ハクサイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハクサイ
Hakusai-fuyu.jpg
凍結防止を施したハクサイ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: フウチョウソウ目 Brassicales
: アブラナ科 Brassicaceae
: アブラナ属 Brassica
: ラパ B. rapa
変種 : ハクサイ var. pekinensis
学名
Brassica rapa L. var. pekinensis Rupr.
和名
ハクサイ(白菜)、白才
英名
Chinese cabbage
napa cabbage
Chinese leaf
Chinese Leaf Lettuce
花が咲いた、畑のハクサイ
ハクサイ、生[1]
100 g (3.5 oz)あたりの栄養価
エネルギー 59 kJ (14 kcal)
炭水化物 3.2 g
- 食物繊維 1.3 g
脂肪 0.1 g
- 飽和脂肪酸 0.01 g
- 一価不飽和脂肪酸 0 g
- 多価不飽和脂肪酸 0.03 g
タンパク質 0.8 g
水分 95.2 g
ビタミンA相当量 8 μg (1%)
- βカロテン 92 μg (1%)
ビタミンB1 0.03 mg (2%)
ビタミンB2 0.03 mg (2%)
ビタミンB3 0.6 mg (4%)
パントテン酸(ビタミンB5 0.25 mg (5%)
ビタミンB6 0.09 mg (7%)
葉酸(ビタミンB9 61 μg (15%)
ビタミンB12 (0) μg (0%)
ビタミンC 19 mg (23%)
ビタミンD (0) μg (0%)
ビタミンE 0.2 mg (1%)
ビタミンK 59 μg (56%)
カルシウム 43 mg (4%)
鉄分 0.3 mg (2%)
マグネシウム 10 mg (3%)
リン 33 mg (5%)
カリウム 220 mg (5%)
塩分 6 mg (0%)
亜鉛 0.2 mg (2%)
 %はアメリカにおける成人向けの
栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)

ハクサイ(白菜、学名Brassica rapa var. pekinensis)はアブラナ科アブラナ属二年生植物。日本では冬の野菜として好まれ、多く栽培・利用されている。

結球する印象が強いが、しない品種も多い。中国語では「大白菜」と「小白菜」に分かれるが、日本でいうハクサイは前者の一部に限られ、チンゲンサイシロナなども含まれる。英語の“Chinese cabbage”も広く中国野菜を意味し、日本で言うハクサイは"Napa cabbage"・"Nappa cabbage"(napaやnappaは日本語の菜っ葉が語源)に相当する。

概要[編集]

原種であるブラッシカ・ラパは、紀元前の中国に伝わると栽培されるようになり、様々な野菜を生んだ。7世紀の揚州で、華北カブ(アジア系)と、華南パクチョイが交雑して生じた牛肚菘(ニウトウソン、本草図経にある)が、最初のハクサイと考えられている(一説に新石器時代からというが、これは疑問)。

当初は結球性が弱く、白菜(シロナ)に近かったと見られる。16~18世紀に掛け結球性を持つものが現れ、品種改良が進んだ結果、今日見られるハクサイが生まれた。

日本での栽培[編集]

ハクサイは日本料理の食材として多用されているが、日本で結球種のハクサイが食べられるようになったのは、意外にも20世紀に入ってからである。江戸時代以前から日本には度々渡来したが、いずれも品種を保持できなかった。これは、現在でも育種家の課題であるハクサイの強い交雑性が原因と考えられている。アブラナ科の植物は、近縁他種の花粉で受粉し交雑種を作りやすい特徴を持ち、交雑によって生まれたハクサイは、特に継続した採種が困難だった。

明治時代初期に政府によって本格導入されたが、ほとんど失敗している。唯一、愛知県栽培所で山東白菜の系統維持に成功したが、これは半結球種だった。

明治末期から大正にかけて、宮城県沼倉吉兵衛宮城県農業高等学校と伊達家養種園で芝罘白菜(チーフ白菜)の導入に成功した。松島湾馬放島という小島で隔離育種したので、松島白菜の品種名を与えた。農家は島で採取した種を得て栽培し、仙台白菜の名で出荷した[2]

同時期に愛知県名古屋市中川区大蟷螂町付近で野崎徳四郎キャベツカリフラワーの普及にも関与)が山東白菜の改良を進め、現在のように結球するハクサイができたといわれている。

昭和に入って石川県でも栽培が軌道に乗り、これで現在の主要系統である松島群、野崎群、加賀群という三大品種群が作り出されたことになる。

このようにハクサイの普及は、栽培より育種の成功によるところが大きい。普及のきっかけとして、日清日露戦争に従軍した農村出身の兵士たちが現地で食べた白菜の味を気に入って持ち帰ったからと言われているが、各地で栽培が試行されたもののほとんどは品種維持に失敗したと見られる。

日本での生産量はダイコンキャベツに次いで3番目に多い。統計では1941年からデータが取られ、すでに50万tが生産されていた。1968年にピークとなり186万tを超えたが、その後は食文化の洋風化により減少した。

第二次大戦後に生産量が急拡大した際、連作障害による被害が拡大したが、これに対抗する耐病性育種も進んだ。

食用[編集]

キャベツのように結球したを食用とするが、結球様の形状はキャベツがやや横に扁平なのに対し、ハクサイは縦に長い。草丈は約40cm。葉は結球の外側は緑色をしているが、結球の内部へいくほど黄白色になる。栄養価は外側ほど高い傾向がある。

。霜に当たると甘みが出て美味。生ではシャキシャキした歯ざわりがあり、煮込むと柔らかくなる。食物繊維ミネラル、抗がん作用のあるイソチオシアネートが豊富で、煮物汁物炒め物鍋料理漬物浅漬けキムチ)等に使われる。味は比較的淡白であり、キャベツなどと比べると柔らかい。日本では加熱して用いることが多いが、アメリカでは主にサラダ用として広まっている。

品種[編集]

中国では山東系、北方系、南方系の3系統8群があり、このうち日本では山東系の3群(菊花心群、芝罘群、膠県群)が定着し、さらにそのF1品種が栽培されている。

  • 円筒型(包被型)・・・葉が頭部まで重なっている。日本で最も多く出回る。
  • 砲弾型(抱合型)・・・葉が頭部では重ならない。秋、冬に出回り、主として漬物用。
  • 紹菜(たけのこはくさい)・・・華北地方原産。長円筒状に成長する。
  • 半結球はくさい・・・頭部が開く。関東に多く、主に漬物用。
  • 不結球型・・・葉の上部だけでなく下部も密着していない型。外見はコマツナやホウレンソウに似ている。流通量は少ない。
  • ミニはくさい・・・1kg前後の小型種。
  • ヘアレスはくさい・・・中国南部、台湾に普及している。無毛で、多汁質なのでサラダなどに向く。
  • ハクラン・・・偽受精という現象を、アブラナ類の品種改良に利用する研究の過程で誕生したキャベツとの雑種。味は良いが採種量がやや少ない。

育て方[編集]

病虫害[編集]

べと病
葉に不規則な淡黄色の病斑が広がっていき、葉裏にカビが生えてくる病気。
石灰欠乏症(アンコ症)
結球内の芯から腐敗して溶けてしまう病気。石灰欠乏が原因とされる。
ゴマ症
茎に黒い斑点が多数現れる病気。実際には病害でも虫害でもない白菜の持つ生理現象で、美観を害する以外に発症による害はない。

脚注[編集]

  1. ^ 五訂増補日本食品標準成分表
  2. ^ 仙台白菜の生みの親 沼倉吉兵衛(太白区まちづくり推進協議会)。山本金次郎・編『宮城県名勝地誌』、宮城県教育会、1931年、251-252頁。

外部リンク[編集]