国道185号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道185号
一般国道

国道185号標識

国道185号
総距離 70.0 km(総延長・実延長)
68.5 km(現道)
制定年 1953年指定
起点 広島県呉市
終点 広島県三原市
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0031.svg国道31号
Japanese National Route Sign 0487.svg国道487号
Japanese National Route Sign 0375.svg国道375号
Japanese National Route Sign 0432.svg国道432号
Japanese National Route Sign 0002.svg国道2号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
広島県呉市 本通二丁目交差点付近
広島県呉市 JR広駅付近(三原方面)

国道185号(こくどう185ごう)は、広島県呉市から同県三原市へ至る一般国道である。

概要[編集]

国道31号と併せて県都広島市三原市を結んでおり、国道2号の役割を補完している[1]

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[2][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

太平洋戦争前から現在の休山新道と同様のトンネル掘削計画があった。

年表[編集]

  • 1953年昭和28年)5月18日
    二級国道185号呉三原線(呉市 - 三原市)として指定施行[6]
  • 1965年(昭和40年)4月1日
    道路法改正により一級・二級区分が廃止されて一般国道185号として指定施行[7]

路線状況[編集]

全線で瀬戸内海沿岸を通過しており、島々を眺めながらの快走路である[8]

バイパス[編集]

休山新道
休山新道(やすみやましんどう)は、呉市本通6丁目から同市阿賀中央6丁目に至る延長2.6kmバイパス道路である[9]2002年(平成14年)3月21日暫定2車線で供用を開始した[10]
同区間は呉市の中心部と阿賀・広地区を結ぶ経路として機能し[11]、旧道においても4車線の道路へ整備されているが、大正期までは細く険しい道が続いていた[12]。昭和期に入るとトンネル掘削による新道建設が計画され、内務省(当時)によって1942年(昭和17年)に国道特27号として事業着手し、実際に阿賀側から150mを掘り進めたが、太平洋戦争の戦況悪化を理由に1944年(昭和19年)に工事は凍結された[10][11]
戦後になると、国道185号から阿賀側の坑口に続く道には阿賀商店街が形成され[13]、坑口はフェンスで封鎖したうえで周辺の空地はこの地区の地名から田中町遊園地[14]と命名された公園として長らく地元住民に開放されていた。一方の呉越峠では道路拡幅によって4車線を確保するも、1日あたり48,000台(1999年)という交通量[11]かつカーブの多い急勾配な道路状況ゆえに慢性的な渋滞や交通事故が多発しており、渋滞損失は年間約95億円という試算結果が示すように、経済活動や住民生活に大きな支障を及ぼしていた[15]
戦前に中止されてから長らく新道建設の再開はなされてこなかったが、契機となったのは工事再開を求める運動の起きた1985年(昭和60年)のことである[11]。翌年の1986年(昭和61年)に建設省(当時)が事業採択し、1987年(昭和62年)3月には都市計画決定と事業着手、1989年(平成元年)に用地着手と続いた[10]。道路用地に展開していた阿賀商店街の代替移転先としてあがプラザを1992年(平成4年)10月に開業させ[13][16]1994年(平成6年)には長迫(中心部)側から取付道路の着工に至った[10]
休山新道最大の構造物である延長1.7kmの休山トンネルは1996年(平成8年)10月に工事着手し、長迫、阿賀の両側から掘削していったが、都市部の山として、周囲に密集する住宅地の住環境への配慮や水道管をはじめとしたライフラインの存在による慎重な作業が求められたため、工事は難航した[17]。また、両坑口周辺の住宅の空気環境を考慮して換気用の立坑を設置しており[17]、掘削には工期、安全性、施工性、経済性に優れるレイズボーラー工法を採用した[18][19]。トンネルは2000年(平成12年)9月に貫通し、幾多の難工事も工期は2001年(平成13年)度の当初予定から遅れず[20]、2002年(平成20年)3月21日に暫定供用の運びとなった[10]
休山新道開通後は、呉越峠と休山新道全体の交通量のうち約7割にあたる約40,000台が休山新道を利用しており[18]、想定を超えた交通量が排気ガスや騒音によって歩道の環境に悪影響を及ぼしていたことから、市民の要望に応えて透明なガラス製の歩車道分離壁を2004年(平成16年)8月に完成させ、歩道は「休山悠路」と命名された[10][21][22]。また、想定を超えた交通量は新たな交通集中による渋滞の発生源となっており、2009年(平成21年)11月に開催された中国地方整備局事業評価監視委員会では事業継続が妥当とされ[10]、4車線化されることが決定した。呉市議会議員や呉市民からも完成4車線の早期着工を求める声が寄せられているが、呉市当局では東広島呉自動車道が全線供用開始を予定する2014年(平成26年)度以降に工事着手されると見込んでいる[23][24]
新道と旧道との関係では、長迫側は本通六丁目交番(南)交差点が休山トンネル西口と改称、阿賀側は阿賀消防署前交差点と阿賀中央三丁目交差点[14]が廃止されて三原方面と直進関係になる休山トンネル東口交差点が新設された。呉越峠経由の旧道は、休山トンネル西口交差点から西畑交差点までは広島県道174号瀬野呉線に編入され、同交差点から休山トンネル東口までは呉市道になった。
  • 仁方バイパス(調査中)
安浦バイパス
安浦バイパス(やすうらバイパス)は、呉市安浦町大字中切から同市安浦町大字三津口に建設された延長3.9kmのバイパス道路である。豊田郡安浦町(当時)の中心部を通過していた旧道は歩道未設置箇所が存在し、幅員も狭小であったため、安全性向上と通過交通対策の一環として既設の道路拡幅と併せてバイパス道路を建設した。1988年(昭和63年)に既設道路の拡幅区間にあたる終点側の0.5kmで供用を開始し、1998年(平成10年)8月5日に残りのバイパス区間2.6kmの供用開始をもって完成供用した[1]
安芸津バイパス
安芸津バイパス(あきつバイパス)は、東広島市安芸津町風早から竹原市吉名町八代谷に至る計画延長6.1kmのバイパス道路である。1999年(平成11年)3月23日に都市計画決定し、当初は完成4車線として計画されていたが、2009年(平成21年)度に完成2車線に変更のうえで事業継続されることとなった。3区間に分割して事業を進めており、中央の区間にあたる広島県道32号安芸津下三永線から東広島市道上条浜田線までの1.5kmは2009年(平成21年)3月29日に供用を開始した[25]

道路施設[編集]

道の駅[編集]

交通量[編集]

平日24時間交通量(平成17年度道路交通センサス)

  • 呉市本通4丁目 : 28,408
  • 呉市阿賀中央2丁目 : 39,152
  • 呉市阿賀中央4丁目 : 47,353
  • 呉市広古新開2丁目 : 41,340
  • 呉市広白石2丁目 : 27,885
  • 呉市仁方本町1丁目 : 20,061
  • 呉市川尻町西1丁目 : 16,016
  • 呉市安浦町安登向野原 : 14,390
  • 東広島市安芸津町三津榊山 : 14,962
  • 竹原市竹原町中央5丁目 : 14,136

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

(右の「表示」を押す)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ 2005年2月7日に東広島市へ編入。
  3. ^ 2011年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ a b 安浦改良”. 国土交通省中国地方整備局. 2012年11月12日閲覧。
  2. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年11月12日閲覧。
  3. ^ 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2012. 国土交通省道路局. p. 10. 2013年2月24日閲覧。
  4. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年11月12日閲覧。
  5. ^ Google マップ”. ストリートビュー. Google. 2012年11月12日閲覧。
  6. ^ ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  7. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)
  8. ^ 昭文社 2007, pp. 45,57.
  9. ^ 国道185号休山トンネル 歩車道分離壁 / 休山新道のもたらした効果”. 国土交通省中国地方整備局広島国道事務所. 2012年11月12日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g 呉市政概要(平成24年度版)- 9. 建設 (PDF)”. 呉市議会事務局. pp. 205-206. 2012年11月12日閲覧。
  11. ^ a b c d 一般国道185号 休山新道開通式の開催について”. 国土交通省中国地方整備局広島国道工事事務所. 2012年11月12日閲覧。
  12. ^ 呉越の名水 (PDF)”. 広島県. 2012年11月12日閲覧。
  13. ^ a b 平成9年第3回9月定例会 第1号 (1997年9月8日) 呉市議会 議事録”. 呉市議会. 2012年11月12日閲覧。
  14. ^ a b 昭文社 1997, p. 49.
  15. ^ 都市圏の交通渋滞対策 -都市再生のための道路整備- (PDF)”. 国土交通省. p. 39-41. 2012年11月12日閲覧。
  16. ^ 「あがプラザ」空き店舗のご案内”. 呉市都市部住宅課. 2012年11月12日閲覧。
  17. ^ a b 国道185号バイパス 便利さと環境配慮を兼ね備えた21世紀道路”. グラフ誌 みて★くれ. 呉市. 2007年7月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年11月12日閲覧。
  18. ^ a b 一般国道185号休山改良 / 月刊建設03-08 (PDF)”. 全日本建設技術協会. 2012年11月12日閲覧。
  19. ^ 方山義彦、富田倫彦、武田和徳. “換気立坑に挑むレイズボーラー工法 (PDF)”. 土木学会中国支部第53回研究発表会. 公益社団法人土木学会. 2012年11月12日閲覧。
  20. ^ 平成10年第5回12月定例会 第2号 (1998年12月8日) 呉市議会 議事録”. 呉市議会. 2012年11月12日閲覧。
  21. ^ 国道185号休山トンネル 歩車道分離壁 / 分離壁設置の目的と予想される効果”. 国土交通省中国地方整備局広島国道事務所. 2012年11月12日閲覧。
  22. ^ 休山トンネルの新たな試みとは”. RCCラジオ「本名正憲の今日もゴゴイチ」. 中国放送. 2012年11月12日閲覧。
  23. ^ 平成23年12月市議会の動き”. 呉市議会. 2012年11月12日閲覧。
  24. ^ 休山新道の渋滞は何とかなりませんか。”. 呉市. 2012年11月12日閲覧。
  25. ^ 一般国道185号 安芸津バイパス 事業再評価 (PDF)”. 国土交通省中国地方整備局. 2012年11月12日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]