北長瀬駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北長瀬駅
南口
南口
きたながせ - Kitanagase
*岡山 (3.4km)
(3.1km) 庭瀬
所在地 岡山市北区北長瀬表町二丁目17-85
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 山陽本線
伯備線直通含む)
キロ程 146.8km(神戸起点)
岡山から3.4km
電報略号 キナ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
2,975人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 2005年平成17年)10月1日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
* この間に西岡山駅(貨物駅)有り(当駅から0.9km)。
南口前にある碑
南口より東方向を遠望
北口

北長瀬駅(きたながせえき)は、岡山県岡山市北区北長瀬表町二丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽本線である。

線路名称上は山陽本線単独駅であるが、運転系統上は伯備線の列車も乗り入れる。

駅構造・設備[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅橋上駅舎を有する。分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される(中線のように見える線路は、後述するように西岡山駅の設備である)。

岡山駅が管理し、ジェイアール西日本岡山メンテックが駅業務を受託する業務委託駅である。みどりの窓口設置駅(営業時間は7:00 - 20:00)で、ICOCAおよび相互利用対象ICカードも利用可能。改札内に自動精算機、改札外にICOCA入金機設置。なお窓口営業時間外の場合でも特別改札で駅員が派遣され、集札することがある。

以前は倉敷駅(管理駅)・中庄駅(地区駅)が管理していたが、行政区域と管理区域を整合させるため、2010年7月から岡山駅の管理に移行した。

駅舎は白が基調の外観で、広い南口階段には大屋根があるなど、近年開業した岡山市内の新駅に比べ豪華な作りになっている。エレベーターと車椅子対応トイレも完備されており、バリアフリーが図られている。

下りホームは線路に併せカーブしており列車がホーム側に傾いて入線するため、列車が近づくとホームに沿って配置された黄色いマーカーランプが点滅すると同時に警報音が鳴り、その後注意を促す構内アナウンスが流れる。上下本線の間には西岡山駅(貨物駅)の下り引上線があり、たびたび貨物列車の入換作業が行われる。

北長瀬駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 山陽本線 下り 倉敷福山方面
伯備線 倉敷・備中高梁新見方面
2 山陽本線
伯備線含む)
上り 岡山姫路播州赤穂方面

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである[1]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2006 1,600
2007 1,913
2008 2,242
2009 2,422
2010 2,730
2011 2,975

駅周辺[編集]

2005年(平成17年)10月1日晴れの国おかやま国体にあわせ、旧国鉄岡山操車場跡地に開業。駅前には操車場があったことを示す「岡山操車場跡之碑」がある。チボリ公園は当初この地に建設され、駅もそれに合わせ建設される予定であった。

南口[編集]

操車場跡地の向こうに岡山ドームがあり、遠方には市街地中心部を見渡せる。コンビニが数店舗営業しているだけで昼間でも人通りが少ない。現在、西側に岡山市民病院が平成27年完成を目指し新築移転工事中である。

さらに南下すると問屋町(徒歩約15分)。その中心には多目的イベント施設岡山県卸センターオレンジホールがある。

北口[編集]

南口と違い住宅や小規模の工場などが密接し商店はなく、少し離れると田畑が広がる長閑な風景になる。北へ新幹線の高架をくぐり10分ほど歩くと県道川入線にあたり、沿線は岡山西警察署岡山市消防局西消防署とロードサイド店が集積する。

岡山県立岡山大安寺高等学校、JR西日本の岡山電車区博多総合車両所岡山支所等の鉄道関連施設などへ通う利用者が多い。

バス路線[編集]

バス停は南口側にある。

北長瀬駅開業当初は、今よりもバスの便が多かった。今は平田経由のバス以外は数時間に1~2本しか停車しない。

県道162号線を使うバスは、北長瀬駅バス停を経由する便としない便の2種類があり、経由しない方が多い。経由しないバスに乗る場合は、北長瀬駅前バス停から見えるボウリング場付近にある中仙道バス停が直近バス停となる[2]

北長瀬駅を発車するバスの行き先
  • 岡電バス平田経由天満屋行き(北長瀬駅が始発)
  • 岡電バス・両備バス下電バス倉敷市方面(中庄駅行きが多い)・県道162号経由の岡山駅行き(共同運行)
  • 中鉄バス鉄工センター行き

岡山駅には、平田経由天満屋行きと県道経由の両方で行けるが、平田経由は先に岡山駅に行き、その後天満屋に行くのに対し、県道経由の方は天満屋に行ってから岡山駅に行く。

平田経由天満屋行きの午後7時以降に発車するバスは途中の法務局前のバス停(岡山市北区西古松)までしか行かない。どうしても先に行きたい場合は、少々歩いて大元駅前バス停まで行き、岡山駅・天満屋方面のバスに乗り換える必要がある。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
山陽本線・伯備線(伯備線は倉敷駅まで山陽本線)
快速「サンライナー
通過
普通
岡山駅 - (西岡山駅 - 北長瀬駅 - 庭瀬駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 出典:岡山県統計年報
  2. ^ 岡電バスホームページ停留所時刻表PDFより