国道360号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道360号
一般国道

Japanese National Route Sign 0360.svg

国道360号
陸上距離 126.2km(不通区間を除く)
制定年 1975年
起点 富山県富山市城址公園前交差点
主な
経由都市
岐阜県飛騨市大野郡白川村
石川県白山市
終点 石川県小松市空港西口交差点
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0041.svg国道41号
Japanese National Route Sign 0359.svg国道359号
北陸自動車道富山IC
Japanese National Route Sign 0471.svg国道471号
Japanese National Route Sign 0472.svg国道472号
Japanese National Route Sign 0156.svg国道156号
白山スーパー林道
Japanese National Route Sign 0157.svg国道157号
Japanese National Route Sign 0008.svg国道8号
Japanese National Route Sign 0305.svg国道305号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
天生峠付近(2008年7月)
白川郷 - 天生峠間(2007年8月)

国道360号(こくどう360ごう)は富山県富山市から石川県小松市に至る一般国道である。

概要[編集]

道路の改築事業として富山県富山市から岐阜県飛騨市にかけて丸山バイパス種蔵・打保バイパス宮川細入道路細入バイパスが建設され種蔵・打保バイパスの一部区間を除き既に供用を開始している[1]。種蔵・打保バイパスの未開通区間は岐阜県の財政状況が厳しい為完成まで長期間を要する見込みである[2]
  • 終点の石川県小松市浮柳町の空港西口交差点は他の一般国道とは接続していない中途半端な終点ではあるが、石川県小松市園町(園町交差点)からの区間は港国道ではない。

沿革[編集]

  • 1975年4月1日:一般国道360号(富山県富山市 - 岐阜県大野郡白川村)として指定。
  • 1993年4月1日:終点を石川県小松市まで延長。
  • 2000年8月28日:宮川細入道路と細入バイパスとにまたがる一区間(富山市加賀沢 - 飛騨市宮川町小豆沢)が開通。
  • 2005年4月8日:種蔵・打保バイパスの一区間(飛騨市宮川町種蔵字ヤソゼ - 同大瀬)開通。
  • 2005年4月26日鮎飛トンネル貫通。
  • 2008年2月29日宮川細入道路二工区(飛騨市宮川町小豆沢 - 飛騨市宮川町祢宜ヶ沢上)開通。
  • 2008年4月1日:小松市立高校前交差点 - 空港西交差点(終点)の区間を国道360号に指定。従来の小松市立高校前交差点 - 沖町交差点(終点)は、小松市道に降格。

重複区間[編集]

不通区間[編集]

通過する自治体[編集]

接続路線[編集]

バイパス[編集]

別名[編集]

  • 越中西街道

道の駅[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]