瀬戸内市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
せとうちし
瀬戸内市
Setouchi Okayama seal.svg
瀬戸内市章
2004年11月1日制定
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 岡山県
団体コード 33212-7
面積 125.53km²
総人口 37,102
推計人口、2014年6月1日)
人口密度 296人/km²
隣接自治体 岡山市備前市
市の木 オリーブ
市の花 きく
市の鳥
市の海産物
めじろ
カキ
瀬戸内市役所
所在地 701-4292
岡山県瀬戸内市邑久町尾張300-1
北緯34度39分53.6秒東経134度5分34.1秒
瀬戸内市役所
外部リンク 瀬戸内市

瀬戸内市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

瀬戸内市(せとうちし)は、岡山県南東部に位置する

2004年11月1日岡山県邑久郡邑久町牛窓町長船町の3町が合併して誕生した。市名は公募により決定された。この合併により邑久郡は消滅した。

地理[編集]

県の南東部(東備地域とよばれる)に位置する。県庁所在地岡山市の東隣であり、市内にはいくつかの住宅団地が造成され、赤穂線や国道2号を利用しての通勤通学客も多くベッドタウンとなっている。

西部は、吉井川を挟んで岡山平野の一部を成し「千町平野」(せんちょうへいや)と呼ばれる。大半は標高100mから300mの山林である。

南部・東部は瀬戸内海に面し島嶼が点在する。特に旧牛窓町は「日本のエーゲ海」と称する多島美の景観を見せ、宿泊施設や別荘、海水浴場がある。海岸部は瀬戸内海国立公園の区域内に指定されている。

隣接している自治体・行政区[編集]

歴史[編集]

  • 1952年4月1日 邑久郡邑久村、福田村、今城村、本庄村、豊原村、笠加村が合併し邑久町となる。
  • 1954年1月1日 玉津村を邑久町に編入。
  • 1954年10月1日 牛窓町、鹿忍町、長浜村が合併し牛窓町となる。
  • 1955年3月31日 大宮村の一部を境界変更により牛窓町に編入。
  • 1955年3月31日 美和村、国府村、行幸村が合併し長船町となる。
  • 1958年4月1日 裳掛村を邑久町に編入。
  • 2002年8月1日 邑久郡合併協議会が発足。
  • 2004年3月6日 邑久町、牛窓町、長船町合併協定調印式。
  • 2004年11月1日 邑久郡の邑久町、牛窓町、長船町の3町が合併し、瀬戸内市が発足。

行政[編集]

特別職[編集]

歴代市長

行政[編集]

  • 管轄地域
    • 市内は、市役所と2つの支所に編成されている。
    • 市内の住所は「瀬戸内市」の後に、旧町村名を残している。
名称 所在地 管轄地域 備考
瀬戸内市役所 瀬戸内市邑久町尾張300-1 邑久町 本庁舎(旧邑久町役場)
牛窓支所 瀬戸内市牛窓町牛窓4911 牛窓町 牛窓庁舎(旧牛窓町役場)
長船支所 瀬戸内市長船町土師291 長船町 長船庁舎(旧長船町役場)

立法[編集]

瀬戸内市議会[編集]

  • 定数: 20人

(平成23年12月の条例改正により、それまでの24人から削減された。)--桑原真琴会話) 2014年2月24日 (月) 10:16 (UTC)

経済[編集]

ベネッセ物流センター

産業[編集]

農業漁業が主体である。

農業[編集]

野菜カボチャ白菜キャベツ等)、果実(ブドウモモスイカ等)が主要な作物である。

旧牛窓町平山地区では、三蔵農林(ミツクラ)がマッシュルームを生産しており、日本一のシェアを誇っている。オリーブの生産も盛んで、牛窓オリーブ園小豆島オリーブ園と並び日本随一のオリーブ生産量を誇る。また、漁業では旧牛窓町と旧邑久町でカキの養殖が盛んで、特に旧邑久町虫明地区はカキの産地として著名である。

主要漁港

虫明漁港、西脇漁港、牛窓漁港、子父雁漁港

工業[編集]

自治体主体の工業団地が点在している程度である。かつては錦海湾に錦海塩業が日本最大の塩田を持っていたが、近代化によって現在は工場で生産されている。広大な塩田跡地は、年に一度ヘリや飛行機のラジコン大会が開催されている。旧長船町にはベネッセコーポレーションの物流センター、旧邑久町には、吉井川沿いの広大な敷地に岡山村田製作所がある。旧牛窓町にはノート製造大手のキョクトウ・アソシエイツが拠点工場を構え、かつてはエス・イー・シーやヤンマー造船所の本社もあったが、いずれも3町合併前に移転してしまった。

主要企業と工場

ベネッセ物流センター、岡山村田製作所、西日本三菱農機販売、多田電機岡山工場、内山工業邑久工場、キョクトウ・アソシエイツ岡山工場、日清エフディ食品、オハヨー乳業長船工場、横山製網、三蔵農林(ミツクラ)、日本オリーブなど

刀剣[編集]

長船町の長船地区や福岡地区などは、古くから刀鍛冶が多く、刀剣が盛んに生産されており、備前長船と呼ばれ全国的に著名である。

中国山地で採集される砂鉄(赤目(あこめ))が日本刀を作るのに適していたことと、砂鉄から玉鋼(たまはがね)を作るためのタタラに必要な強い火力を生むクヌギ系の木が自生していたことなどから、この地で日本刀が多く生産されることとなった。

また、南北に流れる吉井川と、東西には山陽道があり、交通の便に恵まれていたこともあって長船の刀が多く流通することとなった。

姉妹都市・提携都市[編集]

日本国内[編集]

日本国外[編集]

人口[編集]

Demography33212.svg
瀬戸内市と全国の年齢別人口分布(2005年) 瀬戸内市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 瀬戸内市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
瀬戸内市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 33,769人
1975年 35,866人
1980年 37,939人
1985年 38,838人
1990年 38,928人
1995年 39,228人
2000年 39,403人
2005年 39,081人
2010年 37,858人
総務省統計局 国勢調査より

地域[編集]

医療[編集]

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

幼稚園[編集]

  • 瀬戸内市立牛窓東幼稚園
  • 瀬戸内市立牛窓西幼稚園
  • 瀬戸内市立牛窓北幼稚園
  • 瀬戸内市立邑久幼稚園
  • 瀬戸内市立今城幼稚園
  • 瀬戸内市立玉津幼稚園
  • 瀬戸内市立裳掛幼稚園
  • 瀬戸内市立美和幼稚園
  • 瀬戸内市立国府幼稚園
  • 瀬戸内市立行幸幼稚園

保育園など[編集]

  • 瀬戸内市立邑久保育園
  • 瀬戸内市立福田保育園
  • 瀬戸内市立今城保育園
  • 瀬戸内市立玉津保育園
  • 瀬戸内市立長船東保育園
  • 瀬戸内市立長船西保育園
  • 瀬戸内市立裳掛児童館

その他の学校[編集]

その他の施設[編集]

  • 保健福祉センターゆめトピア長船(福祉事務所併設)
  • 邑久町公民館(邑久保健センター併設)
  • 長船町公民館
  • 牛窓町公民館
  • 邑久スポーツ公園(B&G海洋センター併設)
  • 長船スポーツ公園(B&G海洋センター併設)

交通[編集]

鉄道[編集]

中心となる駅:邑久駅

赤穂線岡山長船間は、夜間早朝を除いて1時間に2本の運転で、長船駅より東は1時間に1本となる。

邑久駅長船駅では、乗車券の他にみどりの窓口営業時間内なら特急券なども購入できる。

バス路線[編集]

宇野バス
国道2・250号線
東備バス両備ホールディングスの子会社)
牛窓線(尾張経由と神崎経由があり、共に西大寺バスセンターから発着。一部邑久駅から発着。)
虫明
円張線
備前バス(日生運輸
東鶴山線(長船駅〜青石〜鶴海車庫〜久々井〜片鉄片上備前片上駅〜備前病院前)

道路[編集]

一般国道[編集]

県道[編集]

主要地方道
一般県道

道の駅[編集]

港湾[編集]

航路[編集]

前島フェリー(牛窓港~前島間の渡船)

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

夢二郷土美術館分館 竹久夢二生家

祭事・催事[編集]

  • 喜之助フェスティバル(毎年8月下旬)
  • 牛窓秋祭り(毎年10月第4日曜日-岡山三大だんじり祭りの一つ)
  • 瀬戸内バルーンフェスティバル(毎年11月下旬)
  • 遊・SEA・牛窓エーゲ海フェスティバル(毎年11月上旬)
  • びぜんおさふね名刀まつり

出身有名人[編集]

その他[編集]

市外局番[編集]

市外局番は、以下の3つの区域で分かれている。

  1. 長船町長船:0869(60~89、92、93)(備前MA)
  2. 邑久町(福山、大富、北島及び向山):086(200~299、362~365、367~369、722~724、726、728、737、738、800~809、890~909、940~949)(岡山MA)
  3. 上記1、2を除く区域:0869(20~29、34)(邑久MA)

1、3の市外局番は同一だが、相互通話するときは市外局番が必要である。

  • 邑久MA
  • 岡山MA(瀬戸内市関係のみ記載)
  • 備前MA(瀬戸内市関係のみ記載)
    • NTT西日本
      • 備前香登収容局(備前市) 66(0~3、5~9千番台)

地名[編集]

  • 市内の大字の読みは全て「あ行」で始まる(2009年7月現在)。合併時に、邑久町、牛窓町、長船町という「あ行」で始まる旧自治体名をそれぞれの管内の大字全てに冠したためである。
  • 市名の最終候補は「瀬戸内」のほかに「東岡山(ひがしおかやま)」「東備(とうび)」「夢路(ゆめじ)」「あけぼの」があったが、選定した合併協議会は旧地域名は使用しないという方針と、「瀬戸内海の恩恵を受け、風光明媚で温暖な、穏やかな地域をイメージできる」ことを理由とし、現在の市名となった。

外部リンク[編集]