岸本駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岸本駅
駅舎
駅舎
きしもと - Kishimoto
伯耆溝口 (5.0km)
(6.1km) 伯耆大山
鳥取県西伯郡伯耆町押口字三日市上96
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 伯備線
キロ程 132.3km(倉敷起点)
岡山から148.2km
電報略号 キシ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1919年大正8年)8月10日
備考 簡易委託駅

岸本駅(きしもとえき)は、鳥取県西伯郡伯耆町押口(おさえぐち)字三日市上にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)伯備線

駅構造[編集]

島式1面2線のホームを持ち、列車交換が可能な地上駅。上り線にあたる1番のりばを上下本線、2番のりばを下り副本線とした一線スルーとなっており、通常は上下線とも1番のりばに発着(もしくは通過)する。しかし、2番のりばに上り列車の入線ができないため、下り特急列車が上り列車と行き違いをする際、その特急列車は2番のりばで運転停車しなければならない。

米子駅管理。駅舎は伯耆町商工会館と一体化しており、簡易委託による出札窓口も設置されている。その駅舎側から構内踏切がホームの新見寄りへ延びている。窓口にはPOS端末等の設備はないため、常備券を発券する。窓口閉鎖時間帯に備え、ホーム上には乗車駅証明書発行機も置かれている。なお、夜間は駅舎が閉鎖されるため、駅舎横の勝手口から構内踏切へ回り込み、直接ホームへと向かうことになる。

岸本駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 伯備線 上り 新見岡山方面
下り 米子方面 通常はこのホーム
2 伯備線 下り 米子方面 行違い時のみ

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1919年大正8年)8月10日 - 伯備北線が伯耆大山駅 - 伯耆溝口駅間で開業した際に設置。
  • 1928年昭和3年)10月25日 - 伯備北線が伯備線の一部となり、当駅もその所属となる。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道の駅となる。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
伯備線
伯耆溝口駅 - 岸本駅 - 伯耆大山駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]