住田町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
すみたちょう
住田町
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 岩手県
気仙郡
団体コード 03441-0
面積 334.83 km²
総人口 5,886
推計人口、2014年9月1日)
人口密度 17.6人/km²
隣接自治体 大船渡市陸前高田市一関市
遠野市釜石市奥州市
町の木 スギ
1985年昭和60年)6月1日制定)
町の花 アツモリソウ
1985年昭和60年)6月1日制定)
町の鳥 ヤマドリ
1985年昭和60年)6月1日制定)
住田町役場
所在地 029-2396
岩手県気仙郡住田町世田米字川向96番地1
北緯39度8分31秒東経141度34分33.4秒
住田町役場
外部リンク ようこそ住田い町-住田町

住田町位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

住田町(すみたちょう)は、岩手県東南部に位置する

近年過疎化が進み、高齢者の人口に占める割合が高い。豊富な森林資源と木材加工施設が整備されていることから「森林・林業日本一の町」を目指している。気仙(けせん)郡は住田町と旧三陸町とで構成されていたが、現在は旧三陸町が大船渡市と合併したため、住田町のみで構成されている。

地理[編集]

位置[編集]

住田町は、岩手県の東南部、北上高地の南部にあり、盛岡市から約90kmの位置にある。東から時計回りに大船渡市陸前高田市一関市奥州市遠野市釜石市が隣接する。

地質[編集]

古生代堆積岩と、中生代火成岩からなっており、約80%が堆積岩で占められている。

地形[編集]

四方を山に囲まれ、平坦地は極めて少ない。町北東部から大きく西部に蛇行して南下する気仙川及びその支流沿いに集落及び農耕地が集中している。

山岳[編集]

種山ヶ原

四方を標高600~1300mの山に囲まれている。森林面積は、30,289haと総面積の約90%となっている。民有林の割合は73.7%であり、そのうちの人工林率は53.8%となっている。

    • 高清水山、貞任山など
  • 西
    • 生出山、太平山など

河川[編集]

気仙川
昭和橋より下流を望む

町内を流れる清流、気仙川ではヤマメイワナ(3月解禁)、アユ(7月解禁)を釣ることができる。なお、支流の大股川にダム建設を行っている(津付ダム)。

  • 気仙川二級河川気仙川水系)
    • 五葉川
    • 坂本川
    • 火の土川
    • 新切川
    • 大股川
    • 中沢川

気候[編集]

気仙地域(住田町、大船渡市(旧三陸町を含む)、陸前高田市)は岩手県の中では温暖な気候であり、住田町は特に、太平洋気候の影響から冬は暖かく、夏は内陸性気候の影響により涼しいため比較的過ごしやすい気候である。

  • 年間平均気温:10.3℃

※盛岡地方気象台 住田アメダス2005年平均

歴史[編集]

  • 2012年(平成24年)2月4日:平成23年度地域づくり総務大臣表彰で「地方自治体表彰」を受賞。[1]

地名の由来[編集]

住田は合併した上、下有村と世米町からそれぞれ一文字ずつとった合成地名である。合併協議の際は地域を流れる気仙川(成瀬川)に由来した成瀬町にする予定だったが、反対により現在の地名となった。

行政[編集]

「当面合併せず自立、持続」を掲げ、独自の林業施策などを推進している。

森林・林業日本一の町づくりの看板
住田町役場付近に掲げている

行政区域の変遷(市町村制施行以後)[編集]

歴代町長[編集]

氏名 就任年月日 退任年月日 備考
菊池伊蔵 1955年昭和30年)4月1日 1955年昭和30年)4月30日 町長職務執行者
初代 泉田増治郎 1955年昭和30年)5月1日 1959年昭和34年)4月30日
2 櫻井弘 1959年昭和34年)5月1日 1961年昭和36年)7月24日
3 泉田豊 1961年昭和36年)8月5日 1965年昭和40年)8月4日
4 水野吉郎 1965年昭和40年)8月5日 1969年昭和44年)8月4日
5-7 泉田豊 1969年昭和44年)8月5日 1981年昭和56年)8月4日
8 佐熊博 1981年昭和56年)8月5日 1985年昭和60年)8月4日
9 泉田豊 1985年昭和60年)8月5日 1989年平成元年)8月4日
10-12 菅野剛 1989年平成元年)8月5日 2001年平成13年)8月4日
13-14 多田欣一 2001年平成13年)8月5日 現職

行政機構[編集]

財政[編集]

2007年度の当初予算規模は次のようになっている。

広域行政[編集]

  • 気仙広域連合
  • 大船渡地区環境衛生組合
  • 大船渡地区消防組合
  • 岩手沿岸南部広域環境組合

行政機関[編集]

警察[編集]

消防[編集]

  • 大船渡地区消防組合大船渡消防署
    • 住田分署

医療[編集]

2007年平成19年)10月時点で町内には有床診療所が1か所、無床診療所が2か所、歯科診療所が3か所存在する。

  • 岩手県立大船渡病院附属住田地域診療センター(有床診療所)
    • 2008年平成20年)4月、岩手県立住田病院の診療所化により設立

国・県の行政機関[編集]

前出のものを除く。

国の機関[編集]

県の機関[編集]

産業[編集]

郵便局[編集]

  • 住田郵便局(集配局)
  • 上有住郵便局(集配局)
  • 下有住郵便局
  • 大股郵便局

立法[編集]

国政[編集]

衆議院小選挙区は住田町を含む周辺9市町で岩手県第3区に属し、参議院選挙区は岩手県全体で1区を占める。現在選出の衆議院議員は以下のとおり。

県政[編集]

岩手県議会は陸前高田市とともに陸前高田選挙区に属す。定数は1人である。

住田町議会[編集]

町議会の定数[編集]

定数14人である。2007年平成19年)9月までは16人であった。

町議会の構成[編集]

無所属 12人(議長・副議長含む) 日本共産党 1人 欠員 1人

歴代議長[編集]

氏名 就任年月日 退任年月日 備考
菅野勇輔 1955年昭和30年)4月12日 1963年昭和38年)9月30日
紺野達郎 1963年昭和38年)10月1日 1967年昭和42年)2月28日
佐々木浩一郎 1967年昭和42年)3月1日 1983年昭和58年)9月30日
菅野剛 1983年昭和58年)10月1日 1985年昭和60年)6月24日
紺野朋夫 1985年昭和60年)6月24日 1987年昭和62年)9月30日
佐々木良平 1988年昭和63年)10月1日 1995年平成7年)1月11日
水野貞夫 1995年平成7年)1月27日 1995年平成7年)9月30日
多田清吾 1995年平成7年)10月4日 2003年平成15年)9月30日
山内茂 2003年平成15年)10月1日 2004年平成16年)6月14日
千葉滋夫 2004年平成16年)6月14日 2007年平成19年)9月30日
荒木久一 2007年平成19年)10月1日 現職

町議会の組織[編集]

議会運営委員会の他、2つの常任委員会及び特別委員会を設置している。

  • 議会運営委員会
  • 常任委員会
    • 総務教民常任委員会
    • 産業経済常任委員会
  • 特別委員会
    • 議会広報編集特別委員会


自治体交流[編集]

  • 姉妹都市提携等を結んでいる市町村は存在しない。

地域[編集]

人口[編集]

Demography03441.svg
住田町と全国の年齢別人口分布(2005年) 住田町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 住田町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
住田町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 10,397人
1975年 9,585人
1980年 9,036人
1985年 8,702人
1990年 8,228人
1995年 7,783人
2000年 7,305人
2005年 6,848人
2010年 6,191人
総務省統計局 国勢調査より

TVチャンネル・ラジオ周波数[編集]

住田町内TV中継局

教育[編集]

小学校[編集]

中学校[編集]

高等学校[編集]

  • 岩手県立住田高等学校
    • 岩手県は、志願者数の減少に伴って住田高等学校の廃校を計画している。同町は、同校を公立中高一貫校化して存続を図りたいと考えており、廃校を撤回するよう県に繰り返し申し入れてはいるが、県は方針を変えていない。

交通[編集]

航空[編集]

町内に空港はない。最寄りの空港は、花巻市にある花巻空港である。また、仙台空港を利用することもある。

鉄道路線[編集]

  • 東日本旅客鉄道(JR東日本)
    • 釜石線
      • (至足ヶ瀬駅) - 上有住駅 - (至陸中大橋駅
      • 上有住駅は当町唯一の鉄道駅だが町の中心部(町役場のある世田米地区)から大きく離れた北東外れに位置しており、国道340号&県道167号経由で住田町コミュニティバス「川口上有住線」が連絡している。

バス路線[編集]

※住田町市街地(世田米地区)へは岩手県交通(急行盛岡大船渡線・陸前高田住田線)を利用。

過去に存在したバス路線

道路[編集]

高速自動車国道に並行する一般国道の自動車専用道路[編集]

一般国道[編集]

県道[編集]

一般県道[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

滝観洞・天の岩戸の滝

火縄銃鉄砲隊[編集]

気仙地域は以前は伊達領であり、当時、伊達藩火縄銃に使われる火縄が、現在の住田町と大船渡市、釜石市にまたがる五葉山で生産されていたことから、五葉山火縄銃鉄砲隊が結成され、さまざまなイベントでその様子を見ることができる。

滝観洞[編集]

五葉山近くには洞窟内の滝としては日本一の落差の「天の岩戸の滝」(高さ29m)を見ることのできる滝観洞がある。

すたーうぉっちんぐ[編集]

宮沢賢治にゆかりの深い種山ヶ原があることで知られ、かつては毎年8月上旬に全国から約1000人が集まってキャンプをしながら星空を眺めるイベントすたーうぉっちんぐ種山ヶ原が、地元青年が起こした無限会社天地人主催で開催されていた。このイベントでは、天体望遠鏡を搭載した自動車「アストロカー」を使って天体観測をすることができた。「無限会社天地人」が解散したことにより、2005年を最後に開催は打ち切られた。

KESEN ROCK FESTIVAL[編集]

すたーうぉっちんぐに代わる音楽イベントとして、「KESEN ROCK FESTIVAL」が2011年より毎年7月に種山高原で行われている。

有名人[編集]

外部リンク[編集]