三石駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三石駅
駅舎(2007年3月)
駅舎(2007年3月)
みついし - Mitsuishi
*上郡 (12.8km)
(7.1km) 吉永
所在地 岡山県備前市三石3168
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 山陽本線
キロ程 102.4km(神戸起点)
電報略号 ミイ
駅構造 地上駅(盛土上)
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
194人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1890年明治23年)12月1日
備考 直営駅
POS端末設置
* この間に近畿統括本部岡山支社境界標あり(当駅から吉永寄りは岡山支社管内)

三石駅
配線図[1]

上郡駅

1 2


STRg STRf
STR ABZg2 ÜWc3
STR
ÜWo+r
ENDEa STR STR STR
STR STR+BSl STR+BSr STR ENDEa
STR STR+BSl STR+BSr STR STR
ÜWol
STR STR STR
ÜWc1 ABZg+4 STR STR STR
ABZg2
ABZg3
STR ABZg+1 ÜWc4 ENDEe
STRg STRf

吉永駅

ホーム

三石駅(みついしえき)は、岡山県備前市三石にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽本線である。

概要[編集]

山陽本線においては、当駅が岡山支社管内の最東端の駅となっており、船坂トンネル神戸側出入口付近の支社境を挟んで隣の上郡駅からは近畿統括本部の管轄となる。そこまでの距離は10kmを超える。

かつては、当駅まで直通する下関駅始発の快速「シティライナー」が運転されていた(ただし岩国駅までと、西条駅から当駅間は各駅停車だった)ほか、朝晩を中心に岡山方面からの折り返し列車が設定されている。ただし相生・姫路方面からの列車は、半数近くが隣の上郡駅止まりのため、当駅に停車する列車は1時間あたり1本程度である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を持つ地上駅で、その他にも何本かの側線がある。傾斜面上にあるため、駅舎からホームへは階段を上る必要がある。

山陽本線の岡山支社管内区間はCTC未導入のため、運転業務を行う関係上駅員が配置される。みどりの窓口がない駅では珍しく委託駅ではなく、東岡山駅が管理する直営駅である。窓口業務(POS端末による対応)は日中のみで、早朝と夜間はホーム上にある運転室での運転取扱業務のみである。

ICOCAはサービスエリア外で利用できない(当駅を経由する京阪神エリアと岡山エリア相互の利用も不可)。そのため、自動改札機・簡易改札機は導入されていない。

夜間滞泊の設定もある。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先 備考
1 山陽本線 上り 相生姫路方面
2 山陽本線 下り 岡山三原方面 一部1番のりば

当駅始発の岡山方面行き列車の一部は1番のりばから発車する。

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである[4]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1997 379
1998 373
1999 364
2000 339
2001 313
2002 289
2003 280
2004 271
2005 256
2006 255
2007 246
2008 249
2009 223
2010 214
2011 212
2012 196
2013 194

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

  • 東備西播定住自立圏 圏域バス(日曜運休)

吉永病院前 - 牛神社入口 - 三石駅 - 渡瀬 - 福石下 - 関西福祉大学 - 赤穂市民病院 - イオン赤穂店前 ※牛神社入口 - 三石(イオン赤穂店前行)・大橋(吉永病院前行)間と、渡瀬 - 福石下間はフリー乗降区間。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
山陽本線
上郡駅 - 三石駅 - 吉永駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『【図説】日本の鉄道 山陽・山陰ライン 全線・全駅・全配線 第3巻 京都北部・兵庫エリア』川島令三講談社2012年、p.13、ISBN 9784062951531
  2. ^ 「汽車運転並ニ発着時刻及賃金」『官報』1890年11月29日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 長船友則、『山陽鉄道物語』、2008年、JTBパブリッシング、ISBN 9784533070280、P.56 - P.57
  4. ^ 出典:岡山県統計年報

関連項目[編集]

外部リンク[編集]