国道442号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道442号
一般国道

国道442号標識

国道442号
総距離 172.7 km
制定年 1982年
起点 大分県大分市
大道陸橋北交差点
主な
経由都市
大分県竹田市熊本県阿蘇郡小国町、大分県日田市福岡県八女市筑後市
終点 福岡県大川市
しげあみ交差点
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

国道442号(こくどう442ごう)は、大分県大分市から福岡県大川市に至る一般国道

概要[編集]

大分市大字上詰から豊後大野市朝地町梨小にかけての離合が難しい箇所がある以外はほぼ全体を通じて2車線の国道である。竹田市久住町から熊本県阿蘇郡南小国町にかけては久住高原瀬の本高原が広がるドライブコースで、やまなみハイウェイ先で黒川温泉を通過する。

大分県と福岡県の県境を通る竹原峠が狭隘であったが、竹原峠道路が開通して後は短時間で県境を通過することが可能となった。八女市以降は筑後平野の広がる横断コースで九州自動車道八女IC国道209号との相互連絡も兼ねて重要な幹線道路として機能している。

歴史[編集]

1982年4月1日 路線認定。当時の大分県道・熊本県道10号竹田小国線、福岡県道・大分県道・熊本県道3号八女小国線、福岡県道24号八女大川線など合計4路線が国道に昇格・認定されて現在に至る。なお、八女小国線に関しては、廃止ではなく、番号を115号に変更して重複の扱いとなり、福岡県八女市日向神ダムの北側約7km区間が単独の一般県道として残された。

重複区間[編集]

  • 国道210号(起点 - 大分県大分市羽屋)
  • 国道57号(大分県豊後大野市朝地町 - 大分県竹田市)
  • 国道387号(熊本県阿蘇郡小国町 - 大分県日田市)
  • 国道385号(福岡県大川市)(385号バイパスの供用状況の都合により重複している)

通過する市町村[編集]

接続道路[編集]

大分県

熊本県

大分県

福岡県

バイパス[編集]

大分県[編集]

  • 大分市大字市 - 大字廻栖野:重複経路となっている。
  • 久住バイパス:竹田市久住町の中心部を迂回するバイパス。幅員狭小区間の解消と久住高原周辺地域へのアクセス向上を目的とし、事業延長2,050m、歩道付き2車線、2009年度完成予定[1]
  • 大分県道412号久住高原野津原線:国道442号のバイパスではないが、大分市 - 竹田市久住高原は県道412号の方が竹田市街経由の国道442号より距離が短く、早く到達できる。大分市大字竹矢 - 豊後大野市朝地町梨小の区間では、県道412号とふるさと林道由布朝地線を代わりに利用することで、国道442号の狭小区間を回避できるため、実質的なバイパスとして機能している(大分市竹矢の県道412号との交点では、大分市方面からは県道412号へ誘導するような標識になっている)。

熊本県[編集]

福岡県[編集]

3路線はいずれも八女市から大川市までを結ぶバイパス道路。総延長17.4km。この区間に並行する旧道は整備された完成2車線であるが、交通量と市街地を縦断することから、完成4車線のバイパスが計画された。鹿児島本線との交差も現道は立体交差ながらも360度のループを2回通らなければならない。バイパス区間は暫定2車線(納楚東交差点~大島交差点は完成2車線)で整備されている区間がある。八女インターチェンジの連絡路も八女筑後バイパスの支線として整備。バイパスの開通に伴い、並行する旧道は福岡県道795号湯辺田八女線福岡県道96号八女瀬高線福岡県道793号柳瀬筑後線福岡県道706号筑後城島線に変更されている。[4]

経路変更[編集]

  • 竹原峠道路
  • 八女市忠見:八女市山内 - 八女市井延の区間で、忠見地区の中心部を迂回する。路線バスは旧道を通る。

別名[編集]

  • 北滝ロマン道路:北原白秋の出生地柳川市に隣接する大川市と滝廉太郎が幼少期を過ごした竹田市を通ることから、二人の頭文字をとって名付けられた。国道442号のうち、大分県竹田市久住町久住 - 白丹の区間(延長7km)は、この名称で日本の道100選に選定されている。

主な峠[編集]

  • 竹原峠

トンネル[編集]

  • 男嶽トンネル(大分県豊後大野市朝地町)
  • 黒川トンネル(熊本県阿蘇郡南小国町)
  • 竹原峠トンネル(大分県日田市中津江村 - 福岡県八女市矢部村)
  • 杉の平トンネル(福岡県八女市黒木町)

道の駅[編集]

周辺[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]