梓橋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
梓橋駅
駅舎
駅舎
あずさばし - Azusabashi
島高松 (1.4km)
(1.6km) 一日市場
所在地 長野県安曇野市豊科高家5259-2
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 大糸線
キロ程 5.2km(松本起点)
電報略号 アサ
駅構造 地上駅(盛土上)
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
451人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1915年大正4年)1月6日
備考 簡易委託駅
標高:595.5m
駅名標(2009年12月28日)
「是より北 安曇野」(2009年12月28日)
駅ホーム(島高松方より)

梓橋駅(あずさばしえき)は、長野県安曇野市豊科高家(とよしなたきべ)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)大糸線

ホームには「是より北 安曇野」の看板と、地元の人達等で構成された「梓橋りんご倶楽部」が手入れするリンゴ並木がある。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。かつては島式ホーム1面2線であったが、現在北側ホームは事業用車両の留置線になっている。2線あった頃のもう一つの橋の支柱の一部が川に落ちている。引込み線もある。盛土上にあるため、ホームへは地下道を通る。

豊科駅管理の簡易委託駅で、POS端末が設置されている。

大糸線では珍しく発車ベルが設置されている。しかし、使用されるのは上り(松本方面)3両編成の列車の時のみで、車掌によっては扱われないことがある。

駅名由来[編集]

名の通り駅東側の梓川に架かる鉄道橋が由来。またこの時は国道147号が開通しておらず対岸へは鉄道が雄一の移動手段だった。

利用状況[編集]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000
2001 462
2002 429
2003 425
2004 424
2005 432
2006 450
2007 427
2008 427
2009 402
2010 416
2011 441
2012 451

駅周辺[編集]

路線バス[編集]

かつて当駅近くの国道147号上に松本電鉄バス梓川線(松本バスターミナル - ラーラ松本 - 梓橋 - 立田 - 八景山)が運行されていたが2008年(平成20年)12月15日限りで短縮され、この付近の経路は廃止された。近くにあった停留所は梓橋であった。橋の手前にある待合室は現在も残る。

停留所 バス会社 路線 行先
梓橋 松本電鉄バス 梓川線: 松本バスターミナル、立田、八景山

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
大糸線
快速(上り1本のみ運転)・普通
島高松駅 - 梓橋駅 - 一日市場駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]