愛知用水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
愛知用水の配水塔(愛知県美浜町)

愛知用水(あいちようすい)は、愛知県尾張丘陵部から知多半島にかけての一帯に農業用、工業用、上水道用のを供給する用水である。

概要[編集]

岐阜県八百津町から知多半島南端の南知多町に至る112キロメートルの幹線水路と、幹線水路から分岐して農業用の水を導く支線水路1,012キロメートルからなる。愛知用水公団によって1961年に開かれ、現在では独立行政法人水資源機構によって管理されている。

流路[編集]

愛知用水の水源は長野県王滝村木曽町にまたがる牧尾ダム、同県木祖村味噌川ダム岐阜県恵那市阿木川ダムの3つ。当初は牧尾ダムのみであり、他の2つは水需要増加などにより牧尾ダムだけでは対応しきれなくなったため追加で造られたものである。

上記3ダムの木曽川水系に属しており、用水路の取水口は木曽川本流に位置する。岐阜県可児市八百津町に跨る兼山ダム湖にある兼山取水口である。幹線水路はここから可児市を経て愛知県に入る。 愛知県内では、犬山市小牧市春日井市名古屋市守山区尾張旭市瀬戸市長久手市を経て日進市みよし市東郷町にまたがる愛知池(東郷調整池)に注ぐ。

調整池である愛知池から幹線は東郷町を抜けて名古屋市緑区豊明市に至り、知多半島へ向かう。知多半島では大府市東海市阿久比町を経て、知多市佐布里池(佐布里調整池)へ、そこから常滑市美浜町を縦断して美浜町の美浜調整池に達する。

愛知用水は美浜調整池で終点だが、そこから南知多町の海底導水管を通して最終的に日間賀島や佐久島、篠島に送られる。ちなみに佐久島は西尾市(旧一色町)に属するが、水道事業は南知多町の管轄となっている。

流域の自治体[編集]

愛知用水の水を利用する愛知県内の

の18市8町である。

愛知用水の水を利用する岐阜県内の

歴史[編集]

久野家正門に建つ愛知用水発祥の碑(愛知県知多市)
工事に際する殉職者を祀る愛知用水神社
  • 1955年10月:愛知用水公団設立。
  • 1957年11月:着工。
  • 1961年9月:完成。
  • 1968年10月:愛知用水公団は水資源開発公団に統合。
  • 2003年10月:水資源開発公団は独立行政法人水資源機構に移行。
  • 2005年3月~2007年3月:愛知用水二期事業。

大きな河川が無く水不足であった知多半島地域への用水運動が愛知用水誕生の端緒である。水不足を溜池で何とかやりくりしていた知多地域は、1947年に大干ばつを受けて溜池が壊滅し大きな被害を受けた。これにより用水設置を求める運動が起こった。このうち、木曽川からの引水を計画したのが篤農家の久野庄太郎と安城農林高校教諭の浜島辰雄である。翌年には地元有志による「愛知用水期成会」が結成された。また久野・浜島は首相吉田茂へ陳情し、国の政策として用水路建設が進められることになった。

1950年には世界銀行の融資を受け、アメリカ合衆国の進んだ土木技術建設機械を用いることになる。1955年10月に「愛知用水公団」設立。工事期間は5年間。6,800立方メートルを蓄えるダム(牧尾ダム)、100キロメートル余の幹線水路と1,000キロメートル余の支線水路が建設された。建設に際して56名の殉職者を出した。

1976年には佐布里調整池を臨む高台に愛知用水神社が建立され、殉職者56名の霊位が合祀された。

2002年5月28日には「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」にて愛知用水の建設を取り上げた「命の水 暴れ川を制圧せよ~日本最大 愛知用水・13年のドラマ~」が放送された。

用水がもたらしたもの[編集]

愛知用水はため池に頼っていた尾張丘陵部、知多半島農業生産や井戸に頼っていた住民の日常生活を著しく向上させた。海水交じりの井戸水に生活用水を頼っていた知多半島南部及び日間賀島篠島佐久島の住民からは特に感謝されたという。地域住民の生活は著しく向上し、観光などの産業の発展にもこの用水の水は貢献した。

また、この用水が供給する工業用水によって東海製鉄所(東海市、現・新日鐵住金名古屋製鐵所)の立地が可能となった。

おもな調整池[編集]

東郷調整池(愛知池
愛知用水の幹線水路のほぼ中央に位置し、愛知池と呼ばれる。周囲には散策路が周辺には公園が整備され、ウォーキングや犬の散歩など市民の憩いの場として利用されている。湖面は漕艇競技場として利用されている。
佐布里調整池(佐布里池
愛知県知多市に位置し、佐布里池と呼ばれる。佐布里梅をはじめ様々な梅の木が湖を囲う。湖岸に「緑と花のふれあい公園」がある。

発行物[編集]

  • 1961年7月7日、愛知用水通水記念の額面10円の切手が発行された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]