Template:ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Documentation icon テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュ破棄]

このテンプレートは、ある特定のダムの諸元について記述するものです。

{{ダム
| ダム名 = 
| 画像 = 
| 所在地 = 
| 左岸 = 
| 右岸 = 
| 緯度 = | 緯分 = | 緯秒 = 
| 経度 = | 経分 = | 経秒 = 
| 河川 = 
| ダム湖 = 
| ダム形式 = 
| 堤高 = 
| 堤頂長 = 
| 堤体積 = 
| 総貯水容量 = 
| 有効貯水容量 = 
| 流域面積 = 
| 湛水面積 = 
| 利用目的 = 
| 事業主体 = 
| 電気事業者 = 
| 発電所名(認可出力) = 
| 施工業者 = 
| 着工年 = 
| 竣工年 = 
| 出典 = 
| 備考 = 
}}

以上の座標は日本国内を想定しています。日本国外の場合は座標部分に以下の引数を使用してください。

| 緯度 = |緯分 = |緯秒 = |N(北緯)及びS(南緯) = 
| 経度 = |経分 = |経秒 = |E(東経)及びW(西経) = 
| 地図国コード = 

変数一覧[編集]

ダム名
ダムの名称です。省略すると項目名が入力されます。
画像
テンプレートに載せる画像を指定します。横幅は300pxが標準です。
所在地
ダムの所在地です。出典により左岸ないし右岸の所在地が明確である場合、この変数の使用は推奨されません。代わりに左岸ないし右岸を使用してください。
左岸
ダムの左岸の所在地です。
右岸
ダムの右岸の所在地です。
緯度・緯分・緯秒 、経度・経分・経秒
座標(緯度・経度)を記入します。座標は、ジオロケーターで取得できます。このフィールドを記入すると、Google Earth等の地図サービスでダムの場所にWikipediaアイコンが表示され、アイコンをクリックすると該当ページをすぐに開くことができるようになります。
座標の条件はデフォルトでは日本国内の北緯/東経/JPとなっています。これらは「(北緯)及びS(南緯)」「E(東経)及びW(西経) 」「地図国コード」部分を入力することにより変更できます。
地図国コード
座標位置が日本国内の場合には必要ありません。各国の国コードはプロジェクト:地理座標#地域を参照。
河川
ダムの建設された河川の名称です。表記は「[[○○○川]][[水系]][[×××川]]」が標準です。水系名と河川名が同一の場合は、「[[○○○川]][[水系]]○○○川」とします。
ダム湖
ダムの形成する人造湖の名称です。ダム湖百選に指定されている場合は「【[[ダム湖百選]]】」と付け加えてください。
ダム形式
ダムの形式(型式)です。
堤高
ダムの堤高です。単位はメートルです。単位記号は省略し、数値のみ記述してください。
堤頂長
ダムの堤頂長です。単位はメートルです。単位記号は省略し、数値のみ記述してください。
堤体積
ダムの堤体積です。単位は立方メートルです。単位記号は省略し、数値のみ記述してください。
総貯水容量
ダムの総貯水容量です。単位は立方メートルです。単位記号は省略し、数値のみ記述してください。
有効貯水容量
ダムの有効貯水容量です。単位は立方メートルです。単位記号は省略し、数値のみ記述してください。
流域面積
ダムの流域面積です。単位は立方キロメートルです。単位記号は省略し、数値のみ記述してください。
湛水面積
ダムの湛水面積です。単位はヘクタールです。単位記号は省略し、数値のみ記述してください。
利用目的
ダムの利用目的です。複数ある場合は1項目ごとに中黒あるいは改行にて区切ります。
事業主体
ダムを所有し管理している者です。複数いる場合は1項目ごとに中黒あるいは改行にて区切ります。
電気事業者
ダムからの送水によって発電する発電所を所有する者です。複数いる場合は1項目ごとに中黒あるいは改行にて区切ります。
発電所名(認可出力)
ダムからの送水によって発電する発電所を記述します。認可出力を () 内に示してください。単位はキロワットが標準です。複数ある場合は1項目ごとに改行にて区切ります。表記は「○○○発電所 ([[ワット|kW]])」が標準です。
施工業者
ダムの施工業者です。複数いる場合は1項目ごとに中黒あるいは改行にて区切ります。
着工年
ダムの着工年です。
竣工年
ダムの竣工年です。
出典
テンプレートの記述事項の根拠とした文献やウェブサイトを記述します。
備考
その他、特筆すべき事項を記述します。

使用例[編集]

  • 黒部ダム - おそらく日本で最も有名と思われる黒部ダムは、テンプレートの更新のテストケースとして使われます。
  • 蓬莱ダム - 1つの項目で3つのテンプレートを使用した例です。
  • 小丸川発電所 - 複数のダム(大瀬内ダム・かなすみダム)によって1つの人造湖を形成する場合の使用例です。
  • 三峡ダム - 日本以外のダムのモデルケースです。

TemplateData[編集]

これは新しいビジュアルエディターにより使用されるテンプレートのためのTemplateData文書です。

ダム

ダムの諸元を表示

テンプレート引数
引数 説明 既定 状態
ダム名 ダム名 string 省略可能
画像 画像 string 省略可能
所在地 所在地 string 省略可能
左岸 左岸 string 省略可能
右岸 右岸 string 省略可能
座標 座標 string 省略可能
地図国コード 地図国コード string 省略可能
緯度 緯度 string 省略可能
緯分 緯分 string 省略可能
緯秒 緯秒 string 省略可能
N(北緯)及びS(南緯) N(北緯)及びS(南緯) string 省略可能
経度 経度 string 省略可能
経分 経分 string 省略可能
経秒 経秒 string 省略可能
E(東経)及びW(西経) E(東経)及びW(西経) string 省略可能
河川 河川 string 省略可能
ダム湖 ダム湖 string 省略可能
ダム形式 ダム形式 string 省略可能
堤高 堤高 string 省略可能
堤頂長 堤頂長 string 省略可能
堤体積 堤体積 string 省略可能
流域面積 流域面積 string 省略可能
湛水面積 湛水面積 string 省略可能
総貯水容量 総貯水容量 string 省略可能
有効貯水容量 有効貯水容量 string 省略可能
利用目的 利用目的 string 省略可能
事業主体 事業主体 string 省略可能
電気事業者 電気事業者 string 省略可能
発電所名(認可出力) 発電所名(認可出力) string 省略可能
施工業者 施工業者 string 省略可能
着工年 着工年 string 省略可能
竣工年 竣工年 string 省略可能
出典 出典 string 省略可能
備考 備考 string 省略可能

その他[編集]

  • 多くのダム記事は『ダム便覧』を出典としています。ただ、『ダム便覧』には右岸所在地や発電所名の記載がなく、ごく一部で記載漏れや誤りが見られますので、『ダム便覧』以外の資料も併せて出典とすることを推奨します。ダムの工事誌、土木・建築・電気関連の雑誌や新聞、ウェブサイトの記事、論文、社史、地史、地名辞典なども出典となり得ます。土木・建築・電気関連以外の雑誌や新聞の記事、また個人のウェブサイトを出典とする場合は注意が必要です。
  • 発電所名(認可出力)に記述すべき発電所とは、ダムからの送水によって発電する水力発電所をいいます。『水力発電所データベース』や、国土地理院の地図(電子国土)で送水経路をたどるなどして調べます。複数の発電所が連続している場合もありますので注意してください。
  • 数値や記述が出典元によって異なる場合は、より確からしいほうを選んで記述します。困ったときは当該ダム記事のノートページで質問してみてください。
  • テンプレートに関する意見・質問等はTemplate‐ノート:ダムへお寄せ下さい。
ダム
位置
ダム諸元
着工年/竣工年 ?/?
テンプレートを表示