美袋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
美袋駅
駅舎(2007年5月9日)
駅舎(2007年5月9日)
みなぎ - Minagi
日羽 (3.7km)
(6.9km) 備中広瀬
所在地 岡山県総社市美袋1924-2
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 伯備線
キロ程 22.7km(倉敷起点)
岡山から38.6km
電報略号 ミナ←ミナキ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
280人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1925年大正14年)5月17日
備考 無人駅(自動券売機 有)
構内(2007年8月1日)

美袋駅(みなぎえき)は、岡山県総社市美袋にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)伯備線である。難読駅名として知られている。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅。駅舎は単式ホームの1番のりば側にあり、島式ホームの2・3番のりば側へは跨線橋で連絡している。風格ある古い木造瓦葺きの駅舎が特徴である。

かつては簡易委託駅であったが、2007年(平成19年)に完全な無人駅となった。現在は倉敷駅が管理している。ICOCA利用可能駅(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。ICOCAチャージ機能付きの自動券売機および、簡易型の自動改札機が設置されている。便所は新しく作り直され、男女別になっている。

駅舎は2007年(平成19年)12月7日登録有形文化財に指定されている。駅舎は、伯備線倉敷 - 美袋間が開通した1925年大正14年)に建てられた。木造平屋(79平方メートル)でセメント瓦葺きの切妻屋根、外壁に木板を重ねた構造が特徴。窓や入り口の建具をアルミサッシに変更した以外は、ほぼ建築当初の姿を保っている。1985年昭和60年)から総社市が管理。

美袋駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 伯備線 下り 新見米子方面
2・3 伯備線 上り 倉敷岡山方面 2番のりばは特急待避時のみ

下り本線は1番のりば、上り本線は3番のりば。2番のりばは上下共用の待避線(中線)であり、下り列車の発着も可能であるが、2007年(平成19年)8月時点、当駅で待避を行う下り列車は設定されていない。

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 390
2000 368
2001 348
2002 318
2003 320
2004 300
2005 305
2006 297
2007 313
2008 310
2009 288
2010 294
2011 279
2012 288
2013 280

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
伯備線
日羽駅 - 美袋駅 - 備中広瀬駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]