国道27号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道27号
一般国道

国道27号標識

国道27号
陸上距離 139.2 km
海上距離 指定なし
制定年 1952年
起点 福井県敦賀市
主な
経由都市
小浜市舞鶴市綾部市
終点 京都府船井郡京丹波町
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0008.svg国道8号
Japanese National Route Sign 0161.svg国道161号
Japanese National Route Sign 0162.svg国道162号
Japanese National Route Sign 0303.svg国道303号
Japanese National Route Sign 0175.svg国道175号
Japanese National Route Sign 0177.svg国道177号
Japanese National Route Sign 0173.svg国道173号
Japanese National Route Sign 0009.svg国道9号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
接続路線
ABZq+lr
国道8号敦賀バイパス
mKRZu
北陸本線小浜線
KRZ KRZ
国道8号
STR STR
左:福井県道225号(国道27号旧道)
STR STR
右:国道27号金山バイパス
STRlf KRZ STRlg
STRrg KRZ STRrf
TUNNELa STR
右:美浜東バイパス
mtKRZ mKRZo
小浜線
TUNNELe TUNNEL1
STRlf ABZlg
TEEr
国道162号
TEEl
国道303号
KRZh
舞鶴若狭自動車道
TEEl
国道162号
TEEr
国道162号
utSTRlf mKRZt uTUNNELru
小浜線
TUNNEL1
TEEl TEEr
舞鶴若狭自動車道、小浜西IC
uTUNNELlu mKRZt
小浜線
mKRZo
小浜線
KRZ STRlg
左:国道177号
STRq STRrf STR
左:国道175号
mKRZo
北近畿タンゴ鉄道宮津線
TEEl TEEr
舞鶴若狭自動車道、舞鶴西IC
mKRZu
舞鶴線
KRZh
舞鶴若狭自動車道
TBHF
京都縦貫自動車道綾部安国寺IC
TEEr
国道173号
TEEl
京都縦貫自動車道、京丹波わちIC
STRrg ABZrf
STR STR
右:下山バイパス
mKRZu mKRZo
山陰本線
STRlf ABZlg
STRq ABZ3lf
国道9号
松島交差点より西を望む - 京都府舞鶴市

国道27号(こくどう27ごう)は、福井県敦賀市から京都府船井郡京丹波町へ至る一般国道である。

概要[編集]

若狭湾沿岸を走り、嶺南丹波地方を結ぶ。旧一級国道にしては珍しく、終点の自治体が郡部である(他には国道37号起点の長万部町のみ)。「北陸と山陰の架け橋」としての機能を果たしている。

太平洋ルートより渋滞が少ない事から、九州・四国・中国と北陸・東北・北海道を往復する大型長距離トラック・トレーラも(国道7号国道8号国道9号国道29号国道46号国道53号国道54号国道176号国道178号国道191号国道312号国道313号等と併せ)当線をよく利用している[要出典]

現在、国道27号に沿って京都縦貫自動車道丹波綾部道路)が建設中である。

1995年1月17日早朝に発生した阪神・淡路大震災で、名神高速道路の末端部分などが通行不能となったことから迂回路として使用され、大型車両などが集中した。

歴史[編集]

国道27号の起源は、1904年(明治37年)3月4日に「國道表」に追加された国道53号「舞鶴鎮守府と第九師団とを拘聯する路線」である。第九師団は金沢に置かれたので、この路線は現8号と重複して舞鶴と金沢とを結ぶ路線ということになる。ただし、現8号に相当する当時の国道18号は現365号のルートを通っていたので、重複区間は武生からである。京都方面との連絡は、福知山を経由する国道52号「東京より舞鶴鎮守府に達する路線」(現1号、9号、175号経由)によっており、現27号の京丹波町 - 舞鶴市間は国道になっていない。

1920年(大正9年)施行の旧道路法に基づく路線認定で、旧53号は起点を東京とする国道35号「東京市より舞鶴鎮守府所在地(京都府加佐郡中舞鶴町)に達する路線(乙)」(現1号、8号、敦賀で分岐)となった。なお、「(甲)」は旧52号の国道34号である。

1952年(昭和27年)12月4日、新道路法に基づく路線指定で、旧35号の単独区間に舞鶴市 - 船井郡須知町間を加え、一級国道27号(福井県敦賀市 - 京都府船井郡須知町(現 船井郡京丹波町))として指定された。1965年4月1日に、道路法改正によって一級・二級の別がなくなり一般国道27号となった。

重複区間[編集]

  • 国道162号:福井県敦賀市(坂ノ下ランプ) - 福井県三方上中郡若狭町(三方交差点)、福井県小浜市和久里(湯岡橋東詰交差点) - 福井県小浜市湯岡(湯岡交差点)

通過市町村[編集]

接続路線[編集]

  • 福井県
    • 国道8号敦賀バイパス(敦賀市・坂ノ下ランプ起点)
    • 国道161号(敦賀市・岡山町1丁目交差点)
    • 国道162号(敦賀市・坂ノ下ランプ起点 -(重複)- 三方上中郡若狭町・三方交差点)
    • 国道8号(敦賀市・岡山町1丁目交差点)
    • 舞鶴若狭自動車道 若狭美浜IC(三方郡美浜町・美浜東バイパス部)
    • 舞鶴若狭自動車道 若狭三方IC(三方上中郡若狭町)
    • 国道303号(※国道303号重複=国道367号)(三方上中郡若狭町・三宅交差点)
    • 国道162号(小浜市・湯岡橋東詰交差点 -(重複)- 湯岡交差点)
    • 舞鶴若狭自動車道 小浜西IC(小浜市)

バイパス[編集]

別名[編集]

  • 丹越国道
  • 大門通り(舞鶴市市場〜北吸)

主な峠[編集]

  • 吉坂峠(標高86m):福井県大飯郡高浜町 - 京都府舞鶴市
  • 倉見峠(標高120m):福井県三方上中郡若狭町
  • 椿峠(標高102m):福井県三方郡美浜町

道の駅[編集]

その他[編集]

福井県道は27号が欠番になっている。

小浜市と綾部市の間は、福井県道・京都府道1号小浜綾部線経由のルートがより短い距離となる。

美浜東バイパス佐柿ランプを降り右折し町道を通過し国道27号線を左折し坂尻交差点から若狭広域農道(通称「若狭梅街道」)が若狭町大鳥羽までおおむね並行しているほか、小浜市東市場交差点から若狭西部広域農道(通称「若狭西街道」)が高浜町園部交差点までおおむね並行しており、これらの道路などは国道27号を補完する役割を担っている[要出典]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]