江尾駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
江尾駅
駅舎(2006年11月3日)
駅舎(2006年11月3日)
えび - Ebi
武庫 (2.1km)
(9.2km) 伯耆溝口*
鳥取県日野郡江府町大字江尾字中屋敷2076
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 伯備線
キロ程 118.1km(倉敷起点)
岡山から134.0km
電報略号 エヒ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
開業年月日 1922年大正11年)3月25日
備考 簡易委託駅
POS端末設置
* この間に上溝口信号場有(当駅より4.2km先)
構内の様子(2006年11月3日)

江尾駅(えびえき)は、鳥取県日野郡江府町大字江尾字中屋敷にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)伯備線

駅構造[編集]

単式・島式の複合型2面3線のホームを持ち、列車交換及び待避が可能な地上駅。単式の1番のりば側に駅舎があり、島式の2・3番のりばへは跨線橋で連絡している。駅舎は江府町商工会などの多目的施設の合築となっており、簡易委託による発券窓口(POS端末を設置)も設けられている。駅の管理は米子駅が行う。

江尾駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 伯備線 上り 新見岡山方面
2 伯備線 下り 米子方面
3 伯備線 下り 米子方面 特急待避時のみ
上り 新見・岡山方面

1番のりばが上り本線、2番のりばが下り本線、3番のりばが上下副本線である。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1922年大正11年)
    • 3月25日 - 伯備北線が伯耆溝口駅から延伸した際の終着駅として開業。
    • 7月30日 - 伯備北線が当駅から根雨駅まで路線延伸、途中駅となる。
  • 1928年昭和3年)10月25日 - 伯備北線が伯備線の一部となり、当駅もその所属となる。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道の駅となる。
  • 1997年平成9年)3月 - 現駅舎が竣工。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
伯備線
武庫駅 - 江尾駅 - (上溝口信号場) - 伯耆溝口駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]