岡山駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岡山駅
東口駅舎
東口駅舎
おかやま - Okayama
所在地 岡山市北区
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本・駅詳細
岡山電気軌道駅詳細

岡山駅(おかやまえき)は、岡山県岡山市北区駅元町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)のである。

本項では、近接する岡山電気軌道岡山駅前停留場(おかやまえきまえていりゅうじょう)についても述べる。

概要[編集]

岡山県の県庁所在地・岡山市の中心駅であり、営業キロは東京駅から732.9km、新大阪駅から180.3kmである。山陽新幹線の全営業列車が停車し、新幹線四国および山陰との連絡口として各方面への特急列車が発着するターミナル駅である。新幹線および在来線7方面(福山・尾道方面、和気・上郡・相生方面(以上山陽本線)、新見・米子・松江・出雲方面(伯備線)、児島・宇野・四国方面(瀬戸大橋線・宇野線)、津山・鳥取方面(津山線)、総社方面(吉備線)、播州赤穂方面(赤穂線))と市内電車2方面(東山方面・清輝橋方面)が集まる中四国地方最大の鉄道の要衝となっている。

乗り入れ路線[編集]

岡山駅から発着する在来線の運転系統

JR西日本の岡山駅には、山陽新幹線と、以下に挙げる在来線各線が乗り入れている。

また以下の2路線は正式な線路名称上は当駅に乗り入れていないが、運行上は当駅が起・終点となっている。岡山側の正式な起・終点駅を通る列車のうち、赤穂線全便と伯備線の下り始発・上り始発以外の便が山陽本線へ乗り入れている[2]

岡山電気軌道の停留場に発着する路線は、東山線のほか、柳川電停を正式な起点とする清輝橋線の電車も乗り入れている。

歴史[編集]

岡山駅と旭川岸(1926年5月岡山市役所発行「岡山市写真帖」)
新幹線開業時に設置された桃太郎像、向きが当時と異なる
今も残るレールで作られたホームの屋根、現在の3.4番ホーム
旧西口駅舎

1891年明治24年)に関西圏からの鉄道の延伸の形で、当時の私鉄である山陽鉄道の駅として開業した。この駅に隣接する形で中国鉄道の路線も敷設され、やがて鉄道国有化の後には岡山駅から放射状に伸びる路線網が整備されることになる。山陽新幹線の岡山開業の際に基本的には現状の駅構造となり、在来線との接続駅として九州を始め各方面への特急が多数発着し賑わいを見せた。

新幹線が鹿児島中央駅まで開業した現在では、在来線の需要は山陰四国への特急列車が中心となっている。また、時代による駅の機能の変化とともに以前は日本で唯一(最後まで)赤帽の常駐している駅であると云われていたが、構内改良工事着工と同じ2006年(平成18年)に廃止された。そして橋上駅舎完成と同時にホームの形状も大きく変わり、立ち食いそば屋などの施設は瀬戸大橋線ホームを除き閉店していった。

年表[編集]

※「桃娘・マスカット娘」についてはこの項の詳述を参照。
  • 2012年(平成24年)10月 - 新築された「岡山駅西口ビル」内に「さんすて」西館(3日)と「ヴィアイン岡山」(29日)が開業。2004年から行われてきた構内改良工事が完了。
  • 2013年(平成25年)4月 - 新幹線改札口とホームの列車案内LED表示機をフルカラータイプに更新。

駅構造[編集]

JR西日本[編集]

JR 岡山駅
新幹線ホーム
新幹線ホーム
おかやま - Okayama
所在地 岡山市北区駅元町1-1
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
電報略号 オカ
駅構造 高架駅(新幹線)
地上駅橋上駅)(在来線)
ホーム 2面4線(新幹線)
4面10線(在来線)
乗車人員
-統計年度-
62,278人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1891年明治24年)3月18日
乗入路線 7 路線
所属路線 山陽新幹線
キロ程 180.3km(新大阪起点)
東京から732.9km
相生 (67.9km)
(25.2km) 新倉敷
所属路線 山陽本線
赤穂線伯備線直通含む)
キロ程 143.4km(神戸起点)
相生から赤穂線経由で64.7km
西川原 (2.6km)
(3.4km) 北長瀬*
所属路線 宇野線瀬戸大橋線
キロ程 0.0km(岡山起点)
(2.5km) 大元
所属路線 津山線
キロ程 0.0km(岡山起点)
法界院 (2.3km)
所属路線 吉備線
キロ程 0.0km(岡山起点)
(1.9km) 備前三門
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
* この間に西岡山駅(貨物駅)有り(当駅から2.5km先)。

新幹線が島式2面4線の3階の高架ホーム、在来線が4面10線の地平ホームを持つ。なお、2004年平成16年)から行われた構内改修により西口側にあった津山線・吉備線の16・17番のりばは西口広場拡張のため撤去されるなど、ホームの形状とのりばが大幅に変更されている。

駅舎は新幹線口が表口になっている数少ない駅のひとつ。2006年(平成18年)10月に橋上化され、新幹線連絡も含め主だった機能は2階に設置されている。また、東西連絡道路ができたことにより西口駅舎が廃止、改札口も一部を除き2階と地下に集約された。かつてあった高架下の長いコンコースも多くが商業施設になっている。

駅長が配置された直営駅であり、管理駅として山陽本線の北長瀬駅庭瀬駅、宇野線の大元駅 - 備中箕島駅間各駅、吉備線の備前三門駅 - 備中高松駅間各駅、津山線の福渡駅 - 法界院駅間各駅を管轄している。

以前は北長瀬駅・庭瀬駅は倉敷駅中庄駅(地区駅)管理、吉備線各駅は備中鉄道部(廃止後は新見駅〔管理駅〕・総社駅〔地区駅〕)管理だったが、行政区域と原則一致させる方針から変更された。

新幹線のりば[編集]

東海道・山陽新幹線をまたいで運行される東海旅客鉄道(JR東海)所有の700系C編成は山陽新幹線での定期運用が当駅始発・終着の「ひかり」に限られるため、原則的に当駅以西に入ることはない[3][4][5]


岡山駅
新幹線配線図

相生駅

24 23 22 21


STRg STRf
KRWrg KRWrf
KRWlf KRWlg
ÜWc2 ABZg3 ABZg2 ÜWc3
ÜWo+l
ÜWo+r
STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
ÜWol
ÜWor
ÜWc1 ABZg+4 ABZg+1 ÜWc4
STR STR
KRWlf KRWlg
ÜWc2 ABZg3 ABZg2 ÜWc3
ÜWo+l
ÜWo+r
STR STR STR STRlf
STRlf KRZo KRZo STRq
STRg STRf

岡山支所
新倉敷駅

岡山駅新幹線プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
21・22 ■ 山陽新幹線 下り 広島博多鹿児島中央方面
23・24 ■ 山陽新幹線 上り 新大阪名古屋東京方面
  • 東京発当駅止まりの「ひかり」は21番のりばに到着する。また、当駅始発東京行きの「ひかり」は24番のりばから発車する。
  • 広島・博多方面へ(から)の当駅発着の「こだま」は、駅の西側に博多総合車両所岡山支所がある関係上、岡山支所から駅に逆線入線もしくは駅から岡山支所に向けて逆線発車する。
  • 以前は新幹線が1 - 4番線を利用して、在来線は5番線から数字が割り振られていた。また、0番線が存在していた時期もある。

在来線のりば[編集]

当駅をまたがって運転する普通列車はすべて当駅で列車番号が変わる。 ※2010年平成22年)3月13日現在

岡山駅在来線プラットホーム
ホーム 路線(方向) 行先 備考
1・2 山陽本線(下り) 倉敷・福山・広島方面 快速「サンライナー」含む
伯備線 倉敷・備中高梁新見米子方面 特急やくも」含む
3・4 山陽本線(上り) 和気姫路鳥取方面 特急「スーパーいなば」含む
赤穂線 西大寺播州赤穂方面
5 瀬戸大橋線・宇野線 茶屋町児島四国宇野方面 一部の快速・普通のみ
6・8 瀬戸大橋線・宇野線 茶屋町・児島・四国・宇野方面 主に四国方面の特急・快速列車・寝台特急サンライズ号
7 瀬戸大橋線・宇野線 茶屋町・児島・四国・宇野方面 普通列車と一部臨時快速列車のみ
9 津山線 福渡津山方面
10 吉備線 備中高松総社方面

営業列車での設定はないが、3番のりばからは倉敷方面・津山方面への発車も可能。5・8番のりばからは山陽本線両方向への発車も可能で、当駅改修工事中に5番のりばから山陽本線・赤穂線の定期営業列車が発車していた(8番のりばは津山方面への発車も可能)。9・10番のりばは津山方面・総社方面の両方向の発着に対応している。

  • 寝台特急「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」は、上り(東京方面)は4番のりば、下り(高松方面・出雲市方面)は8番のりばに停車し、分割・併合を行う。
  • 当駅では茶屋町方面への列車のうち、児島方面発着列車を「瀬戸大橋線」、宇野発着列車を「宇野線」と案内している。
  • 山陽本線の貨物列車は、下りは1番のりば、上りは4番のりばを通過する。また瀬戸大橋線直通の貨物列車は、上り下り共に8番のりばに数分停車し、運転時刻調整および乗務員交代を行う。
  • 1 - 4番のりばの発車標では、普通列車の場合、種別部分には「普通」表記の代わりに「山陽線」「赤穂線」「伯備線」というように線区を表記し、誤乗防止を図っている。
  • 各のりばの案内板には、路線名と方面に合わせて、それぞれののりばに入線する列車の名前を表示している。特急は赤色、快速は橙色で分けてある。
  • かつては寝台特急サンライズゆめ、夜行快速ムーンライト九州ムーンライト松山ムーンライト高知ムーンライト山陽が停車していた。
  • 2009年平成21年)以前は当駅始発で速達運転を行い、かつ徳山駅下関駅まで直通するデータイム快速「シティライナー」が設定されていたが、2010年(平成22年)3月13日ダイヤ改正より廃止。当駅発着列車も本数を削減され糸崎駅発着が中心となった(快速列車の発着も早朝、福山駅始発の「通勤ライナー」に役割を譲った)。
橋上駅舎工事前[編集]

2004年3月13日現在

岡山駅在来線プラットホーム
ホーム 路線(方向) 行先 備考
5 予備ホーム
6 山陽本線(下り) 倉敷・福山・広島方面 快速「サンライナー
7・8・10 山陽本線(下り) 倉敷・福山・広島方面 寝台特急(九州方面)含む
伯備線 倉敷・備中高梁新見米子方面 特急やくも」含む、寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」は13番のりば
9 (使用停止中)
11・13 瀬戸大橋線・宇野線 茶屋町児島四国宇野方面 主に四国方面の特急・快速列車
12 瀬戸大橋線・宇野線 茶屋町・児島・四国・宇野方面 普通列車と一部臨時快速列車のみ
14・15 山陽本線(上り) 和気姫路鳥取方面 特急「スーパーいなば」、寝台特急(東京方面)含む
赤穂線 西大寺播州赤穂方面
16 津山線 福渡津山方面
17 吉備線 備中高松総社方面
  • 5番のりばは、上り方面からの出入りが可能な切欠きホームであるが通常は使用されず、2003年に103系USJラッピング車の展示に使用されるなどした。かつては通り抜けが可能な構造であったが、1986年6月に当時の中央改札が設置されて行き止まり式となった。
  • 6番のりばは、下り方面からの出入りが可能な切欠きホームであり、基本的に「サンライナー」が発着する。
  • 9番のりばは、赤穂線の開通に伴って1962年に設置された。上り方面からの出入りが可能な切欠きホームであるが、使用停止状態である。
  • 駅東寄りに引き上げ線3線、西寄りの山陽本線下り本線と瀬戸大橋線間に電留線が存在する。

このホームでの運用では、以下に示す3点が問題とされた[6]

  • 輸送量の観点から山陽本線では西側での折り返し運転が多いが、東引き上げ線が不足していた。そのため、ホームで直接折り返したり西電留線にいったん引きあげる必要があり、発着ホームが分散していた。
  • 山陽本線下りホームと上りホームの間に瀬戸大橋線ホームが存在しており、山陽本線上りホームから西電留線に向かう際に瀬戸大橋線との平面交差が発生する。
  • 瀬戸大橋線ホームが3線しかなく、これ以上の輸送力増強が難しい。

これらの課題解決および岡山市による駅西口の開発スペース捻出を行うため、2004年3月14日から改良工事が開始された。2005年1月23日には19年ぶりに5番のりばが復活し、6・7番のりばが使用停止となった[7]。その後、順々にホーム使用停止・整備完了による使用再開を繰り返し、2面4線のホームでさばいていた山陽本線・伯備線下り列車のホームを1面2線に統合した。これによって捻出されたホームは山陽本線・赤穂線上り用に転用することで平面交差を解消した[8][9]。瀬戸大橋線・宇野線用ホーム関しては、ホームのない回送用線路を流用して1面増設による1面4線化が行われた。2007年11月の津山線・吉備線ホームの移転をもってホーム改良工事は完了した。旧津山線・吉備線ホーム跡地には、ロータリーやバス停などの整備が行われた。

このホーム数削減に合わせて、エレベータの設置および橋上駅舎新設工事が行われた。

2008年3月15日以降、ホーム番線番号が変更され、1 - 10番のりばと改められた。

のりば表記と各ホームの切替日
ホーム 改良工事前 2005年1月23日[7] 2005年7月17日 2005年12月18日[10] 2006年7月9日[11] 2006年12月10日[12] 2007年7月1日 2007年11月18日
1号ホーム 6・7
山陽本線(下り)・伯備線
5
山陽本線(下り)・伯備線
6・7
使用停止
5・6
山陽本線(下り)・伯備線
2号ホーム 8・10
山陽本線(下り)・伯備線
8
山陽本線(下り)・伯備線
10
山陽本線(上り・下り)・
伯備線・赤穂線
7・8
山陽本線(上り・下り)・
伯備線・赤穂線
使用停止 7・8
山陽本線(上り)・赤穂線
3号ホーム 11・12・13
瀬戸大橋線・宇野線
11・13
瀬戸大橋線・宇野線
12
使用停止
11
使用停止

12・13
瀬戸大橋線・宇野線
9
山陽本線(上り)・赤穂線・
瀬戸大橋線・宇野線
10・11・12
瀬戸大橋線・宇野線
9
山陽本線(上り・下り)・赤穂線・
瀬戸大橋線・宇野線
10・11・12
瀬戸大橋線・宇野線
9・10・11・12
瀬戸大橋線・宇野線
4号ホーム 14・15
山陽本線(上り)・赤穂線
14
山陽本線(上り)・
赤穂線・瀬戸大橋線
15
山陽本線(上り)・赤穂線
13・14
山陽本線(上り)・赤穂線 方面
使用停止 13・14
津山線・吉備線
5号ホーム 16・17
津山線・吉備線
撤去

入線メロディ[編集]

入線メロディは在来線ホームのみ存在する。また入線メロディが流れ終わった後、JR西日本の標準メロディが列車が停車するまで流れ続ける。

ホーム 路線 入線メロディ
1 山陽本線(下り)・伯備線 いい日旅立ち+JR西日本標準メロディ
2 山陽本線(下り)・伯備線 汽車+JR西日本標準メロディ
3・4 山陽本線(上り)・赤穂線 線路は続くよどこまでも+JR西日本標準メロディ
5-8 瀬戸大橋線・宇野線 瀬戸の花嫁+JR西日本標準メロディ
9・10 津山線・吉備線 桃太郎+JR西日本標準メロディ
  • 9・10番のりば(旧:14・15番のりば)は、2006年(平成18年)7月の改番時以前まで「線路は続くよどこまでも」が使われており、2番のりば(当時:7番のりば。切り欠きの旧6番のりば含む)で「いい日旅立ち」、現在の3・4番のりば(当時:8・10番のりば。切り欠きの旧9番のりば含む)で「汽車」が使われていた。


駅構内の施設[編集]

東口[編集]

2階

1階

  • サンステーションテラス岡山・北館
  • RSKエキナカスタジオ(愛称:エキスタ6ROCK
  • サンフェスタ岡山(飲食ゾーン)

1階外側ホテルグランヴィア方面

地下

西口[編集]
  • 東西連絡地下道
  • 西口交通広場
  • サンステーションテラス岡山・西館
  • ヴィアイン岡山

旧西口駅舎は2007年11月18日以降閉鎖され、橋上駅舎2階の中央改札口に統合された。旧西口駅舎と旧津山線・吉備線ホーム跡地には岡山市によって西口交通広場が整備され、2010年4月28日に竣工、同年5月10日に開業した。1階にバスターミナルと一般車乗降場、2階にタクシー乗降場が設けられている。

その他[編集]
  • ICOCA対応ロッカー

岡山電気軌道[編集]

岡山電気軌道 岡山駅前停留場*
おかやまえきまえ - Okayama ekimae
所在地 岡山市北区駅前町一丁目・本町
所属事業者 岡山電気軌道
所属路線 東山本線(1系統)
清輝橋線直通(2系統)含む)
キロ程 0.0km(岡山駅前起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
(乗車用・降車用1面ずつ)
開業年月日 1912年明治45年)5月5日
* 改称経歴
- 1952年昭和27年)以降 駅前→岡山駅前

岡山電気軌道東山線・清輝橋線の岡山駅前停留場は、駅東口から東方向(岡山城方面)へ伸びる桃太郎大通りの起点付近の道路中央に在し、島式ホーム1面2線の形式をとるが、駅(西)寄りに乗車専用ホーム、東寄りには降車専用ホームを設置している。東西連絡通路方面など地上から利用の場合や、車椅子での利用の場合は駅前横断歩道を経由して、また地下改札方面からの利用の場合は地下道(地下街「岡山一番街」を経由)を経由して停留場へ向かう。

駅弁[編集]

三好野本店が製造・販売しており、主な駅弁は下記の通り[13]

  • ままかり鮨
  • 雅美野
  • 特上巻ずし
  • 栗おこわ
  • 味折小町
  • 八角祭ずし弁当
  • お祭りハローキティ
  • 豚トコton
  • いいとこ鶏
  • まるまる穴子ずし
  • 元祖珍辨たこめし
  • 桃太郎の祭ずし
  • 幕の内「夢二」
  • おむすびころりん
  • 美食流儀
  • 彩り御膳
  • あなご吹き寄せ寿司
  • 岡山ご馳走弁当(俵むすび・祭ずし)
  • 二色御膳
  • 黄ニラばらずし
  • 後楽園弁当
  • お祭り弁当
  • 蜂蜜牛肉弁当
  • 瀬戸内名物あなごめし(焼あなご)
  • 牛めし
  • 塗り箱入り祭ずし
  • 贈答用祭ずし

利用状況[編集]

JRの駅の中では七大都市圏の駅を除くと、1位。2011年度までは静岡駅に次いで2位。JR西日本の駅では11位。中国・四国地方では広島駅に次いで2番目に多い。

年度 乗車人員
(1日平均)
内訳 出典
新幹線 在来線
1997年(平成9年) 63,825人 - - [14]
1998年(平成10年) 63,062人 - - [15]
1999年(平成11年) 62,126人 - - [16]
2000年(平成12年) 61,568人 - - [17]
2001年(平成13年) 60,790人 - - [18]
2002年(平成14年) 60,039人 9,990人 50,049人 [19]
2003年(平成15年) 60,434人 10,150人 50,284人 [20]
2004年(平成16年) 59,275人 10,125人 49,150人 [21]
2005年(平成17年) 59,475人 10,431人 49,044人 [22]
2006年(平成18年) 59,318人 10,643人 48,675人 [23]
2007年(平成19年) 60,100人 11,205人 48,895人 [24]
2008年(平成20年) 58,986人 11,211人 47,775人 [25]
2009年(平成21年) 57,197人 10,760人 46,437人 [26]
2010年(平成22年) 58,065人 11,175人 46,890人 [27]
2011年(平成23年) 59,232人 11,738人 47,494人 [28]
2012年(平成24年) 59,941人 - - [29]
2013年(平成25年) 62,278人 - - [30]

駅周辺[編集]

東口[編集]

ターミナルスクエア、ホテルグランヴィア岡山
地下
岡山一番街ペスカ岡山を通じて岡山駅周辺の主な施設や路面電車・バス等の乗り場と結ばれている。
市役所筋・下石井方面
市役所筋
岡山市役所北区役所)へ通じ、下石井一帯はホテル等の宿泊施設が多い。
桃太郎大通り方面
新幹線ホームから桃太郎大通りを望む
駅正面から東へ向かう電車通り。東のショッピングゾーンの表町や主要観光地である後楽園岡山城へと通じている。

西口[編集]

リットシティビルとフォーラムシティビル


バス路線[編集]

東口バスターミナル

岡山駅東口のバスターミナルには一般路線バスだけで7事業者が発着する。当ターミナルは1972年の新幹線岡山開業に合わせて整備されたものが原型である。開業時の各者の停車場所を巡り意見が対立、両備・下電の両社は岡山ターミナルホテルの南に独自の郊外バスターミナルを構え、中鉄・宇野も乗り入れないという変則的な開業であった。その後これら各社は乗り入れを開始したが、駅の改札口から遠い乗り場に配置されている。1996年に再整備されて現在の形となった。

2010年5月に岡山駅西口バスターミナルが完成し、完成前は東口バスターミナルから発着していた定期観光バス岡山空港リムジンバスや東口周辺にバス乗り場が分散している定期観光バス・高速バス乗り場は同年6月1日、岡山空港リムジンバス乗り場は同年7月1日にそれぞれ西口バスターミナルへ移転した。2013年4月22日より、岡山駅東口バスターミナルの再編整備に伴い、行き先・方面別に乗り場が統一された。新幹線改札口前付近と在来線改札口前付近の通路に岡山駅構内バス乗り場から出るバスの閲覧した時の時刻から一番早く発車するバス(全社の全路線)だけ表示する時刻案内が設置された。

岡山駅東口のバス乗り場案内[編集]

乗り入れるバス会社

乗り場 路線番号 会社名 行先・方面など 備考
1 07A 岡電 (天満屋・西大寺町・山陽学園・倉田・桑野経由)岡山ふれあいセンター  
09A 岡電 (天満屋・西大寺町・山陽学園・倉田経由)三蟠南  
091 岡電 (天満屋・西大寺町・山陽学園・倉田経由)新岡山港  
092 岡電 (市役所・水道局・清輝橋・新道平井・倉田経由)新岡山港 小豆島連絡)
008 岡電 (天満屋・県庁・二本松経由)岡電高屋  
018 岡電 (天満屋・後楽園・浜経由)藤原団地  
2 037 岡電 (天満屋・法界院経由)御野校前・岡山理科大学東門 朝晩は天満屋には経由せず
027 岡電 (天満屋・法界院経由)御野校前・三野公園 朝晩は天満屋には経由せず
017 岡電 (天満屋・法界院経由)御野校前・妙善寺 朝晩は天満屋には経由せず
087 岡電 (天満屋・法界院経由)榊原病院前・岡山理科大学東門 平日のみ運行
077 岡電 (天満屋・法界院経由)榊原病院前・三野公園 朝晩は天満屋には経由せず
067 岡電 (天満屋・法界院経由)榊原病院前・妙善寺 平日のみ運行
3 501 両備 (天満屋・洲崎・締切堤防・上山坂・田井経由)宇野駅  
502 両備 (天満屋・小串経由)鉾立  
505 両備 〔特急〕(天満屋・洲崎・締切堤防八浜田井・宇野駅・宇野港・三井造船経由)
渋川・おもちゃ王国
渋川特急レインボーバス
531 両備 (天満屋・青江日赤・興陽高校経由)岡山南支援学校 同学校休校日は運休
532 両備 (天満屋・青江日赤・興陽高校経由)ファーマーズマーケット  
533 両備 (天満屋・青江日赤・興陽高校・秀天橋・宇野駅経由)玉野市役所前  
534 両備 (天満屋・青江日赤・興陽高校・秀天橋・宇野駅・三井造船経由)渋川  
535 両備 (天満屋・青江日赤・興陽高校・秀天橋・荘内・長尾・三井造船経由)渋川  
011 岡電 (天満屋・清輝橋・洲崎経由)築港元町  
000 岡電 (天満屋・清輝橋・洲崎経由)中央市場 平日のみ運行
041 岡電 (天満屋・清輝橋・浦安体育館経由)岡南飛行場  
4 021 岡電 〔急行〕(天満屋・洲崎経由)岡山ろうさい病院  
022 岡電 (市役所・水道局・清輝橋・洲崎経由)岡山ろうさい病院  
051 岡電 (天満屋・清輝橋・青江日赤経由)大東  
052 岡電 (市役所・水道局・清輝橋・青江日赤経由)大東  
062 岡電 (市役所・水道局・清輝橋・青江日赤経由)南ふれあいセンター・岡南飛行場  
5 02H 岡電 (市役所経由)大学病院  
012 岡電 (市役所・水道局・清輝橋経由)岡南営業所  
013 岡電 (市役所・水道局・大元経由)卸センター・健康づくり財団病院  
023 岡電 (市役所・水道局・おおもと病院経由)平田・北長瀬駅  
033 岡電 山陽新聞社前・野田東職安前経由)西小学校 平日のみ運行
083 岡電 (市役所・水道局・富田経由)万倍  
093 岡電 (市役所・水道局・富田経由)新保西  
6 094 岡電 (天満屋経由)鉄工センター  
084 岡電 (天満屋経由)北長瀬駅  
054 岡電 (天満屋・下撫川経由)中庄駅  
603a 中鉄 (天満屋・野田経由)北長瀬駅  
603b 中鉄 (市役所筋・野田経由)北長瀬駅  
603b 中鉄 (市役所筋・北長瀬・庭瀬・下撫川経由)中庄駅  
603 下電 (天満屋・北長瀬駅経由)中庄駅  
605 両備 (天満屋・下撫川経由)倉敷駅  
014 岡電 (天満屋・下撫川経由)RSKバラ園・東花尻  
043 岡電 (市役所・大元・下中野・汗入・せのお病院経由)火の見  
053 岡電 (市役所・大元・下中野・汗入・せのお病院経由)重井病院  
063 岡電 (市役所・大元・下中野・汗入・せのお病院経由)コンベックス岡山  
615 下電 (市役所・大元・下中野経由)汗入  
616 下電 (市役所・大元・下中野経由)興除車庫  
617 下電 (市役所・大元・下中野・汗入・興除車庫・植松経由)児島駅  
下電 天満屋  
7 036 岡電・中鉄 済生会病院・運動公園・津高営業所妙でん寺経由)辛香口 共同運行
026 岡電・中鉄 (済生会病院・運動公園・津高営業所妙でん寺経由)国立病院 共同運行
016 岡電・中鉄 (済生会病院・運動公園・津高営業所妙でん寺経由)津高台団地・半田山ハイツ 共同運行
086 岡電・中鉄 (済生会病院・運動公園・津高営業所妙でん寺経由)免許センター 共同運行
096 岡電・中鉄 [ノンストップ]免許センター 共同運行
086,036,026,016 岡電・中鉄 天満屋 共同運行
015 岡電 (済生会病院経由)京山・池田動物園  
8 両備・岡電・中鉄・宇野・下電 降車専用  
9 314 両備 (天満屋・県庁・東山・益野経由)西大寺  
315 両備 (市役所・千日前・東山・益野経由)西大寺  
447 両備 (天満屋・西大寺町・小橋・平井・沖元・津田経由)西大寺  
341 両備 (天満屋・県庁・東山経由)岡山国際ホテル・操南台団地  
208 両備 (天満屋・県庁・国富・原尾島・清水経由)旭川荘 全便ノンステップバス
臨時 両備 (犬島)西宝伝 天満屋のみ停車
10 801 中鉄 (済生会病院・三門・万成・一宮・足守経由)大井  
802 中鉄 (済生会病院・三門・万成・一宮経由)吉備津神社  
883 中鉄 (済生会病院・三門・万成・一宮経由)稲荷山  
885 中鉄 (済生会病院・三門・万成・平津橋・楢津経由)芳賀佐山団地・リサーチパーク  
886 中鉄 (済生会病院・三門・万成・平津橋・大窪経由)芳賀佐山団地  
893 中鉄 (済生会病院・万成・楢津・芳賀佐山団地経由)吉備高原リハビリセンター  
180 中鉄 (済生会病院・三門・万成・経由)国立病院  
807 備北 (済生会病院・三門・万成・東総社総社豪渓日羽成羽川上バスセンター経由)地頭  
11 205 宇野 (表町BC・県庁・藤原・清水経由)四御神  
206 宇野 (中区役所・岡山ハートクリニック・新屋敷団地東岡山駅前経由)東岡山  
宇野 (表町BC・県庁・二本松経由)長岡団地  
251 宇野 (表町BC・県庁・二本松経由)長岡駅前(東岡山駅南口)  
252 宇野 (表町BC・県庁・二本松・長岡・平島経由)八日市  
253 宇野 (表町BC・県庁・二本松・長岡・平島経由)片上  
254 宇野 (表町BC・県庁・二本松・長岡・平島経由)瀬戸駅前  
12 宇野 (法界院・玉柏・河本・下市・町刈田・経由)仁堀  
210 宇野 (法界院・原・玉柏・河本・下市・町刈田・仁堀経由)湯郷温泉林野駅  
216 宇野 (法界院・新道河本・赤磐市役所口経由)ネオポリス東6丁目  
219 宇野 (法界院・新道河本・赤磐市役所口経由)ネオポリス西9丁目  
229 宇野 (法界院・山陽団地西・下市経由)ネオポリス西9丁目  
233c 宇野 (法界院・山陽団地中→西経由)循環 山陽団地  
236 宇野 (法界院・山陽団地中経由)ネオポリス東6丁目  
239 宇野 (法界院・山陽団地中経由)ネオポリス西9丁目  
13 中鉄 天満屋  
905 中鉄北部 〔高速〕(岡山自動車道・賀陽IC・有漢IC・北房水田BS・北房IC経由)落合・勝山 乗車のみ

岡山駅西口のバス乗り場案内[編集]

西口バスターミナル

岡山駅西口バスターミナル[編集]

2010年5月に西口交通広場1階に完成したバスターミナルで、構内は島式のバスターミナルとなっており、バスはバスターミナル南西側に進入口が、北東側に退出口があり、構内は反時計回りで走行する。バスターミナル北東側から時計回りに東側に21 - 23番、西側に24 - 26番、北側に27番の各乗り場があり、27番乗り場北側に27番乗り場と並行する形で観光バス乗降用乗り場の28・29番乗り場[31]がある。21 - 23番乗り場東側には路線バス・高速バスの折り返し待機・時間調整用のバスプール3台分が設置されている。

バスターミナル中央部には岡山駅西口バスセンターの建物があり、建物内には待合室(4:00 - 22:20)とバス会社別の乗車券発券カウンター(両備バス3ブース、中国ジェイアールバス・下津井電鉄・岡山電気軌道各1ブース)、高速バス・リムジンバス乗車券自動券売機(両備バス(両備高速バス予約サイト)用・下津井電鉄(発車オ〜ライネット)用・岡山空港リムジンバス用(Edy対応)各1台)、トイレ(男性用、女性用、車椅子オストメイト対応トイレ)がある。

路線バス・岡山空港リムジンバス[編集]

乗り入れるバス会社

  • 岡電バス(岡山電気軌道)
  • 中鉄バス
乗り場 路線番号 会社名 行先・方面など 備考
21 872,877,879 中鉄・岡電 〔特急〕(リサーチパーク経由) 岡山空港
〔直行〕岡山空港
空港リムジンバス、共同運行
22 047 岡電 〔循環〕(済生会病院・運動公園経由)岡大理大  
047a 岡電 (済生会病院・運動公園・岡大経由)岡山理科大学専門学校  
23 024,034 岡電 (昭和町・高柳・大安寺・西署前経由)花尻入口/神道山  
076 岡電 (済生会病院・武道館前・岡山中央病院・笹が瀬経由)津高営業所  
  岡電・中鉄 明誠学院専用スクールバス  
高速バス・定期観光バス[編集]
  • 2010年5月31日までは高速バスは岡山駅東口の岡山駅前バス乗り場(ドレミの街、ワシントンホテルプラザ前)、定期観光バスは同じく東口のバスターミナルからの発着であったが、同年6月1日から現在の岡山駅西口バスターミナルへ移転した。
  • 移転後は、同バスターミナルの24 - 27番乗り場が高速バス・定期観光バス用乗り場となっている。
  • 高速バス乗り場は方面別(24番:東京・名古屋・大阪方面行きを除く近畿方面行き、25番:大阪方面行き、26番:中四国方面行き、27番:福岡行き)乗り場となっている。
乗り場 愛称 会社名 行先 備考
24 ルブラン号 両備羽田京急 東京(浜松町品川お台場 夜行便(津山経由)
ルミナス号 下電小田急シティ 東京(新宿駅西口ハイアットリージェンシー東京 夜行便(津山経由)
マスカット号 両備・関東バス 東京(新宿駅西口・中野駅北口丸山営業所 夜行便(津山経由)
京浜吉備ドリーム号 中J 横浜駅YCAT)・東京(新宿駅東口東京駅日本橋口新木場駅 夜行便(山陽インター経由)
ドリーム岡山・広島号 中J 横浜駅YCAT)・東京(東京駅日本橋口 夜行便(2014年7月17日~2015年1月13日運行、トイレ無し車両)
ままかりライナー 両備・東北急行 東京(東京駅八重洲通り上野駅前浅草駅前・東京営業所) 夜行便(山陽インター経由)
リョービエクスプレス名古屋号 両備 名古屋駅新幹線口 夜行便あり
京都エクスプレス 下電・両備・京阪京都 京都駅烏丸口  
関空リムジンバス 両備・関西空港交通南海バス 関西国際空港  
リョービエクスプレス神戸
 ハーバープリンス
 ハーバーライナー
両備・中鉄神姫 神戸(三ノ宮駅神戸ポートタワー前[32]神戸ポートピアホテル  
25 リョービエクスプレス 両備 大阪(大阪国際空港湊町(OCAT)なんばUSJ  
吉備エクスプレス大阪号 中J・両備・下電・西JR 大阪(大阪駅JR高速バスターミナル・湊町(OCAT)・USJ)  
26 サンサンライナー 両備・中J・広交 広島(中筋駅不動院広島バスセンター  
ももたろうエクスプレス 両備・中鉄・中J・日ノ丸一畑バス 米子駅松江駅出雲市駅  
新倉吉街道エクスプレス 日ノ丸 湯原温泉口蒜山犬挟関金温泉・倉吉(倉吉駅・日ノ丸自動車倉吉営業所)  
岡山エクスプレス津山号 両備・中鉄北部・中J 津山(津山パーキング・津山駅  
リョービエクスプレス徳島
エディ号
両備・徳島バス 鳴門IC北口松茂徳島駅  
マドンナエクスプレス 下電・両備・伊予鉄JR四国バス 松山(大街道松山市駅松山駅  
龍馬エクスプレス 下電・両備・とさでん・JR四国バス 高知(知寄町一丁目はりまや橋高知駅  
27 ペガサス号 下電・両備・西鉄 北九州(小倉駅砂津黒崎インター(引野口))・
福岡(博多バスターミナル西鉄天神バスセンター
夜行便(倉敷駅北口経由)
定期観光バス 両備・岡山交通    

リットシティビル前[編集]

路線バス
路線番号 会社名 行先・方面など 備考
024,034 岡電 天満屋  
高速バス
路線愛称 会社名 行先・方面など 備考
O.T.B. LINER オー・ティー・ビー 東京(新宿駅西口)  
WILLER EXPRESS WILLER EXPRESS関東 横浜駅(YCAT)・東京(新宿駅西口)・東京ディズニーランド  
JAMJAMライナー ジャムジャムエクスプレス 東京(新宿駅西口)・東京ディズニーランド  
KBライナー 千葉みらい観光バス 東京(新宿駅西口)  

岡山駅前バスステーション[編集]

岡山駅前の桃太郎大通り沿いにあるが、道の北側と南側に分かれているので利用の場合は注意した方が良い。 道の北側ドレミの街前に駅前側から1番から順に7番、反対側の中国銀行岡山駅前支店前に駅前側から8番と9番、7番乗り場の東側(旧岡山高速バスセンター跡付近)に10-1番、ワシントンホテル前に11番がある。

なお、1番から6番と8番、9番、10-1番は「岡山駅前」、7番と11番は「西川緑道公園前」と名称が異なる。

また、1番から11番までは屋根付(特に宇野バス用の6番は空調設備付)の待合所がある。ただし、ワシントンホテル前の岡電バス岡山駅経由のバス用バス停と中国銀行岡山駅前支店前の両備バス用バス停のみ屋根が無い。

宇野バスのバス停のみバスの近接表示の電光掲示板が設置してあり、バスが接近すると自動音声案内が流れる。

2010年6月1日より、県外行き高速バスは、全便岡山駅西口前広場に新設された高速バス専用バス停を発着するようになり、この場所に有ったバス停は乗り場番号が10番から10-1番に改められて一般路線用の乗り場となった。

一般路線(ドレミの街前)[編集]

乗り場 路線番号 会社名 行先・方面など 備考
1 岡電 南方面  
2 岡電 東方面  
下電 天満屋・庭瀬・中庄方面  
3 両備 東方面  
4 両備 南方面  
5 中鉄 天満屋・庭瀬・中庄方面  
907 備北 天満屋  
6 宇野 表町バスセンターなど  
7 015 岡電 (済生会病院経由)京山・池田動物園  
016,026,036,086 岡電・中鉄 済生会病院・運動公園・津高営業所妙でん寺経由)
辛香口/国立病院/津高台団地・半田山ハイツ/免許センター
共同運行
10-1 601,602 岡電・両備 (天満屋・庭瀬・下撫川経由)
RSKバラ園/川入・花尻入口
共同運行(川入・花尻入口行きは岡電が運行)
603,605 岡電・下電・両備 (天満屋・庭瀬・下撫川・川崎医大経由)
中庄駅/倉敷駅
共同運行(倉敷駅行きは両備が運行)

一般路線(中国銀行岡山駅前支店前)[編集]

乗り場 路線番号 会社名 行先・方面など 備考
8 中鉄 津高方面、吉備津・佐山方面  
岡電 津高方面  
907 備北 (川上BS経由)地頭  
9 宇野    
両備   降車のみ

一般路線「西川緑道公園前」(ワシントンホテル前)[編集]

乗り場 路線番号 会社名 行先・方面など 備考
11 001 岡電 岡山駅  
012,013,023,033,083,093,094 岡電 (市役所・水道局経由)
岡南営業所/福祉の郷/北長瀬/卸センター/万倍/新保西/南ふれあいセンター
 

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
山陽新幹線(各列車の停車駅は列車記事参照)
相生駅 - 岡山駅 - 新倉敷駅
山陽本線・赤穂線・伯備線
快速「サンライナー
岡山駅 - 倉敷駅
普通
西川原駅 - 岡山駅 - (西岡山駅 - 北長瀬駅
宇野線(瀬戸大橋線含む)
普通
岡山駅 - 大元駅
津山線
快速「ことぶき」・普通
法界院駅 - 岡山駅
吉備線
岡山駅 - 備前三門駅
岡山電気軌道
東山本線
1東山線・2清輝橋線
岡山駅前停留場 - 西川緑道公園停留場

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  2. ^ これは国鉄時代に岡山駅 - 米子駅間を伯備線、相生駅 - 岡山駅を赤穂線として運用していた名残りで、実際にその後も岡山電車区で運行管理がなされているためである。なお現在の路線表示のルールにおいては、重複区間では先行路線との合流部分が除外されて表記される場合がほとんどである。ただし実際の運行を反映している「JRおでかけネット」で重複区間の駅を検索した場合、両方の路線名が表示されている。また岡山支社管内の場合、重複区間の駅掲示用時刻表の見出しには上下線とも両方の路線名が記述されている。
  3. ^ 臨時列車では入ることがある。同じことは2012年3月に退役した300系のJ編成でもあった。
  4. ^ 100系新幹線P編成に関しては、以前は姫路駅まで乗り入れていたが、2011年(平成23年)3月のダイヤ改正で退役。それからは、K編成が当駅以東に入ることがなくなった。K編成も2012年3月のダイヤ改正で退役した。
  5. ^ また、トンネル内の換気方式も当駅を境に変わり、当駅より東では換気を遮断し、西では連続換気方式が採用された。0系のうち東海道「こだま」用の編成(JR東海が所有していたY編成(山陽新幹線での定期運用はなかったが、臨時の「ひかり」に投入されることがあった)など)には連続換気方式への対応がされなかった車両が混じっており、このような編成では当駅以西への乗り入れができなかったため、本来の編成番号に+50して区別していた。
  6. ^ 『鉄道ジャーナル』2004年11月、鉄道ジャーナル社、2004年、p.25
  7. ^ a b 岡山駅「5番のりば」19年ぶりの復活インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2005年1月20日
  8. ^ 『鉄道ジャーナル』2004年11月、鉄道ジャーナル社、2004年、p.26
  9. ^ 従来は、瀬戸大橋線・宇野線のホームを挟むように山陽本線上りと下りのホームが配置されていた。
  10. ^ 岡山駅改良工事に伴う「のりば」の一部変更(岡山エリア)(インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2005年11月21日
  11. ^ 岡山駅改良工事に伴うのりば変更およびダイヤ一部改正(インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2006年6月21日
  12. ^ 岡山駅改良工事にともなうのりば変更およびダイヤ一部改正(岡山・福山エリア)(インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2006年10月26日
  13. ^ JR時刻表2010年8月号(交通新聞社刊)262-263ページ
  14. ^ [岡山県統計年報(平成9年版)]
  15. ^ [岡山県統計年報(平成10年版)]
  16. ^ 岡山県統計年報(平成11年版) (94) JR旅客及び貨物輸送実績
  17. ^ 岡山県統計年報(平成12年版) (94) JR旅客及び貨物輸送実績
  18. ^ 岡山県統計年報(平成13年版) (94) JR旅客及び貨物輸送実績
  19. ^ 岡山県統計年報(平成14年版) (94) JR旅客及び貨物輸送実績
  20. ^ 岡山県統計年報(平成15年版) (93) JR旅客及び貨物輸送実績
  21. ^ 岡山県統計年報(平成16年版) (93) JR旅客及び貨物輸送実績
  22. ^ 岡山県統計年報(平成17年版) (93) JR旅客及び貨物輸送実績
  23. ^ 岡山県統計年報(平成18年版) (93) JR旅客及び貨物輸送実績
  24. ^ 岡山県統計年報(平成19年版) (93) JR旅客及び貨物輸送実績
  25. ^ 岡山県統計年報(平成20年版) (93) JR旅客及び貨物輸送実績
  26. ^ 岡山県統計年報(平成21年版) (92) JR旅客及び貨物輸送実績
  27. ^ 岡山県統計年報(平成22年版) (93) JR旅客及び貨物輸送実績
  28. ^ 岡山県統計年報(平成23年版) (93) JR旅客及び貨物輸送実績
  29. ^ JR西日本「データで見るJR西日本2013」
  30. ^ 鉄道事業ダイジェスト 1日の乗車人員数ベスト50
  31. ^ 使用するには、岡山県バス協会からの申し込みが必要になる。公益社団法人岡山県バス協会トップページ ≪貸切バス事業者の皆様へ(平成22年7月)≫の利用証明書が必需となる。
  32. ^ 土曜・日曜・祝日のみ運行。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]