NHK盛岡放送局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NHK盛岡放送局
NHK logo.svg
放送対象地域 岩手県
所在地 020-8555
盛岡市上田4丁目1-3
公式サイト
総合テレビ
コールサイン JOQG-DTV
デジタル親局 盛岡 14ch (キーID1)
Eテレ
コールサイン JOQC-DTV
デジタル親局 盛岡 13ch (キーID 2)
ラジオ第1
コールサイン JOQG
親局 盛岡 531kHz
ラジオ第2
コールサイン JOQC
親局 盛岡 1386kHz
FM
コールサイン JOQG-FM
親局 盛岡 83.1MHz
主な中継局
デジタルテレビ
#中継局参照
ラジオ
#ラジオ中継局参照
テンプレートを表示
NHK盛岡放送局

NHK盛岡放送局(エヌエイチケイもりおかほうそうきょく)は、岩手県放送対象地域とするNHKの地方放送局。テレビとラジオで県域放送を行っている。局舎は盛岡市の中心部からやや離れた盛岡市上田にある(岩手大学に近接)。

放送局概要[編集]

  • 開局 1938年8月7日
  • ラジオ第1放送(矢巾) 531kHz 10kW(コールサインJOQG)
  • ラジオ第2放送(矢巾)1386kHz 10kW(コールサインJOQC)
  • FM放送 83.1MHz 1kW(コールサインJOQG-FM)
  • オリジナルキャラクター 「かんすけどん」・「なはんちゃん」
矢巾ラジオ(第1・第2)放送所

地上デジタル放送[編集]

盛岡親局[編集]

IBC岩手放送と共用するデジタルテレビ送信所。手前がNHKアナログテレビ・FM、奥が共用デジタルテレビの送信塔
  • 2005年12月1日、紫波町新山から地上デジタル放送の本放送を開始した。
    • 総合テレビ 14ch リモコンキーID:1 JOQG-DTV 1kW
    • Eテレ 13ch リモコンキーID:2 JOQC-DTV 1kW
ワンセグは2006年4月-2007年3月4日までの試験放送時、アナログ・デジタル(12セグ)による盛岡送出のローカル番組放送中は仙台放送局送出のローカル番組に差し替えて放送していたが、2007年3月5日から、ワンセグでも盛岡送出のローカル番組を放送するようになった。

中継局[編集]

※主要局のみ掲載(以下同)
  • 二戸 総合23ch Eテレ21ch 100W
  • 一関 総合23ch Eテレ37ch 25W
  • 谷地山(滝沢市) 総合25ch Eテレ26ch 2W
  • 遠野 総合24ch Eテレ21ch 20W
  • 大槌新山 総合25ch Eテレ23ch 2W
  • 室根 総合51ch Eテレ49ch 3W
  • 宮古 総合14ch Eテレ13ch 20W
  • 久慈 総合32ch Eテレ13ch 3W
  • 大船渡 総合14ch Eテレ28ch 10W
  • 野田 総合33ch Eテレ31ch 1W
  • 西根松尾 総合25ch Eテレ26ch 2W
  • 釜石 総合14ch Eテレ13ch 30W
  • 大槌 総合14ch Eテレ13ch 1W

ラジオ中継局[編集]

ラジオ第1放送[編集]

  • 久慈 1341kHz 100W
  • 田野畑 1224kHz 100W
  • 岩泉 792kHz 100W
  • 宮古 1026kHz 100W
  • 山田 1323kHz 1kW
  • 遠野 1341kHz 100W
  • 釜石 846kHz 100W
  • 大船渡 576kHz 500W

ラジオ第2放送[編集]

  • 久慈 1539kHz 100W
  • 岩泉 1602kHz 100W
  • 宮古 1359kHz 100W
  • 釜石 1602kHz 100W
  • 大船渡 1359kHz 100W

FM放送[編集]

  • 安代田山 89.5MHz 3W(垂直偏波)
  • 一関 83.8MHz 10W(垂直偏波)
  • 岩泉 84.3MHz 30W
  • 岩手川崎 84.8MHz 3W
  • 大槌 83.6MHz 1W
  • 大船渡 84.3MHz 10W(垂直偏波)
  • 釜石 85.1MHz 100W
  • 釜石鈴子 81.4MHz 10W
  • 葛巻 89.9MHz 10W
  • 沢内 84.5MHz 10W
  • 種市 89.9MHz 10W
  • 遠野 84.5MHz 10W
  • 西根松尾 87.6MHz 1W
  • 二戸 84.9MHz 100W
  • 野田 85.5MHz 100W
  • 普代田野畑 86.5MHz 10W
  • 宮古 83.5MHz 100W
  • 室根 81.6MHz 10W
  • 山田 84.0MHz 1W
  • 湯田 83.6MHz 3W
  • 陸前高田 83.5MHz 10W(垂直偏波)
  • 陸中川井 88.3MHz 10W

電波事情[編集]

  • かつて第一放送のプログラムを盛岡実験局(JO8AD 530kc 10kW)と盛岡第一放送(JOQG 650kc→850kc 10kW)の二局で長年送信していた。後に盛岡実験局を廃止し、混信もなく受信状態の良い530kc を第一放送として使用するようになった。1978年11月23日国際協定時刻午前0時から現在の9kHz間隔となり、現在は531KHz 10kW で送信している。
  • 第二放送(1220kc→1390kc→1386kHz 10kW)は、昼間は良好に受信できるが、夜間は県外からの混信のため不安定になる。札幌第二放送(747KHz 500KW)か秋田第二放送(774kHz 500kW)が良好に受信できる。
  • 青森県八戸市周辺ではテレビ(総合〈アナログ5ch・デジタル23ch〉、教育〈アナログ12ch・デジタル21ch〉)、FM(84.9MHz)ともに二戸局が受信可能。

報道室・通信部[編集]

報道室
  • 釜石
  • 宮古
  • 久慈(2009年4月開所)
通信部
  • 大船渡
  • 一関
  • 二戸

情報カメラ[編集]

  • 盛岡1(会館鉄塔)HD
  • 盛岡2(開運橋を望むマンション屋上)HD
  • 盛岡3(盛岡駅前)SD
  • 花巻空港(ターミナルビル屋上)HD
  • 宮古 HD
  • 釜石 HD
  • 大船渡 HD
  • 久慈(2009年4月の報道室開所とともに設置)HD
  • 二戸 SD
  • 八幡平市・安比高原スキー場(ホテル安比グランド屋上)HD

主な盛岡局制作番組[編集]

※1997年放送開始。岩手県内ニュースのほかにも、映画情報など、生活に密着した内容が織り込まれている。
※当局以外の地域のEテレでは『ピタゴラスイッチ・ミニ』(8:40 - 8:45)、『プチプチ・アニメ』(16:15 - 16:20)を放送。スポーツ中継以外では珍しくEテレ内での独自編成を行っている。

アナウンサー・キャスター[編集]

アナウンサー[編集]

キャスター[編集]

東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)発生時の対応など[編集]

  • 盛岡放送局では東北ブロック向けの放送とは別に、今回の震災で発生した大津波などの影響で県外で避難する生活を送っている岩手県同胞のために、テレビの県内向け昼12時台と夕方18時台のローカルニュース番組[1]と、ラジオの県内向け日中のローカルニュースを配信するサービスを提供してきた。なお、平日は朝から中山準之助アナが20:45-21:00「県内ローカルニュースと天気予報」の枠までほぼ全てを一人で担当。土・日・祝日に中継現場に出ることもあり、岩手県内の視聴者から働き過ぎではという心配の声とともに励ましや感謝も多数寄せられた。
  • 2011年3月11日における東日本大震災発生時及び、4月7日余震発生時に、停電によりラジオ第1・第2放送ともに30分以上停波するトラブルがあった。
  • なお、現在、被災者の証言などまとめた「被災者の証言・あの日あの時」を「おばんですいわて」内で放送している。なお、「被災者の証言・あの日あの時」は、正午のニュース後の仙台からの「震災ニュース」でも2012年3月30日まで放送していた。[2]

NHKの隣接放送局・支局[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 通常の「おばんですいわて」は2011年3月一杯まで18時からの全国ニュース枠が拡大されているため基本的には放送休止となっていたが、震災後の翌週は18:10-19:00。その後の平日は東北ブロック向け参加直後にローカル放送を始め18:25頃-19:00という編成でいずれも「おばんですいわて」キャスターの中山準之助アナが一人で担当し続けた。土・日・祝日は18:45-19:00「県内ローカルニュースと天気予報」に縮小。
  2. ^ 証言・あの日あの時 - 現在は「おばんですいわて」内などで放送。

岩手県内の民間放送局[編集]

外部リンク[編集]