吉備中央町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
きびちゅうおうちょう
吉備中央町
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 岡山県
加賀郡
団体コード 33681-5
面積 268.73 km²
総人口 12,154
推計人口、2014年8月1日)
人口密度 45.2人/km²
隣接自治体 岡山市総社市高梁市真庭市
久米郡美咲町
町の木 アカマツ
町の花 ツツジ
町の鳥 ウグイス
吉備中央町役場
所在地 716-1192
岡山県加賀郡吉備中央町豊野1番地2
北緯34度51分48.3秒東経133度41分36.6秒
吉備中央町役場
外部リンク 吉備中央町

吉備中央町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
吉備高原都市センター区の吉備プラザ

吉備中央町(きびちゅうおうちょう)は、岡山県の中央部に位置するである。町の南部は岡山県が主導し吉備高原都市と呼ばれる、保健・福祉・教育・文化・産業・レクリエーションの調和を図った都市を開発している。

地理[編集]

町全域は標高 200 〜 697 m吉備高原と呼ばれる高原地帯である。

  • 山 : 大平山、大和山、本宮山
  • 河川 : 旭川宇甘川、加茂川
  • 湖沼 : 旭川湖、鳴滝湖

隣接している自治体・行政区[編集]

歴史[編集]

2004年10月1日 - 旧備中国上房郡賀陽町と旧備前国(一部備中)の御津郡加茂川町が合併して誕生した。郡名は旧町名の頭文字を取って新たに加賀郡とされた。「吉備中央」の名はアンケートでもっとも多かったもので、町域が旧国名「吉備の国」の大部分を占める岡山県の「中央」に位置する」事に由来している。他に町名候補として「吉備高原」、「加賀」、「賀茂」などがあり、「加賀」は郡名に採用した。 郡名 町名に対しては 賛否両論があるが 2014年 合併10周年を迎え 新しい田舎のまちづくりを模索する動きもみられる  古くから荘園として栄え 現在でも その名残の地名が残っている 当番祭 加茂大祭の歴史は古く 古来からの伝統行事も 今に姿を残している 北に伯耆大山 南に剣山 霊峰にまもられ 自然災害が少ない 吉備中央町のスローガン22世紀の理想郷である 理想郷の実現は遠くない将来に 現実になる可能性もある 吉備中央町は歴史と可能性を秘めた町である 

行政[編集]

  • 町長 : 山本雅則 (吉備中央町教育委員会事務局長補佐、2012年就任 1期目)
  • 前町長 : 重森計己 (前賀陽町長、2004年~2012年)

町発足当初は、国や県の関係機関は一部を除き、旧賀陽町域と旧加茂川町域で異なっているのが多かった。これは旧賀陽町を含む旧上房郡が高梁地域、旧加茂川町を含む御津郡が岡山地域と、異なる地域であったことから生じた事態である。

警察は合併当初は旧賀陽町域が高梁警察署、旧加茂川町域が御津警察署の管轄となっていたが、2006年4月1日から全域が岡山北警察署(御津警察署から改称)の管轄となっている。

消防は、合併前は旧加茂川町では消防団が救急業務を含めて担当し、旧賀陽町は高梁市に委託していたが、合併を期に旧加茂川町が合併前から協議していた岡山市への委託(岡山市消防局北消防署吉備中央出張所)となり、高梁市とは委託を解消した。

ごみ処理事業も合併直後は、旧加茂川町域は岡山市・吉備中央町の一部事務組合が、旧賀陽町域では高梁地域事務組合がそれぞれ行っていたが、2012年4月から高梁地域事務組合に統一された。

県の関係機関は2005年4月1日に9地方振興局が3県民局に再編され、吉備中央町全域が備前県民局の管轄となった。

町議会[編集]

  • 定数 : 16人 …… 任期は2016年10月23日まで。

マスコットキャラクター[編集]

  • へそっぴー …… 町のキャッチフレーズのロゴと町内で保護活動が盛んな渡り鳥のブッポウソウをモデルにしたもの[1]

姉妹都市・提携都市[編集]

吉備中央町10周年イベント BEGINコンサートが行われた コンサート会場外にて 地域住民による沖縄物産と吉備中央町地域の物産品の販売が行われた これは恩納村の友好交流縁組があったからこそ出来たイベントであった

地域[編集]

人口[編集]

Demography33681.svg
吉備中央町と全国の年齢別人口分布(2005年) 吉備中央町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 吉備中央町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
吉備中央町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 17,814人
1975年 15,956人
1980年 15,366人
1985年 15,396人
1990年 15,111人
1995年 15,507人
2000年 14,651人
2005年 14,040人
2010年 13,039人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

小学校[編集]

  • 吉備中央町立津賀小学校[参 1]
  • 吉備中央町立円城小学校[参 2]
  • 吉備中央町立御北小学校[参 3]
  • 吉備中央町立上竹荘小学校[参 4]
  • 吉備中央町立豊野小学校[参 5]
  • 吉備中央町立下竹荘小学校[参 6]
  • 吉備中央町立吉川小学校[参 7]
  • 吉備中央町立大和小学校[参 8]
  • 吉備中央町立吉備高原小学校(2006年3月までは吉備高原都市学校事務組合立)[参 9]
  • 吉備高原のびのび小学校(私立)[参 10]

中学校[編集]

  • 吉備中央町立加賀中学校(2014年4月開校)
  • 吉備高原希望中学校(私立)[参 11]

高等学校[編集]

廃校[編集]

交通[編集]

町内を走る鉄道はない。

バス路線[編集]

高速バス[編集]

路線バス[編集]

  • 中鉄バス
    • 天満屋バスステーション - 岡山駅 - 楢津 - 芳賀佐山団地 - (吉備新線経由) - 国少口 - きびプラザ - リハビリセンター - 上野口 - リハビリセンター
    • 免許センター - 金川 - 下加茂 - 加茂川中学校前 - 井原 - 福沢 - 杉谷(平日のみ運行)
    • 下加茂 - 二川 - 湯ノ瀬温泉 - 井原(平日のみ運行)
  • 総社バス(中鉄総社バス)
  • 備北バス
    • 高梁バスセンター - 出口 - 正力 - 新町 - 神原 - リハビリセンター - きびプラザ - 吉川
    • 高梁バスセンター - 楢井 - 一の瀬 - 坂本 - 大和郵便局前 - 東村
    • 神原 - 新町 - 正力 - 大和 - 東村
    • 神原 - 加茂市場
  • 吉備中央町バス有償運行

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

妙本寺番神堂(国の重要文化財)
吉川八幡宮
天籟庵。重森三玲の設計した茶室である

名所・旧跡・観光スポット[編集]

祭事・催事[編集]

  • 加茂大祭(毎年10月第3日曜日、総社宮)
  • 当番祭(毎年9・10月、吉川八幡宮)
  • レインボーフェスティバル(7月 夏休みが始まる最初の土曜日)
  • 案山子まつり(毎年8月の終わりから9月中旬にかけて)
  • 鬼伝祭(毎年8月下旬)
  • わっしょい和んさか吉備高原フェスタ(毎年10月第一又は第二日曜日)
  • 念仏おどり(毎年8月16日、観音院)

出身有名人[編集]

その他[編集]

市外局番は、賀陽地区全域と加茂川地区の吉備高原都市が0866(20〜29、40〜59) 、加茂川地区(吉備高原都市を除く)が0867(20、21、25、27、29〜36、39)となっている。

  • 0866(20〜29、40〜59)エリア
    • 高梁市真庭市(北房地区)・吉備中央町(賀陽地区全域と加茂川地区の吉備高原都市)
  • 0867(20、21、25、27、29〜36、39)エリア
    • 美咲町(旭地区)・吉備中央町(加茂川地区(吉備高原都市を除く))

郵便番号は、以下の通りとなっている。

  • 賀陽郵便局:716-11xx、716-12xx
  • 大和郵便局:716-15xx
  • 津賀郵便局:709-23xx
  • 円城郵便局:709-24xx、709-25xx
  • 新山郵便局:709-26xx

脚注[編集]

[ヘルプ]

参照[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]