釜石線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JR logo (east).svg 釜石線
新花巻駅に停車中の釜石線キハ100
新花巻駅に停車中の釜石線キハ100
釜石線の路線図
路線総延長 90.2 km
軌間 1067 mm
宮守川橋梁(宮守 - 柏木平間)

釜石線(かまいしせん)は、岩手県花巻市花巻駅釜石市釜石駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線地方交通線)である。

愛称は「銀河ドリームライン釜石線」。これは釜石線の前身である岩手軽便鉄道が、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』のモデルと言われていることに因む。同じく宮沢賢治の『シグナルとシグナレス』は、東北本線と釜石線の信号機を擬人化し、男女に見立てた恋物語である。また、宮沢賢治が作品中にエスペラント語の単語をよく登場させていたことから、各駅にエスペラントによる愛称が付けられている。

2011年(平成23年)3月11日に発生した東日本大震災で一部が被災し運休したものの、翌月には全線での運行を再開した。

路線データ[編集]

  • 管轄(事業種別):東日本旅客鉄道(第一種鉄道事業者
  • 区間(営業キロ):花巻駅 - 釜石駅 90.2 km
  • 軌間:1067 mm
  • 駅数:24駅(起終点駅含む)
    • 釜石線所属駅に限定した場合、起終点駅(花巻駅は東北本線、釜石駅は山田線の所属[1])が除外され、22駅となる。
  • 複線区間:なし(全線単線
  • 電化区間:なし(全線非電化
  • 閉塞方式:特殊自動閉塞式(軌道回路検知式)
  • 保安装置:ATS-Ps
  • 運転指令所:盛岡総合指令室(CTC
  • 最高速度:85 km/h

全線盛岡支社の管轄である。

運行形態[編集]

各駅停車は、基本的に花巻 - 釜石間の運行であり、2時間に1本程度の運行であるが、朝と夜には遠野 - 釜石間の区間列車があり、一部の列車は東北本線を経由して盛岡まで直通している。2012年現在、東日本大震災の影響で山田線宮古 - 釜石間が運休中であるが、震災前には山田線の同区間に直通する列車もあった。1994年3月30日から、盛岡車両センター配置のキハ100形気動車によるワンマン運転が行われている。

各駅停車のほか、盛岡 - 釜石・宮古間に一部指定席の快速「はまゆり」が3往復運転されている(釜石 - 宮古間は前述の通り山田線が不通のため運休中)。2002年12月のダイヤ改正までは、急行「陸中」として運転されていた列車で、回転リクライニングシートを装備した専用のキハ110系気動車が使用されている。このキハ110系は釜石線に初投入され、はじめは前面が黒色でブラックフェイスであったが視認性向上のために白系に塗り替えられたものである。快速「はまゆり」は基本的に3両編成である。当初キハ110系0番台だけを使用していたが、2007年から指定席に同0番台を使用(一部自由席にも使用)し、自由席は同100番台を使用している。従来使用していた同0番台の一部は、気仙沼線の快速「南三陸」の指定席車両に充当されている。2010年12月4日のダイヤ改正までは釜石発いわて銀河鉄道線直通好摩行きも1本設定されていた。

列車番号は花巻から釜石方面が「(奇数番号の)下り」で、その逆(釜石から花巻方面)が「(偶数番号の)上り」である(花巻から盛岡へ直通する快速「はまゆり」は花巻駅で列車番号変更)。

かつては、東北本線 - 釜石線 - 山田線を回る盛岡発盛岡行きの循環急行列車五葉」と、逆回りの「そとやま」が存在した。また、かつての「五葉」・「そとやま」辺りと同様のルートを走る観光列車として、「ぐるっとさんりくトレイン」なる列車が一時期運行されたこともあった。

釜石製鉄所が高炉を24時間体制で操業していた時代には、山田線とともに夜勤者用に時刻表非掲載の深夜列車が運行されていた。1979年当時のダイヤでは、釜石を深夜の1時20分に発車し、終着の遠野には午前2時54分に到着していた[2]

臨時列車の運転[編集]

このほか、当線には様々な列車が臨時に運行される。その代表的な列車が2014年4月12日から運行を開始した蒸気機関車C58 239牽引による列車「SL銀河」である。前身は、1989年から2001年にかけて毎年運行された蒸気機関車によるイベント列車「SL銀河ドリーム号」で、路線名の愛称である「銀河ドリームライン釜石線」と、「銀河鉄道の夜」にちなんだもの。2001年で一旦運行は打ち切りとなったが、その後も2004年、2012年と運行され、2014年度より、専用の蒸気機関車となるC58 239を新たに動態復元し、週末を中心に定期運行がなされる「SL銀河」の誕生に至ることとなった。

また、当線を管理する盛岡支社は、宮沢賢治の名前にちなんだジョイフルトレインKenji」を所有している。この列車も、時折入線し、イベント運行を行っている。

歴史[編集]

釜石線は岩手軽便鉄道が敷設した花巻 - 足ヶ瀬 - 仙人峠間の釜石西線と、国が敷設した陸中大橋 - 釜石間の釜石東線が、1950年の足ヶ瀬 - 陸中大橋間の開業によって結ばれ成立したものである。

釜石西線(花巻 - 仙人峠間)[編集]

花巻 - 仙人峠(1950年廃止)間は、岩手軽便鉄道が軌間 762 mm の軽便鉄道として敷設したもので、1913年(大正2年)から1915年(大正4年)にかけて全通した。この間、終点側で部分開業していたことから、花巻 - 岩根橋間の西線と柏木平 - 仙人峠間の東線に分かれて運営を行っていた時期がある。この岩手軽便鉄道時代の西線と東線は、国有化後の路線ではすべて釜石西線側に含まれている。

仙人峠 - 大橋間は距離約 4 km に対して標高差が 300 m あり、この間に仙人峠を越えなければならず、建設費の負担に耐えられないことから、鉄道の敷設を断念した。代わりに全長3.6kmの索道(ロープウェイ)により貨物・郵便を輸送することとし、旅客は同区間約5.8kmの山道を徒歩連絡とされた。1927年(昭和2年)には、ようやく鉄道敷設法別表第8号の2に「岩手県花巻ヨリ遠野ヲ経テ釜石ニ至ル鉄道」が追加され、1929年(昭和4年)には現在の釜石線となる路線の着工が決定した。1936年(昭和11年)に岩手軽便鉄道は買収、国有化され、釜石線となった。この時に索道も買収されて、国鉄史上唯一の索道営業が行われることになった。1944年(昭和19年)、釜石東線の開業により釜石西線(かまいしさいせん)に改称する。

岩手軽便鉄道は軌間 762 mm であったため、1067 mm への改軌が順次実施された。またこれと平行して仙人峠を越える鉄道の建設が始められた。国有化前に岩手軽便鉄道から国鉄へ依頼して行われた検討では、足ヶ瀬駅と仙人峠駅の間に金山駅を設置して分岐し、仙人峠の下を長いトンネルでくぐって東側にループ線を設置し、北進してスイッチバック式の甲子駅を設置、大きく南へカーブして釜石鉱山鉄道の路線に並行して南東へ進み、唄貝駅で合流するという路線構想があった。再検討の後、1936年(昭和11年)6月に実際に国鉄が着工したのは、足ヶ瀬駅から分岐して足ヶ瀬トンネルで一旦気仙川流域へ出て、上有住駅を経由して土倉峠の下を土倉トンネルで抜けて仙人峠東側斜面を大きく北へ「Ω」(オメガ)字状のカーブを描いて陸中大橋駅へ降りていくルートとなった。

改軌工事に関しては、1944年(昭和19年)に花巻 - 柏木平間の工事が完成した。花巻駅は、国鉄の駅前にあったものが国鉄の駅へ乗り入れるように改められ、似内駅までの区間はこの時に大きく線路を付け替えられている。元の花巻駅は花巻温泉電気鉄道(後の花巻電鉄)の駅として残った。これ以降の改軌工事は太平洋戦争の激化のため、仙人峠の新線建設工事と共に中断された。この時点でかなりの部分まで路盤工事もできあがっており、新線区間の土倉トンネルも貫通している状態であった。戦後の1946年(昭和21年)にアイオン台風により壊滅的被害を受けて長期不通となった山田線の代替路線として、釜石線の建設・改築を優先することとなり、1948年(昭和23年)に工事を再開し、翌年に柏木平 - 遠野間の改軌が完成した。1950年(昭和25年)には遠野 - 足ヶ瀬間の改軌が完成し、足ヶ瀬 - 陸中大橋間が新線で連絡して釜石線が全通した。なおこの際、新線建設ルートから外れた足ヶ瀬 - 仙人峠間は軌間 762 mm のまま、仙人峠 - 陸中大橋間の索道とともに廃止されている。これにより、国有鉄道の特殊狭軌線(軽便鉄道)はすべて姿を消した。

釜石東線(陸中大橋 - 釜石間)[編集]

東(釜石)側は、1944年に開業した釜石東線(かまいしとうせん)以前に、民営鉄道がすでに開業していた。

まず1880年(明治13年)8月30日に、富国強兵を目指す政府の工部省によって釜石桟橋 - 大橋採鉱所18.3kmと、小佐野 - 小川山間4.9kmなど支線を含んで26.3kmを結ぶ釜石鉱山専用鉄道が敷設された。これは、釜石製鉄所への鉱石を輸送するためのものであり、日本で3番目となる鉄道路線であったが、釜石製鉄所での製鉄が不振で銑鉄生産を1883年(明治16年)に中断してしまったため、官営釜石鉱山は閉山し、そのための鉄道も開業僅か3年で廃線となった。このときの鉄道設備は阪堺鉄道南海電気鉄道の前身)へ譲渡されている。

その後、1884年(明治17年)に釜石鉱山馬車鉄道(釜石町 - 甲子村間、軌間 762 mm)が岩手県下初の民営鉄道として開業、1911年(明治44年)に個人(田中長兵衛)経営の鉱山鉄道(鈴子 - 大橋間、軌間 762 mm)に移行した。これは、釜石製鉄所の再建を目指す田中によって開業させたものである。1916年(大正5年)に田中鉱山(1924年釜石鉱山に改称)に譲渡され、1940年(昭和15年)には日鉄鉱業に譲渡された。前述の岩手軽便鉄道はこれとの接続を目指して計画されたものである。同鉄道は、釜石東線開業後は貨物専用線として残り、1965年(昭和40年)4月1日に廃止された。仙人峠を越えて釜石に入るとき片側2車線片側1車線の変則的国道があるが、これが廃線跡である。

詳しくは、「釜石鉱山鉄道」の項目を参照。

岩手軽便鉄道[編集]

西線(花巻 - 岩根橋間)[編集]

  • 1913年(大正2年)10月25日 岩手軽便鉄道が花巻 - 土沢間を開業、花巻駅(国有鉄道花巻駅とは別駅)・似内停留場・矢沢停留場・幸田停留場・土沢駅を新設。
  • 1914年(大正3年)。
    • 4月6日 幸田を停留場から駅に改める。
    • 4月16日 土沢 - 晴山間を延伸開業、晴山駅を新設。
    • 12月15日 晴山 - 岩根橋間を延伸開業、岩根橋駅を新設。
  • 1915年(大正4年)4月10日 鳥谷ヶ崎停留場を新設。

東線(柏木平 - 仙人峠間)[編集]

  • 1914年(大正3年)
    • 4月18日 岩手軽便鉄道が遠野 - 仙人峠間の貨物線を開業、(貨)遠野駅・(貨)上郷駅・足ヶ瀬給水所・(貨)仙人峠駅を新設。
    • 5月15日 遠野 - 仙人峠間で旅客営業を開始、遠野・上郷・仙人峠の各駅を貨物駅から一般駅に改める。
    • 10月25日 足ヶ瀬を給水所から信号所に改める。
    • 12月15日 鱒沢 - 遠野間を延伸開業、鱒沢駅(初代)・二日町停留場・綾織駅を新設。
  • 1915年(大正4年)。
    • 5月1日 赤川停留場を新設。
    • 7月30日 柏木平 - 鱒沢間を延伸開業、宇洞・柏木平の各駅を新設。
    • 9月1日 青笹停留場を新設。

花巻 - 仙人峠間全通後[編集]

  • 1915年(大正4年)11月23日 岩根橋 - 柏木平間を延伸開業し全通、宮守駅・平倉停留場を新設、足ヶ瀬を信号所から駅に改める、幸田駅を小山田駅に改称。
  • 1916年(大正5年)
    • 2月10日 上郷駅を岩手上郷駅に改称。
    • 2月25日 二日町を停留場から駅に改める。
  • 1924年(大正13年)12月16日 荒谷前駅を新設、宇洞駅を鱒沢駅(2代)に、鱒沢駅(初代)を中鱒沢駅に、二日町駅を岩手二日町駅にそれぞれ改称。
  • 1926年(大正15年)8月15日 関口停留場を新設。
  • 1927年(昭和2年)12月13日 赤川停留場を廃止。
  • 1928年(昭和3年)6月1日 中鱒沢駅を廃止。
  • 1930年(昭和5年)7月16日 (貨)中鱒沢駅を新設。
  • 1936年(昭和11年)3月25日 平倉を停留場から駅に改める。

国有化後[編集]

釜石線→釜石西線[編集]

  • 1936年(昭和11年)8月1日 買収・国有化し花巻 - 仙人峠間 (64.4 km) を釜石線とする。(貨)中鱒沢駅を廃止、鳥谷ヶ崎・青笹を停留場から駅に改める。
  • 1943年(昭和18年)9月20日 花巻 - 柏木平間を762mmから1067mmに改軌し似内 - 柏木平間で+0.1kmの改キロ、花巻 - 似内間を線路付替し-0.2kmの改キロ、鳥谷ヶ崎駅を廃止。
  • 1944年(昭和19年)10月11日 釜石東線開業にともない釜石西線に改称。
  • 1949年(昭和24年)12月10日 柏木平 - 遠野間を762mmから1067mmに改軌し-0.1kmの改キロ。

釜石東線[編集]

  • 1944年(昭和19年)10月11日 釜石 - 陸中大橋間(貨物線、16.5 km)を釜石東線として開業、(貨)陸中大橋駅・洞泉信号場・小佐野信号場を新設。
  • 1945年(昭和20年)6月15日 釜石 - 陸中大橋間で旅客営業を開始、松倉駅を新設、洞泉・小佐野を信号場から駅に改める。
  • 1946年(昭和21年)4月1日 中妻操車場を新設。
  • 1949年(昭和24年)8月1日 中妻操車場を廃止。

花巻 - 釜石間全通以後[編集]

  • 1950年(昭和25年)10月10日 足ヶ瀬 - 陸中大橋間 (12.5 km) を延伸開業し全通、上有住駅を新設、遠野 - 足ヶ瀬間を762mmから1067mmに改軌し-0.2kmの改キロ、綾織 - 遠野間を-0.1kmの改キロ、足ヶ瀬 - 仙人峠間 (-3.9 km) を廃止、仙人峠・関口の両駅を廃止、釜石東線を釜石西線に編入して花巻 - 釜石間 (90.2 km) を釜石線と改称。
  • 1967年(昭和42年)3月 蒸気機関車(D50D51)の運転を終了し無煙化。
  • 1985年(昭和60年)3月14日 矢沢駅を廃止、新花巻駅を新設(実質的に矢沢駅の移転改称)。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 国鉄分割民営化に伴い東日本旅客鉄道(第一種)および日本貨物鉄道(第二種)が承継。
  • 1993年(平成5年)10月1日 全線CTC化。
  • 1997年(平成9年)10月6日 天皇・皇后の岩手訪問(全国豊かな海づくり大会への臨席など)に伴い、1号御料車編成によるお召し列車を釜石から釜石線経由で花巻へ運転(片道のみ、途中遠野駅で一旦下車。同月4日には盛岡から山田線経由で宮古へ運転)。DD51 842牽引(予備機:DD51 895)。
  • 1999年(平成11年)4月1日 日本貨物鉄道が花巻 - 釜石間の第二種鉄道事業を廃止。
  • 2011年(平成23年)

駅一覧[編集]

  • 停車駅
    • 普通…すべての駅に停車
    • 快速「はまゆり」…●印の駅は全列車停車、▲印の駅は一部の列車が停車、|印の駅は全列車通過
  • 線路(全線単線) … ◇・∨・∧:列車交換可、|:列車交換不可
  • 全駅岩手県内に所在
駅名 駅間
営業
キロ
累計
営業
キロ
快速はまゆり 接続路線 線路 所在地 エスペラントによる
愛称とその意味
花巻駅 - 0.0 東日本旅客鉄道東北本線盛岡駅方面) 花巻市 Ĉielarko(チェールアルコ:
似内駅 3.5 3.5   La Marbordo(ラ・マールボルド:海岸
新花巻駅 2.9 6.4 東日本旅客鉄道:東北新幹線 Stelaro(ステラーロ:星座
小山田駅 1.9 8.3   Luna Nokto(ルーナ・ノクト:月夜)
土沢駅 4.4 12.7   Brila Rivero(ブリーラ・リヴェーロ:光る
晴山駅 3.2 15.9   Ĉeriz-arboj(チェリーズ・アルボイ:並木
岩根橋駅 5.8 21.7   遠野市 Fervojponto(フェルヴォイポント:鉄道橋
宮守駅 3.4 25.1   Galaksia Kajo
(ガラクシーア・カーヨ:銀河プラットホーム
柏木平駅 6.1 31.2   Glanoj(グラーノイ:どんぐり
鱒沢駅 2.4 33.6   Lakta Vojo(ラクタ・ヴォーヨ:天の川
荒谷前駅 2.8 36.4   Akvorado(アクヴォラード:水車
岩手二日町駅 2.9 39.3   Farmista Domo(ファルミスタ・ドーモ:農家
綾織駅 1.8 41.1   Teksilo(テクシーロ:機織り機
遠野駅 4.9 46.0   Folkloro(フォルクローロ:民話
青笹駅 4.3 50.3   Kapao(カパーオ:カッパ
岩手上郷駅 3.5 53.8   Cervodanco(ツェルヴォダンツォ:鹿踊り
平倉駅 2.8 56.6   Monta Dio(モンタ・ディーオ:山の神
足ヶ瀬駅 4.6 61.2   Montopasejo(モントパセーヨ:
上有住駅 4.2 65.4   気仙郡
住田町
Kaverno(カヴェルノ:洞窟
陸中大橋駅 8.3 73.7   釜石市 Minaĵo(ミナージョ:鉱石
洞泉駅 5.9 79.6   Cervoj(ツェルヴォイ:鹿
松倉駅 3.6 83.2   La Suda Kruco(ラ・スーダ・クルーツォ:南十字星
小佐野駅 3.3 86.5   Verda Vento(ヴェルダ・ヴェント:緑の
釜石駅 3.7 90.2 東日本旅客鉄道:山田線宮古駅まで直通あり)
三陸鉄道南リアス線
La Oceano(ラ・オツェアーノ:大洋

廃止区間[編集]

1943年廃止
花巻駅 - 鳥谷ヶ崎駅 - 似内駅 (3.7 km)
1950年廃止
足ヶ瀬駅 - 仙人峠駅 (3.9 km)

過去の接続路線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  2. ^ 石野哲『時刻表名探偵』日本交通公社、1979年、pp.77、79。このダイヤは盛岡鉄道管理局の運転時刻表が出典と記されている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]