田尻町 (宮城県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
田尻町
廃止日 2006年3月31日
廃止理由 新設合併
田尻町古川市鹿島台町三本木町松山町鹿島台町岩出山町鳴子町大崎市
現在の自治体 大崎市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 宮城県
遠田郡
団体コード 04502-1
面積 65.59km²
総人口 12,758
推計人口、2006年3月1日)
隣接自治体 遠田郡涌谷町美里町
古川市登米市栗原市
町の木 ウメ
町の花 サクラ
町の鳥 ウグイス
田尻町役場
所在地 989-4308
宮城県田尻町沼部字富岡183-3
座標 北緯38度35分54.5秒
東経141度3分26.2秒
田尻町位置図
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

田尻町(たじりちょう)は、平成18年(2006年)まで宮城県遠田郡にあった。現在は大崎市の一部。

大崎平野のほぼ中央に位置する。町の北部には渡り鳥が数多く飛来する蕪栗沼を擁し、東部には町のシンボルである加護坊山を有する。

人口の約6割が農業に従事する稲作畜産を基盤とした町であり、町の面積のおよそ半分が農地であった。3路線の乗換駅小牛田駅をもつ小牛田町および県北の経済中心地として発展してきた古川市と隣接していることもあり、古くからこれら2市町への生活依存度が高かった。

地理[編集]

宮城県北部に位置する。田園地帯が広がり、北部から東部にかけては丘陵地帯が続く。年間平均気温11.0度、年間降水量914mm。

沿革[編集]

行政[編集]

  • 歴代村長
氏名 就任 退任 備考
1 佐々木吉右ェ門 明治22年(1889年)4月22日 明治23年(1890年)4月21日
2 佐々木栄介 明治23年(1890年)4月22日 明治24年(1891年)3月7日
3 豊原宗造 明治24年(1891年)3月13日 明治25年(1892年)9月14日
4 青野三郎太 明治25年(1892年)10月1日 明治31年(1898年)4月5日
5 三原信知 明治31年(1898年)4月29日 明治35年(1902年)12月25日
  • 歴代町長
昭和の合併以前
氏名 就任 退任 備考
1 三原信知 明治35年(1902年)12月26日 明治39年(1906年)10月30日 村長より留任
2 三沢庄之助 明治40年(1907年)3月23日 明治42年(1909年)4月24日
3 阿部又右ェ門 明治42年(1909年)6月5日 大正6年(1917年)7月9日
4 佐々木久三郎 大正6年(1917年)7月16日 大正12年(1923年)8月6日
5 千葉甲兵衛 大正12年(1923年)10月16日 昭和14年(1939年)6月10日
6 岡恭介 昭和14年(1939年)6月20日 昭和20年(1945年)10月24日
7 田中勝 昭和21年(1946年)1月15日 昭和22年(1947年)1月28日
8 師義三 昭和22年(1947年)4月8日 昭和25年(1950年)3月28日
9 恵比寿兵蔵 昭和25年(1950年)5月2日 昭和27年(1952年)3月31日
10 佐々木敬一 昭和27年(1952年)5月13日 昭和29年(1954年)5月2日
昭和の合併以後
氏名 就任 退任 備考
1 佐々木敬一 昭和29年(1954年)6月18日 昭和42年(1967年)1月7日 旧町長
2 山村健吾 昭和42年(1967年)2月10日 昭和50年(1975年)2月9日
3 峯浦耘蔵 昭和50年(1975年)2月10日 平成7年(1995年)2月9日
4 堀江敏正 平成7年(1995年)2月10日 平成18年(2006年)3月30日

昭和33年(1958年)に建設された町役場(現在の大崎市田尻総合支所)は、全国的にも珍しい「円形庁舎」である[1]

経済[編集]

産業[編集]

稲作と畜産を中心とした農業が主体。

  • 農家人口:8,136人
  • 農家数:1,655戸
  • 農地面積:3,263ha
  • 農業粗生産額:合計5,210百万円
    • 米3,170百万円
    • 畜産1,560百万円

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

教育[編集]

高等学校
宮城県田尻高等学校
中学校
田尻町立田尻中学校
小学校
田尻町立田尻小学校
田尻町立沼部小学校
田尻町立大貫小学校

交通[編集]

鉄道[編集]

路線バス[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

祭り[編集]

イベント[編集]

出身有名人[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]