国道424号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道424号
一般国道

国道424号標識

国道424号
総距離 132.2 km(総延長)
119.1 km(実延長)
107.1 km(現道)
制定年 1982年指定
起点 和歌山県田辺市
主な
経由都市
和歌山県有田郡有田川町
終点 和歌山県紀の川市
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0042.svg国道42号
Japanese National Route Sign 0425.svg国道425号
Japanese National Route Sign 0480.svg国道480号
Japanese National Route Sign 0370.svg国道370号
Japanese National Route Sign 0024.svg国道24号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

国道424号(こくどう424ごう)は、和歌山県田辺市から同県紀の川市に至る一般国道である。

概要[編集]

全線にわたり内陸の山間部を縫うように走っている。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。政令上の終点は和歌山県那賀郡打田町となっているが、合併に伴い、現在は紀の川市となっている。

歴史[編集]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

  • 和歌山県田辺市(稲成町交差点) - 同県日高郡みなべ町(みなべ交差点):国道42号
  • 和歌山県田辺市龍神村福井上平 - 同村小家谷口:国道425号
  • 和歌山県有田郡有田川町金屋 - 同町中井原:国道480号
  • 和歌山県海南市沖野々:国道370号

道路改良[編集]

紀伊半島の国道の中では比較的整備が進んでいるが、海南市内などにはまだ離合困難な区間が残っている。

※以下、路線の全区間が和歌山県内にあるため起終点住所は県名を省略する。

主な改良区間[編集]

主なバイパスなど、道路改良がなされた主な供用・事業中・計画区間は以下のとおり。

  • 南部川谷拡幅(みなべがわたにかくふく)[6]
日高郡みなべ町西本庄と同町嶋之瀬を結ぶ全長5.1kmの区間で事業中のバイパスおよび現道拡幅事業である。この事業により、当国道のなかでも道路状況の悪いみなべ町内の区間の改善が企図されている。両側2車線。
  • 清川工区(きよかわこうく)
  • 福井バイパス[7]
国道425号の道路改良の一環として事業化された。2010年8月28日に全区間供用開始[8]。バイパス途中で国道425号と分岐するため、国道424号に該当するのは甲斐ノ川地区側の0.3kmとなる。
  • 甲斐ノ川(かいのがわ)バイパス
田辺市龍神村福井と同村甲斐ノ川を結ぶ全長2.0kmの道路。1997年、供用を開始した。なお、同区間は国道425号・県道29号田辺龍神線との重複区間となっている。
  • 滝頭拡幅(たきがしらかくふく)[9]
日高郡日高川町初湯川と同町熊野川を結ぶ全長3.5km区間のバイパスおよび現道拡幅事業である。両側2車線[要出典]
  • 美山金屋(みやまかなや)バイパス
日高郡日高川町弥谷と有田郡有田川町宇井苔を結ぶ全長5.5kmの道路。両側2車線。1993年8月に白馬トンネル(後述)が供用され、1994年5月30日に全線の供用を開始した。
  • 修理川(しゅりがわ)バイパス[10]
有田郡有田川町宇井苔と同町修理川を結ぶ全長3.6kmの道路。両側2車線。1996年度に事業開始され、2009年10月11日に全線の供用を開始した[11]
バイパスが整備された区間は、1車線で幅員が狭くカーブが続いていたが、バイパスの開通により距離が約800m短くなり、阪和自動車道有田ICと龍神などの和歌山県の主要な観光地とのアクセスが向上したため、観光振興が期待されている[12]
  • 金屋バイパス
有田郡有田川町徳田と同町中野を結ぶ全長1.9kmの道路。両側2車線。2000年に全線の供用を開始した。
  • 有原拡幅
有田郡有田川町有原地区内の道路を拡幅する全長0.8kmの道路。両側2車線。
  • 西ヶ峯上谷拡幅
有田郡有田川町西ヶ峯と海南市上谷を結ぶ全長9.3kmの道路。両側2車線。2010年現在、一部区間のみ供用されている。
  • 木津バイパス
海南市沖野々と海南市木津を結ぶ全長0.8kmの道路。幅員7m・両側2車線。事業計画中。
  • 原野(はらの)バイパス
  • 桃山(ももやま)バイパス
紀の川市桃山町調月と同町市場を結ぶ全長3.3kmの道路。両側2車線。1991年6月21日に全線の供用を開始した。
  • 打田桃山(うちだももやま)バイパス
紀の川市竹房と同市桃山町元を結ぶ全長1.3kmの道路。両側2車線。2005年6月に全線の供用を開始した。

道路施設[編集]

トンネル[編集]

甲斐ノ川トンネル
甲斐ノ川トンネル(かいのがわトンネル)は、田辺市龍神村福井と同市龍神村甲斐ノ川を結ぶ。全長不明、幅員不明、両側2車線。1996年に完成し、甲斐ノ川バイパスの一部として供用されている。
白馬トンネル
白馬トンネル(しらまトンネル)は、日高郡日高川町と有田郡有田川町とを結ぶ。全長1,892m、幅員8.50m(車道6.5m)、両側2車線。1993年に完成し、美山金屋バイパスの一部として供用されている。なお、全長は県内で5位である[13]

道の駅[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

(右の「表示」を押す)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b 2005年11月7日に5町が合併して紀の川市発足。
  3. ^ 2005年5月1日に田辺市ほか2町2村が合併して田辺市発足。
  4. ^ 2006年1月1日に3町が合併して有田郡有田川町発足。
  5. ^ 2012年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2014年1月26日閲覧。
  2. ^ 2004年10月1日に1町1村が合併して日高郡みなべ町発足。
  3. ^ 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2013. 国土交通省道路局. pp. 24. 2014年1月26日閲覧。
  4. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2014年1月26日閲覧。
  5. ^ 一般国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(昭和56年4月30日政令第153号)”. 法庫. 2014年1月26日閲覧。
  6. ^ 再評価結果(平成21年度事業継続箇所) (PDF)”. 平成20年度再評価(平成21年度予算)結果個別道路事業の評価. 国土交通省. 2010年2月14日閲覧。
  7. ^ 一般国道425号 福井バイパス - 和歌山県(2010年8月31日閲覧)
  8. ^ 一般国道425号『福井バイパス』の供用開始 (PDF) - 和歌山県
  9. ^ 平成19年度 道路関係予算(直轄・補助)の概要 - 近畿地方整備局(2010年2月26日閲覧)
  10. ^ 一般国道424号 修理川バイパス - 和歌山県(2011年4月16日閲覧)
  11. ^ 一般国道424号『修理川バイパス』の供用開始 (PDF) - 和歌山県(2011年4月17日閲覧)
  12. ^ 国道424号 修理川バイパス(有田川町)開通 - 紀伊民報(2011年4月17日閲覧)
  13. ^ 県内の橋梁、トンネル(和歌山県の道路の現状) - 和歌山県情報館(和歌山県)

関連項目[編集]