国道4号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道4号
一般国道

Japanese National Route Sign 0004.svg

国道4号
路線延長 888.8 km(総延長)(全国1位)
888.8 km(実延長)(全国1位)
742.3 km(現道)(全国1位)
制定年 1952年指定(原型は1885年
起点 東京都中央区
日本橋
北緯35度41分2.8秒東経139度46分28.1秒
主な
経由都市
東京都千代田区台東区
埼玉県春日部市
茨城県古河市
栃木県小山市宇都宮市
那須塩原市
福島県白河市郡山市福島市
宮城県白石市仙台市大崎市
岩手県一関市奥州市北上市
花巻市盛岡市滝沢市二戸市
青森県十和田市
終点 青森県青森市
青い森公園前
北緯40度49分25秒東経140度44分28.6秒
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0001.svg国道1号
Japanese National Route Sign 0006.svg国道6号
Japanese National Route Sign 0014.svg国道14号
Japanese National Route Sign 0015.svg国道15号
Japanese National Route Sign 0017.svg国道17号
Japanese National Route Sign 0016.svg国道16号
Japanese National Route Sign 0050.svg国道50号
Japanese National Route Sign 0049.svg国道49号
Japanese National Route Sign 0013.svg国道13号
Japanese National Route Sign 0048.svg国道48号
Japanese National Route Sign 0045.svg国道45号
Japanese National Route Sign 0047.svg国道47号
Japanese National Route Sign 0046.svg国道46号
Japanese National Route Sign 0007.svg国道7号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
東京都中央区日本橋・国道4号起点
日本橋中央の日本国道路元標
東京都台東区・明治通りとの交点
東京都台東区・三ノ輪交差点
東京都足立区千住中居町
埼玉県春日部市小渕(現道区間)
埼玉県幸手市内(現道区間)
起点より100km地点
栃木県宇都宮市雀の宮・現道区間)
福島県二本松市バイパス区間
東京都中央区日本橋から354km(宮城県仙台市宮城野区小鶴:苦竹IC付近)
盛岡市南仙北二丁目
岩手県二戸郡一戸町小繋・IGRいわて銀河鉄道線小繋駅前
青森県三戸郡南部町内
国道4号終点:青森市長島・青森県庁前交差点
国道4号と国道7号の分岐点(青森市長島)。ここより東(向かって左)が国道4号(東京方)、ここより西(向かって右)が国道7号(新潟方)である。

国道4号(こくどう4ごう)は、東京都中央区から青森県青森市へ至る一般国道である。2013年4月1日現在、総延長・実延長および現道区間の延長が日本一長い国道である[1]

東北自動車道とは栃木県矢板ICから岩手県滝沢ICにかけての長距離に亘ってほぼ並走する。また鉄道路線ではほぼ全区間に亘り東北新幹線東北本線IGRいわて銀河鉄道線青い森鉄道線と並走する(なお東京都内の日本橋駅から三越前駅過ぎにかけては東京メトロ銀座線、東京都千代田区から足立区にかけては東京メトロ日比谷線、足立区から埼玉県久喜市にかけては東武伊勢崎線及び東武日光線宮城県仙台市長町駅付近から勾当台公園駅にかけては仙台市地下鉄南北線、青森県上北郡七戸町から野辺地町にかけては旧南部縦貫鉄道線廃線跡と各々並走する)。

概要[編集]

通過する自治体[編集]

※バイパスのうち越谷市 - 宇都宮市間の新4号国道および埼玉県内の東埼玉道路を除く。それぞれの通過市町村については各記事を参照。なお、旧国道4号の足立区 - 越谷市間については東京都道・埼玉県道49号足立越谷線を、仙台市青葉区 - 泉区間については宮城県道22号仙台泉線を参照。

歴史[編集]

国道4号は、日光街道奥州街道道中奉行管轄)およびその延長区間の白河から函館間(日光街道を除く3街道は1873年、陸羽街道に改称)を継承するものである。

  • 1885年明治18年):内務省告示第6号「國道表」では、函館までの道がほぼそのまま国道6号「東京より函館港に達する路線」に指定された(当初、氏家 - 白河間は国道293号・国道294号などの旧陸羽街道経由であった)。正確には、松前道は津軽半島の突端の三厩から北海道渡島半島へ渡っていたが、国道6号は青森から直接航路で函館に達していたという点が異なる。
  • 1920年大正9年):施行の旧道路法に基づく路線認定では、国道4号「東京都より北海道庁所在地に達する路線」(現在の国道4号・国道5号)となった。
  • 1952年(昭和27年)12月4日:新道路法に基づく路線指定で、旧国道4号のうちの青森市まで(東京都中央区 - 青森県青森市)が一級国道4号となった。
  • 1965年(昭和40年)4月1日道路法改正によって一級・二級の区別がなくなり、一般国道4号となった。

旧国道4号[編集]

重複区間[編集]

  • 東京都
    • 国道17号:中央区日本橋 - 中央区日本橋室町(室町3丁目交差点)
    • 国道6号国道14号:中央区日本橋 - 中央区日本橋本町(本町3丁目交差点)
  • 埼玉県・茨城県
    • 国道125号:久喜市(栗橋交差点) - 古河市(三杉町交差点)
  • 栃木県
    • 国道293号:さくら市氏家(川岸交差点) - さくら市馬場(馬場南交差点)
    • 国道461号:矢板市(中交差点) - 大田原市薄葉
    • 国道400号:那須塩原市三島(三島交差点) - 那須塩原市東三島(三島北交差点)
  • 福島県
    • 国道294号:白河市薄葉(薄葉交差点) - 白河市女石(女石交差点)
    • 国道459号:二本松市羽石(羽石IC) - 二本松市冠木(冠木ミニIC)
    • 国道115号:福島市鳥谷野(鳥谷野交差点) - 福島市五十辺(岩谷下交差点)
  • 宮城県
    • 国道6号:岩沼市(藤浪交差点) - 仙台市宮城野区(苦竹IC
    • 国道47号:仙台市宮城野区(苦竹IC) - 大崎市(上古川交差点)
  • 岩手県
    • 国道342号:一関市山目十二神(十二神交差点) - 一関市山目大槻
    • 国道282号:盛岡市(NHK前交差点) - 滝沢市(分れ南交差点)
    • 国道281号:盛岡市(NHK前交差点) - 岩手郡岩手町(沼宮内北口交差点)
  • 青森県
    • 国道104号:三戸郡三戸町川守田 - 三戸郡南部町(剣吉交差点)
    • 国道454号:三戸郡五戸町扇田 - 三戸郡五戸町中ノ沢
    • 国道45号:十和田市三本木 - 青森市(青い森公園前)
    • 国道394号:上北郡七戸町影津内 - 上北郡七戸町上町野

交差する道路[編集]

(※バイパスのうち越谷市 - 宇都宮市間の新4号国道、埼玉県内の東埼玉道路を除く。それぞれの接続路線については各記事を参照。なお、足立区 - 越谷市間の旧国道4号については東京都道・埼玉県道49号足立越谷線を参照。)

関東地方整備局管内
東北地方整備局管内

バイパス[編集]


※が付いているものは、それ以前の旧道が他の国道や都県道等に降格され現道となっているバイパスである。

別名[編集]

主な峠[編集]

  • 十三本木峠(標高459m):岩手県二戸郡一戸町(最高地点)

トンネル[編集]

日本一長い国道であるが、トンネルは4箇所しかない。

道の駅[編集]

橋梁[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2013. 国土交通省道路局. p. 19. 2014年8月16日閲覧。
  2. ^ 2012年4月1日現在
  3. ^ 平成20年4月1日から国道4号・国道286号のルートが変更になりました(仙台市)
  4. ^ 国道4号、国道459号の重複区間の案内標識は存在しない。
  5. ^ 国道4号、国道115号の重複区間の案内標識は存在しない。
  6. ^ 国道4号・国道281号・国道282号の重複区間の案内標識は存在しない。
  7. ^ 国道4号・国道104号重複区間の案内標識は存在しない。
  8. ^ 国道4号・国道45号重複区間の案内標識は存在しない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]