改軌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

改軌(かいき)とは、鉄道における線路レールの間隔(軌間)を変更することをいう。また、鉄道車両の対応する軌間を変更する改造のことを指す場合もある。

ここでは前者について記述する。

改軌の目的[編集]

改軌を行う目的としては以下のようなものがある。

  • 車両の大型化や高速化(軌間を広げる場合)
  • 軌間の異なる路線との直通運転

この両方が含まれることもある。

一般的には、車両の大型化、高速化が目的であるため、ほとんどの場合が軌間を拡大する工事となる。この場合、ただレールの間隔を広げればよいというものではなく、道床の肉厚を増して堅固なものにすることや、スラブ軌道の採用、重量増に耐えられるような橋梁等の改築、トンネル断面の拡大などが必要になる。高速化が目的の場合、複線化が併せて実施されることもある。これらの工事が困難であれば、部分的に従来の線路を放棄し、別の場所に新しい線路を敷設することもある。また車両の側も改造を施さなくてはならず、従来に代わる新しい車両を製造する場合もある。このため、改軌には長い準備と多額の費用を要するので、用地費がそれほどかからないものの、ほとんど新設路線並みの工事となる。列車を運休しなければならない場合もあり、その際は運休中の代行輸送の手配も必要となる。

日本では、列車の運行頻度が少なく車両も少なかった戦前には改軌は頻繁に実施された。特に軽便鉄道が、輸送力と速度の向上を図るために実施したケースが多い。しかし、それらの条件が変化した戦後には実施は少なくなり、特に1971年以降はミニ新幹線の運行に伴うケースを除いて行われていない。

日本での改軌の例[編集]

現在の鉄道運営主体、鉄道路線名、駅名で記載(廃止になった線区については、廃止時点での名称で記載)。

軌間600mmから軌間1067mmに改軌した例[編集]

軌間762mmから軌間1067mmに改軌した例[編集]

軌間762mmから軌間1435mmに改軌した例[編集]

軌間838mmから軌間1067mmに改軌した例[編集]

軌間914mmから軌間1067mmに改軌した例[編集]

軌間914mmから軌間1435mmに改軌した例[編集]

  • 西鉄福岡市内線(貫線)(今川橋駅 - 姪の浜駅間)1922年(大正11年)7月26日実施。同時に電化。914mmで残った姪の浜駅以西( - 加布里駅)と貨車を直通させるため、この区間が廃止となった1928年(昭和3年)6月1日までは三線軌条となっていた。

軌間1067mmから軌間1372mmに改軌した例[編集]

軌間1067mmから軌間1435mmに改軌した例[編集]

ミニ新幹線については該当路線(奥羽本線田沢湖線)の項目を参照。

軌間1372mmから軌間1067mmに改軌した例[編集]

軌間1372mmから軌間1435mmに改軌した例[編集]

軌間1435mmから軌間1067mmに改軌した例[編集]

軌間1435mmから軌間1372mmに改軌した例[編集]

  • 京浜電気鉄道(全線) 1904年(明治37年)3月1日実施。この区間は1933年(昭和8年)4月1日に再び軌間1435mmに改軌されている。

台湾での改軌の例[編集]

軌間762mmから軌間1067mmに改軌した例[編集]

軌間1067mmから軌間1435mmに改軌した例[編集]

  • 淡水線(台北 - 淡水間)1997年12月25日全線実施。※1988年7月15日に捷運の轉換工事に伴い廃止された。実質的には新線。

ロシアでの改軌の例[編集]

改軌工事中のサハリンの鉄道

軌間1067mmから軌間1520mmに改軌した例[編集]

  • サハリンの鉄道全線 2003年 - 実施中。かつての樺太庁鉄道。日本時代に600mmから1067mmに改軌された路線もあるため、二度目の改軌になる。

パナマでの改軌の例[編集]

軌間1524mmから軌間1435mmに改軌した例[編集]

グアテマラでの改軌の例[編集]

軌間914mmから軌間1435mmに改軌した例[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新旧線の切替地点で駅ではない。

関連項目[編集]