国道171号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道171号
一般国道

国道171号標識

国道171号
路線延長 69.1 km(総延長)
54.9 km(実延長)
52.9 km(現道)
制定年 1953年指定
起点 京都府京都市南区
主な
経由都市
大阪府高槻市池田市
兵庫県西宮市
終点 兵庫県神戸市中央区
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0001.svg国道1号
Japanese National Route Sign 0478.svg国道478号
Japanese National Route Sign 0170.svg国道170号
Japanese National Route Sign 0423.svg国道423号
Japanese National Route Sign 0176.svg国道176号
Japanese National Route Sign 0002.svg国道2号
Japanese National Route Sign 0043.svg国道43号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
京都府京都市南区四ツ塚町
国道171号大阪外環状線(茨木市内)
兵庫県西宮市 札場筋交差点付近

国道171号(こくどう171ごう)は、京都府京都市から兵庫県神戸市に至る一般国道である。

概要[編集]

大阪府高槻市茨木市箕面市などを経由し、阪大坂下をはじめ大阪府池田市の複数箇所で国道176号と交差し、猪名川を渡って兵庫県伊丹市へ至り、西宮市を経て神戸市へ至る。兵庫県西宮市から神戸市までは国道2号との重複区間である。全線が国土交通省直轄指定区間である。 京阪神地域では、「西国街道」、「イナイチ」と通称されている。

高槻市(八丁畷交差点:国道170号との交点)から池田市(新開橋交差点)に至る北摂地域の区間は国道170号とともに大阪外環状線を構成する。ただし、1980年頃までは国道171号の該当区間にも「大阪外環状線」の名称板が表示されていたが、交通情報などではもっぱら国道170号新線(バイパス)を「大阪外環状線」と称しており、国道171号を「大阪外環状線」と表示するのはごく一部の地図のみとなっている。 なお、池田市内には新道(池田バイパス)と旧道の2本がある(北側が新道、南側が旧道)。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

京都と神戸とを結ぶ道は古代の山陽道にまで遡り、近世以降は西国街道と呼ばれた。どちらも、京都から大阪を経由せずに直接神戸に向かっていた。明治18年内務省告示第6号「國道表」にて指定された国道3号「東京より神戸港に達する路線」(現在の国道1号・2号相当)も、西国街道のルートをそのまま引き継いでいた。大正9年施行の旧道路法に基づく路線認定で、国道2号「東京市より鹿児島県庁所在地に達する路線(甲)」は大阪を経由するようになり、京都から直接神戸に向かうルートは一旦国道から外された。 

年表[編集]

路線状況[編集]

茨木市畑田から東は、元々は昭和初期に大阪府道・京都府道14号大阪高槻京都線と指定されていた区間である。それより西の区間は、おおむね昭和40年代以降に整備されており、工事・供用時期は名神高速道路のほうが古い。また、東の区間も名神高速道路の建設時に平行して再整備され、これらの区間は名神高速道路を縫うようにジグザグに通っている。

国道指定された当時は整備されている部類の路線であったが、茨木市畑田 - 高槻市井尻の区間は交通量の割に走行レーンが狭く、右折用のポケットが設けられていない交差点やセパレート信号がない交差点も多い。

また、大阪府内の全区間と兵庫県内の大部分の区間は中央分離帯がないために、道路沿いの店舗へ右折進入しようとする自動車も多い。右折車が右側レーンに現れると後続車がどんどん左のレーンに移り、交差点を過ぎると左側レーンから右側レーンに移る、という繰り返しが発生しているような状況で、この区間を一定のペースを保って走行するのは難しい。

この区間は実質的に整備度で劣り、走行上の難度も結構高い。沿線で暮らす人々の間では、運転免許を取得して間もない初心者に対して「イナイチをすんなり走れるようになったら一人前」という言葉がしばしばかけられる。それを如実に示すように、若葉マークを付けた車が流れに追従できず「うずくまっている」ような場面が散見される。

この区間は道路沿いに事業所が多数あり、また「ファミレス街道」との俗称もあるほど商業施設が連なっていることから、拡幅など改良工事が実施される見込みはほとんどない。注意深く運転すべき区間である。なお、高槻市井尻に府道14号のバイパス路線が接続される予定である。

一方で箕面市から伊丹市にかけての区間は立体交差の区間や立体交差化された交差点も多く、最高速度も60km/hで快適に走行できる(ただし国道423号(いわゆる新御堂筋)と交差する萱野交差点や、伊丹市の大鹿交差点などは渋滞の名所)。京都府内の区間も整備度がよいが、最高速度の50km/hを超えて走行する自動車があり、随所で速度違反の取り締まりが実施されている。大山崎ジャンクションからアクセスできる京滋バイパス国道478号洛南連絡道路油小路通第二京阪道路阪神高速8号京都線の供用開始以後は国道1号国道24号などとの連絡がよくなり、各路線に交通が分散されて京都市南区での慢性的な渋滞は緩和された。

大阪府内でも対策として大阪府道14号大阪高槻京都線バイパス(十三高槻線)の整備が進んでいる。

バイパス[編集]

国道171号池田バイパス(池田市・新開橋交差点の北)
池田バイパス
池田(いけだ)バイパスは、箕面市瀬川3丁目から池田市豊島南2丁目に至るバイパス道路である。高度経済成長による自動車交通の増加に対応するため、また1970年(昭和45年)に開催される大阪万博のアクセス道路のひとつとして[6]、1960年代後半に「都市計画道路京都神戸線」の一部区間として事業化され、1970年(昭和45年)3月に完成、供用開始された[7]
国道176号との交点である石橋阪大下交差点や阪急宝塚線石橋駅周辺を迂回しており、旧道は国道のままとなっているが、一部区間(豊島南1丁目交差点から新開橋交差点)は国道指定が解除されている。

通称[編集]

  • 大阪外環状線
    池田市新開橋交差点 - 高槻市八丁畷交差点。(八丁畷より先は国道170号で東大阪・泉佐野方面)
  • イナイチ
  • 西国街道 旧・西国街道とほぼ平行しているため。
  • 京神国道 (池田市内の旧道は除く)
  • 京都市内の区間では以下の名称で呼ばれる部分がある。

重複区間[編集]

単独区間は25.8km[要出典]と少なく、京阪間、阪神間の主要道と大半が重複しているのが特徴である。

交通量[編集]

2005年度(平成17年度道路交通センサスより)
平日24時間交通量(台)

  • 京都府京都市南区久世中久世3丁目:50,225[8]
  • 京都府乙訓郡大山崎町字下植野:43,003[8]
  • 京都府乙訓郡大山崎町大山崎字茶屋前:43,862[8]
  • 大阪府高槻市幸町:38,866[9]
  • 兵庫県伊丹市千僧3丁目:48,429[10]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

路線バス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ 2012年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年9月29日閲覧。
  2. ^ 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2013. 国土交通省道路局. p. 9. 2014年10月29日閲覧。
  3. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年9月29日閲覧。
  4. ^ ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  5. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)
  6. ^ 大阪国道事務所の歴史”. 国土交通省近畿地方整備局大阪国道事務所. 2012年10月9日閲覧。
  7. ^ 事務所の沿革”. 国土交通省近畿地方整備局浪速国道事務所. 2012年10月9日閲覧。
  8. ^ a b c 平日24時間交通量(平成17年度道路交通センサス) - 国土交通省
  9. ^ 平日24時間交通量(平成17年度道路交通センサス) - 国土交通省
  10. ^ 平日24時間交通量(平成17年度道路交通センサス) - 国土交通省

関連項目[編集]

外部リンク[編集]