西阿知駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西阿知駅
駅舎(北側)
駅舎(北側)
にしあち - Nishiachi
倉敷 (4.0km)
(5.3km) 新倉敷
所在地 岡山県倉敷市西阿知町1049
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 山陽本線
キロ程 163.3km(神戸起点)
電報略号 ニア
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
2,763人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1920年大正9年)5月25日
備考 直営駅
みどりの窓口

西阿知駅(にしあちえき)は、岡山県倉敷市西阿知町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽本線である。

山陽本線において、岡山支社直轄の最西端の駅であり、隣の新倉敷駅以西は同支社せとうち地域鉄道部の管轄となる(但し、岡山支社管轄であることに変わりはない。ちなみに、直轄の最東端の駅は三石駅)。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を持つ地上駅。上下線それぞれに側線が設けられていたが、2014年7月現在では分岐部分が撤去され入線不可となっている。駅舎は上り線側に設けられており、駅舎とホームは地下道で連絡している。簡易水洗トイレがある。

直営駅倉敷駅の被管理駅)かつICOCA利用可能駅(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)で、開閉式の自動改札機を備える。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 山陽本線 上り 倉敷岡山方面
2 山陽本線 下り 新倉敷福山広島方面
  • 2011年からJR西日本標準の入線メロディが導入されている。

利用状況[編集]

周辺は近年、宅地開発がすすみ人口も増加傾向にあるものの、利用者数は減少傾向にある。また、高梁川対岸の船穂地区の利用者も少なくない。 1日の平均乗車人員は以下の通りである[1]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 2,948
2000 2,903
2001 2,891
2002 2,836
2003 2,770
2004 2,673
2005 2,654
2006 2,616
2007 2,662
2008 2,609
2009 2,537
2010 2,555
2011 2,663
2012 2,704
2013 2,763

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
山陽本線
快速「サンライナー
通過
普通
倉敷駅 - 西阿知駅 - 新倉敷駅

脚注[編集]

  1. ^ 出典:岡山県統計年報

関連項目[編集]

外部リンク[編集]