似内駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
似内駅
駅舎
駅舎
にたない - Nitanai
花巻 (3.5km)
(2.9km) 新花巻
所在地 岩手県花巻市上似内第9地割
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 釜石線
キロ程 3.5km(花巻起点)
電報略号 ニナ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1913年(大正3年)12月25日
備考 無人駅

似内駅(にたないえき)は、岩手県花巻市上似内にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)釜石線である。花巻市街のはずれにある。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線の地上駅花巻駅管理の無人駅である。駅舎側には留置線とホーム跡がある。

のりば
(駅舎側) 釜石線(下り) 遠野釜石方面
(反対側) 釜石線(上り) 花巻盛岡方面

※案内上ののりば番号は割り当てられていない。

駅周辺[編集]

路線バス[編集]

駅から北東200mほどの場所に「上似内」バス停がある。

歴史[編集]

花巻と釜石を鉄道連絡することを目指して建設された岩手軽便鉄道により、その最初の開業区間の一部として1913年(大正2年)10月25日に開業した。当初は762 mm特殊狭軌の軽便鉄道であった。1936年(昭和11年)8月1日に国有化されて国鉄の駅となり、その後は国鉄標準の1,067 mm軌間への改軌工事が進められた。これに際して、花巻 - 似内間は別ルートに切り替えられて、間に存在していた鳥谷ヶ崎駅が廃止となった。1943年(昭和18年)9月20日から1,067 mm軌間での運行が開始されている。近年は国道4号線バイパスや釜石自動車道花巻空港ICの整備、花巻空港ターミナル移転はあるもののアクセスは考慮されていない。また、バスやタクシーの待機はない。

年表[編集]

その他[編集]

  • エスペラントによる、「La Marbordo(ラ・マールボルド:海岸)」という愛称がつけられている。これは、北上川の河岸が宮沢賢治により「イギリス海岸」と名づけられたことによる。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
釜石線
快速「はまゆり
通過
普通
花巻駅 - 似内駅 - 新花巻駅

脚注[編集]

  1. ^ 「軽便鉄道停留場設置」『官報』1914年1月22日(国立国会図書館デジタル化資料)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]