後は、町の西にある尾張三社へ神輿が移動することから、山車はそれに従う形で曳き回される。2日目は1日目と逆のコースを取る。「亀崎潮干祭の山車」5台は1966年(昭和41年)に愛知県有形民俗文化財に指定され、2006年(平成18年)には「亀崎潮干祭の山車行事」が国の重要無形民俗文化財に指定された。

マスコットキャラクター[編集]

だし丸くん 当市の観光マスコットキャラクター。6月2日生まれで5歳の男の子。山車祭りを通じて、市民が1つの「輪(丸)」に、との願いが込められている。山車の屋根部分をデザインした帽子(提灯付き)に、はんだ山車祭りのマークの入った赤い法被姿で、Tシャツには、大好きな童話「ごんぎつね」をイメージしたキツネが描かれている。頭の後ろには半田運河と半田赤レンガ建物が描かれた追幕が下がり、手には山車運行に重要な拍子木が握られている[7]。Facebookをやっていて観光PRに一役買っている。語尾に「~ダシ」と付くのが特徴。公式ソング「半田だし丸くん音頭」も作られた[8]

ごん吉くん 当市の偉人、童話作家、新美南吉の生誕100年(2013年)に向けて誕生した、南吉童話のPRイメージキャラクターで、肩書きは南吉童話ナビゲーター。デザインと名前は公募により全国より寄せられた作品より選ばれた。南吉童話といえば「ごんぎつね」ということでキツネをモチーフに、同じくキツネが主人公の「手袋を買いに」にちなんだ茶色の手袋をはめ、南吉ゆずりのグレーの帽子とジャケットで決めている(実は南吉の弟子で、ごんぎつねのひ孫という設定で住民票もある[9]である)。誕生日は3月24日原付用の生誕100年記念ご当地ナンバープレートが作られた[10]。彼もFacebookでPR活動をやっている。「いつまでも広く愛されるキャラクターに育てていきたいと考えています」と公式ページに表示がなされていることより、今後も活躍は続く模様である[11]

はなちゃん 半田市社会福祉協議会マスコットキャラクター。広報紙「はなちゃん通信」や「はなちゃんケアプランセンター(半田市/在宅介護サービス)」、「はなちゃんの部屋(ボランティアセンターブログ)」、「はなちゃん助成金(ボランティア・市民活動団体対象の助成金制度)」などのタイトルになっている、両方の耳にカラフルな花の付いた水色の象。

ぶーやん はんだまちづくりひろばマスコットキャラクター。ボランティア・市民活動情報紙『かつどん』でボランティアや福祉についてやさしく解説する「ぶーやん先生」としても登場するぶたさん。片方の鼻の穴から下がってる鼻水がチャームポイント。

出身有名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2005年国勢調査結果においては、半田市を中心に阿久比町武豊町美浜町の1市3町からなる都市雇用圏の形成がみられる。2005年国勢調査に基づく都市雇用圏について (PDF) を参照。
  2. ^ 非核宣言文(愛知県/市) - 日本非核宣言自治体協議会
  3. ^ 半田市/非核・平和都市宣言
  4. ^ 行人町15番地11。
  5. ^ 半田市/路線バス、2013年10月22日閲覧(2011年3月11日更新版)。なお同ページによれば、2009年度の給付実績は2,700万円ほどとされている。
  6. ^ 平成24年度愛知県バス運行対策費補助金|愛知県、および平成24年度愛知県バス運行対策費補助金交付路線 (PDF) (2013年10月22日閲覧)。
  7. ^ だし丸くんオフィシャルサイト
  8. ^ Amazon.co.jp:半田だし丸くん音頭
  9. ^ 新美南吉記念館だより:157号(平成23年11月)
  10. ^ 半田市/ごん吉くんナンバープレートを交付しています
  11. ^ ごん吉くん紹介:新美南吉生誕100年公式ウェブサイト

関連項目[編集]

  • 獣神ハンダーFOX - 半田市の地域活性化を目的に誕生した「非公式」ローカルヒーロー
  • 半田酔子 - 「知多半島の活性化」と「若者の就職支援」を頑張る、ご当地キャラクターユニット「知多娘。」の一人(声優:山崎理沙→成原さえ→福山晴花)。酒どころ半田らしく「知多娘。」一の酒豪キャラであるが、今や知多半島中のお酒を一気に引き受けている。
  • 広小路クララ - 同じく「知多娘。」の一人で2012年より加入(声優:社本悠)。クラシティ半田を中心とした名鉄知多半田駅周辺を受け持つ。高校生で、放課後はクラシティ半田のH and A cafeでアルバイト、と言う設定。
  • 環境戦隊はんだエコレンジャー - ショーや環境保全活動を通じて、環境問題を訴えつつ半田市のPRも行う、実はまちづくりの市民団体でもある、ご当地戦隊ヒーロー

外部リンク[編集]