洋野町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ひろのちょう
洋野町
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 岩手県
九戸郡
団体コード 03507-6
面積 303.24 km²
総人口 16,579
推計人口、2014年10月1日)
人口密度 54.7人/km²
隣接自治体 久慈市九戸郡軽米町
青森県三戸郡階上町
町の木 赤松
町の花 つつじ
町の鳥
洋野町役場
所在地 028-7995
岩手県九戸郡洋野町種市第23地割27番地
北緯40度24分30.7秒東経141度43分7.3秒
外部リンク 洋野町役場

洋野町位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

洋野町(ひろのちょう)は、岩手県沿岸部の最北端に位置するである。

この地域は青森県八戸市の生活圏、経済圏に属していることから、同市との将来的な越境合併も視野に入れ、広域圏の中心である久慈市との合併を拒否し、2006年元日に九戸郡種市町と同郡大野村の2町村の合併によって成立した。

町名は一般公募により決められた瑞祥地名であり、洋野の「野」と大野の「野」は無関係とされる。合体合併によって「頭に方角」や「ひらがな」への改名が相次いだ「平成の大合併」の中で、方角を付けずに新たな漢字二文字の市町村名に改名した、極めて珍しい例である。

歴史[編集]

  • 2011年3月11日に発生した東日本大震災による津波で、沿岸部の漁業施設などが壊滅したが、高さ12mの防潮堤が津波を大幅に減衰させたため住宅地区の多くには被害が及ばず、八木地区を中心に海に近い民家が損壊したものの死傷者、行方不明者は発生していない[1][2]

沿革[編集]

行政[編集]

経済[編集]

産業[編集]

農業[編集]

漁業[編集]

郵便局[編集]

  • 八木郵便局
  • 陸中中野郵便局
  • 城内郵便局
  • 帯島郵便局
  • 宿戸簡易郵便局
  • 有家簡易郵便局
  • 角浜簡易郵便局
  • 向田簡易郵便局


地域[編集]

人口[編集]

Demography03507.svg
洋野町と全国の年齢別人口分布(2005年) 洋野町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 洋野町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
洋野町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 24,278人
1975年 24,534人
1980年 24,403人
1985年 23,818人
1990年 22,802人
1995年 21,322人
2000年 20,465人
2005年 19,524人
2010年 17,910人
総務省統計局 国勢調査より

TVチャンネル・ラジオ周波数[編集]

洋野町内TV中継局
アナログ放送時代はIATのみ当町内に中継局が無かったが、地デジでは当町内にIATもデジタル新局として中継局を開局。これにより当町内でも在盛民放TVが4局全て視聴可能となった。
種市本町テレビ中継局
町北西部の城内地区(青森県境近く)にあり、久慈中継局からの電波が届きにくい旧種市町域の大部分をカバーしている(海岸沿いでは久慈中継局の電波が受信可能な世帯もあり)。
陸中大野テレビ中継局
旧大野村域西部の黒間山にあり、旧大野村域の大部分をカバーしている。
種市本町・大野両局は全局同じ物理チャンネルで送信されているので、ワンセグTV及びポータブル地デジフルセグTV使用時は当町内(旧大野村域-旧種市町域相互間)移動時にチャンネルスキャン不要。

AM・FMラジオは久慈中継局を受信(IBCラジオは盛岡親局と同じ684kHzで送信されているので、盛岡など内陸へ行く場合でも周波数変更が不要。逆にFMとNHKの周波数は久慈・盛岡両地区で異なる)。また隣県のRABラジオ八戸局(1485kHz)も当町内ほぼ全域で昼夜通して良好に受信可能。

教育[編集]

小学校[編集]

中学校[編集]

高校[編集]

交通[編集]

種市駅

鉄道[編集]

バス[編集]

道路[編集]

国道[編集]

県道[編集]

主要地方道[編集]
一般県道[編集]

港湾[編集]

名所・旧跡・観光[編集]

有名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『津波で5割超の防潮堤損壊 岩手県が効果検証へ』共同通信 2011年4月12日 2011年4月24日閲覧
  2. ^ いわて防災情報ポータル 2011年4月24日閲覧

外部リンク[編集]