南小谷駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南小谷駅
駅舎(2010年10月17日)
駅舎(2010年10月17日)
みなみおたり - Minami-Otari
**千国 (1.4km)
(4.0km) 中土**
長野県北安曇郡小谷村大字千国乙10356
所属事業者 JR logo (east).svg東日本旅客鉄道(JR東日本)*
JR logo (west).svg西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 大糸線
キロ程 70.1km(松本起点)
電報略号 オタ←ヲタ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
102人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1935年昭和10年)11月29日
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
標高:513.1m
* 会社境界駅(JR東日本の管轄駅)
** 千国方(電化区間) - JR東日本
** 中土方(非電化区間) - JR西日本

南小谷駅(みなみおたりえき)は、長野県北安曇郡小谷村大字千国乙にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・西日本旅客鉄道(JR西日本)大糸線である。

概要[編集]

JR東日本が管轄する電化区間と、JR西日本が管轄する非電化区間との境界駅である。なお当駅構内はJR東日本が構内施設の保有及び駅業務を行っている。

両社の財産境界は糸魚川方にある上り第一場内信号機であり、「社界」と書かれた標識と社名入りの境界標[1]が立っている。架線はこの少し手前まで張られている。当駅をまたぐ直通列車が設定されていた時期もあるが、後に運行されなくなった。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅。単式ホーム(1番線)の中央部に改札口がある。2つのホームの間は跨線橋で結ばれている。

JR東日本の駅としては直営駅であり(JR西日本の駅としては委託駅)、管理駅として白馬大池駅千国駅を管理している。駅舎内にはみどりの窓口(JR東日本が営業、営業時間:5:30 - 21:00)が設置されている。

自動券売機が1台設置されており、かつてはJR東日本線とJR西日本線を区別する機能が付いていたが、その機能は撤廃されている(乗車券が共通)。JR東日本線とJR西日本線を区別する機能が付いていた頃は、「東日本」のボタンを押すと券面に「東日本会社線」と表示されていた。これに対して「西日本」のボタンを押すと、券面に「中土経由」と表示された。

券売機の上にある運賃表では、松本方面は1,280円(松本駅とその周辺)区間の駅まで掲載されているが、糸魚川方面は手前の姫川駅(650円)までしか運賃が掲載されていない[2]

トイレは駅舎の外側と、2・3番線、跨線橋の下にある。

のりば[編集]

1 JR logo (east).svg大糸線 信濃大町松本新宿方面 (特急・快速・普通)
2・3 (快速・普通)
JR logo (west).svg大糸線 糸魚川方面
  • 運転指令上では、1番線が「下り1番線」、2番線が「下り本線」、3番線が「上り本線」となっている。「下り1番線」を名乗る1番線からは、上り方向へしか出発できない(下り方向への転轍機はあるが、信号がないため)
  • 基本的には、松本方面は1番線、糸魚川方面は2番線に入ることが多いが、1番線に特急「あずさ」停車中の場合などには、松本方面行普通列車が3番線を使用する。頻度は少ないが、糸魚川方面が3番線、松本方面が2番線発着の場合もある(線路保守の観点からと見られる)。

利用状況[編集]

  • 2012年度の1日平均乗車人員は102人である(JR東日本集計)。
年度 一日平均
乗車人員
2000年 249
2001年 215
2002年 168
2003年 159
2004年 150
2005年 144
2006年 129
2007年 134
2008年 119
2009年 120
2010年 100
2011年 108
2012年 102

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

小谷村営バス 詳細は当該記事参照。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
大糸線
快速
白馬駅 - (一部信濃森上駅) - 南小谷駅
普通
千国駅 - 南小谷駅
西日本旅客鉄道
大糸線(全列車が各駅に停車)
南小谷駅 - 中土駅

その他[編集]

  • 駅スタンプが設置されている「牛方宿」「塩の道 千国街道」のイラストで大糸線共通の丸型。
  • 使用済みきっぷをもらう際には、駅員から「ありがとうございました 乗車記念 JR南小谷駅」の文字と、キツツキの「たりたり」が描かれている乗車記念印を押してもらった上で渡される。なお、「たりたり」は小谷村商工会の所有する小谷村のキャラクターであるが、乗車記念印に「たりたりOTARI」の文字を入れることで使用を承認されている。
  • 当駅は、JR旅客会社の境界駅では唯一に位置する駅である[3]

脚注[編集]

  1. ^ 社名入りの境界標
  2. ^ 券売機で出てくる乗車券は金額式(南小谷→○○○円区間)なので、あらかじめ正しく運賃を調べてあれば、糸魚川駅までを含め姫川以北でかつ1,620円区間の駅(北陸本線東滑川駅信越本線直江津経由)柿崎駅、同じく新井駅)まで券売機で買うことは可能。なお、当駅から糸魚川駅までの運賃は姫川駅までと同じく650円である。
  3. ^ 当駅以外はまたはに位置する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]