山の神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

山の神(やまのかみ)は、に宿るの総称である。山神(やまがみ)と言う。

歴史[編集]

実際の神の名称は地域により異なるが、その総称は「山の神」「山神」でほぼ共通している。その性格や祀り方は、山に住む山民と、に住む農民とで異なる。どちらの場合も、山の神は一般に女神であるとされており、そこから自分の妻のことを謙遜して「山の神」という表現が生まれた。このような話の原像は『古事記』、『日本書紀』のイザナミノミコトとも一致する。

概要[編集]

農民の間では、になると山の神が、山から降りてきて田の神となり、には再び山に戻るという信仰がある。すなわち、1つの神に山の神と田の神という2つの霊格を見ていることになる。農民に限らず日本では死者は山中の常世に行って祖霊となり子孫を見守るという信仰があり、農民にとっての山の神の実体は祖霊であるという説が有力である。正月にやってくる年神も山の神と同一視される。ほかに、山は農耕に欠かせない水の源であるということや、豊饒をもたらす神が遠くからやってくるという来訪神(客神・まれびとがみ)の信仰との関連もある。

新潟県見附市の山の神。性神として祀られている。

猟師木樵炭焼きなどの山民にとっての山の神は、自分たちの仕事の場である山を守護する神である。農民の田の神のような去来の観念はなく、常にその山にいるとされる。この山の神は一年に12人の子を産むとされるなど、非常に生殖能力の強い神とされる。これは、山の神が山民にとっての産土神でもあったためであると考えられる。山民の山の神は禁忌に厳しいとされ、例えば祭の日(一般に12月12日、1月12日など12にまつわる日)は山の神が木の数を数えるとして、山に入ることが禁止されており、この日に山に入ると木の下敷きになって死んでしまうという。長野県南佐久郡では大晦日に山に入ることを忌まれており、これを破ると「ミソカヨー」または「ミソカヨーイ」という何者かの叫び声が聞こえ、何者か確かめようとして振り返ろうとしても首が回らないといい、山の神やの仕業と伝えられている[1][2]

また、女神であることから出産月経穢れを特に嫌うとされるほか、祭の日には女性の参加は許されてこなかった。山の神は醜女であるとする伝承もあり、自分より醜いものがあれば喜ぶとして、顔が醜いオコゼを山の神に供える習慣もある。なお、山岳神がなぜ海産魚のオコゼとむすびつくのかは不明で、「やまおこぜ」といって、魚類のほかに、貝類などをさす場合もある。マタギは古来より「やまおこぜ」の干物をお守りとして携帯したり、家に祀るなどしてきた。「Y」の様な三又の樹木には神が宿っているとして伐採を禁じ、その木を御神体として祭る風習もある。三又の木が女性の下半身を連想させるからともいわれるが、三又の木はそもそもバランスが悪いため伐採時に事故を起こすことが多く、注意を喚起するためともいわれている。

日本神話では大山祇神などが山の神として登場する。また、比叡山・松尾山の大山咋神、白山の白山比咩神など、特定の山に結びついた山の神もある。

オーストリアの民族学者アレクサンダー・スラヴィクは、日本の「山の神」研究を紹介するとともに、ドイツにおける「山の中に眠っている王(カール大帝フリードリヒ・バルバロッサなど)」「山に住む神々」と比較し、類似点を指摘した[3]

鉱山における山神[編集]

日本の鉱山においては、安全と繁栄を祈願してカナヤマヒコカナヤマヒメを祀る神社が設置される事が多く、これらも略称して山神と称する。鉱山で採掘された鉱石がご神体となる事もある。多くは祠程度の規模のものが多いが、歴史が長かったり、規模の大きかったりする鉱山においては一般的な神社と同じ規模のケースもある。

鉱山の閉山後は朽ち果て自然消滅する場合が多い。しかし、鉱山閉山後も製錬所が操業を続けたり、廃水処理施設が稼働したりする場合には、神社が施設の守り神として維持される事がある。

現在[編集]

主に東北・北海道地方において、12月12日(一部で1月12日)には山林での作業を一切行わない林業者の慣習が残っている。森林組合などではこの日に祈願祭や忘年会、新年会を催すなど、祭の日の名残りが見られる。

転用[編集]

転じて、近年では、箱根駅伝の5区(山登り区間)で快走を見せた人物に対し、マスメディアにおいて比喩的に「山の神」と表現する場合がある。今井正人柏原竜二がその代表となる。

山の神は女性と考えられており、恐ろしいものの代表的存在であったことから、中世以降は、口やかましい妻を比喩して言う言葉としても用いられていた[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 武田明「南佐久郡北牧村民俗語彙」、『旅と伝説』11巻8号(通巻128号)、三元社、1938年8月、 56頁。
  2. ^ 民俗学研究所編著 『綜合日本民俗語彙』第4巻、柳田國男監修、平凡社1956年、1518頁。
  3. ^ A・スラヴィク 『日本文化の古層』 未来社、1984年、55-57頁。
  4. ^ 山の神”. 語源由来辞典. 2011年8月19日閲覧。

関連項目[編集]