国道107号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道107号
一般国道

国道107号標識

国道107号
総距離 194.3 km(総延長)
190.2 km(実延長)
189.4 km(現道)
制定年 1953年指定
起点 岩手県大船渡市
主な
経由都市
岩手県遠野市北上市
秋田県横手市
終点 秋田県由利本荘市
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0045.svg国道45号
Japanese National Route Sign 0340.svg国道340号
Japanese National Route Sign 0283.svg国道283号
Japanese National Route Sign 0004.svg国道4号
Japanese National Route Sign 0013.svg国道13号
Japanese National Route Sign 0105.svg国道105号
Japanese National Route Sign 0108.svg国道108号
Japanese National Route Sign 0007.svg国道7号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

国道107号(こくどう107ごう)は、岩手県大船渡市から北上市および横手市を経由して秋田県由利本荘市に至る一般国道である。

岩手県奥州市江刺田瀬IC付近
接続路線
STR
岩手県道230号
KRZ
国道45号
KRZh
大船渡三陸道路
WBRÜCKE
盛川
mKRZu
岩手開発鉄道日頃市線
WBRÜCKE
鷹生川
mKRZu
岩手開発鉄道日頃市線
TEEl
国道340号陸前高田方面
STR
世田米バイパス
TEEr
国道340号遠野方面
TEEl
国道397号
STRlg STR
国道283号
TEEl STRrf
STRlf STRlg
ABZrf
国道283号
WBRÜCKE
猿ヶ石川
KRZ
岩手県道178号岩手県道27号
STRrg TEEr
STR STR
STRlf TEEr
KRZ
国道456号
TEEl STRlg
KRZo ABZqlr
岩手県道28号岩手県道14号
WBRÜCKE
北上川
mKRZh
東北新幹線
mKRZh
東北新幹線
mKRZh
東北新幹線
mKRZo
東北本線
KRZ
岩手県道39号岩手県道254号
KRZ
国道4号北上バイパス
TBHF
東北自動車道北上江釣子IC
mKRZo
北上線
STR
江釣子バイパス
KRZ
岩手県道13号岩手県道165号
mKRZo
北上線
KRZ
岩手県道37号
mKRZo
北上線
WBRÜCKE
和賀川
TEEr
岩手県道1号
TUNNELa
hSTRrg tKRZ hSTRq
秋田自動車道
hSTR TUNNELe
TEEl TEEr
湯田IC
hSTR mKRZ
北上線
hSTR mKRZ
北上線
hSTRlf KRZh hSTRlg
TEEl hKRZ
秋田県道40号
mKRZo hSTR
北上線
TEEl hKRZ
国道13号
mKRZo hSTR
奥羽本線、国道13号重複区間
KRZ TBHF
国道13号横手バイパス
TEEr hSTR
秋田県道48号
hSTRq KRZh hSTRrf
TEEr
秋田県道13号
TEEl
秋田県道13号
WBRÜCKE
雄物川
TEEr
秋田県道36号
TEEl
秋田県道36号
TEEl
国道398号
TEEl
秋田県道32号
TEEr
秋田県道48号
TEEr
秋田県道30号
STR
石沢バイパス
TBHF
日本海東北自動車道本荘IC
WBRÜCKE
子吉川
TEEr
国道105号
TEEl
国道108号
mKRZo
羽越本線
TEEl STRrf
国道7号

概要[編集]

  • 本国道は大船渡港へ直結しているため、運搬・配送の車が利用する道路であり、いわゆるトラック街道である。特に北東北から北陸方面への貨物輸送のメインルートとして使われている。
  • また、日常の足としても重要な国道で、大船渡・遠野・北上・横手・本荘の都市圏における自家用車通勤の要となっている。
  • 特に秋田県内の区間においてはバイパス工事・拡幅工事が昭和末期から現在にかけて多数行われ、改良区間が多い国道である。
  • 岩手県北上市和賀町仙人 - 同県和賀郡西和賀町間は錦秋湖(湯田ダム湖)の湖岸に急カーブと急勾配が続き(ワインディングロード)、多数のスノーシェッドがある難所である。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

路線状況[編集]

バイパス[編集]

  • 世田米バイパス
江釣子バイパス
江釣子バイパス(えづりこバイパス)は、北上市に建設されたバイパス道路である。1986年昭和61年)に事業着手[6]し、まずは国道4号交点から東北自動車道北上江釣子IC附近までの区間が両側4車線で供用を開始[要出典]し、1997年平成9年)に全線で供用を開始した[7]。整備によって竪川目工業団地から北上江釣子ICまでの所要時間が短縮されたほか、利便性が向上したことから沿線にはロードサイド店舗の進出が相次いだ[7]
横手バイパス
横手バイパス(よこてバイパス)は、横手市に建設された国道13号のバイパス道路である。一部が本路線と重複区間となっている。詳細は「横手バイパス」を参照のこと。
石沢バイパス
石沢バイパス(いしざわバイパス)は、由利本荘市に建設された延長4.1 kmのバイパス道路である[8]1995年(平成7年)に事業着手し、 2004年(平成16年)10月8日に全線で供用を開始した[9]

重複区間[編集]

  • 国道397号(起点 - 気仙郡住田町世田米・小股交差点)
  • 国道340号(気仙郡住田町・瀬音橋 - 川口交差点)
  • 国道283号(遠野市宮守町・鱒沢交差点 - 凌沢交差点)
  • 国道13号(横手市・安田交差点 - 婦気交差点)
  • 国道398号(由利本荘市東由利舘合 - 終点)
  • 国道105号(由利本荘市・一番堰交差点 - 終点)
  • 国道108号(由利本荘市・二番堰交差点 - 終点)

道の駅[編集]

岩手県
秋田県

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

(右の「表示」を押す)

[編集]

  • 白石峠(大船渡市 - 気仙郡住田町)
  • 荷沢峠(標高466m、住田町世田米 - 遠野市小友町)
  • 糠森峠(標高320m、遠野市小友町 - 遠野市宮守町下鱒沢)
  • 樺峠(標高350m、遠野市 - 奥州市)
  • 巣郷峠(標高296m、和賀郡西和賀町 - 横手市)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b c 2005年3月22日に1市7町が合併して由利本荘市発足。
  3. ^ 2005年10月1日に遠野市と上閉伊郡宮守村が合併して遠野市発足。
  4. ^ 2006年2月20日に2市2町1村が合併して奥州市発足。
  5. ^ 2005年10月1日に横手市ほか5町2村が合併して横手市発足。
  6. ^ 2012年4月1日現在
  7. ^ 1954年3月31日に6村を編入と同時に市制施行して本荘市発足。2005年3月22日に本荘市ほか7町が合併して由利本荘市発足。

出典[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年9月27日閲覧。
  2. ^ 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2013. 国土交通省道路局. p. 6. 2014年1月14日閲覧。
  3. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年9月27日閲覧。
  4. ^ ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  5. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)
  6. ^ 第112回国会 衆議院予算委員会第八分科会 第1号 (1988年3月8日) 国会会議録検索システム”. 国立国会図書館. 2012年9月17日閲覧。
  7. ^ a b 美しい県土づくりNEWS (PDF)”. 岩手県県土整備部. p. 7 (2005年5月). 2012年9月27日閲覧。
  8. ^ 平成14年度公共事業継続箇所評価調書 (PDF)”. 秋田県総務企画部総合政策課. 2012年9月27日閲覧。
  9. ^ 石沢バイパスが開通しました”. 由利本荘市東由利総合支所. 2012年9月27日閲覧。

関連項目[編集]