江刺郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岩手県江刺郡の範囲

江刺郡(えさしぐん)は、昭和33年(1958年)まで岩手県南西部にあった令制国下では陸奥国(のち陸中国)に属す。

郡域[編集]

明治11年(1878年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

歴史[編集]

幕末時点では陸奥国に所属し、全域が仙台藩領であった。『旧高旧領取調帳』に記載されている明治初年時点に存在した村は以下の通り。(41村)

村名 所属代官区 所轄郡奉行
片岡村・一関村・二関村・三関村・浅井村・石関村・石山村・伊手村・鶯沢村・歌書村・上門岡村・下門岡村・鴨沢村・軽石村・上口内村・下口内村・倉沢村・栗生沢村・黒石村・黒田助村・小池村・菅生村・高寺村・大田代村・小田代村・田茂山村・田谷村・次丸村・土谷村・角掛村・野手崎村・羽黒堂村・枛木田村・原体村・人首村・二子町村・増沢村・水押村・三照村・餅田村・横瀬村 岩谷堂代官所
(片岡村)
奥郡奉行

町村制施行以前の沿革[編集]

  • 明治元年9月24日1868年11月8日) - 仙台藩伊達慶邦が薩長軍に降伏。全領土62万石を没収される。
  • 明治元年12月7日1869年1月19日
  • 明治2年8月18日(1869年9月23日) - 花巻県が江刺県に編入。
  • 明治4年11月2日1871年12月13日) - 第1次府県統合により一関県の管轄となる。
  • 明治4年12月13日1872年1月22日) - 一関県(第2次)が水沢県に改称。
  • 明治8年(1875年)10月17日 - 水沢県により、下記の村の統合が行われる。(15村)
    • 片岡村 ← 片岡村・増沢村・餅田村
    • 梁川村 ← 野手崎村・菅生村・栗生沢村
    • 広瀬村 ← 一関村・軽石村・鴨沢村・歌書村
    • 稲瀬村 ← 上門岡村・下門岡村・石関村・二関村・三関村
    • 福岡村 ← 上口内村・下口内村・小池村・水押村・枛木田村
    • 愛宕村 ← 高寺村、田谷村、二子町村
    • 羽田村 ← 羽黒堂村・田茂山村・黒田助村・鶯沢村
    • 田代村 ← 大田代村・小田代村
    • 石原村 ← 石山村・原体村・土谷村
    • 照沢村 ← 三照村・倉沢村
    • 玉里村 ← 次丸村・角掛村
    • 藤里村 ← 浅井村・横瀬村
    • 米里村 ← 人首村
  • 明治9年(1876年)4月18日 - 第2次府県統合により岩手県の管轄となる。
  • 明治11年(1879年)11月26日 - 郡区町村編制法の施行にともない、胆沢郡と共に胆沢・江刺郡役所の所轄となる(郡役所は胆沢郡塩竈村に設置)。

町村制施行以後の沿革[編集]

1.岩谷堂町 2.愛宕村 3.羽田村 4.黒石村 5.田原村 6.藤里村 7.伊手村 8.米里村 9.玉里村 10.梁川村 11.福岡村 12.広瀬村 13.稲瀬村(赤:奥州市 紫:北上市)
  • 明治22年(1889年)4月1日 - 町村制の施行にともない、以下の町村が発足。(1町12村)
    • 岩谷堂町 ← 片岡村(現:奥州市
    • 愛宕村 ← 愛宕村(現:奥州市)
    • 羽田村 ← 羽田村(現:奥州市)
    • 黒石村 ← 黒石村(現:奥州市)
    • 田原村 ← 田代村・石原村(現:奥州市)
    • 藤里村 ← 藤里村(現:奥州市)
    • 伊手村 ← 伊手村(現:奥州市)
    • 米里村 ← 米里村(現:奥州市)
    • 玉里村 ← 玉里村(現:奥州市)
    • 梁川村 ← 梁川村(現:奥州市)
    • 福岡村 ← 福岡村(現:北上市
    • 広瀬村 ← 広瀬村・稲瀬村の一部[二関・三関](現:奥州市)
    • 稲瀬村 ← 照沢村・稲瀬村の一部[上門岡・下門岡・石関](現:奥州市)
  • 明治30年(1897年)4月1日 - 郡制施行。胆沢・江刺郡役所の廃止にともない、江刺郡役所を岩谷堂町に設置。
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡制廃止にともない郡会を廃止。残務処理のため郡役所は存置。
  • 大正15年(1926年)7月1日 - 郡役所廃止。
  • 昭和29年(1954年)4月1日(1町9村)
  • 昭和30年(1955年)2月10日 - 岩谷堂町・伊手村・稲瀬村・愛宕村・玉里村・田原村・広瀬村・藤里村・梁川村・米里村が合併して江刺町が発足。(1町)
  • 昭和30年(1955年)7月10日 - 江刺町の一部(稲瀬のうち旧下門岡村12字、旧上門岡村3字、227世帯、1425人、666町歩余)が北上市に編入。
  • 昭和33年(1958年)11月3日 - 江刺町が市制施行し、江刺市(現:奥州市)となる。郡より離脱。同日江刺郡消滅。

変遷表[編集]

行政[編集]

(胆沢・江刺郡長は胆沢郡の項を参照)

江刺郡長
氏名 就任 退任 備考
1 板垣征徳 明治30年(1897年)4月1日 明治33年(1900年)4月21日
2 石塚昇 明治33年(1900年)4月21日 明治34年(1901年)8月21日
3 小野茂理 明治34年(1901年)8月30日 明治35年(1902年)4月22日
4 加賀美安之助 明治35年(1902年)4月22日 明治37年(1904年)1月29日
5 沢田専吉 明治37年(1904年)2月17日 明治39年(1906年)9月29日
6 関定孝 明治39年(1906年)9月29日 明治41年(1908年)1月24日
7 岩崎亀太郎 明治41年(1908年)1月24日 明治43年(1910年)10月20日
8 斎藤行三 明治43年(1910年)10月20日 大正元年(1912年)12月10日
9 大塚順吉 大正元年(1912年)12月10日 大正3年(1924年)2月12日
10 石川発盛 大正3年(1924年)2月12日 大正6年(1917年)10月30日
11 平野喜平 大正6年(1917年)10月30日 大正8年(1919年)11月17日
12 宮川恭一 大正8年(1919年)11月17日 大正9年(1920年)12月4日
13 笹井初之進 大正9年(1920年)12月4日 大正12年(1923年)2月23日
14 坪松唯三郎 大正12年(1923年)2月23日 大正13年(1924年)12月16日
15 黒沢喜一郎 大正13年(1924年)12月16日 大正15年(1926年)6月30日

脚注[編集]

  1. ^ 明治元年12月23日(1869年2月4日)の「諸藩取締奥羽各県当分御規則」(法令全書通番明治元年太政官布告第1129)に従って設置された県だが、明治政府が権知県事を任命したわけではなく、そのため明治政府の公文書には全く記録が残っておらず、正式な県とは認められていない。

参考文献[編集]

  • 『江刺市史』(岩手県江刺市)
    • 第2巻(1985年)
    • 第3巻(1987年)
  • 角川日本地名大辞典』3 岩手県(角川書店、1985年)

外部リンク[編集]

関連項目[編集]