小浜線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JR logo (white).svg 小浜線
若狭本郷駅に停車中の125系電車
若狭本郷駅に停車中の125系電車
路線総延長 84.3 km
軌間 1067 mm
電圧 1500 V(直流
最高速度 85 km/h

小浜線(おばません)は、福井県敦賀市敦賀駅から京都府舞鶴市東舞鶴駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線地方交通線)である。

正式な起点は敦賀駅だが、列車運行上は東舞鶴駅から敦賀駅へ向かう列車が下り、逆方向が上りとなっている。これは、敦賀駅で接続する北陸本線や東舞鶴駅で接続する舞鶴線と方向をあわせたためである。

概要[編集]

若狭湾に沿って敦賀市・小浜市・舞鶴市の各都市を結んでおり、沿線には海水浴場が多く、三方五湖や名勝蘇洞門、国宝明通寺若狭彦神社などの社寺といった観光地を控えていることから行楽・観光路線となっているが、沿線の通学路線としても利用されている。

近年、都市間輸送については大阪市内を発着する近鉄バス福井鉄道の高速バス(わかさライナー)や、近江今津駅新快速に接続する若江線西日本JRバス)に対し、利便性などの差があるため劣勢となっている[1]

各駅にはワンマン列車用のほか、車椅子専用の乗車位置が別途に設けられているが、これは2003年末に125系の座席増設改造を行ったことで車椅子での車内移動が困難になったための措置である[2]

福知山支社が管轄する東舞鶴駅を除いて、金沢支社敦賀地域鉄道部が管轄している[3]

路線データ[編集]

  • 管轄(事業種別):西日本旅客鉄道(第一種鉄道事業者
  • 路線距離(営業キロ):84.3km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:24駅(起終点駅含む)
    • 小浜線所属駅に限定した場合、北陸本線の敦賀駅と舞鶴線所属の東舞鶴駅が除外され[4]、22駅となる[5]
  • 複線区間:なし(全線単線)
  • 電化区間:全線(直流1500V
  • 閉塞方式:特殊自動閉塞式(軌道回路検知式)
  • 最高速度:85km/h

沿線概況[編集]

敦賀駅 - 小浜駅間[編集]

北陸本線と接続する敦賀駅では基本的に一番西端の1・2番線に発着し、発車後すぐ単線に変わり、しばらく北陸本線と並走する。ここから場所によっては目下建設中の舞鶴若狭自動車道の高架や築堤が現れる。そしてやがて市街地を外れ、北陸本線と別れた後に右へ緩くカーブを描き、県立敦賀工業高校の最寄り駅である西敦賀駅に着くが、同駅到着前の進行方向左手には北陸本線の上り線(鳩原ループ)が高い位置を通っている。西敦賀駅出発後黒河川橋梁を渡り、次第に山間部へと入っていくこと左へ右へカーブを描きながら西進した後、島式ホーム1面2線で交換可能な粟野駅に着く。

粟野駅を出て左へカーブを描き、ほどなく進むと進行方向右手から福井県道225号が寄り添い、しばらく並走する。そして並走しなくなると小浜線は再び左へカーブを描き、最初の佐田トンネルを抜け、さらに右へ緩くカーブを描いて東美浜駅に差し掛かる。同駅到着前には進行方向右手に国道27号美浜東バイパスもやや離れた位置に現れる。同駅を出てほどなく進み、右へカーブを描き始めたところで先ほどの美浜東バイパスをアンダークロスし、山上・腰越の両トンネルを抜け、さらに左へ右へカーブを描きながら勾配を駆け下りると耳川を渡り、相対式ホーム2面2線の美浜駅に着く。ここからは国道27号に加え、小浜線よりも海側を走る若狭梅街道とも並走する。同駅を出るとほぼ視界も開けた田園地帯の中を進み、次いで三方五湖の一つである久々子湖が車窓右手に見え始めると左へ緩くカーブを描き、美浜町若狭町の境目を抜けるとすぐに県立美方高校の最寄り駅である気山駅に着く。

小浜駅 - 東舞鶴駅間[編集]

小浜駅を出発すると、大小2つのトンネルを抜け、2本目を抜けると進行方向右手に若狭湾が見える。そして国道27号と並走しながらほぼ直進した後、勢浜駅に着く。

運行形態[編集]

優等列車は運転されておらず、普通列車のみが運転されており、普通列車はおおむね1 - 2時間に1本程度(3時間ほど開く時間帯あり)で、一部をのぞきワンマン運転を実施している。原則全線直通を基本とするが、日中の1往復と早朝・夜間には小浜駅を始発・終着とする列車もある。一部の列車が舞鶴線西舞鶴駅を始発としているが、2006年10月20日までは舞鶴線・山陰本線と直通運転を行い綾部駅福知山駅に乗り入れる列車もあった。一方、昭和30年代後半に相次いで開業した西敦賀駅東美浜駅気山駅藤井駅若狭有田駅勢浜駅および三松駅は利用者が僅少であったこともあり、1990年代後半までは普通列車でも通過する列車が何本かあった。2007年3月18日から敦賀発の最終列車が快速列車として運行されていたが、2009年3月14日のダイヤ改正で普通に変更され、快速時代の通過駅における利便の改善が図られた[6]

臨時列車[編集]

海水浴シーズンには大阪・京都方面から臨時列車が多数乗り入れており、2007年度までは京都駅 - 東舞鶴駅間の特急「まいづる」が小浜駅まで臨時に延長運転されていたことがあった[7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18]

また、名古屋方面からも急行「エメラルド」が設定されていた。

毎年8月上旬、若狭本郷駅近傍ではスーパー大火勢というイベントが開催されるため、開催当日は通常ダイヤに加え、花火終了後を中心に「スーパー大火勢」と称した臨時列車が運転される[19]

テレビ放映にともなう列車[編集]

2007年10月から2008年3月まで、沿線を舞台とした連続テレビ小説ちりとてちん』が放送されたことにより観光客の増加が見込まれたため、放送期間中の土曜・休日のみ敦賀発東舞鶴行と東舞鶴発小浜行(小浜駅から敦賀行き定期列車)の快速や、小浜発若狭高浜行(敦賀発定期列車の延長)、若狭高浜発敦賀行の普通が運転され、放送終了後の同年4月以降も小浜発若狭高浜行をのぞく3本が6月1日までの土曜・休日限定で運行が継続された(ただし、若狭高浜発敦賀行の列車は小浜発敦賀行になった)。また、2009年も4月4日から11月3日までの土曜・休日限定で同様の臨時列車が運行された。

2011年は大河ドラマ江〜姫たちの戦国〜』のなかで、の姉であるのゆかりの地であることから、3月19日から同様に臨時列車が運転されている[20][21]

快速の停車駅
上り:敦賀駅 - 粟野駅 - 美浜駅 - 三方駅 - 十村駅 - 上中駅 - 東小浜駅 - 小浜駅 …(この間は各駅に停車)… 東舞鶴駅
下り:東舞鶴駅 - 若狭高浜駅 - 若狭本郷駅 - 小浜駅

なお快速列車の運転については、設定の前年に当たる2006年11月12日に小浜市が社会実験として「わかさ路快速」の試験運行が団体列車扱いで実施されている[22]。小浜駅 → 長浜駅間と逆方向の運行ではあったが、試験運行時に設定された小浜駅 - 敦賀駅間の所要時間は現在の臨時快速列車と同じ52分であった(途中停車駅は上中駅・三方駅・美浜駅・敦賀駅)。

ウォーキングイベントによる列車[編集]

毎年5月に開催される(2009年のみ秋に開催された)ウォーキングイベント「若狭・三方五湖ツーデーマーチ」の開催当日は、「若狭・三方五湖ツーデーマーチ」が敦賀発小浜行き1本(2号)と午後に小浜発敦賀行き3本(1・3・5号)が運転される。小浜線直流電化後の2003年以降は列車増発による車両不足のための応援として、113系4両編成が小浜線に入線していた。2011年は113系に代わって敦賀地域鉄道部所属の521系の4両編成で運転された[23]

電化前の運行形態[編集]

急行「はしだて」(舞鶴線西舞鶴駅 1988年)

1922年全線開通当初は、敦賀駅 - 小浜駅間と小浜駅 - 新舞鶴駅(現在の東舞鶴駅)間でそれぞれ6往復運転され、このうち2本が京都駅まで乗り入れていた[24]

北陸名古屋方面と山陰を結ぶルートとしても利用され、1961年から金沢駅 - 出雲市駅間に準急わかさ」が、1964年12月から金沢駅 - 出雲市駅間で「あさしお」が、1966年から名古屋駅 - 出雲市駅間に小浜線・宮津線経由の急行「大社」がそれぞれ運転を開始[25]福井駅 - 天橋立駅間に「はしだて」が1982年より1992年まで運行されていた。また、1999年10月1日まで急行「わかさ」が京都駅・東舞鶴駅 - 敦賀駅間に(京都直通は1996年まで[25])運転されていたが、その後電化されるまで優等列車の運転はなくなっていた。こうした事情から「北陸と山陰との架け橋」として謳われたことがある[26]。ただし、電化後は前述の通り休日などに一部の臨時列車が小浜駅に乗り入れる程度で、本格的な優等列車の運行はなされていない。

小浜線内の拠点のひとつである小浜駅から京都駅へは湖西線経由と山陰本線経由で大差がないにも関わらず、直通列車は山陰本線経由のみ設定されていた。ただし、京都駅発着の急行「丹後」など直通の優等列車は小浜線内のみ各駅停車となるなど、都市間輸送と線内の地域輸送を兼ねている側面もあった。

2001年3月2日までは小浜駅の最終が22時台であったが、繰り上げになった。

電化以前は2 - 4両での運用が多く、敦賀方面から来た列車が小浜駅で列車の切り離しを行い、前1両のみが東舞鶴行き(1992年から4年間は天橋立行き)に、後2両は折り返し敦賀行きになる運用もあったが、電化以降は1 - 2両の運用がほとんどで小浜駅での列車切り離しもなくなった。また、北陸本線の湖北地区が直流化したさいに同区間との共通運用が図られた結果、近年は2両での運用が増えているほか、平日のみながら昼間の3 - 4両での運用が復活している[27]

使用車両[編集]

2010年3月13日以降は、全列車が125系電車で運転されている。電化された2003年3月15日から2006年10月20日までは、125系のほか、小浜線用に塗装された113系電車の体質改善工事施工車(福知山電車区W41 - 43・46編成)も[28]、2009年3月14日から2010年3月12日までは521系電車も運用されていた。ただし521系は改正後も臨時列車や代走で運用されることがある[29]

通常運用される一般車両はすべて転換式クロスシートである。また113系についても、2009年秋に入線した京都総合運転所所属のL11編成をのぞいて、転換式クロスシート化された体質改善工事施工車が使用されている(2006年10月以降の入線実績は、福知山電車区W43編成、京都総合運転所L11編成・C08編成)。

このほか、観光シーズンや祝休日などの多客期には「まいづる」が東舞鶴駅 - 小浜駅間が延長運転された際には、183系電車が乗り入れていた[30]

非電化時の使用車両[編集]

小浜線用塗装のキハ58系(舞鶴線西舞鶴駅 1988年)

気動車[編集]

機関車[編集]

輸送改善[編集]

小浜線の電化計画は1970年に小浜市の総合開発計画に盛り込まれ、若狭湾沿岸部の嶺南地区を中心に電化を求める声が強かったが[31]、2000年7月から電化工事に着手し、2003年電化された[32]

総事業費は約101億円で、福井県が27億5700万円、沿線の8自治体が13億7800万円、京都府と舞鶴市で1億8000万円を負担し、残りの約57億円は民間で負担した。このうち民間の負担については、沿線の美浜町高浜町大飯町(当時)に原子力発電所を持つ関西電力日本原子力発電北陸電力が合計54億円を福井県に寄付している[33]

ただし、電化費用を抑えるため変電所の数を通常より減らし、80kmを超える路線ながら、変電所は若狭高浜駅・小浜駅・十村駅・粟野駅の各駅構内に設けられた4箇所しかなく、駅の分岐器にはスプリングポイントなども残るうえ、制限速度25km/hの区間があるなど線路の規格が比較的低いため、加速度や最高速度を落として運転している[34]。なお、電化の構想が挙がった当初から具体化に至るまで、交流電化とする計画は無かった。

歴史[編集]

国が建設すべき鉄道を定めた「鉄道敷設法」が1892年に公布されたが、1895年1月に衆議院議員小畑岩次郎が同法の北陸線の改正を提案し、同年3月に鉄道敷設法が改正され、北陸線の中に「京都府下舞鶴ヨリ福井県小浜ヲ経テ敦賀ニ至ル鉄道」が追加され、敦鶴線(とんかくせん)と呼ばれていた。

1887年に小浜鉄道が設立され、敦賀・大津・舞鶴を結ぶ合計約153kmの路線として計画され、同年に仮免状が交付されて1年6か月の有効期間内に本免許状を申請しなければならなかったが申請することができず、1900年に仮免状が失効し民間資本での建設は断念された。

1902年に再び鉄道敷設法の改正により、舞鶴・小浜・敦賀の鉄道が盛り込まれ、日露戦争後に日本海沿岸の輸送路の確保と、山陰と北陸を結ぶバイパス路線としても期待され、早期着工する第一期線として位置づけられた。

年表[編集]

  • 1895年明治28年):鉄道敷設法が改正され、北陸線に「京都府下舞鶴ヨリ福井県小浜ヲ経テ敦賀ニ至ル鉄道」が追加される。
  • 1911年大正元年):建設用地調査。
  • 1915年(大正4年)5月:建設開始。
  • 1917年(大正6年)12月15日小浜線 敦賀駅 - 十村駅間(18.2M≒29.29km)が開業。粟野駅・河原市駅・三方駅・十村駅が開業。
  • 1918年(大正7年)11月10日:十村駅 - 小浜駅間(12.5M≒20.12km)が延伸開業。大鳥羽駅・三宅駅・新平野駅・小浜駅が開業。
  • 1921年(大正10年)4月3日:小浜駅 - 若狭高浜駅間(12.1M≒19.47km)が延伸開業。加斗駅・若狭本郷駅・若狭高浜駅が開業。
  • 1922年(大正11年)12月20日:若狭高浜駅 - 新舞鶴駅間(9.6M≒15.45km)が延伸開業し全通。松尾寺駅が開業。
    • 北陸・山陰両線の連絡がなったことを記念し、東舞鶴では「裏日本鉄道全通・新舞鶴港開港記念博覧会」が1923年4月1日から5月10日までの40日間開催された(入場者総数179,982人)[35]
  • 1925年(大正14年)6月26日:若狭和田仮停車場が開業。
  • 1930年昭和5年)4月1日:マイル表示からキロ表示に変更(52.4M→84.3km)。
  • 1934年(昭和9年)6月1日:若狭和田仮停車場が駅に変更され若狭和田駅が開業。
  • 1939年(昭和14年)6月1日:新舞鶴駅が東舞鶴駅に改称。
  • 1940年(昭和15年)11月1日:青郷駅が開業。
  • 1953年(昭和28年)8月14日:東小浜駅が開業。
  • 1956年(昭和31年)4月10日:河原市駅が美浜駅に、三宅駅が上中駅に改称。
  • 1961年(昭和36年)
    • 7月15日:勢浜駅・三松駅が開業。
    • 8月1日:東美浜駅・気山駅・藤井駅が開業。
  • 1962年(昭和37年)9月1日:西敦賀駅が開業。
  • 1964年(昭和39年)6月20日:若狭有田駅が開業。
  • 1981年(昭和56年)8月25日 - 8月31日:蒸気機関車C56形160号による「SLわかさ号」が敦賀駅 - 小浜駅間で運転。
  • 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道が継承。日本貨物鉄道が全線の第二種鉄道事業者となる。
  • 1991年平成3年)4月1日:小浜鉄道部が発足し、同鉄道部の管轄になる[36]
  • 1992年(平成4年)3月14日:ワンマン運転開始[37]
  • 1993年(平成5年)3月18日:全列車敦賀駅発着に統一。
  • 1996年(平成8年)7月13日:東舞鶴駅付近が高架化[38]
  • 1997年(平成9年)3月22日:敦賀駅 - 松尾寺駅間の貨物列車が廃止。
  • 1999年(平成11年)
    • 4月1日:日本貨物鉄道の第二種鉄道事業廃止。
    • 10月2日:舞鶴線との直通運転が中止。
  • 2003年(平成15年)3月15日:敦賀駅 - 東舞鶴駅間が電化[32]。113系電車・125系電車が運用開始。舞鶴線との直通運転が再開。
  • 2006年(平成18年)10月21日:運用車両をすべて125系電車に統一[28]。同系初の3・4両ならびにツーマン運転開始。舞鶴線との直通運転が廃止。
  • 年月日不明:舞鶴線との直通運転再開。
  • 2009年(平成21年)3月14日:521系電車運行開始。
  • 2010年(平成22年)6月1日:組織改正により、小浜鉄道部から敦賀地域鉄道部の管轄に変更[36]

駅一覧[編集]

  • 定期列車は全列車普通列車(運行区間内の全駅に停車)
  • 線路(全線単線) … ◇・∨:列車交換可能、|:列車交換不可
駅名 駅間営業キロ 累計営業キロ 接続路線 線路 所在地
敦賀駅 - 0.0 西日本旅客鉄道北陸本線 福井県 敦賀市
西敦賀駅 3.3 3.3  
粟野駅 4.4 7.7  
東美浜駅 5.0 12.7   三方郡美浜町
美浜駅 5.2 17.9  
気山駅 3.5 21.4   三方上中郡
若狭町
三方駅 3.3 24.7  
藤井駅 2.6 27.3  
十村駅 2.0 29.3  
大鳥羽駅 4.0 33.3  
若狭有田駅 2.1 35.4  
上中駅 3.4 38.8  
新平野駅 4.5 43.3   小浜市
東小浜駅 2.9 46.2  
小浜駅 3.3 49.5  
勢浜駅 3.7 53.2  
加斗駅 4.0 57.2  
若狭本郷駅 4.6 61.8   大飯郡おおい町
若狭和田駅 3.9 65.7   大飯郡高浜町
若狭高浜駅 3.2 68.9  
三松駅 2.5 71.4  
青郷駅 2.1 73.5  
松尾寺駅 4.7 78.2   京都府舞鶴市
東舞鶴駅 6.1 84.3 西日本旅客鉄道:舞鶴線

中間駅のうちJR西日本直営駅は小浜駅のみであり、同社関連会社による業務委託駅も存在しない。それ以外の駅のうち、美浜駅・三方駅・大鳥羽駅・上中駅・東小浜駅・加斗駅・若狭本郷駅・若狭和田駅・若狭高浜駅・青郷駅の10駅が簡易委託駅、残りの11駅は無人駅である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小浜線電化から5年 07年度乗客数、開業時に届かず[リンク切れ] - 福井新聞、2008年8月27日付、同月31日閲覧。
  2. ^ 鉄道ジャーナル』2004年4月号、鉄道ジャーナル社、p.101。
  3. ^ データで見るJR西日本:JR西日本 - 西日本旅客鉄道
  4. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB、1998年。ISBN 978-4-533-02980-6
  5. ^ 鉄道事業ダイジェスト - 西日本旅客鉄道
  6. ^ 平成21年春ダイヤ改正について (PDF)インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道金沢支社プレスリリース 2008年12月22日
  7. ^ 平成15年 春の臨時列車運転についてインターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2003年1月16日
  8. ^ 平成15年度 【 夏 】の臨時列車の運転(福知山支社)(インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2003年5月16日
  9. ^ 平成16年春季臨時列車の運転計画について (PDF) (インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道福知山支社プレスリリース 2004年1月16日
  10. ^ 平成16年 【 夏 】 の臨時列車運転について (PDF) (インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道福知山支社プレスリリース 2004年5月14日
  11. ^ 平成17年春季臨時列車の運転計画について (PDF) (インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道福知山支社プレスリリース 2005年1月14日
  12. ^ 平成17年【夏】の臨時列車の運転(別紙詳細) (PDF) (インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2005年5月20日
  13. ^ 平成17年度冬季臨時列車の運転計画について (PDF) (インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2005年10月14日
  14. ^ 平成18年【春】の臨時列車の運転(別紙詳細) (PDF) (インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2006年2月1日
  15. ^ 平成18年【夏】の臨時列車の運転について (PDF) (インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道福知山支社プレスリリース 2006年5月19日
  16. ^ 平成18年 【 秋 】 の臨時列車の運転について(北近畿エリア) (PDF) (インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道福知山支社プレスリリース 2006年8月24日
  17. ^ 平成18年度冬季臨時列車の運転計画について (PDF) (インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道福知山支社プレスリリース 2006年10月13日
  18. ^ 平成19年【春】の臨時列車の運転 (PDF) (インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2007年1月19日
  19. ^ 会場案内>交通機関のご案内 - スーパー大火勢実行委員会事務局
  20. ^ 平成23年【 春 】の臨時列車の運転について (PDF) - 西日本旅客鉄道金沢支社プレスリリース 2011年1月21日
  21. ^ 平成23年【 夏 】の臨時列車の運転について (PDF) - 西日本旅客鉄道金沢支社プレスリリース 2011年5月20日
  22. ^ わかさ路快速を走らせるプロジェクト - 小浜市
  23. ^ 521系4輌編成 小浜線に入線 - 鉄道ホビダス ネコ・パブリッシング RMニュース 2011年6月2日
  24. ^ 知っとるけ? 小浜線物語 (PDF) - JR小浜線鉄道遺産を守る会 p.12
  25. ^ a b 今尾恵介・原武史『日本鉄道旅行歴史地図帳』8号 近畿、新潮社、2010年、p.40
  26. ^ 『国鉄全線大百科』1980年、実業之日本社
  27. ^ 敦賀発東舞鶴行き224Mが3両編成、東舞鶴発敦賀行き225Mが4両編成で運用されている。
  28. ^ a b 『JR気動車客車編成表 '06年版』ジェー・アール・アール、2006年、p.186。ISBN 4-88283-127-9
  29. ^ 小浜線一部運用を521系が代走 - 『鉄道ファン交友社 railf.jp鉄道ニュース 2012年5月9日
  30. ^ 平成16年 【 夏 】 の臨時列車運転について (PDF)インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道福知山支社プレスリリース 2004年5月14日
  31. ^ 小浜線電化の手続き完了、来月着手 - 福井新聞 2000年6月23日
  32. ^ a b 『JR気動車客車編成表 '03年版』ジェー・アール・アール、2003年。ISBN 4-88283-124-4
  33. ^ 送電線直流化で30億寄付へ 福井県に電力3社 - 47NEWS 2005年2月22日
  34. ^ 125系電車は、通常は起動加速度2.5km/h/sで運用されるが、小浜線内では1.2km/h/sに落としている。
  35. ^ 舞鶴市史編さん委員会編『舞鶴市史 通史編(下)』舞鶴市役所、1982年。
  36. ^ a b 小浜線のあゆみ - おばませんドットコム
  37. ^ ジェー・アール・アール編『JR気動車客車編成表 2011』交通新聞社、2011年。ISBN 978-4-330-22011-6
  38. ^ 『JR気動車客車編成表 '97年版』ジェー・アール・アール、1997年。ISBN 4-88283-118-X

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]