越後線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JR logo JRgroup.svg 越後線
出雲崎駅に停車中の115系
出雲崎駅に停車中の115系
越後線の路線図
路線総延長 83.8 km
軌間 1067 mm
電圧 1500 V(直流
最高速度 85 km/h
新潟付近鉄道路線図

越後線(えちごせん)は、新潟県柏崎市柏崎駅と新潟県新潟市中央区新潟駅を結ぶ、東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線地方交通線)である。

概要[編集]

柏崎から西山丘陵を越えて弥彦山脈東麓沿いに越後平野を通り新潟とを結ぶ路線である。

新潟の平野部を走行することや、鉄橋が川の河口に近いなど地形的な原因から強風の影響を受けやすいというネックがある。特に大河津分水路に信濃川分水橋梁が架かる寺泊駅 - 分水駅間、水田が広がる越後赤塚駅 - 内野駅間、関屋分水路橋梁が架かる青山駅 - 関屋駅間、信濃川橋梁が架かる白山駅 - 新潟駅間の4区間は横風の影響を受けやすいため、徐行運転による遅延や運休になるケースがしばしばある。特に2005年JR羽越本線脱線事故発生以降は運行基準がより厳格化されたこともあって、とりわけ冬場には遅延・運休が増加している。

内野駅 - 信濃川分水路橋梁間は新潟市西区坂井輪地区中部の砂丘地の南麓中腹部分を経由しており、地盤が軟弱になっている箇所が点在する。そのため1964年新潟地震1998年8.4水害などの大規模自然災害の際には路盤の一部が流出した。

柏崎駅 - 吉田駅間の一部区間の架線には、JRの路線としては数少ない低コストの直接吊架式が採用されており、最高速度が85km/hに制限されている。これは電化された1984年当時の国鉄が慢性的赤字のためコストダウンを強いられたからである。なお、吉田駅で越後線と接続する弥彦線も直接吊架式による電化である。

全線が旅客営業規則の定める大都市近郊区間の「新潟近郊区間」に含まれており、吉田駅 - 新潟駅間の全駅および柏崎駅がIC乗車カードSuica」の新潟エリアに含まれている。吉田駅 - 新潟駅間、特に内野西が丘駅 - 新潟駅間は宅地化された丘陵地帯等を走っており、住宅地が途切れることがない。白山駅 - 新潟駅間では、新潟方面へ向かって右手側に高架化工事(詳細は後述)および複線化工事の様子をみることができる。新潟都市圏近郊の通勤路線となっている。

路線データ[編集]

  • 管轄(事業種別):東日本旅客鉄道(第一種鉄道事業者
  • 区間(営業キロ):柏崎駅 - 吉田駅 - 新潟駅 83.8km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:32(起終点駅含む)
    • 越後線所属駅に限定した場合、起終点駅(ともに信越本線所属[1])が除外され、30駅となる。なお、弥彦線と交差する吉田駅は越後線所属[1]
  • 複線区間:無し(全線単線
  • 電化区間:全線(直流1500V)
  • 保安装置:
    • ATS-SN(柏崎駅 - 内野駅間)
    • ATS-Ps(柏崎駅、吉田駅構内および内野駅 - 新潟駅間)
  • 運転指令所:新潟総合指令室 (CTC)
  • 最高速度:85km/h

全線が新潟支社の管轄である。ラインカラーは緑色である。

運行形態[編集]

新潟駅発着の列車を中心に運行されているが、吉田駅で運行系統が分離されており、柏崎駅 - 吉田駅間と吉田駅 - 新潟駅間の南北2区間に大別される。一部に新潟駅 - 柏崎駅間を直通運転する列車、新潟駅から信越本線新津方面や白新線豊栄方面と直通運転する列車、新潟方面から弥彦線・弥彦方面と直通運転する列車、柏崎方面から弥彦線東三条方面と直通運転する列車などがある。

柏崎駅 - 吉田駅間は1日9往復、出雲崎駅寺泊駅 - 吉田駅間の区間運行を含めても合計11往復と本数が少なく、3時間以上運転されない時間帯がある。新潟側では内野駅まで毎時3本、吉田駅まで毎時1 - 2本程度運行されている。

かつては急行列車などの優等列車快速列車が全線を通して運行されていた。1968年から1982年11月までは青海駅糸魚川駅 - 新潟駅間を越後線経由で走破する急行「ひめかわ」が運行されていた(1982年秋の改正で線内のみ運転の愛称無しの快速に格下げし、電化時に廃止)ほか、1991年3月から1993年12月には長野駅 - 新潟駅間の快速「やひこ」および、新潟駅 - 内野駅間で快速運転をする普通列車が運行されていた。特に「やひこ」は停車駅を絞り、信越本線経由の特急に匹敵する所要時間で運転されていた。しかし「やひこ」廃止以降、定期列車は普通列車だけの運行になっている。ただし、沿線でイベントなどが行われる際に臨時の快速列車が運行されることもある(新潟駅 - 弥彦駅間:弥彦神社への初詣や弥彦神社菊まつり等、新潟駅 - 分水駅間:分水桜まつり等)。

信越本線からの迂回運転[編集]

両端の柏崎駅・新潟駅で信越本線と接続しているため、信越本線が事故や災害などで不通になった際の迂回ルートとしても活用されることがあり、特急列車などが越後線経由で迂回運行されたり、代替の臨時列車が運行されたりした。例として、信越本線が柏崎市内の脱線事故で不通になった際に寝台特急日本海」が越後線に迂回したケースがある。2004年新潟県中越地震の際には上越新幹線越後湯沢駅以北)や上越線水上駅以北)、信越本線(柏崎駅以北)などが運行不能となったため、長野駅 - 新潟駅間の臨時快速列車が越後線経由で運行された。

しかし、近年は列車運行管理システムプログラムの都合上や前述した一部区間の簡易電化方式のため、信越本線と比較して高速での電車運行に支障が出るなどの理由で迂回運行はほとんど行なわれていない。

使用車両[編集]

以下に示す車両はいずれも電車である。

  • 現在の車両
    • 115系 - 新潟車両センター所属(全線で使用。吉田 - 新潟間の1往復は弥彦線ワンマン車両の出入庫で、時刻表に「トイレはありません」の表示がある)
    • E127系 - 新潟車両センター所属(吉田 - 新潟間で使用)
  • 導入予定車両
    • E129系[2] - 新潟車両センター所属。2014年度から順次投入し、115系を置き換える予定。
  • 過去の車両

なお電化以前は気動車DD51形ディーゼル機関車牽引による50系客車の列車などが運行されていた。これらの一部は電化後も関屋 - 新潟間で朝の通勤時間帯に運行されていたが、のちに全列車が電車化された。

歴史[編集]

越後鉄道[編集]

信越本線が柏崎から内陸部に入り、長岡、三条を経由することとなったため、柏崎から日本海沿岸を経由して新潟に至る鉄道が計画された。これが越後線の前身である越後鉄道(えちごてつどう)である。越後鉄道は1912年から翌年にかけて全通した。しかし、越後鉄道は資金不足のため信濃川に架橋することができず、新潟側のターミナルは信越本線新潟駅とは信濃川を隔てた対岸の白山に置かれた。

越後鉄道は経営難に苦しみ、政治工作によって度々国有化を要請したが容易に実現しなかった。

1927年1月、水戸鉄道(のちの水郡線)・陸奥鉄道(のちの五能線)・苫小牧軽便鉄道・日高拓殖鉄道(のちの日高本線)の4私鉄に加えて越後鉄道の買収案が突如浮上[3]、相前後して白山 - 新発田間の新線案(のちの白新線)も提示された。紛糾の末に国会議決を経て5社の国有化が決定、越後鉄道は同年10月に国有化された。

五私鉄の国有化は当初から政治的意図が指摘されたが、特に越後鉄道については強い政治介入がささやかれており[4]、のち1929年に「越後鉄道疑獄」として表面化、元文部大臣小橋一太が収賄容疑で起訴される事態となった。

白山 - 新潟間開通[編集]

1943年に新潟(旧) - 関屋間の貨物線(信越本線支線)が敷設され、両線が信濃川を渡って接続された。同線は1951年6月に旅客営業を開始し、同年12月にはこの貨物線上に白山駅を移転して関屋 - 白山(旧)間を廃止、同貨物支線を越後線に編入して、柏崎 - 新潟間が越後線となった。また、同年4月には、上沼垂から沼垂を経由せずに直接白山へ抜けるルートが形成(上沼垂 - 万代(貨)間の信越本線貨物支線を一部活用)され、関屋 - 万代(貨)間に営業キロが設定されている。

1956年には、新潟駅が上沼垂 - 関屋間の貨物支線上(万代(貨)への分岐点)に移転し、それとともに越後線も終点を新潟駅に変更した。

現状[編集]

かつては非電化のローカル路線だったが、新潟大学が新潟市西部の五十嵐地区への移転を開始し始めた1970年代以降、沿線が宅地化し始めると次第に通勤・通学路線へと変貌し、1984年4月には弥彦線(弥彦 - 東三条間)と共に全線電化を果たした。

柏崎 - 吉田間[編集]

しかしながら南側の柏崎 - 吉田間は閑散線区となっており、運行本数も次第に減少している。同区間の運行本数は1日9往復、出雲崎・寺泊 - 吉田間の区間運行を含めても合計11往復と少ない上、昼間には運行間隔が最大で4時間開くなど、専ら朝夕の通勤・通学需要に特化したダイヤが組まれている。この区間の1日当たりの平均通過人員は1988年度は1,861人あったものの、2012年度には935人と半減している[5]

柏崎 - 礼拝間には越後線とほぼ並行する形で長岡駅方面とを結ぶ越後交通の路線バスがおおむね1 - 2時間間隔で運行されているものの、西山以北には並行・競合する公共交通機関は存在しない。ただし出雲崎駅小島谷駅寺泊駅分水駅の4駅からは長岡駅方面、さらに分水駅からは長岡方面に加え、燕駅燕三条駅経由で東三条駅方面に至る同社の路線バスが運行されている。

吉田以南の区間の利用者が減少傾向にある要因としては、沿線地域のうち特に柏崎市西山町と出雲崎町、長岡市和島地域を中心に少子高齢化が進行し通勤通学の需要が減少していることに加え、並行する国道116号がバイパス化されるなど各所の道路改良が著しいこと、元来柏崎 - 新潟間は山側を経由する信越本線がメインルートであること、信越本線にほぼ並行する北陸自動車道経由の高速バスが運行されていること、バス・タクシーなど他の公共交通との接続等を含め沿線各駅の交通結節機能が脆弱であること、沿線各地の観光地や史跡を訪れる際は越後線を利用するよりも自家用車の方が便利なことなどが挙げられる。近年、吉田以南の沿線では住宅地開発も進捗しているものの、前述の通りダイヤ編成が不便なこともあり、沿線住民の日常の足は自家用車に偏重している。

吉田 - 新潟間[編集]

一方、北側の吉田 - 新潟間は1960年代後半から住宅地開発が各所で進捗している上、沿線には公共施設や医療機関、高等学校大学が多く所在する。吉田 - 内野間は昼間おおむね40分間隔、内野 - 新潟間は20分間隔のパターンダイヤが編成されており、燕・新潟両市近郊の通勤・通学の足として利用されている。運行本数は内野 - 新潟間が1日51.5往復、吉田 - 内野間が27.5往復である。他に関屋 - 新潟間、越後曽根 - 新潟間および巻 - 新潟間の区間列車3往復がある。この区間の1日当たりの平均通過人員は1988年度が14,549人、2012年度が14,011人でほぼ横這いである[5]

後述する2012年春のダイヤ改正以前は、吉田 - 内野間の運行間隔は60分となっていた。吉田以北の沿線2自治体のうち、新潟市は2007年4月1日から政令指定都市へ移行したのに伴い、越後線沿線の西川、巻、岩室の各地区は西蒲区の区域となり、巻駅近くに区役所が置かれた。同市内のJR線は市内8行政区のうち南区をのぞく7行政区を経由している。西蒲区をのぞく6行政区については、新潟駅から区役所等(北区中央区江南区秋葉区西区=各区役所、東区=東区役所石山出張所)所在駅までの運行間隔が昼間20分間隔となっているのに対し、西蒲区域全域を含む内野以西の区間は、ダイヤ改正以前は先述のように昼間60分間隔となっていた。また交換設備が設けられていない駅が多いため列車の増発に限界があり、先述した強風による遅延・運休が頻発するなど設備上の問題点も山積している上、越後線に並行する国道116号も交通量の増加によって渋滞や速度低下が慢性化しつつある。

このため燕市・新潟市と沿線各地区の住民組織、沿線に所在する大学・専門学校各校などはJR東日本新潟支社に対し、交換設備の増設など設備面の改善と、吉田 - 内野間の運行間隔を他区間同様20分間隔に短縮するなど運行体制の改善を求めている。特に新潟市は、公共交通の振興を目指して2008年春に策定した短中期計画「にいがた交通戦略プラン」において「越後線の利便性向上」を重点プロジェクトの一つとして挙げており、運行頻度向上や各駅の利用環境改善、交通結節機能の強化などを課題としている。また2010年12月には西蒲・西両区の自治協議会が吉田 - 内野間の列車増発を求め、要望書と共に合計約4万1千人分の署名を市に提出したのを受け、市は2011年1月、JR新潟支社に署名簿を提出し列車増発などを要望。これに対しJR新潟支社側は「前向きに検討したい」と回答した。

こうした経緯を経て2012年3月17日のJRグループのダイヤ改正に合わせ、越後線のデータイムの利便性向上を目的とした社会実験が、JR新潟支社と両市の共同により3年間にわたって実施されることになり、データイムの内野 - 新潟間の列車を計3往復延伸してダイヤを等間隔化し、10 - 15時台の吉田 - 内野間を40分間隔で運行するダイヤが編成された[6]。なお、延伸している3往復の吉田 - 内野間は通年運行の臨時列車の扱いとなっている。新潟市は沿線3駅にパークアンドライド用の駐車場を確保しているほか、新潟交通グループの協力を得て、岩室駅と巻駅、越後曽根駅、越後赤塚駅を発着する路線バス・コミュニティバスの増発や、吉田駅を発着して岩室温泉などに至る西蒲区バスの試験運行を実施するなど、列車増発に付帯する社会実験を併せて実施している。ただし吉田駅以南方面の列車や弥彦線との接続に関しては、弥彦線が東三条駅で信越本線の普通列車(長岡 - 新潟間、昼間60分間隔)との接続を優先するダイヤを編成している関係から、吉田駅で各方面間との乗り継ぎ時間が延伸した時間帯が生じている。また、このダイヤ改正では「新潟駅連続立体交差事業」の施工進捗に伴い、新潟駅構内でホームの移設等が行われる関係から信越本線新津駅方面と白新線新発田駅方面へ直通する列車の本数が減便された。

この社会実験では吉田 - 内野間の1日あたりの平均利用者数を、2011年比で350人増加させることを目標値としているが、同年9月に速報値として公表された、3月から6月までの4か月間の1日平均利用者数は8,620人で、前年同期比で20人の微増という数値にとどまった[7]。さらに2013年11月8日に公表された、前年8月から7月までの1年間の1日平均利用者数は8,400人で、沿線の高等学校の募集定員削減や通学者の減少などの影響から、実験前の同期比から60人をも下回る結果となった[8]。両市では延伸3往復の定期運行化について可否が判断される2014年秋までに目標値をクリアすることを目指して、沿線市民に対し越後線の利用を促している[9]

前述の「新潟駅連続立体交差事業」は、同駅周辺の在来線3路線の高架化を行うもので、2021年度の立体交差化完了を目標に事業が進められており、このうち越後線では高架化と併せて信濃川橋梁東詰 - 新潟間の複線化と、同橋梁西詰側の白山駅でも改修によるホーム1面1線の増設などが行われている。このうち後者の白山駅のホーム増設は2013年夏に竣工し、同年9月1日から供用を開始しているが、既に架橋から70年を経過している橋梁部の架け替えや複線化などについての具体的な計画は無く、JR新潟支社も「現段階で架け替えの必要はなく、複線化の予定もない」との見解を示している[10]。この白山 - 新潟間は営業キロ上の駅間距離が3.1kmとやや長くなっており、1980年代から沿線住民や新潟県立新潟南高等学校の通学者、新潟県の社会福祉施設「新潟ユニゾンプラザ」の利用者などから新駅の設置要望が出されている。しかし要望する地点は信濃川橋梁の南詰側に位置し、築堤やカーブなどの構造物が存在する。また周辺は東港線新潟県道1号新潟小須戸三条線の2本の幹線道路が交差する地点で、駅舎用地の確保も課題となる。こうした立地上の問題などもあり、JR新潟支社は消極的な見解を示している。

強風対策に関しては、前述の羽越本線脱線事故を機に風速規制値が引き下げられたため、特に越後赤塚 - 内野間では強風時に運休が頻発していたが、JR新潟支社では2012年11月20日から同区間の運転中止の規制値を風速25m/sから30m/sに、徐行運行の規制値を風速20m/sから25m/sに、それぞれ引き上げる措置をとった。この規制値は羽越本線事故以前と同じ数値で、JR東日本が2011年12月から導入した「車両が風から受ける力をより適正に評価し運転規制を行う手法」の一環で、風速計の増設によって観測体制を強化し、安全性を確保したことによるもので、同区間においては風速計が従来1基だけだったものを2基増設し、計3基体制とした[11][12]

災害による影響[編集]

2007年7月16日に発生した新潟県中越沖地震では、柏崎駅の0番線に停車中の列車が脱線したほか、路盤が液状化現象などにより湾曲したり、線路際にある住宅が倒壊するなど被害が生じたため柏崎 - 吉田間で運休したが、8月10日から臨時ダイヤで運行を再開した(8月26日までは朝夕の通勤・通学時間帯のみ列車を運行し、かつ一部区間で徐行運行を行う暫定ダイヤで、昼間は代行バスを運行。通常運行再開は8月27日から)。

年表[編集]

  • 1912年(大正元年)
    • 8月25日 【開業】越後鉄道 白山 - 吉田(31.2km) 【駅新設】白山(初代)、内野、曽根、巻、和納、吉田[13]
    • 11月11日 【開業】柏崎 - 石地(18.7km) 【駅新設】比角、荒浜、刈羽、西山、石地[14]
    • 12月28日 【延伸開業】吉田 - 地蔵堂(仮)(8.3km) 【駅新設】地蔵堂(仮)[15]
    • 12月28日 【延伸開業】石地 - 出雲崎(3.9km) 【駅新設】出雲崎[15]
  • 1913年(大正2年)
    • 4月20日 【延伸開業・全通】出雲崎 - 地蔵堂(仮)(16.7km) 【駅新設】与板、寺泊、地蔵堂 【駅廃止】地蔵堂(仮) 【駅名改称】吉田→西吉田、曽根→越後曽根[16][17]
    • 5月27日 【駅新設】村田(臨時乗降場)[18]
    • 11月15日 【駅新設】関屋[19]
    • 12月16日 【駅新設】礼拝[20]
  • 1914年(大正3年)
  • 1915年(大正4年)
    • 6月15日 【駅新設】新荒浜(停留場)[24]
    • 7月1日 【駅名改称】荒浜(初代)→西中通、新荒浜(停留場)→荒浜(2代)[25]
    • 10月1日 【駅名改称】与板→小島谷、寺泊→大河津[26]
    • 11月3日 【駅名改称】村田(臨時乗降場)→妙法寺(停留場)[27]
  • 1916年(大正5年)
    • 4月15日 【駅新設】桃林(荒浜 - 刈羽間。春季の花見時期に限り毎年開設)
    • 6月20日 【停留場→駅】粟生津
    • 9月25日 【停留場→駅】妙法寺
  • 1918年(大正7年)3月25日 【停留場→駅】寺尾
  • 1919年(大正8年)12月5日 【駅新設】桐原(停留場)[28]
  • 1920年(大正9年)12月28日 【停留場→駅】桐原
  • 1927年(昭和2年)10月1日 【買収・国有化】越後線 柏崎 - 白山(81.0km) 【駅廃止】桃林
  • 1943年(昭和18年)11月1日 【開業】信越本線 新潟 - 関屋(貨物支線)(4.6km)
  • 1951年(昭和26年)
    • 4月5日 【キロ設定】関屋 - 万代(貨)(7.2km)
    • 6月25日 【旅客営業開始】新潟 - 関屋
    • 12月15日 【区間統合】越後線 柏崎 - 新潟(信越本線新潟 - 関屋間を越後線に統合) 【駅新設】白山(2代) 【路線廃止】関屋 - 白山(初代)(-1.8km) 【駅廃止】白山(初代)
  • 1958年(昭和33年)
    • 4月29日 新潟駅移転 【キロ廃止】関屋 - 万代(貨)(-7.2km)
    • 6月25日 【駅新設】小木ノ城
  • 1959年(昭和34年)10月1日 【駅名改称】西吉田→吉田
  • 1960年(昭和35年)6月10日 【駅新設】南吉田、小針
  • 1965年(昭和40年)12月25日 【駅名改称】和納→岩室
  • 1969年(昭和44年)10月1日 【駅名改称】比角→東柏崎
  • 1982年(昭和57年)5月31日 全線でCTC使用開始
  • 1983年(昭和58年)4月1日 【駅名改称】地蔵堂→分水
  • 1984年(昭和59年)4月8日 【電化】全線 【駅新設】北吉田、新潟大学前
  • 1986年(昭和61年)11月1日 【駅名改称】大河津→寺泊
  • 1987年(昭和62年)4月1日 【承継】東日本旅客鉄道 【貨物営業廃止】全線
  • 1988年(昭和63年)3月13日 【駅新設】青山
  • 2004年(平成16年)秋 新潟駅周辺の駅に自動改札導入
  • 2005年(平成17年)3月1日 【駅新設】内野西が丘

駅一覧[編集]

  • 全列車普通列車(すべての駅に停車)
  • 線路(全線単線) … ◇・∨・∧:列車交換可、|:列車交換不可
  • 全駅新潟県内に所在
駅名 駅間営業キロ 累計営業キロ 接続路線 線路 所在地
柏崎駅 - 0.0 東日本旅客鉄道信越本線 柏崎市
東柏崎駅 1.6 1.6  
西中通駅 3.4 5.0  
荒浜駅 1.6 6.6   刈羽郡
刈羽村
刈羽駅 3.3 9.9  
西山駅 2.9 12.8   柏崎市
礼拝駅 2.2 15.0  
石地駅 3.7 18.7  
小木ノ城駅 4.0 22.7   三島郡
出雲崎町
出雲崎駅 2.1 24.8  
妙法寺駅 4.6 29.4   長岡市
小島谷駅 3.0 32.4  
桐原駅 3.8 36.2  
寺泊駅 2.8 39.0  
分水駅 2.5 41.5   燕市
粟生津駅 4.3 45.8  
南吉田駅 2.0 47.8  
吉田駅 2.0 49.8 東日本旅客鉄道:弥彦線(直通運転あり)
北吉田駅 1.9 51.7  
岩室駅 2.1 53.8   新潟市
西蒲区
巻駅 4.0 57.8  
越後曽根駅 4.6 62.4  
越後赤塚駅 2.5 64.9   新潟市
西区
内野西が丘駅 3.8 68.7  
内野駅 1.6 70.3  
新潟大学前駅 2.0 72.3  
寺尾駅 2.1 74.4  
小針駅 1.9 76.3  
青山駅 1.4 77.7  
関屋駅 1.5 79.2   新潟市
中央区
白山駅 1.5 80.7  
新潟駅 3.1 83.8 東日本旅客鉄道:上越新幹線・信越本線(直通運転あり)・白新線(直通運転あり)・磐越西線[* 1]
  1. ^ 磐越西線の正式な終点は信越本線新津駅だが、一部列車が新潟駅に乗り入れる

過去の接続路線[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  2. ^ 通勤形車両の新造計画について (PDF) - 東日本旅客鉄道株式会社、2013年7月2日。
  3. ^ 1927年1月19日付大阪毎日新聞(神戸大学附属図書館新聞記事文庫)
  4. ^ 1927年3月16日付東京朝日新聞(神戸大学附属図書館新聞記事文庫)
  5. ^ a b 路線別ご利用状況 - JR東日本、2013年9月8日閲覧
  6. ^ 2012年3月ダイヤ改正について (PDF) - JR東日本新潟支社
  7. ^ 越後線増便社会実験速報 (PDF) - 新潟市、2012年9月
  8. ^ 越後線乗客数実験前より60人減 新潟市 - msn産経ニュース(2013年11月8日付)同月13日閲覧
  9. ^ 越後線の利便性向上社会実験 - 新潟市(2013年11月14日閲覧)
  10. ^ 市長への手紙:JR越後線新潟-白山間の信濃川鉄橋の老朽化に伴う架け替えについて - 新潟市(2013年3月14日更新)同年9月6日閲覧
  11. ^ JR、越後線の風速規制値を変更 - 新潟日報(2012年11月16日)、2012年11月17日閲覧
  12. ^ 〔プレスリリース〕羽越本線列車事故に伴う対策の実施状況について (PDF) - 東日本旅客鉄道(2012年12月4日付)、2012年12月11日閲覧
  13. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1912年9月27日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  14. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1912年11月21日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  15. ^ a b 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1913年1月14日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  16. ^ 1913年5月27日付中外商業新報(神戸大学附属図書館新聞記事文庫)
  17. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1913年4月26日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  18. ^ 「軽便鉄道臨時停留場設置」『官報』1913年6月12日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  19. ^ 「軽便鉄道停車場設置」『官報』1913年11月20日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  20. ^ 「軽便鉄道停車場設置」『官報』1913年12月19日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  21. ^ 「軽便鉄道停留場設置」『官報』1914年7月28日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  22. ^ 「軽便鉄道停留場設置」『官報』1914年10月27日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  23. ^ 「軽便鉄道停車場設置」『官報』1915年1月13日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  24. ^ 「軽便鉄道停留場設置」『官報』1915年6月26日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  25. ^ 「軽便鉄道停車場名称変更」『官報』1915年7月6日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  26. ^ 「軽便鉄道停車場名称変更」『官報』1915年9月30日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  27. ^ 「軽便鉄道停留場名改称」『官報』1915年11月11日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  28. ^ 「地方鉄道停留場設置」『官報』1919年12月15日(国立国会図書館デジタルコレクション)

関連項目[編集]