国道319号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道319号
一般国道

国道319号標識

国道319号
総距離 131.6 km(総延長)
61.8 km(実延長)
制定年 1970年指定(1993年延伸)
起点 香川県坂出市
川津町字蓮尺3513番6
主な
経由都市
香川県丸亀市
徳島県三好市
終点 愛媛県四国中央市
三島金子二丁目字金子2101番5
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0011.svg国道11号
Japanese National Route Sign 0377.svg国道377号
Japanese National Route Sign 0032.svg国道32号
Japanese National Route Sign 0192.svg国道192号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
三好市山城町茂地

国道319号(こくどう319ごう)は、香川県坂出市から徳島県三好市を経由して愛媛県四国中央市に至る一般国道である。

概要[編集]

起点から丸亀市原田町までは国道11号との重複で西進し、丸亀市原田町から徳島県三好市山城町川口にかけては南進する。香川県内では讃岐平野を通行するため比較的走りやすい。以前は善通寺市街区間含め全線が片側1車線だったため、観光シーズンに渋滞が多く発生していたが、善通寺バイパスの開通により解消された。

香川県まんのう町買田から三好市山城町川口に至る区間は国道32号との重複である。猪ノ鼻峠越えの山間区間(香川県三豊市財田町財田上 - 徳島県三好市池田町州津)では急カーブが連続する。三好市池田町州津から三好市山城町川口に至る区間は吉野川沿いの比較的走りやすい区間である。

三好市山城町川口から愛媛県四国中央市金砂町金砂湖にかけては元県道9号だった区間で銅山川に沿って西進する。徳島・愛媛県境付近と、四国中央市新宮町堀切トンネル南口から四国中央市金砂町平野橋に至る区間は道幅が狭く、見通しが悪いカーブが続く、いわゆる酷道のままである。

金砂湖から四国中央市街にかけては北進する。金砂湖から終点三島金子交差点に至る区間は、1車線幅の法皇トンネルを除き再び対面通行になる。平野部で伊予三島駅の西側を通過し、終点・三島金子交差点で国道11号と合流する。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1]に基づく起終点および経過地は次のとおり

歴史[編集]

香川県から徳島県にかけては、金毘羅街道として古くから利用されてきた道である。近代では、大久保諶之丞が中心となって建設された四国新道の一部を前身としており、1890年明治23年)に丸亀・多度津 - 阿波池田・川口が完成している。

年表[編集]

  • 1953年昭和28年)5月18日
    一級国道32号(高松市 - 高知市)が指定される。当時は現在の国道319号の経路にあたる多度津町や善通寺市を経由していた。
  • 1970年(昭和45年)4月1日
    国道32号の経路が綾歌郡綾南町[注釈 4]経由に変更するとともに、かつての経由地は同日新たに一般国道319号(坂出市 - 香川県仲多度郡琴平町)として指定[5]
  • 1993年平成5年)4月1日
    徳島県三好郡山城町[注釈 2] - 伊予三島市[注釈 1](愛媛県道・徳島県道9号新居浜山城線の一部と高知県道・愛媛県道6号高知伊予三島線の一部)を編入。琴平町 - 山城町間は32号と重複して、香川県坂出市 - 愛媛県伊予三島市となる。

路線状況[編集]

バイパス[編集]

別名・愛称[編集]

  • 山城街道(三好市)[6]
  • 伊予川街道(三好市)[6]
  • 翠波通り(四国中央市)
  • 別子翠波はな街道(四国中央市)

重複区間[編集]

  • 国道11号:香川県坂出市(起点・川津交差点)- 香川県丸亀市(原田西交差点)※この区間には案内標識に319号の表示がない。
  • 国道32号:香川県仲多度郡まんのう町(買田東交差点)- 徳島県三好市(川口交差点)
  • 国道192号:徳島県三好市井川町西井川 - 徳島県三好市池田町白地:国道192号池田大橋西(国道32号重複区間中)

事前通行規制区間[編集]

  • 1968年(昭和43年)12月に異常気象時における事前通行規制区間が定められた。
    • 愛媛県四国中央市具定町 - 愛媛県四国中央市金砂町平野山間L=4.5km 時間雨量40mm以上 連続雨量200mm以上の場合通行止(2010年(平成22年)度現在)
    • 愛媛県四国中央市金砂町柳瀬 - 愛媛県四国中央市金砂町柳瀬間L=1.3km 時間雨量40mm以上 連続雨量200mm以上の場合通行止(2010年(平成22年)度現在)

道路施設[編集]

橋梁

  • 善通寺大橋
  • 大麻橋
  • 五條橋
  • 山田大橋(357.5m)
  • 光明大橋(198m)
  • 平野橋(168.8m)

トンネル

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令”. 電子政府の総合窓口 イーガブ. 2012年10月13日閲覧。
  2. ^ 道路統計年報2011 - II. 道路の現況 表26 p.18”. 国土交通省. 2012年10月13日閲覧。
  3. ^ 道路統計年報2011 - II. 道路の現況 表27 p.18”. 国土交通省. 2012年10月13日閲覧。
  4. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令”. 電子政府の総合窓口 イーガブ. 2012年10月13日閲覧。
  5. ^ 昭和44年政令第280号(1969年12月12月4日公布、1970年4月1日施行)
  6. ^ a b 山城谷村史940頁(山城町、1960年2月15日発行)

注釈

  1. ^ a b 2004年4月1日から四国中央市の一部。
  2. ^ a b c d 2006年3月1日から三好市の一部。
  3. ^ 2010年4月1日現在
  4. ^ 2006年3月21日から綾歌郡綾川町の一部。

関連記事[編集]