国道174号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道174号
一般国道

国道174号標識

国道174号
総距離 0.1871 km(総延長・実延長・現道)
制定年 1953年指定
起点 神戸港
終点 兵庫県神戸市中央区
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0002.svg国道2号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
国道174号標識(起点側)。左が神戸税関旧館にあたる。
国道174号「全景」(終点の税関前交叉点にある歩道橋上から、南方向の起点側を臨む。道路のカーブした少し先が起点。)

国道174号(こくどう174ごう)は、兵庫県神戸市中央区神戸港から国道2号に至る一般国道である。

概要[編集]

いわゆる港国道で、日本一距離の短い国道である。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

短距離国道[編集]

総延長の順位(短距離として)

  1. 国道174号:187.1m(日本一短距離の国道)
  2. 国道130号:482m
  3. 国道198号:約600m[4]

実延長の順位(短距離として)[5]

  1. 国道174号:187.1m(日本一短距離の国道)
  2. 国道189号:372m
  3. 国道130号:482m

歴史[編集]

1885年(明治18年)の内務省告示第6号「國道表」で国道3号「東京ヨリ神戸港ニ達スル路線」として表れる。これは京都まで国道2号(東京から大阪港。現1号)と重複する路線で、終点の神戸から国道4号(東京から長崎)が伸びていた。法令上は「東京より神戸港に達する路線」となっているが、実質的には京都から神戸に至る路線であり、長崎へ至る路線の一部であった。(国道2号も参照のこと)

1920年(大正9年)施行の旧道路法に基づく路線認定では、国道38号「東京市ヨリ神戸港ニ達スル路線」となった。路線名はほぼ同じであるが、この路線は神戸まで国道2号「東京市ヨリ鹿兒島縣廳所在地ニ達スル路線(甲)」と重複し、神戸で分岐して神戸港へ至る路線であり、今日の国道174号の性格に近いものである。ただし、ルートは中突堤(メリケンパーク)前を通過して神戸税関に至るもので、今日のルートとは異なる。また、路線名に示されているように神戸港が終点であった。

1953年5月18日、新道路法に基づく路線指定で、神戸港を起点とし国道2号との交点(神戸市生田区(現・中央区))を終点とする二級国道174号神戸港線となった。

現在の国道2号は、東から来るとJR三ノ宮駅の手前の三宮東交叉点で直角に折れてポートライナーの高架下を南下していくが、当時は三ノ宮駅前を直進していた。そこで、神戸港から三ノ宮駅前の三宮交叉点までを真っ直に結ぶ約940mの道路が国道174号に指定された。1962年に、国道2号が現在のコースに切り替えられたため、国道2号との交点が神戸港側に移動することになり、海側の187.1mだけが国道174号となった。残りの750mあまりは、現在「フラワーロード」という愛称の兵庫県道30号新神戸停車場線になっている。

1965年4月1日に、道路法改正によって一級・二級の別がなくなり一般国道174号となった。

1980年に神戸市生田区葺合区が合併して中央区になったため1982年4月1日に終点を「神戸市中央区」に変更した。

路線状況[編集]

通称[編集]

  • 神戸港国道

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する路線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。

出典[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年11月8日閲覧。
  2. ^ よくあるご質問”. 国土交通省近畿地方整備局兵庫国道事務所. 2012年11月8日閲覧。
  3. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年11月8日閲覧。
  4. ^ 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2012. 国土交通省道路局. p. 11. 2013年2月19日閲覧。
  5. ^ 日本の国道と浜通りの国道の比較”. 国土交通省東北地方整備局磐城国道事務所. 2012年11月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]