国道191号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道191号
一般国道

国道191号標識

国道191号
総距離 302.5 km(総延長)
278.1 km(実延長)
266.7 km(現道)
制定年 1953年指定(1970年延伸)
起点 山口県下関市
主な
経由都市
山口県長門市萩市
島根県益田市
広島県山県郡安芸太田町
終点 広島県広島市中区
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0009.svg国道9号
Japanese National Route Sign 0316.svg国道316号
Japanese National Route Sign 0262.svg国道262号
Japanese National Route Sign 0315.svg国道315号
Japanese National Route Sign 0186.svg国道186号
Japanese National Route Sign 0261.svg国道261号
Japanese National Route Sign 0054.svg国道54号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
海沿いを走る国道191号
広島県と島根県との県境付近
安佐北区内。国道261号交点の飯室交差点
終点の広島市役所前交差点

国道191号(こくどう191ごう)は、山口県下関市から島根県益田市を経由して広島県広島市に至る一般国道である。

概要[編集]

道路の性格としては、路線のほぼ中間の島根県益田市を境に大きく分かれる。

起点の下関市から益田市までは日本海沿いを走行しており、国道9号鳥取県岩美郡岩美町 - 益田市間)や国道178号(岩美町以東)と共に、山陰地方の各都市を連絡する性格を持つ。ほとんどの区間でJR山陰本線と並行(線路と併走する区間も多い)し、基本的に海岸沿いのルートを経由するが、部分的に峠越えの区間も存在する。山陰自動車道に並行する自動車専用道路である萩・三隅道路は国道191号のバイパスである。下関市豊浦町豊北町を中心とした区間には「西長門ブルーライン」[1]阿武町を中心とした萩市から益田市にかけての区間は「北長門コバルトライン」[2]の愛称がそれぞれある。

一方、益田市から終点の広島市までは匹見峡三段峡などの山間部を通過し、島根県石見地域・広島県北西部と広島市を結ぶ陰陽連絡路線としての性格が強い。この区間には沿線に八幡高原191などのスキー場が存在するなど中国地方でも降雪の多い区間を通過しており、山間部を中心に寒波が来ると度々路面凍結する。三段峡以南の太田川沿いの区間ではJR可部線が平行していたが、2003年に三段峡 - 可部間が廃止となり、国道191号経由の代替バスが運行されている。

広島市安佐北区可部以南では国道54号などと重複する。可部バイパス(一部)や祇園新道はこの重複区間の中にある。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[3][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

現行の道路法(昭和27年法律第180号)に基づく二級国道として1953年(昭和28年)に初回指定された路線のひとつである。国道指定当初は下関益田線として下関市から益田市までの路線であった[6]が、1970年(昭和45年)に益田市から広島市まで延伸し[7]、うち広島県山県郡加計町[注釈 5]から太田川に沿って広島市に至る区間は国道186号から編入している。

年表[編集]

  • 1953年昭和28年)5月18日
    二級国道191号下関益田線(下関市 - 益田市)として指定施行[6]
  • 1965年(昭和40年)4月1日
    道路法改正により一級・二級区分が廃止されて一般国道191号として指定施行[8]
  • 1970年(昭和45年)4月1日
    終点側を延伸し、一般国道191号(下関市 - 益田市 - 広島市)として指定施行[7]

路線状況[編集]

バイパス[編集]

重複区間[編集]

  • 国道186号(山県郡安芸太田町・戸河内IC入口交差点 - 山崎交差点)
  • 国道433号(山県郡安芸太田町津浪 - 安芸太田町坪野)
  • 国道261号(広島市安佐北区・飯室交差点 - 広島市安佐南区・緑井1丁目交差点)
  • 国道183号(広島市安佐北区・191分れ交差点 - 広島市安佐南区・緑井1丁目交差点)
  • 国道54号(広島市安佐北区・191分れ交差点 - 広島市中区・広島市役所前交差点)
  • 国道183号・国道261号(広島市中区・紙屋町交差点 - 広島市中区・広島市役所前交差点)

道路施設[編集]

主なトンネル
道の駅

事前通行規制区間[編集]

  • 山口県長門市三隅上 - 山口県萩市三見市:連続雨量150mmを超える場合通行止
  • 山口県阿武郡阿武町木与 - 山口県阿武郡阿武町宇田:連続雨量200mmを超える場合通行止
  • 山口県萩市三見市 - 山口県萩市山田:連続雨量250mmを超える場合通行止

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

  • 国道9号(下関市・下関駅西口交差点(起点)) 
  • 国道435号(下関市・特牛交差点) 
  • 国道491号(長門市・新大坊交差点) 
  • 国道316号(長門市・正明市交差点) 
  • 国道490号(萩市・木間入口交差点) 
  • 国道262号(萩市・警察署前交差点)
  • 国道315号(萩市・津田交差点)
  • 国道9号(益田市・中吉田町交差点) 
  • 国道186号(山県郡安芸太田町・戸河内IC入口交差点) 
  • 国道186号(安芸太田町・山崎交差点)
  • 国道433号(安芸太田町津浪)
  • 国道433号(安芸太田町坪野) 
  • 国道261号(広島市安佐北区・飯室交差点)
  • 広島自動車道 - 広島北IC(広島市安佐北区)
  • 国道54号(広島市安佐北区・安佐北区民文化センター入口交差点)
  • 国道54号(広島市安佐北区・191号分れ交差点)(国道54号重複 : 国道183号
  • 国道183号(広島市安佐南区・緑井1丁目交差点)(国道183号重複 : 国道261号)
  • 国道183号(広島市中区・紙屋町交差点)(国道183号重複 : 国道261号)
  • 国道2号(広島市中区・市役所前交差点(終点))

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ 2005年2月13日に下関市ほか4町が合併して下関市発足。
  3. ^ 2005年3月22日に長門市ほか3町が合併して長門市発足。
  4. ^ 2005年3月6日に萩市ほか2町4村が合併して萩市発足。
  5. ^ a b c 2004年10月1日に2町1村が合併して山県郡安芸太田町発足。
  6. ^ 2011年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ 下関観光ガイドブック (PDF)”. 下関市観光交流部観光政策課. p. 22. 2012年11月13日閲覧。
  2. ^ 中国とるぱ・北長門コバルトライン”. 国土交通省中国地方整備局. 2012年11月13日閲覧。
  3. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年11月13日閲覧。
  4. ^ 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2012. 国土交通省道路局. pp. 10-11. 2013年2月25日閲覧。
  5. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年11月13日閲覧。
  6. ^ a b ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  7. ^ a b 一般国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(昭和44年12月4日政令第280号)
  8. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]