岩根橋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岩根橋駅
待合所
待合所
いわねばし - Iwanebashi
(Fervojponto フェルヴォイポント:鉄道橋)
晴山 (5.8km)
(3.4km) 宮守
所在地 岩手県遠野市宮守町下宮守20地割
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 釜石線
キロ程 21.7km(花巻起点)
電報略号 ネハ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1914年大正3年)12月15日
備考 無人駅

岩根橋駅(いわねばしえき)は、岩手県遠野市宮守町下宮守にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)釜石線である。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線の地上駅である。遠野駅管理の無人駅で、側線の跡が残る。

駅周辺[編集]

民家が数軒ある。

歴史[編集]

花巻と釜石を鉄道連絡することを目指して建設された岩手軽便鉄道により1914年(大正3年)12月15日に晴山 - 岩根橋間延伸と共に終点駅として開業した。当初は762 mm特殊狭軌の軽便鉄道であった。1915(大正4年)年11月23日に柏木平駅まで開通して岩手軽便鉄道が全通し、当駅は中間駅となった。1936年(昭和11年)8月1日に国有化されて国鉄の駅となり、その後は国鉄標準の1,067 mm軌間への改軌工事が進められた。1943年(昭和18年)9月20日から1,067 mm軌間での運行が開始されている。

年表[編集]

その他[編集]

  • エスペラントによる、「Fervojponto(フェルヴォイポント:鉄道橋)」という愛称がついている。これは当駅の釜石寄りにあるアーチ形の宮守川橋梁(「めがね橋」の異名でも知られる)に由来している。現在のこの橋は改軌時に建設されたもので、岩手軽便鉄道時代の橋脚が1本だけ隣に現存している。また、同じくアーチ形の達曽部(たっそべ)川橋梁も近くにあり、二つの橋はいずれも2002年(平成14年)に土木学会選奨土木遺産に指定された。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
釜石線
快速「はまゆり
通過
普通
晴山駅 - 岩根橋駅 - 宮守駅

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]