国道238号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道238号
一般国道

国道238号標識

国道238号
路線延長 319.7 km(総延長)
319.6 km(実延長・現道)
制定年 1953年指定
起点 北海道網走市
主な
経由都市
北海道紋別市枝幸郡浜頓別町
終点 北海道稚内市
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0039.svg国道39号
Japanese National Route Sign 0242.svg国道242号
Japanese National Route Sign 0273.svg国道273号
Japanese National Route Sign 0239.svg国道239号
Japanese National Route Sign 0275.svg国道275号
Japanese National Route Sign 0039.svg国道40号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
猿払村付近。オホーツク海を望みながら走る
稚内市東浦付近

国道238号(こくどう238ごう)は、北海道網走市から稚内市に至る一般国道である。

概要[編集]

起点から終点までほぼ全線に亘ってオホーツク海沿岸のコースをとり、終点の稚内市では日本最北端の地の碑が設置されている宗谷岬を通過する[1][2]

かつては湧網線名寄本線興浜南線興浜北線天北線の各鉄道路線と並行していたが、1989年(平成元年)までに全廃されたため、以降は並行する鉄道路線は存在しない。バスターミナルや記念公園、モニュメントなどといった形でその名残を沿道で見ることができる。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[3][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

路線状況[編集]

2012年ごろ、紋別市の農民が、「道を広げてほしい」という要望があり、2013年から4車線化着工をしている。同年5月現在、沼の上付近から小向付近にかけて盛土をしている。 また、以前は、両側あわせて1車線分の幅しかない区間があった。

通称[編集]

  • 大曲中央通(網走市内)
  • オホーツクライン
  • オホーツク国道[8]
  • 宗谷国道[9]

バイパス[編集]

  • 常呂バイパス
  • 紋別バイパス
  • 枝幸バイパス

重複区間[編集]

道路施設[編集]

トンネル[編集]

橋梁[編集]

  • 湧別大橋 1956年竣工
  • 芭露橋 1961年竣工

道の駅[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

(右の「表示」を押す)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ 2009年10月5日に2町が合併して紋別郡湧別町発足。
  3. ^ 2011年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ 日本最北端の地の碑”. 稚内観光協会. 2013年6月22日閲覧。
  2. ^ 昭文社 2006, p. 58.
  3. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2013年6月22日閲覧。
  4. ^ 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2012. 国土交通省道路局. p. 13. 2013年6月22日閲覧。
  5. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2013年6月22日閲覧。
  6. ^ ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  7. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)
  8. ^ 昭文社 2006, pp. 48, 53, 55.
  9. ^ 昭文社 2006, pp. 57-58.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]