Wikipedia:ビジュアルエディター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビジュアルエディターのポータルにようこそ。ビジュアルエディターは、ウィキメディア財団によって開発された新しい編集方法です。これまでウィキペディアを編集するには、たとえ記事を微修正するときでも、ウィキ記法という、とても複雑な記法を学ぶ必要がありました。2001年当時、これは容認されていました。しかし、2013年現在、この記法は利用者を遠ざける元になっています。ビジュアルエディターは、ウィキ記法を学ばなくてもウィキペディアを編集することを可能にします。そうして、人々がウィキペディアに貢献することを後押ししてくれるでしょう。

ビジュアルエディター導入の詳細予定はページ下部参照。2013年末までには、ほとんどすべてのウィキペディアプロジェクトでこれを有効化しようとしています。

ビジュアルエディターについて[編集]

ビジュアルエディターは、ウィキペディアをビジュアル(見たまま)に編集する新しい方法で、ウィキ記法を学ばなくてもウィキペディアを編集できるようになります。英語版ウィキペディアでは2012年12月から"α"版としてオプトーイン方式(個人設定で選択すれば利用可能になる方式)で提供されていました。2013年4月からは16言語版で6月初めからはすべての言語版でも選択可能になっていました。下の予定表にあるように7月1日の英語版を手始めとして、ほとんどすべてのウィキペディアで2013年末までにこれを有効化しようとしています。

ビジュアルエディターに興味があって使ってみようと思ったら、利用者ガイドよくあるキーボードショートカットの一覧をご覧ください。導入を手伝うことに興味があったら、どんなことが手伝えるかをご覧ください。私たちはビジュアルエディターの現況報告を出す予定にしています。ニュースレターの節にサインすればあなたの会話ページにビジュアルエディターの現況報告が届きます。

ウィキペディアのビジュアルエディター"α"版を説明するビデオ(英語)

今のところ、ビジュアルエディターには少なからぬバグがありますーこれは避けられないことです。問題に行き当たったら、遠慮なくフィードバックページに報告してください。またある分野では、全く新しいfeatureを構築しなければなりません。現段階での限界はたとえば、

  • 読み込みに時間がかかる - たくさんの複雑なページをビジュアルエディターに読み込むには多少の時間がかかります。将来的には、このソフトウェアはもっと速くなり、もっと大きなページ群を読み込めるようになるでしょう。
  • 見かけが奇妙だ - 今現在、私たちはHTMLをみなさんが見慣れたものに近づけようとまだ奮闘中ですので、スタイルその他は少々(というか、かなり)奇妙かもしれません。私たちはこの点により多くの時間をつぎ込むようになりつつありますが、これまでは、ビジュアルエディターがウィキテキストを思いがけない風に変えてしまわないようにという点に重きを置いていたのです。
  • 編集が完全にはできない - 「複雑」なフォーマットの要素の一部は表示も編集もできますが、たとえば表やdefinition listsは、その構造を編集したり新しいエントリを追加したりはできません。この分野の改善は、私たちの中でも優先順位が高いもののひとつです。
  • ブラウザのサポートが限定的 - 今のところ、ビジュアルエディターはFirefox、Chrome、Safariの最新版でないとうまく動きません。

これらの古いバージョンでは動きません。Operaでも動きませんが、Operaのサポートに関わっているボランティアはいます。IEは今のところ動きませんが、ビジュアルエディターを大規模リリースするまでには、なんとかサポートすることを目指しています。

  • 記事と利用者ページだけ? - ビジュアルエディターは記事と利用者ページだけで有効になります(個人用の下書きページでも使えるわけです)。いつかは、記事以外の空間に特化した編集ツールも構築するでしょうが、今のところは、記事に焦点を当てているのです。

これらの制約や避けがたいバグがあるため、利用者のみなさんには編集を保存する前に"review your changes"(変更内容を確認)をクリックすること、問題が起きたら報告することを推奨します。

予定表[編集]

2013-07-20現在の情報

実施日 開始 対象プロジェクト
2013年7月1日 全てのログインユーザーにビジュアルエディターを有効化 英語版ウィキペディア
2013年7月15日 全てのユーザーにビジュアルエディターを有効化 英語版ウィキペディア
2013年7月24日 フェイズ2ウィキでのすべてのログインユーザーにビジュアルエディターを有効化 de, es, fr, he, it, nl, pl, ru, sv Wikipedia
2013年7月29日 フェイズ2ウィキでのすべてのユーザーにビジュアルエディターを有効化 de, es, fr, he, it, pl, ru, sv Wikipedia
2013年9月24日 フェイズ3ウィキでのすべてのログインユーザーにビジュアルエディターを有効化 全てのウィキペディア(記述システムの問題解消途上のプロジェクトを除く)
2013年9月30日(上の1週間後) フェイズ3ウィキでのすべてのユーザーにビジュアルエディターを有効化 全てのウィキペディア(記述システムの問題解消途上のプロジェクトを除く)

手伝う方法[編集]

ビジュアルエディターがその長所を最大限に発揮するためには、多くの面での助けが必要です。大きな分野のひとつに、このソフトウェアを実際に使ってバグを見つけて報告することがありますが、それ以外にも多くのタスクがあります。たとえば、

  • ヘルプページの刷新 - 私たちのプロジェクトはみなヘルプページを設けて新規参加者が投稿しやすいようにしています。残念ながら、これらのヘルプページはすべて、これまでのウィキ記法にのっとって作成されていますので、ビジュアルエディターがデフォルトで実装されると、スクリーンショットも手引書もすべて時代遅れになってしまいます。もし私たちの手引書に基づいて、ビジュアルエディターに即した形でヘルプページを刷新できれば大変有用なことでしょう。
  • テンプレートにTemplateDataを加える - ビジュアルエディターにはすてきなテンプレート編集機能が付随しています。詳細はヘルプページをご覧ください。もしウィキペディア上でこれを用いれば、テンプレートの一部はパラメータと説明が付随していて使いやすくなっているのに気づくでしょう。付随していないテンプレートもあるでしょうけど。これはテンプレートに「TemplateData」が無いとこの機能が上手く働かないからなのです。「TemplateData」を追加することに興味があれば、TemplateData編集の手引重要なテンプレートの一覧をご覧ください。
  • 新規参加者を支援する - もしビジュアルエディターの導入が成功すれば、これまでよりもっと多くの新規参加者を迎えることができるようになるでしょう。ただし編集がこれまでよりずっと容易になったとしても、コミュニティとどうやって付き合っていくかを習得するのは、依然として容易なことではありません。どうか、利用案内やIRCのヘルプチャンネルにいくらかの時間を割いて、これら新規参加者がウィキペディアに慣れて溶け込めるようにしてあげてください。

ニュースレター[編集]