東磐井郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 東北地方 > 岩手県 > 東磐井郡
岩手県東磐井郡の範囲(薄黄:後に他郡に編入された区域)

東磐井郡(ひがしいわいぐん)は、岩手県にあった

郡域[編集]

明治12年(1879年)に発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

歴史[編集]

  • 明治12年(1879年)1月4日 - 磐井郡の分割にともない、同郡のうち東山を以て東磐井郡が発足。(34村)
千厩村・上折壁村・下折壁村・釘子村・浜横沢村・小梨村・清田村・八沢村・大籠村・津谷川村・保呂羽村・藤沢村・西口村・黄海村・薄衣村・奥玉村・磐清水村・門崎村・松川村・相川村・舞草村・長部村・小島村・赤生津村・母体村・田河津村・長坂村・猿沢村・摺沢村・渋民村・沖田村・鳥海村・中川村・大原村
  • 明治16年(1883年)1月 - 八沢村を砂子田村・徳田村・新沼村・増沢村に分割。(37村)
1.千厩村 2.大原村 3.折壁村 4.矢越村 5.小梨村 6.八沢村 7.大津保村 8.藤沢村 9.黄海村 10.薄衣村 11.奥玉村 12.磐清水村 13.門崎村 14.松川村 15.舞川村 16.長島村 17.生母村 18.田河津村 19.長坂村 20.猿沢村 21.摺沢村 22.渋民村 23.興田村(紫:一関市 橙:奥州市 桃:平泉町)
  • 明治22年(1889年)4月1日 - 町村制の施行により以下の町村が発足。(23村)
  • 明治30年(1897年)4月1日 - 郡制を施行。
  • 明治31年(1898年)4月1日 - 千厩村が町制施行し、千厩町となる。(1町22村)
  • 明治36年(1903年)3月21日 - 大原村が町制施行し、大原町となる。(2町21村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡制廃止にともない郡会を廃止。残務処理のため郡役所は存置。
  • 大正15年(1926年)7月1日 - 郡役所廃止。
  • 大正15年(1926年)6月1日 - 藤沢村が町制施行し、藤沢町となる。(3町20村)
  • 昭和15年(1940年)11月10日 - 摺沢村が町制施行し、摺沢町となる。(4町19村)
  • 昭和30年(1955年)1月1日 - 舞川村が西磐井郡厳美村萩荘村弥栄村と共に一関市と合併し、新制の一関市が発足。郡より離脱。(4町18村)
  • 昭和30年(1955年)2月1日 - 長坂村・田河津村が合併し、東山村が発足。(4町17村)
  • 昭和30年(1955年)4月1日(3町9村)
    • 藤沢町・黄海村・八沢村および大津保村の一部(大籠・保呂羽)が合併し、新制の藤沢町が発足。
    • 折壁村・矢越村および大津保村(津谷川)が合併し、室根村が発足。
    • 大原町・摺沢町・興田村・猿沢村・渋民村が合併して大東町が発足。
    • 生母村が胆沢郡前沢町白山村古城村と合併し、新制の胆沢郡前沢町が発足。郡より離脱。
  • 昭和30年(1955年)4月15日 - 長島村が西磐井郡平泉町と合併し、新制の西磐井郡平泉町が発足。郡より離脱。(3町8村)
  • 昭和31年(1956年)9月30日(3町4村)
    • 薄衣村・門崎村が合併し、川崎村が発足。
    • 千厩町・磐清水村・奥玉村・小梨村が合併し、新制の千厩町が発足。
  • 昭和33年(1958年)11月1日 - 松川村を東山村に編入。東山村は同日付で町制施行し東山町となる。(4町2村)
  • 平成17年(2005年)9月20日 - 大東町・千厩町・東山町・室根村・川崎村が西磐井郡花泉町と共に一関市と合併し、新制の一関市が発足。郡より離脱。(1町)
  • 平成23年(2011年)9月26日 - 藤沢町を一関市に編入。同日東磐井郡消滅。

変遷表[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
磐井郡の一部
行政区の変遷
1879年 - 2011年
次代:
(消滅)