北上市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
きたかみし
北上市
Getou.jpg
Flag of Kitakami Iwate.svg
北上市旗
Symbol of Kitakami Iwate.svg
北上市章
1991年平成3年)7月11日制定
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 岩手県
団体コード 03206-9
面積 437.55km²
総人口 93,320
推計人口、2014年7月1日)
人口密度 213人/km²
隣接自治体 花巻市奥州市
和賀郡西和賀町胆沢郡金ケ崎町
市の木 さくら
市の花 しらゆり(ヤマユリ
市の鳥 きせきれい
北上市役所
所在地 024-8501
岩手県北上市芳町1番1号
北緯39度17分12.3秒東経141度6分47.6秒
北上市役所(2009年10月撮影)
外部リンク kitakami city

北上市位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

特記事項 市外局番:0197(市内全域)
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

北上市(きたかみし)は、岩手県南西部に位置する

概要[編集]

北上市は、人口約9万人超を擁しており、県内では盛岡市一関市奥州市花巻市に次いで5番目に多い。県南広域振興圏に位置し、双子都市である花巻市と共に北上都市圏(北上・花巻都市圏)を形成している。

昭和30年代までは典型的な農業地域であったが、その後、農家の次男三男の雇用確保のために比較的早い時期から企業誘致に取り組み始めた。東北自動車道東北新幹線の整備に続き、秋田県横手盆地、そして秋田港へと繋がる秋田自動車道が開通すると、東北道と秋田道の結節点として、岩手・秋田2県にまたがる流通の重要拠点の地位を得た。多様な流通選択肢が得られる立地により現在、180社以上もの企業を誘致し、東北有数の流通・工業集積地に成長した。商業都市としての側面が強い県都・盛岡市とは対照的である。

人口が減少する市町村が多い中で、北上市は岩手県の中でも数少ない人口増加地域である。近年は、北上駅周辺に相次いでマンションやホテルが建設されており、都市景観も変貌した。そのため、県内でも教育機関や学生が比較的に多く見受けられ、いわゆる学園都市としての姿もある[1]

旧・北上市は、昭和の大合併のときに新設された市で、「北上」の名称は北上川北上盆地にちなむ。現在の中心部を成す旧・黒沢尻町にちなみ、現在も黒沢尻と称することがある。また、平成の大合併に先駆けて、1991年平成3年)4月1日、旧・北上市、旧・和賀町、旧・江釣子村の1市1町1村で対等(新設)合併がなされ、新・北上市となった。そのため、平成の大合併において北上市の事例は多くの市町村・合併協議会で手本とされ、比較検討の材料とされた。

地理[編集]

北上川(展勝地対岸より)

位置・地勢[編集]

岩手県の南西部にあり、北上盆地においては中央に位置する。県庁所在地盛岡市へは約45km、仙台市へは約138km、秋田市へは約107km、東京には約490kmである。地勢は、中央部に北上盆地が広がり、東部が北上山系の丘陵地、西部には奥羽山系の山々が連なる。平野部の東端を南流する北上川と市の中央部を東流する和賀川が合流し、田園地帯を潤す。標高は、平野部で約50〜200m、東部丘陵地で約200〜400mである。

北上市のアメダス

気候[編集]

東日本太平洋側の気候区に属しているが、奥羽山系と北上山系に挟まれているため内陸性の気候の特性でもある。日本海側の気候の影響を受けやすく積雪量も比較的多い。1月の降雪量の平年値は125センチで、同月の盛岡市の降雪量の約1.5倍、県南の一関市の約2倍である[2]。冬は寒いが、北上のアメダスは市街地に設置されているために、冬の最低気温は周囲の花巻江刺に比べると、かなり高い傾向となり、1月の平均最低気温は-4.8℃で三陸沿岸の大船渡(-2.7℃)、釜石(-3.1℃)、宮古(-3.8℃)、種市(-4.5℃)と一関(-4.2℃)についで岩手県内の気象観測地点中では6番目に高い。また8月の平均最低気温は20.2℃と一関(20.4℃)についで県内全地点で2番目に高い。

  • 最高気温極値 36.8℃(1994年8月9日)
  • 最低気温極値 -17.4℃(1980年2月17日)

人口[編集]

Demography03206.svg
北上市と全国の年齢別人口分布(2005年) 北上市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 北上市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
北上市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 68,074人
1975年 71,383人
1980年 76,633人
1985年 80,248人
1990年 82,902人
1995年 87,969人
2000年 91,501人
2005年 94,321人
2010年 93,147人
総務省統計局 国勢調査より
  • 住民基本台帳人口:93,619人(2009年平成21年)3月末日現在)
  • 旧市町村別の住民基本台帳人口
    • 旧北上市:68,027人
    • 旧和賀町:13,973人
    • 旧江釣子村:11,619人
  • 世帯数:33,701世帯(2009年平成21年)3月末日現在)

沿革[編集]

北上市中心市街地周辺の空中写真。市街地の東を北上川、南を和賀川が流れる。1976年撮影の8枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

この地は水の便に恵まれ、縄文の昔から大規模な集落が作られている。

行政区域の変遷(市町村制施行以後)[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制が施行される。
    • 黒沢尻村が町制施行し、東和賀郡黒沢尻町が成立。
    • 旧立花村、湯沢村、平沢村、黒岩村が合併し、東和賀郡立花村が成立。
    • 旧飯豊村、成田村、藤沢村、村崎野村が合併し、東和賀郡飯豊村が成立。
    • 二子村が単独で村制施行し、東和賀郡二子村が成立。
    • 旧更木村、臥牛村が合併し、東和賀郡更木村が成立。
    • 上鬼柳村、下鬼柳村が合併し、東和賀郡鬼柳村が成立。
    • 相去村が単独で村制施行し、東和賀郡相去村が成立。
    • 福岡村が単独で村制施行し、江刺郡福岡村が成立。
    • 旧岩崎村、岩崎新田、煤孫村、山口村が合併し、東和賀郡岩崎村が成立。
    • 旧横川目村、竪川目村が合併し、東和賀郡横川目村が成立。
    • 旧藤根村、長沼村、後藤村が合併し、東和賀郡藤根村が成立。
    • 上江釣子村、下江釣子村、北鬼柳村、鳩岡崎村、滑田村、新平村が合併し、東和賀郡江釣子村が成立。
  • 1896年明治29年)3月29日 - 東和賀郡と西和賀郡が合併し、和賀郡となる。
    • 相去村の郡の所属が変更され、胆沢郡相去村となる。
  • 1949年昭和24年)4月1日 - 立花村の一部(旧立花村の区域)を黒沢尻町へ編入。
  • 1954年昭和29年)1月1日 - 立花村を黒沢尻町へ編入。
  • 1954年昭和29年)4月1日 - 黒沢尻町飯豊村二子村更木村鬼柳村相去村福岡村が合併し、(旧)北上市としてスタート。
  • 1954年昭和29年)10月1日 - 北上市飯豊町字成田(当時)の一部を花巻市へ、相去町の一部を金ケ崎町へ編入。
  • 1955年昭和30年)4月1日 - 横川目村藤根村岩崎村が合併し、和賀郡和賀村となる。
  • 1955(昭和30年)7月10日 - 江刺郡江刺町(のちの江刺市、現・奥州市)の一部を北上市へ編入(現在の北上市稲瀬町)。
  • 1956年昭和31年)4月1日 - 和賀村が町制施行、和賀郡和賀町となる。
  • 1991年平成3年)4月1日 - (旧)北上市、和賀町江釣子村が合併し、現在の北上市となる。

累次の大合併[編集]

現在の法人格としての「北上市」は、1991年(平成3年)の新設合併によって誕生したものである。合併当時、北上市の人口は6万人程度に過ぎなかったが、和賀町(人口1万4,000)・江釣子村(人口9,000)との合併によって、当時県内では盛岡市に次ぐ人口規模となった。

この大合併の背景には、秋田自動車道の開通(1991年)がある。東北自動車道とのJCT(結節点)に位置する当地域では、交通の要衝としてのメリットを生かして「内陸部の中核都市」を形成しようという機運がにわかに高まり[4]、合併に至った。これに際して、住民説明会を延べ123回にわたって開催するなど、住民の盛り上がりによる自主的合併を心がけたとされる[4]

この合併は、その後起こる平成の大合併に先立って行われた大規模な合併であったため、その後の大合併で、全国の多くの市町村がモデルケースと仰ぎ、注目を浴びた。合併による行政上の影響については当該項目(#大合併と行政)を参照。

行政[編集]

行政機構[編集]

市役所は分庁体制を取り、旧北上市役所・旧和賀町役場・旧江釣子村役場をそれぞれ北上市役所本庁舎・和賀庁舎・江釣子庁舎として活用している。住民票・税証明交付、戸籍届出など、基本的な住民サービスは3庁舎どこでも受けることができる。

  • 市長:高橋敏彦(たかはし としひこ、2011年平成23年)4月27日就任 1期目)
    • 副市長
      • 企画部
      • 財務部
      • 生活環境部(環境課とクリーン推進課が和賀庁舎に配置)
      • 保健福祉部
      • 農林部
      • 商工部
      • 都市整備部(江釣子庁舎に配置)
      • 消防防災部(消防組合本部内に配置)
      • まちづくり部(駅前北上開発ビルに配置)
    • 会計管理者
      • 会計課
    • 教育委員会
      • 教育部

大合併と行政[編集]

前述したように(→#累次の大合併)、当市は大規模な合併を経験している。その合併時、市庁舎を1箇所に集約せず、旧町村役場をそのまま活用する方式をとったため、市内各所に本庁機能が分散化している。その際、内部的な事務手続きの滞りを防止するため、庁舎間に光ファイバーネットを構築し、庁舎間での事務手続きを簡略化した。

また合併後しばらくの間、新規採用者を退職者の2分の1に抑制したことから、平成21年度末現在の人口1000人あたりの市職員数は6.12人(全国平均7.33人、岩手県平均8.26人)[5]となっており、職員数削減で効果が上がっていることが読み取れる。

広域行政(一部事務組合)[編集]

  • 北上地区広域行政組合
(構成市町村 : 北上市花巻市西和賀町
し尿処理施設・火葬場の設置、管理及び運営に関する事務を共同処理する。
(構成市町村 : 北上市・西和賀町)
消防に関する事務(消防団・消防水利施設の設置・消防水利の維持管理に関する事務を除く)を共同で処理する。
  • 岩手中部水道企業団
(構成市町 : 北上市・花巻市・紫波町
水道用水供給事業の経営に関する事務を共同処理する。
  • 岩手中部広域行政組合
(構成市町村 : 北上市・花巻市・遠野市・西和賀町)
関係市町村の全区域を対象とする一般廃棄物処理計画の策定に関する事務、その一般廃棄物処理計画に基づいた一般廃棄物処理施設(し尿処理施設を除く)の設置に関する事務を共同で処理する。

市民憲章[編集]

市町村の「憲章」はどこも似通ったものが多いが、北上市の市民憲章はユニークであり、文学性の高いものとなっている。

北上市市民憲章1992年平成4年)1月5日制定)

あの高嶺
鬼すむ誇り
その瀬音
久遠の賛歌
この大地
燃えたついのち
ここは 北上

姉妹都市・友好都市[編集]

江戸時代の人物・原田宗輔1671年に起こった伊達騒動の中心人物)の家来が北上市口内町に住んでいたという歴史的なつながりがある。
1993年平成5年)の大冷害を受けて、当時県の農政部長だった故高橋洋介氏(北上市出身・後の副知事)の発案により、二期作可能な沖縄県石垣島にて水稲種籾緊急増殖が行われた事がきっかけ。以後、岩手北上マラソン大会など両市で開催されているマラソン大会の上位入賞者相互派遣など交流が続いている。[6]
東京在住の北上市出身者がコンコード市の市長およびテレビ局社長と面識があったこと、また、文化・環境面でも多くの共通点があったことがきっかけ。
1978年に北上市日中友好協会が発足して以来訪中団を派遣してきたこと、河南省人民政府の要人を招聘したことなど、相互で交流活動を続けたことがきっかけ。

産業[編集]

工業団地が多く、組み立て加工を中心に第二次産業が多い。製造品出荷額は約5,000億円で、岩手県内第1位(2007年・工業統計調査速報)である。近年は、トヨタグループのトヨタ自動車東日本岩手工場(金ケ崎町)の増産に伴い、関連する自動車産業が活性化する兆しが見えている。また、東芝NAND型フラッシュメモリの新工場を建設し、2010年に操業開始することを表明する(後に延期の発表あり)など、北上市の産業は自動車産業と半導体産業が大きな柱となっていくことが鮮明となった。

主な事業所[編集]

産業集積の負の側面[編集]

  • 北工業団地の地下水汚染問題
    • シチズン東北(北工業団地、白崎雄三社長)は2006年平成18年)7月24日、同社敷地内の地下水において1999年から8年間にわたり、トリクロロエチレン1,1-ジクロロエチレンが、地下水環境基準値を上回っていた(地下水汚染)にも係わらず放置していたことを公表した。県への報告を怠り、条例違反に当たる。2006年平成18年)3月の調査によると、トリクロロエチレンは0.54mg/L、1,1-ジクロロエチレンは0.23mg/Lを検出。同社は、地下水汚染が会社敷地内にとどまらない可能性もあるとして、2006年平成18年)7月22日に住民説明会を開催。半径1km以内の民家342世帯を対象に、井戸の有無を緊急調査し、51世帯(うち25世帯が飲料水として使用)の井戸水を調査した。
    • 後藤製作所(北上市北工業団地、志賀正敏社長)は2006年平成18年)10月16日、同社敷地内の地下水において少なくとも1989年から17年間にわたり、トリクロロエチレン1,1,1-トリクロロエタンシス-1,2-ジクロロエチレンが地下水環境基準値を上回っていた(地下水汚染)にも係わらず放置していたことを公表した。さらに2006年夏に近隣において発生した地下水汚染(シチズン東北(白崎雄三社長))からの地下水汚染の拡散確認調査の要請を「井戸はない」と事実と反する回答で拒んでいたこともあわせて公表した。トリクロロエチレンは、最高濃度は2003年平成15年)11月7日の調査で、14.6mg/L(地下水環境基準の約487倍)、1,1,1-トリクロロエタンは同環境基準の約19倍。シス-1,2-ジクロロエチレンの最高濃度は、2006年平成18年)10月3日同環境基準を26.5倍上回った。なお後藤製作所は汚染拡散の可能性は認めるものの自社敷地外の調査は予定していない。
  • 廃棄物処理施設の火災に伴う環境汚染問題
    • 2006年平成18年)9月5日廃棄物処理施設のクボタリテックス北上資源化センター(北上市和賀町後藤、柄谷章所長)にて火災が発生。出火当時、施設内には廃プラスチックや木くず、紙くず、繊維くずなど約300tと焼却灰が約400tあり、6日午後に鎮火するまでの間、数百tの産業廃棄物が燃えた。これにより、大気水質ダイオキシン類が拡散。岩手県および北上市が公表(2006年平成18年)11月27日・29日)した内容によれば、大気中のダイオキシン類濃度は測定点6箇所で国の環境基準(0.6pg-TEQ/m³) の3分の1から10分の1で農作物への影響はきわめて少ないとした。周辺の水質では、測定地点9箇所のうち環境基準が適用される3箇所で環境基準を上回った。水質において最も高濃度地点は現場から約2km離れた後藤野幹線用排水路で環境基準の91倍。現場から約4kmの尻平川橋付近では1.2(pg-TEQ/L). 和賀川の測定結果は環境基準の約20分の1で、市民生活への影響はないとみられるとした。
    • クボタリテックス(佐賀茂社長)は、当該施設において過去2回の問題((1)2005年秋のダイオキシン改ざん、(2)2006年平成18年)6月17日のロータリーキルン・ストーカ焼却炉からのダイオキシン類を含む約1,300m³のガス漏れ(AM11:54〜PM12:57)と合わせ3回の問題を発生させたことから、同工場の撤退を住民説明会(2006年平成18年)10月21日)にて公表。
    • クボタリテックスの公表(2006年平成18年)10月25日)によると、9月の火災の際の消火廃水を含む汚水約2.5m³を、2006年平成18年)10月21日施設外に流出したと発表。廃水にはダイオキシン類を含む可能性がある。貯水槽(容量600m³)から汚水を排水処理設備調整槽に移す作業をした際、作業員がポンプの操作を誤り、調整槽から汚水をあふれさせたという。同センターは同夜、工業団地内雨水排水路から4m³のみを回収。

金融機関[編集]

銀行

協同組織金融機関

農協生協

郵便[編集]

郵便局

  • 陸中飯豊郵便局
  • 北上上野町郵便局
  • 黒岩郵便局
  • 相去郵便局
  • 北上駅前郵便局
  • 北上鍛冶町郵便局
  • 江釣子郵便局
  • 北上本通郵便局
  • 二子郵便局
  • 陸中岩崎郵便局
  • 藤根郵便局


簡易郵便局

  • 村崎野簡易郵便局
  • 常盤台簡易郵便局
  • 立花簡易郵便局
  • 北鬼柳簡易郵便局
  • 岩崎宿簡易郵便局
  • 和賀簡易郵便局
  • 堅川目簡易郵便局
  • 後藤簡易郵便局
  • 鬼柳簡易郵便局


観光[編集]

名所・旧跡

祭事

  • 北上・みちのく芸能まつり(8月の第1金曜日からの3日間) - 北上を代表する伝統芸能「鬼剣舞」のほか、鹿踊り、神楽などの東北各地の伝統芸能を一挙に披露する。まつりの最終日には北上川河畔で花火大会が行われる。打ち上げる花火は10,000発に達し、東北有数規模の花火大会でもある。

名産と名物[編集]

  • 里芋で"二子芋"(ふたごいも)という赤い茎の品種が非常に美味であり、近年全国的知名度をあげている。いものこ汁(岩手県内では芋煮をいものこ汁と呼ぶ)の際はこれがよく求められる。
  • この地方に伝わる伝統芸能に「鬼剣舞」がある。鬼の面と独特の衣装をまとった男が勇壮な踊りを見せる。夏祭りや居酒屋のアトラクションで盛んに披露され、北上市の名物になっている。
  • 更木地区で醸造されている地酒がある。代表銘柄は『喜久盛』と『鬼剣舞』。
  • 市内で飼育する肉牛を"北上牛"またはきたかみ牛と称するブランドで売り出している。
  • 北上牛、二子芋、しらゆりポーク、和賀のアスパラの4つの食材を使った、北上コロッケが各お店独自のレシピにより売り出されている。開発は、北上調理師協会青年部が行った。

施設[編集]

運動施設[編集]

  • 北上総合運動公園
  • 岩崎城運動公園
  • 和賀川グリーンパーク
  • 江釣子球場
  • 展勝地野球場
  • 竪川目運動場
  • 藤沢球場

市営プール[編集]

  • 展勝地プール
  • 滑田プール
  • 鳩岡崎プール
  • 岩崎新田プール

商業[編集]

教育[編集]

専修学校[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

  • 北上市立南中学校
  • 北上市立北上中学校
  • 北上市立飯豊中学校
  • 北上市立北上北中学校
  • 北上市立上野中学校
  • 北上市立東陵中学校
  • 北上市立和賀西中学校
  • 北上市立和賀東中学校
  • 北上市立江釣子中学校

小学校[編集]

  • 北上市立南小学校
  • 北上市立黒沢尻東小学校
  • 北上市立黒沢尻西小学校
  • 北上市立立花小学校
  • 北上市立黒岩小学校
  • 北上市立飯豊小学校
  • 北上市立二子小学校
  • 北上市立更木小学校
  • 北上市立口内小学校
  • 北上市立照岡小学校
  • 北上市立黒沢尻北小学校
  • 北上市立鬼柳小学校
  • 北上市立いわさき小学校
  • 北上市立笠松小学校
  • 北上市立和賀東小学校
  • 北上市立和賀西小学校
  • 北上市立江釣子小学校

学校教育以外の施設[編集]

交通[編集]

北上市域は古くから交通の要衝として栄えてきた地域である。現在市内を東北本線、国道4号が南北に貫き、北上線、国道107号が東西に走っている。さらに東北新幹線(1982年開業)、東北自動車道(1977年開通)や秋田自動車道(1997年開通)など高速交通体系が整備され、首都圏と2時間30分、日本海とは1時間30分で結ばれるなど「東北の十字路」である。

鉄道[編集]

バス[編集]

道路[編集]

高速自動車国道[編集]

一般国道[編集]

県道[編集]

主要地方道

一般県道

北上市が登場する作品[編集]

漫画

小説

出身人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高橋敏彦市長配布の北上市新マニフェスト二部内の経済項目及び演説会等から
  2. ^ 気象庁データより。以下の気候に関する数値も同様。
  3. ^ 岩手県の誕生 (PDF) (「岩手県立博物館だより No.101」 2004年4月)
  4. ^ a b 合併問題研究会報告書 - 滋賀県庁、2008年7月18日閲覧。
  5. ^ 北上市財政状況比較分析表・財政状況一覧表
  6. ^ 2014年(平成26年)1月26日発行岩手日日北上版第1面「石垣市と友好都市提携」閲覧。

参考文献[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 『角川日本地名大辞典 3 岩手県』 角川書店、1985年ISBN 4040010302

外部リンク[編集]