国道462号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道462号
一般国道

国道462号標識

国道462号
総距離 114.6 km
制定年 1993年
起点 長野県佐久市
主な
経由都市
長野県佐久市
群馬県藤岡市
埼玉県本庄市
群馬県伊勢崎市
終点 群馬県伊勢崎市
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
神流町役場付近(2009年10月)
国道462号と神流川(2009年10月)

国道462号(こくどう462ごう)は、長野県佐久市から群馬県伊勢崎市へと至る一般国道である。

1993年に新設された国道で、設置に伴い群馬県道八斗島今泉線が消滅した。現段階では既存の道路をつなげ合わせたような感があるが、新道の建設も進められている。それに伴い群馬県伊勢崎市内と埼玉県本庄市内で経路変更が行われている。

起点以降、十石峠を越え群馬県多野郡神流町までは国道299号などとの重複区間であるが、群馬県多野郡上野村に入るまで国道462号はその標識すらないため、特に長野県においてはそこが国道462号であると認識するのは困難である。また、神流町から藤岡市に至る区間のほとんどは神流川および神流湖を沿うように通過している。曲線がきついところも多々あるが、神流町から藤岡市にかけての神流湖沿いは曲線の改良が一部区間ですすめられている。藤岡市(旧・鬼石町域東側)から本庄市を経て終点伊勢崎市までは関東平野の比較的平坦な道のりとなる。

伊勢崎市と本庄市の境界にある利根川を越える坂東大橋は、2004年3月6日、片側2車線の新坂東大橋が開通し、それまで慢性化していた橋付近の渋滞が緩和された。旧坂東大橋(1931年6月15日開通)はその役割を終え、同年秋より約2年半かけて解体され、部材の一部が伊勢崎市側においてモニュメントとして保存されている。

概要[編集]

重複区間[編集]

  • 長野県佐久市(起点)~長野県南佐久郡佐久穂町(千曲病院入口交差点):国道141号
  • 長野県南佐久郡佐久穂町(千曲病院入口交差点)~群馬県多野郡神流町神ヶ原:国道299号
  • 埼玉県本庄市児玉町児玉~埼玉県本庄市児玉町八幡山 :国道254号(児玉バイパス旧道区間内)

通過する市町村[編集]

交差する高速道路[編集]

交差する国道[編集]

道の駅[編集]

関連項目[編集]