奥州市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本  > 東北地方  > 岩手県 > 奥州市
おうしゅうし
奥州市
Oshu montage.JPG
1段目左:焼石岳
1段目右:えさし藤原の郷
2段目左:種山
2段目右:正法寺
3段目:長者ヶ原廃寺跡
4段目左:水沢競馬場
4段目右:駒形神社
Flag of Oshu Iwate.svg
奥州市旗
Oshu Iwate chapter.JPG
奥州市章
2006年平成18年)2月20日制定
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 岩手県
団体コード 03215-8
面積 993.35km²
(境界未定部分あり)
総人口 120,311
推計人口、2014年9月1日)
人口密度 121人/km²
隣接自治体 花巻市北上市一関市遠野市
和賀郡西和賀町胆沢郡金ケ崎町
西磐井郡平泉町気仙郡住田町
秋田県雄勝郡東成瀬村
市の木 モミジ
市の花 サクラ
市の鳥 キジ
奥州市役所
所在地 023-8501
岩手県奥州市水沢区大手町一丁目1番地
北緯39度8分40.1秒東経141度8分20.9秒
奥州市役所(2006年(平成18年)4月)
外部リンク 奥州市

奥州市位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

奥州市(おうしゅうし)は東北地方の中部、岩手県の内陸南部に位置する県内第三の人口・面積を擁する

目次

概要[編集]

上空からの奥州市
市役所のある水沢区中心部周辺の空中写真。1976年撮影の12枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

本市は、西側を奥羽山脈、東側を北上山地で挟まれる北上盆地の南部に位置する。北は花巻市北上市西和賀町金ケ崎町、南は一関市平泉町、東は遠野市住田町、西は秋田県東成瀬村に接している。

奥州市最高峰の焼石岳を主峰とする西部地域の焼石連峰は、ブナ原生林が多く残されている。また、北上川東側には、北上山地につながる田園地帯が広がり、東端部には、種山高原、阿原山高原が連なっており、地域全域が緑のあふれる豊かな自然に恵まれている。

主な可住地は、東流する胆沢川によって拓かれた広さ2万haで日本最大級の胆沢扇状地[1][2]、その扇端の東側を南北に流れる北上川が形成した河岸段丘、および、その他の小河川沿い平地や高原地域となっている。可住地面積は443.69km²であり全国で7位(岩手県内でも1位)である。岩手県の可住地率は低いが、当市は北上盆地の恩恵を受けているといえる。

人口は約12万人で、県内では盛岡市一関市についで第3位の人口規模となる。総面積は993.35平方キロメートルと広大で、東京都(2186、6k)の2分の1ほどの広さがあり、県内では宮古市、一関市についで第3位の面積を有する。

土地の利用状況は、総面積のうち、田が、17.7%、畑が4.8%、宅地が3.5%、山林が44.1%で、農地の割合が高く、稲作を中心とした複合型農業により、県内屈指の農業地帯となっている。肥沃な大地からは前沢牛江刺りんごなど、全国的に有名な農産物を生産している。また、交通の利便性の良さを背景に県内でも屈指の商業集積が進み、工業団地等が整備され、農・工・商のバランスがとれた産業基盤が特徴である。

胆江地方は古代東北の歴史舞台の中心地として知られ、角塚古墳胆沢城跡、衣川遺跡群など数多くの史跡が残されている。市中心部の水沢区からは幕末から近現代にかけて多くの偉人を輩出しており、特に高野長英後藤新平斎藤実は水沢三偉人としてそれぞれ資料館や生家など史跡も多く残されている。奥州藤原氏に起源を持つ南部鉄器岩谷堂箪笥秀衡塗などの伝統産業や、日高火防祭黒石寺蘇民祭などの祭典も多く、基幹産業の事業展開が図られている。

奥州街道および東北本線は、扇端沿いで河岸段丘上の水沢区の中心地域を南北に通っているが、段丘崖下の段丘面を通る国道4号沿いには新しい市街地が形成され、大規模なロードサイド店舗の進出が見られる。東北新幹線水沢江刺駅は、その対岸(北上川東岸)に位置している。

  1. ^ 胆沢ダム工事事務所
  2. ^ 他に大型扇状地として那須野が原扇状地(4万ha)、黒部川扇状地(1.2万ha)などがある。

地理[編集]

人口[編集]

Demography03215.svg
奥州市と全国の年齢別人口分布(2005年) 奥州市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 奥州市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
奥州市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 126,304人
1975年 126,908人
1980年 130,318人
1985年 132,039人
1990年 132,116人
1995年 133,228人
2000年 133,056人
2005年 130,171人
2010年 124,756人
総務省統計局 国勢調査より

隣接自治体[編集]

歴史[編集]

地名の由来[編集]

  • 明治以前の日本の地区区分である「」のひとつの呼称。

沿革[編集]

原始[編集]

およそ500万年前、奥州市周辺が仙台から続く入り江になっていた頃の時代は、マエサワクジラなどの海棲哺乳類が棲んでいた。

約3万5000年前には、斜軸尖頭器を出土した柳沢舘遺跡(水沢区)などが存在し、旧石器時代から人が住んでいたと考えられる。遺跡は中期旧石器時代で、片刃礫器、削器、斜軸尖頭形剥片などの石器があるが、後続する後期旧石器時代の遺跡は未発見である。

縄文時代の東北地方(特に北部)は、後世と比べ気候温暖であった。当時の東北地方はコナラ・クリなど の落葉広葉樹林に広く覆われ、海岸線は平野の中まで深く入り組んで、採集生活に適した環境を作り出した。なお縄文時代の文化は「東高西低」といわれ、西日本の人口密度が希薄だったのに対し、東北地方と関東地方は、日本列島の人口の過半が集中する、縄文文化の中心地であった。縄文時代の遺跡として大清水上遺跡などがある。

弥生時代の遺跡としては清水下遺跡から石包丁が発見され、近くから水田の跡も見つかったことから当地方でも古くから稲作が行われていた。

古代[編集]

この地方は古代、大和朝廷から日高見国と呼ばれ、日本書紀には「日高見の国は土地が広大で肥沃である」と記されている。平安時代初期に編纂された続日本紀によると「水陸万傾の地」と記されており、古くから拓けた土地であった。

東北地方が大和王権に服属せず独立を保っていた地方王国の時代から、仙台平野南部に次ぐ東北地方住民の中心地の一つであった。当時、東北地方の人々は、大和王権から蝦夷(エミシ)と呼ばれ恐れられていた。

日本列島北端に位置する角塚古墳

5世紀後半〜6世紀初、日本列島北端に位置する前方後円墳角塚古墳が造営された。当地には、古代から、豊かな国を支配する強大な権力を持った豪族がいたことを伺うことができる。

729年(天平1年)、東北地方初の寺院として、行基が黒石に東光山薬師寺(後の黒石寺)を建立する。

5世紀前後、仙台平野を中心とする東北地方南部が大和王権に服属すると、大和王権は胆沢盆地を中心とする東北地方中南部の蝦夷と対立した。

胆沢城跡復元模型
(奥州市埋蔵文化財調査センター展示)

780年、俘囚長、伊治呰麻呂が東北地方の長官らを殺害して反乱を起こすと、蝦夷と朝廷の間にいわゆる「三十八年戦争」が始まった。このときも、胆沢江刺は蝦夷側の根拠地であった。789年、蝦夷の軍事指導者・アテルイ率いる蝦夷軍は徹底抗戦し、巣伏の戦いで朝廷軍を撃退した。しかし802年(延暦21年)、征夷大将軍坂上田村麻呂に降伏し、「三十八年戦争」は桓武天皇の勝利で幕を閉じた。戦後、朝廷は国府多賀城から鎮守府胆沢城へ移した。

平安時代後期、衣川を拠点とする豪族であった安倍氏俘囚長として奥六郡を支配し、近辺では国司よりもはるかに強力な勢力を持つに至った。しかし前九年の役で、出羽の俘囚長・清原氏の援軍を得た源頼義義家親子により滅ぼされた。衣川の地は、都人もあこがれた歌枕としても有名で、多くの歌人によって歌に詠まれた。

奥州藤原氏の祖である藤原清衡。平泉に移るまでの30年間を江刺で過ごした。

平安時代末期、前九年の役および後三年の役を経て、清原清衡(藤原清衡)が実父の姓に復して藤原氏を名乗り、根拠地を江刺郡豊田館から磐井郡平泉に移して、人口規模で京都に次ぐ国内第二の都市平泉を中心とした独自の地方政権を打ち立て、浄土思想を基盤とする黄金文化が花開いた。

平泉の街は奥州市域にも広がっており、衣川には藤原秀衡の舅である藤原基成の居所で、源義経が寄宿し最期を遂げた場所でもる衣川館や、中尊寺の子院などが並び、一大産業・商業地があった。前沢区の白鳥舘遺跡は手工業生産が行なわれていた川湊として栄えた。平泉は衣川をはさんだ南の政治都市と北の産業・商業都市が融合して機能する複合都市を形成していた。また、清衡が平泉に居館を移した後も、江刺では益沢院で中尊寺に奉納された金銀字交書一切経が書写されるなど、清衡の本拠地として重要な役割をもち続けた。 発掘調査の結果、12世紀の遺構は前沢区の白鳥舘遺跡以北から胆沢城のある水沢区まで広がっていたことが解っている。

安倍氏の血を引く奥州藤原氏は、約100年間に渡って東北全域を支配した。しかし四代目当主・藤原泰衡のとき、源義経を匿ったことを口実に源頼朝の侵略を受けて滅亡した。

中世[編集]

「姥杉」と奥州市役所(水沢城跡)

鎌倉時代から室町時代にかけて頼朝から奥州総奉行に任じられた葛西清重を祖とする葛西氏が当地を治めた。初代清重は奥州藤原氏の要である胆沢郡、磐井郡牡鹿郡を与えられ、平泉ではなく石巻城に居を構えた。築城年代・築城者は不明だが、現地の伝承では、葛西氏家臣の蜂谷氏・佐々木氏柏山氏などが水沢城を築城している。水沢城は葛西氏の胆沢平野支配の拠点の一つであったと考えられている。また、江刺郡には幕府御家人千葉頼胤の三男である胤道が配され、岩谷堂城を居城として江刺氏を名乗り、江刺氏配下の人首氏が人首城を築城している。

貞和4年、無底良韶が黒石に正法寺を建立。奥羽二州(東北地方)における曹洞宗の本寺・日本第三の本山で、東北地方における曹洞宗の中心寺院として発展。かつては東日本各地に末寺が508ヶ寺や1200ヶ寺あったと伝えられている。

戦国時代末期になると、葛西氏は領土を胆沢郡、磐井郡、牡鹿郡から、登米郡本吉郡江刺郡気仙郡にまで拡大した。その一方で南部で隣接する大崎氏と衝突するようになった。このため大崎氏を挟み合う位置関係にある戦国大名、伊達氏と同盟し、伊達氏から当主を受け入れるなど、伊達氏と密接な関係を築いた。

伊達政宗の頃になると、葛西領は「伊達の馬打ち」と呼ばれる伊達氏の準領土となった。伊達氏は葛西氏の軍事指揮権を掌握したが、徴税権は葛西氏が握った。

伊達政宗が豊臣秀吉に屈服し、秀吉が奥州仕置によって葛西氏を滅亡させると、秀吉は葛西領を家臣、木村吉清に与えた。これに不満を抱いた伊達政宗は、旧葛西領および旧大崎領で「葛西大崎一揆」を起こさせた。しかし政宗の陰謀は秀吉に露見する。秀吉から一揆鎮圧の命令を受けた政宗は木村吉清を一揆勢から救出し、自ら一揆を鎮圧した。

戦後、秀吉は政宗から伊達郡などの先祖ゆかりの地や政宗が征服した会津地方を奪い取り、政宗に旧葛西領(現・岩手県南部)と旧大崎領(現・宮城県)を与えた。政宗は居城・岩出山城を築き、新しい領土の統治に当たった。こうして奥州市一帯は伊達領の一部となった。なお、没落した葛西氏家臣団の多くは伊達家や南部家に仕官している。

豊臣秀吉が死ぬと伊達政宗は徳川家康の天下取りに協力し、1600年の関ヶ原の戦いを経て1601年、政宗は居城・仙台城と城下町を築いた。ここに仙台藩が誕生し、奥州市一帯は仙台領の一部となった。

近世[編集]

伊達政宗は平泉を含む岩手県南部(北上市まで)を支配した。当初、水沢には代官が置かれていたものの、後に伊達政宗の従兄弟にあたる留守宗利が入ると、以後は留守宗利を祖とする「水沢伊達氏」の支配が幕末まで230余年間続いた。なお、留守宗利は父、留守政景(政宗の叔父)の代から「伊達氏」を名乗っている。水沢は奥州街道が南北を貫き、手倉街道と盛街道が交差する交通の要所であったため宿場町として栄え、商人の町として町人文化も栄えた。この頃から近世城下町・水沢の原型が出来上がっていった。

後藤寿庵廟堂(寿庵の館跡)

慶長17年、キリシタンである後藤寿庵は、政宗の家臣で見分(現在の水沢区福原)に千二百石を領した。彼は自分の家臣や領民をキリシタンに帰依させ、居館の傍に天主堂やクルス場(墓地)をおき、この地を聖書の福音にちなんで福原に改めた。ここに全国から信者が移り住み、ガルバリヨ神父など外国人宣教師が訪れ、福原は東北地方のキリシタン布教の拠点となった。また、慶長17年から元和9年には、寿庵が西洋の知識を大いに活用し、私財を投じて胆沢川の水を引く用水堰の開削に尽力し、イエズス会宣教師アンジェリスをして「アラビアの砂漠の如し」と言わしめた胆沢平野の開墾に大きな功績を残した。しかし寿庵は年々厳しさを増す切支丹弾圧から逃れるため、堰の完成を待たずして逃亡を図った。寛永8年、寿安の意志を受け継いだ千田左馬と遠藤大学の指導の元、およそ17キロメートル分の工事が進められ、現代まで胆沢平野を潤している寿安堰が完成した。

また、江刺郡岩谷堂も仙台藩北辺の要害として、伊達家の重臣が治めた城下町として栄えた。岩屋堂城は幾たびも領主が変わったが、明治まで最も長く治めた岩城氏の時代に城下町が整備され、また問屋町が開かれた。岩谷堂宿は 北上川の舟運や陸路交通の要衝として栄え、江刺郡の中心地となるが、明治に入り日本鉄道(現:東北本線)の敷設に反対し、同線が北上川西岸側である水沢ルートを通ると、次第に流通の機能を失い急激に衰退していった。

近代[編集]

緯度観測所(現・国立天文台水沢VLBI観測所)創立50周年記念切手(1949年発行)

1868年、明治維新の際の戊辰戦争では、仙台藩は奥羽越列藩同盟(北部政府)をつくって明治新政府と戦った。仙台藩の一門である水沢藩も白河の役に出陣したが、石切山などで敗れ、慶応4年6月12日に星隊長ら17人の死者を出した。新朝廷を創設する動きまであったが、敗戦により「東武朝廷」の誕生は成らなかった。

戊辰戦争敗戦にともない、水沢伊達氏領は仙台藩から没収されたため失領。翌明治2年(1869年)、邦寧は旧姓に復して留守氏を名乗る。同年、居城・水沢城が胆沢県庁として使用されることになり新政府に接収され、さらに水沢伊達氏家中は陪臣であるからとして帰農を命じられ、仙台藩の士族籍を得られなかった。このため、士分を保つために家中一同そろって北海道開拓に参加すべきとの意見が出されたが、邦寧は病身のため極寒の気候に耐えられないであろうとの判断から仙台に残留し、吉田元俶・坂本平九郎が家中200名を率いて石狩国札幌郡に移住した。この時、水沢伊達氏家中によって拓かれたのが平岸村(現・札幌市豊平区平岸)である。これにより大量の知識階級(武士階級)が北海道へ流出した。

1872年、廃藩置県により、伊沢県(県庁は前沢)、胆沢県(県庁は水沢)、江刺県設置(県庁は岩谷堂。後に現在の遠野市に移された。江刺県は現在の岩手県北地域にまで広がる広大な領域であった)。その後、県合併により一関県(県庁は現在の一関市)、水沢県(水沢県の県庁は当初は水沢に置かれる予定であったが、現在の宮城県登米市に置かれた)、磐井県(県庁は現在の一関市)、岩手県(県庁は現在の盛岡市)となる。

1878年、胆沢・江刺郡役所が塩竈村(現在の水沢)に置かれる。

なお、奥州市が属していた旧仙台藩領が「仙台県」とならずに「宮城県」となったのは、仙台藩の雄藩のイメージを明治新政府が抹殺したためだといわれる。但しこれは宮武外骨が昭和になって提唱した説であり、実際は官軍側であっても県名に郡名を採用した結果県名と都市名が一致しない例が沢山あることからも、俗説の域を出ない。

明治32年には水沢に緯度観測所(現・国立天文台水沢VLBI観測所)が開設され、緯度観測所初代所長の木村栄博士が世界的偉業であるZ項を発見した功績により国際極運動観測事業の中央局となり、水沢の名が世界に知られた。

戦後も商都水沢は県都盛岡と並ぶ県南の中核都市として栄えてきたが、1990年代のバブル経済崩壊後の平成不況や、2000年に施行された新大店法による郊外の大型店進出などの影響により中心市街地は衰退している。

自治体としての奥州市の歴史[編集]

行政[編集]

歴代市長[編集]

氏名 就任年月日 退任年月日
1 相原正明 2006年平成18年)3月19日 2010年平成22年)3月18日
2 小沢昌記 2010年平成22年)3月19日 (現職)

都市情報[編集]

奥州市民憲章
わたしたちは、歴史・伝統・自然に恵まれたこのまちの市民であることを誇りとし、さらに良いまちをめざして市民憲章を定めます。
  1. ふるさとを愛し いきいきと働くことができるまちをつくります
  2. すすんで学び 文化のかおり高いまちをつくります
  3. みんなが手をつなぎ 健康で明るいまちをつくります

市歌

  • 奥州市民のうた
    • 作詞者:千田貴子、作曲者:さとう宗幸、編曲者:只野展也

紋章

  • 「奥のOと州のS」の外郭に、中心に「米」を納めて「奥」の字を簡略化したもの。[1]

広域行政[編集]

国際リニアコライダー計画[編集]

奥州市江刺区から一関市大東町・宮城県気仙沼市にかけての北上高地が国際プロジェクトで建設される世界初の超大型加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の最有力候補地となっている。

誘致が実現すれば、国際機関や大学、企業の研究所が集積し、多くの研究分野が融合した国際科学都市の形成が見込まれる。世界中から研究者が訪れるため交通インフラの整備も必要になり、仙台空港の国際線増便や科学都市までのアクセス整備も計画に含まれる。

都市形成が始まって初期10年間の経済波及効果は5兆2026億円になると予想されている。奥州市ILCウェブサイト も参照。

金融機関[編集]

農協生協

指定金融機関[編集]

指定金融機関は、岩手ふるさと農業協同組合(JA岩手ふるさと)である。

JA岩手ふるさとは、市役所内に奥州市役所本庁内支店を設置、水沢を除く各総合支所にJA岩手ふるさと公金課が派出所を設置している。

なお、江刺区は岩手江刺農業協同組合(JA江刺)の事業エリアであるため、JA岩手ふるさとの支店・出張所を設置しておらず、江刺総合支所に派出所が設置されているのみであるため、指定代理金融機関が別途設定されている。

地域自治区[編集]

奥州市全域を地域自治区(合併特例)で構成されている。

公共機関[編集]

県南地域を管轄とする国や県の行政機関が置かれる場合が多い。

岩手県の機関[編集]

  • 県南広域振興局
    • 管轄市町:奥州市、一関市、花巻市、北上市、遠野市、金ケ崎町、平泉町、西和賀町
  • 県南家畜保健衛生所
    • 管轄市町:奥州市、一関市、花巻市、北上市、遠野市、大船渡市、陸前高田市、釜石市、金ケ崎町、平泉町、西和賀町、住田町、大槌町

国の機関[編集]

警察[編集]

消防署[編集]

医療[編集]

救急指定病院

休日夜間急患センター

その他病院

  • 医療法人社団創生会 胆江病院
  • 社団医療法人啓愛会 美山病院
  • 社団医療法人啓愛会 美希病院
  • 医療法人社団 ヨシザワ病院

姉妹都市・友好都市[編集]

国内

海外

経済[編集]

商業[編集]

中心市街地の核施設であるメイプル(旧・ジャスコ水沢店)

江戸時代から昭和末期まで商人の町として栄えた商都水沢の中心商店街である水沢駅前通りは1990年代中頃まで従来の商店の他にマルサンデパート、マルカンデパート、ダイコー、三春屋(後のダイエー)、ジャスコなどの大型百貨店が進出し、中心市街地の規模では県都盛岡を凌ぎ日本有数の都市として栄えた。しかしバブル経済崩壊後の平成不況や、旧大店法が廃止された2000年以降の水沢駅及び前沢駅東部の国道やバイパス沿いへの大型店進出などの影響により、商都の象徴であったスクランブル交差点(県内では水沢、一関、盛岡の三箇所に設置されていた)が廃止され、駅前のアーケードシャッター通りとなり全国の地方都市と同様に中心市街地が空洞化している。

工業[編集]

胆江地域では古くから伝統工芸品や工業用部品(鋳物・木工品・繊維・魚網)などを製造する諸工業が古くから発達していたが、産業構造の変化により、既存の諸工業は最盛期を過ぎ、変わって政策的誘致による電子部品組立工場が立地。近年になり自動車組立工場とその関連工場が隆盛を極めている。

奥州市郊外にある江刺中核工業団地、江刺フロンティアパーク、本杉工業団地(前沢)などへの半導体・自動車製品部門を中心とした企業誘致により製造業が盛んで、奥州市の製造品出荷額は約2,500億円と、県内では隣接する北上市、金ケ崎町に次いで第3位となっている。近年は、トヨタ自動車が東北地方をコンパクトカー生産の拠点と位置づけており、宮城県大衡村にあるトヨタ自動車東日本トヨタグループ)の主力工場で、主にアクアラクティスイストを製造している岩手工場(金ケ崎町)の増産に伴い、市内の関連する自動車産業が活性化する兆しが見えている。

水沢区真城の日立エレクトロニクス水沢工場は1967年5月に「水沢製作所」として操業開始。翌年から「日立水沢製作所」、88年から「日立水沢エレクトロニクス」、95年から現名称に変更。最盛期の92年には約1200人が地元雇用されて在籍し、主力のテレビ電子部品などを製造した。以後はIT事業の落ち込みなどで同社の事業合理化が進み、水沢工場の人員が削減され撤退した。

奥州市三大伝統産業の一つである南部鉄器が近年経済成長が著しい中国の富裕層に人気で、中国市場からの発注が伸びている。

農業[編集]

農業の面では全国有数の農業県である岩手県のなかで、奥州市は市町村別農業生産額がトップとなっている。

観光業[編集]

主な商業施設[編集]

  • メイプル
  • XYZ水沢日高
  • カルチャーパークあてるい
  • ショッピングパーク水沢
  • XYZ水沢
  • 江刺ツインプラザ
  • イオン江刺店
  • イオン前沢店

市内に本社を置く主要企業[編集]

市内に拠点事業所を置く企業[編集]

伝統産業[編集]

郵便[編集]

  • 水沢郵便局(水沢区) - 集配局
  • 羽田郵便局(水沢区) - 集配局
  • 江刺郵便局(江刺区) - 集配局
  • 野手崎郵便局(江刺区) - 集配局
  • 米里郵便局(江刺区) - 集配局
  • 伊手郵便局(江刺区) - 集配局
  • 前沢郵便局(前沢区) - 集配局
  • 胆沢郵便局(胆沢区) - 集配局
  • 衣川郵便局(衣川区) - 集配局

マスメディア[編集]

新聞社

放送局

奥州エフエム本社スタジオ正面玄関
開局当初は旧水沢市・Zホール付近に本社・演奏所を構えており、盛岡市の現・本社が「業務センター」を名乗っていた。現在は奥州市のオフィスが「業務センター」を名乗る。県南部における報道・営業を管轄する支社で、制作機能はない。

情報誌

教育[編集]

大学[編集]

専修学校[編集]

  • 水沢学苑看護専門学校

高等学校[編集]


中学校[編集]

  • 奥州市立江刺東中学校
  • 奥州市立前沢中学校
  • 奥州市立小山中学校
  • 奥州市立南都田中学校
  • 奥州市立若柳中学校
  • 奥州市立衣川中学校


胆沢区内全3中学校(小山、南都田、若柳)は2017年度に統合する予定。

水沢南中学校は、文部科学省が推進する「学力向上フロンティア」指定校(フロンティアスクール)である。

小学校[編集]

  • 奥州市立水沢小学校
  • 奥州市立水沢南小学校
  • 奥州市立常盤小学校
  • 奥州市立佐倉河小学校
  • 奥州市立真城小学校
  • 奥州市立姉体小学校
  • 奥州市立羽田小学校
  • 奥州市立黒石小学校
  • 奥州市立岩谷堂小学校
  • 奥州市立江刺愛宕小学校(えさしおだき)
  • 奥州市立田原小学校
  • 奥州市立大田代小学校
  • 奥州市立藤里小学校
  • 奥州市立伊手小学校
  • 奥州市立人首小学校
  • 奥州市立木細工小学校
  • 奥州市立玉里小学校
  • 奥州市立梁川小学校
  • 奥州市立広瀬小学校
  • 奥州市立稲瀬小学校
  • 奥州市立前沢小学校
  • 奥州市立南都田小学校
  • 奥州市立若柳小学校
  • 奥州市立胆沢愛宕小学校(いさわあたご)
  • 奥州市立胆沢第一小学校
  • 奥州市立衣川小学校
  • 奥州市立衣里小学校


特別支援学校[編集]

学校教育以外の施設[編集]

職業能力開発短期大学校
自動車教習所
  • 水沢自動車学校
  • 第一自動車学校


交通[編集]

鉄道路線[編集]

中心駅は水沢駅である。

道路[編集]

高速自動車国道[編集]

一般国道[編集]

主要地方道[編集]

一般県道[編集]


バス[編集]

自動車のナンバープレート[編集]

  • 自動車のナンバープレートは、「岩手」ナンバーであるが、2014年11月17日より県南地域(一関市、奥州市、金ケ崎町、平泉町)において、ご当地ナンバーである「平泉」ナンバー登録の地域となる。

観光[編集]

景勝地[編集]

胆沢ダム(建設中時代の写真)

歴史的・文化的建造物[編集]

正法寺
  • 大清水上遺跡(国の史跡)
  • 角塚古墳(国の史跡)
  • 胆沢城跡(国の史跡)
  • 奥州平泉文化財群
  • 高野長英旧宅(国の史跡)
  • 正法寺(曹洞宗三本山の一つ。本堂、庫裏、惣門が国の重要文化財)
  • 黒石寺(東北地方最古の寺。木造薬師如来坐像、木造僧形坐像、木造四天王立像が国の重要文化財)
  • 駒形神社(陸中国一宮)
  • 日高神社(本殿が国の重要文化財)
  • 愛宕神社(木造兜跋毘沙門天立像が国の重要文化財)
  • 黒石の十三塚(国の重要有形民俗文化財)
  • 水沢の侍町(みちのくの小京都
  • 旧高橋家住宅(国の重要文化財)
  • 旧後藤家住宅(国の重要文化財)
  • 明治記念館
  • 蔵町通り
  • 旧木細工中学校(風の又三郎の舞台)

テーマパーク・レジャー施設[編集]

温泉[編集]

  • 球玉の湯 薬師堂温泉
  • 水沢 石田温泉
  • 胆沢川温泉 さくらの湯
  • 前沢温泉 舞鶴の湯
  • 焼石クアパーク ひめかゆ
  • やけいし館
  • 奥州胆沢温泉 すぱおあご
  • サンホテル衣川荘
  • いきいき交流館 国見平温泉 はごろもの湯
  • 黒滝温泉 のぞみの湯

博物館・記念館[編集]

牛の博物館
めんこい美術館(旧・岩手めんこいテレビ本社)

祭り[編集]

  • 熊野神社蘇民祭(1月)
  • 黒石寺蘇民祭(2月、国の選択無形民俗文化財)
  • 全日本農はだてのつどい(2月)
  • 奥州水沢くくり雛まつり(3月)
  • 日高火防祭り(4月)
  • 羽田火防祭(4月)
  • 奥州前沢春まつり(4月)
  • 前沢桜まつり(お物見公園桜まつり)(4月)
  • 江刺桜まつり(4月)
  • 水沢公園花まつり(4月)
  • 水の郷さくらまつり(4月)
  • 子供騎馬武者行列(5月)
  • 江刺甚句まつり(5月)
  • 前沢牛まつり(6月)
  • 平泉やぶさめ(6月)
  • 種山高原山開き(6月)
  • 奥州市南部鉄器まつり(7月)
  • 奥州水沢夏祭り(8月)
  • むらまつり(8月)
  • 奥州ころもがわ祭り(8月)
  • みちのく盂蘭盆まつり(8月)
  • アテルイ歴史の里まつり(9月)
  • 奥州YOSAKOI in みずさわ(9月)
  • 江刺産業まつり(10月)
  • 奥州水沢グルメまつり(10月)
  • 奥州前沢マラソン(11月)
  • 鬼剣舞(国の重要無形民俗文化財)
  • 川西念仏剣舞(国の重要無形民俗文化財)
  • 江刺鹿踊り(国の重要無形民俗文化財)

名産品・特産品[編集]

伝統工芸品[編集]

食品[編集]

スポーツチーム[編集]

奥州市を舞台とした作品[編集]

ススキと空(宮沢賢治鹿踊りのはじまり

漫画[編集]

音楽[編集]

映画[編集]

文学[編集]

テレビドラマ[編集]

児童書[編集]

出身有名人[編集]

近代以前[編集]

政治・経済・法曹[編集]

学術・文化・芸術[編集]

芸能・マスコミ[編集]

スポーツ[編集]

その他[編集]

関連有名人[編集]

百選[編集]

夏の恒例になっている水沢駅ホームの南部鉄器風鈴装飾

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 図典 日本の市町村章 p30

参考文献[編集]

  • 『図典 日本の市町村章』 小学館辞典編集部、小学館2007年1月10日、初版第1刷。ISBN 4095263113

外部リンク[編集]

行政
観光